◎民主主義は止まらない!

 戦争法案(安保法制)を安倍政権と自民党、公明党が国民の圧倒的多数の反対を押し切って9月19日深夜の午前2時過ぎ、参院本会議で強行可決した。戦争法案廃案のコールをしていたシールズは、その瞬間、「選挙に行こうよ!」「選挙に行こうよ!」と声を限りにコールした。

 本会議での強行採決に先立つ18日午後6時、名古屋市の繁華街・栄の交差点噴水前広場では、戦争法案の廃案を求めて人々が集まった。発足したばかりのシールズTOKAIを中心に総がかり実行委員会が呼びかけたものだ。

名1 20150918


 学生らが、「戦争法案廃案!」「安倍やめろ!」などとスピーチやコールをくり返した後、近くの栄小公園に移動。隊列を整えた後、栄の中心部に向かってデモ行進した。

 サウンドカーやドラム隊も加わってにぎやかなデモになり、買い物客や帰宅する人たちの注目を集めた。小公園からすべての人たちが出発を終えるまでに1時間近くもかかるほどで、約1500人の長い列になった。

名2 20150918

名3 20150918

名4 20150918


 コールでは、「たとえ強行採決されてもあきらめない。これからが運動のスタートだ。戦争法廃止に向けて運動を広げていく」というスピーチが続いた。来年夏の参院選に向けて頑張ろうという意思が強まった。

 すでにネットでは、参院安保法制特別委員会で、強行採決に加わった議員たちの顔写真入りの一覧ポスター、「ずっと忘れないぞ!!」が出回っている。

戦争法案 賛成議員ポスター


 戦争法案は違憲だと声を大にして主張してきた慶応大学の小林節名誉教授は、戦争法が施行されたなら、100人の原告団、1000人の弁護団をつくって東京地裁に違憲訴訟をすると語っている。

 日本に真の民主主義をつくっていくためのスタートの日だ。そのシールズTOKAIのメンバーは、デモを終えると新幹線に乗って国会前の行動に合流すると語っていた。そのエネルギーはすごい。

 シールズがコールしていた。「民主主義は止まらない!」

名5 20150918
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2015/09/19 10:03
コメント
それでも自民党支持率は、民主党や共産党より高いという事実は、受け止めましょうね。デモとか関係ない人で、今日もユニバーサルは、人がいっぱいです。
それと、南シナ海での中国の暴走を少しは抑えられるかな。ベトナムやフィリピンも歓迎しているだろうしね。
このデモは世界で話題になっています。

みんな日本人じゃないってバレてます。

No title
はぁ? 自民党の昨年12月の総選挙での得票率は、比例代表で32%にすぎませんが。
でも、民主党と共産党を足しても自民党以下だと思うし、相変わらず支持率伸びていないし。
在日がデモをおこしても意味ないかと
No title
自民党は比例代表で32%にすぎませんよ。野党が協力すれば自民党を上回ります。よくデータを見てください。沖縄では、自民党は0勝4敗でしたね。
No title
選挙は比例区だけではないし、民主のリベラル派
ではない議員は、共産と選挙協力することに
関しては、政治信条から、かなりの拒絶反応が
出るように思うのですがね。


管理者のみに表示