◎運動はこれから 安倍政権ノーの2万人デモ

 「戦争法案」(安保法制)が安倍政権と自民党、公明党によって強行可決(9月19日)されてから2週間。10月2日(金)、東京・銀座で約2万人の大規模なデモがありました。

 「戦争法」の廃止などを求めるものです。運動は、収束するどころか、廃止へと大きなうねりとなっています。名古屋でも9月27日(土)に、シールズ・トオカイの集会に約1500人が集まっています。

 2日の東京での「安倍政権NO!☆大行進」のデモは、日比谷野外音楽堂で集会を開いた後、「憲法守れ」「戦争法は廃止せよ」などとコールしました。学者や労組、シールズ、ママの会などから参加しました。

50 銀座デモ 20151002
(2万人が戦争法廃止などの声を上げた=ネットから)

 戦争法だけではなく、原発、憲法、沖縄米軍新基地建設、秘密保護法、環太平洋連携協定(TPP)、消費税増税、社会保障、労働法制、農協解体、ヘイトスピーチ(差別扇動行為)、教育など安倍政権が押し進める国民無視の政策に反対する人たちの総結集の場になりました。

 「安保関連法に反対するママの会」の発起人の西郷南海子さん(28)は、ママの会のメンバーとともに、「だれの子どももころさせない」の横断幕を持って参加。テレビ朝日のインタビューに「反対の声を上げ続けます」と語ります。

西郷南海子さん
(テレビ朝日のインタビューに答える西郷南海子さん)

 西郷さんは、日本共産党が呼びかけた(9月19日)戦争法廃止の1点で国民連合政府の樹立を、に賛同を表明し、「しんぶん赤旗」(9月21日付)に登場しました。

 「共産党が、戦争法廃止の1点で幅広い政党や人々と共同する提案をしました。本当にやってほしかった。共産党の奮闘は存在感を示してきました。しかし選挙になると票が割れ、自民党が当選するという悔しい思いもしてきました。野党は市民の声を実現するために共闘してほしい」

 そうです。こうした思いを込めて東京だけではなく、各地で集会、デモなどが多彩に開かれています。
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/10/03 12:13
コメント
西郷って中核派の活動家だよね。
もう正体バレているし。
No title
何派だろうが、「だれの子供もころさせない」この意見は正しいとおもいます。
No title
「首絞めアピール」をしてた過激な運動家が
「だれの子供もころさせない」とは説得力皆無
No title
http://machiopenspacemachi.web.fc2.com/machi2006.12.10.html
「安倍のクビしめるぞー!」

等と公然と発言しているようにこの手の人は自分の意見に反すれば
何の抵抗も無しに「反論する奴は皆殺しだー」とか言うようになるでしょう。
No title
こういうのを屁理屈というんだよ。
何でもかんでも屁理屈という言葉で片付けられてもなぁ。

管理者のみに表示