◎もんじゅを廃炉に! フライデー・リポート

 原発ゼロをめざす、毎週金曜日の関西電力東海支社(名古屋市東区)前での行動が11月13日、行われた。西洋では13日の金曜日は、不吉な日といわれるが同日、フランスでは大規模なテロ事件が、また起きた。テロは、どんなことがあっても許されない。

関電1 20151113


 日本では、だいぶ寒くなってきたが、本格的な寒さではない。地下鉄高岳駅へ向かう人もまだ、ジャケットである。午後7時前からぽつ、ぽつと雨が降ってきたが本降りにはならなかった。

 スピーチタイムでは、高速増殖炉・もんじゅ(福井県敦賀市)を廃炉にしようと意見をのべた人がいた。その通りだ。原子力規制委員会はこの日、もんじゅを運転する日本原子力研究開発機構が、「安全に行う主体として必要な資質を有していない」として同機構に代わる事業主体を示すよう、所管する馳浩文部科学相に文書を手渡した。

関電2 20151113


 もんじゅは、1995年に試験運転中にナトリウム漏れ事故を起こし、14年以上停止した。2010年に試験運転を再開したが、直後に燃料交換機の落下事故を起こした。

 もんじゅは、冷やすのにナトリウムを使っている。ナトリウムは空気や水に触れると爆発する。原発よりもさらに危険だ。アメリカやフランスなど世界では、高速増殖炉から撤退している。

関電3 20151113


 それなのに日本の安倍政権は、1日で5000万円もかかるもんじゅを廃炉にしない。それは、もんじゅを日本の原発政策である核燃料サイクルに位置付けているからだ。

 川内原発の再稼働を強行したのをはじめ安倍政権は、次々と原発を再稼働しようとしている。原発ももんじゅも廃炉にする以外にない。
スポンサーサイト
原発ゼロへ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/11/14 19:36
コメント
No title
トヨタ社員がひき逃げ死亡事故を起こしたようです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000000-mai-soci

管理者のみに表示