◎4代目プリウス 燃費40km

 4代目プリウスが12月9日に発売されます。最大の注目は燃費ですが、トヨタは10月12日、1ℓ当たり40・0km(JC08モード)と発表しました。3代目の32・6kmより約2割アップします。

 現在トップ、トヨタのアクア(37・0km)を抜いて最高になります。もっともこれは、いわゆるカタログ燃費ですから、実走距離はどれくらいになるでしょうか?

 3代目の実走距離は、21km前後といわれています。しかし、アクアや軽自動車を抜いてトップの40kmの大台に乗ることからガソリン代の節約や排ガスがより少なくなることからエコカーの代表車の位置は揺るがないでしょう。

 4代目はほかにも、▽車体を低重心に、デザインをスポーティにして、若者にも魅力をアピールする、▽トヨタの新たな経営戦略、「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー=車種ごとの開発を改め、ユニットごとに開発して共通化するなどして原価低減をめざす=)」の最初の車種、▽衝突回避など安全技術、「トヨタ・セーフティ・センスP」を採用――など、“先がけ”の意味のプリウスとしての特徴を盛りこんでいます。

 10月28日~11月8日までの東京モーターショーに出展を予定しており、トヨタの目玉となります。

 プリウスのメイン生産の堤工場(豊田市)では、11月からの本格生産に向けて準備中です。また、ランドグルーザーなども納車待ちになっていることから、10月から全工場で残業や休日出勤を増やすなどの特別生産体制に入っています。

25 初代プリウス 20151013_01_13

10 2代目プリウス 20151013_01_14

15 3代目プリウス 20151013_01_15

10 4代目プリウス 写真 20151013_01_09
(上から、初代、2代、3代、4代の各プリウス)
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/10/15 16:26
コメント

管理者のみに表示