◎直嶋後援会に迂回寄付 朝日報道

 政治団体間の寄付の法定上限は年5000万円なのに、トヨタ労組系の政治団体「全トヨタ政治に参加する会」(全ト参政会)は、別の団体を迂回して7500万円を寄付していた――朝日新聞(11月20日付)が報道しています。

……
 (参院選挙があった2010年の)3月15日、(全ト参政会は)直嶋後援会に4000万円を寄付した。3月24日には3500万円を直嶋氏の資金管理団体「パラダイムチェンジを進める会」(パ会)に寄付。パ会は直嶋後援会に5月17日に2500万円、6月21日に1000万円を寄付した。

直嶋・迂回寄付
(朝日新聞、11月20日付から)

 同年7月の参院選前、全ト参政会から直嶋後援会に計7500万円が渡った形だ。

 直嶋後援会は同年5月に「会報発送費」として約3400万円を使うなど、同年に約7600万円を支出した。パ会は同年3~7月、直嶋氏が所属する民主党のグループからの寄付など計92万円以外に収入はなく、同年の支出は事務所費約31万円のみだった。

 収支報告書や領収書によると、全ト参政会と直嶋後援会、パ会は当時、愛知県豊田市の同じ住所を「主たる事務所」としていた。この住所はトヨタの労組が入る建物とも同一だ。パ会と直嶋後援会は会計責任者が同じだった。

直嶋・迂回寄付2
(朝日新聞、11月20日付から)

 直嶋後援会は「それぞれ別団体で迂回寄付という指摘は当たらない」、全ト参政会は「法にのっとり対応している」、パ会は「迂回寄付という指摘は当たらない」と回答した。直嶋氏の事務所も「迂回寄付の指摘は当たらない」としている。
……

 朝日新聞は、岩井奉信・日大教授(政治学)のコメントで、「政治団体間の寄付の年間上限を超えていると捉えられかねない脱法的な行為だ。日歯連事件で問題になった迂回寄付と同じような構図といえる」を掲載しています。

 朝日新聞が報じている「全ト参政会」のことや同会の会費が組合費の還付と相殺されていることなどをブログ「トヨタで生きる」は、2011年12月2日アップで明らかにしています。
http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-474.html
スポンサーサイト
労働組合 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/11/21 10:17
コメント
No title
日歯連と同じではないでしょうか? いつもの組合ぐるみの選挙、あの活動資金はどこから? 組合活動だから組合費を使っているのかな?

管理者のみに表示