◎「強権極まれり」か、「自然な形」か?

 安倍政権は10月29日、沖縄県辺野古に新基地を建設するために、米軍キャンプ・シュワブ地内の陸上部分の工事を強行しました。翁長雄志沖縄県知事は、「強権極まれり」と強く非難しました。

 同日、沖縄の米海兵隊の移転先ともいわれる米領グアムを視察中の菅義偉官房長官は、「自然な形で工事を再開した」とのべました。翁長知事から「上から目線」と批判されていた姿勢をくり返す言葉でした。

 キャンプ・シュワブの正面ゲート前で、テントを張って夜通しで監視を続けている沖縄県民らは工事の強行に抗議。ゲート前に座り込み、工事車両に向けて体を張って抗議しました。

70 琉球新報 島袋文子
(工事の強行に抗議するおばあ、島袋文子さん=琉球新報から)

 その1人が“おばあ”の愛称で呼ばれる島袋文子さんです。沖縄戦を経験した86歳のおばあは、「負けない方法 勝つまでずっと 諦めぬこと」と書いたピンクのTシャツを着ていました。

 違憲の戦争法(安保法制)を9月に強行した安倍政権の無法ぶりは、とどまるところを知らない。戦争法でも、沖縄県民に対しても、「ていねいに説明する」と語っていましたが、完全に放棄しました。翁長知事の権限を奪う代執行の手続きにも入りました。

 若手の論客として知られる白井聡・京都精華大学専任講師は、「違憲立法がまかり通る状態とは、最高法規が否定されている状態にほかならず、ゆえにすべての法律が根拠を失っている状態であり、したがって現在の日本は法学的には無法状態」(京都新聞、10月27日付夕刊)と語ります。

 立憲主義を否定すれば、無法状態になり、首相の独裁政治がまかり通るというのです。辺野古への新基地建設の着手を、「自然な形」と言ってはばからない菅官房長官の言動は、それを端的に表しています。

沖縄のおばあ
(テントで監視・抗議行動するおばあ=中央=、8月)

 立憲主義を取り戻すことは、一刻の猶予もありません。そのためには野党は共同して「国民連合政府」(仮称)をつくるテーブルに座ってほしい。体を張ってたたかう沖縄のおばあの姿を見ながら、そう思いました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2015/10/31 09:51
コメント
野党が共同する前に、共産党は自衛隊の存在を憲法違反などと発言せず、これまでの自衛隊や、その家族に対する非礼な行為や発言に対して土下座謝罪くらいは、して欲しいよ。
しんぶん赤旗に今の共産党を表す病が紹介されていました。
共産党が日米安保や自衛隊を政権奪取のためなら認めるなどの
これまでの支持者を裏切る行為をしても平然としてるのは
以下のような「傲慢症候群」にかかっているためでしょう。
症例が見事なまでに一致しております。



http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-31/2015103103_02_1.html
医師で政治家のデービッド・オーエン氏が提唱する、もともと平凡な人が権力をとった時に陥るという「傲慢(ごうまん)症候群」について対談。香山さんは「自分の判断には大きすぎる自信があるが、他の人を見下す」「私がやろうとしていることは道義的に正しいので、検討する必要はないと考える」などの特徴を挙げました。

 香山さんは「オーエンは、そういう組織は必ず破綻するといっている」と指摘。小池さんが「安倍政権の破綻はいいけど、日本が破綻してはたいへんだ」と述べると、香山さんは「政治権力者である場合は被害が甚大です。最高権力者になってしまったら、代わってもらう必要があります」と答えました。
異様。

気持ち悪い。

「トヨタ」で生きる、辞めて。

トヨタ関係ない。組合関係ない。


トヨタの中に共産党の委員会ないから。

門前活動も辞めて。

どっかに行け。


戦争の犠牲…中国等に批判しに行け。

解決したら基地要らへんやろ?



管理者のみに表示