◎「危険な原発、なくせばいいやん!」 フライデー・リポート

 原発ゼロをめざす、毎週金曜日の関西電力東海支社(名古屋市東区)前での行動が10月9日、行われた。「戦争法案」(安保法制)反対の集会やデモが続いていたために、久しぶりの参加だった。

関電1 20151009


 どちらも安倍政権が、国民の多数の反対を押し切って進めているので、根っこは同じだ。ねばり強く頑張るぞ! 暑くも、寒くもなく、この季節の外での行動は気持ちいい。

関電2 20151009


 大阪から来たという青年2人がコールに加わった。
 「発電方法はほかにもあるやん!」
 「危険な原発、なくせばいいやん!」

関電3 20151009


 シールズの学生たちと同じように新鮮な響きだった。スピーチタイムでは、福島第一原発で作業している労働者への東電の対応を批判する人がいた。昨年1年間で、死亡した1人をふくめ死傷した作業員は64人と、前の年度から倍増している。

 2011年には40代の男性作業員が急性白血病で亡くなっている。東電は、「放射線が原因とは考えられない」と説明するなど不誠実な対応をしている。

 中日新聞系の東京新聞(10月9日付)は、首都高速道路の橋脚が川の中に林立する日本橋川などで放射線の調査を行った。セシウム濃度はマップのようで、「今すぐ何かが起きる汚染レベルではない」という。

50 東京新聞 セシウム調査
(東京新聞のマップから)

 しかし、日本の金融の中心地に、福島第一から飛んできた大量のセシウムが眠っているのも事実と指摘。福島第一原発事故の影響が広く及んでいると強調している。
スポンサーサイト
原発ゼロへ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2015/10/11 09:59
コメント
No title
愛知も確実に数値は上がっているんだろうな。今でも福島では、海や大気中に放射性物質が拡散中。          「ただちに健康に影響することはない」からいいのか?

管理者のみに表示