◎ふたたび大あわて 自衛隊統合幕僚監部の内部文書

 日本共産党が相次いで暴露した自衛隊統合幕僚監部の内部文書。違憲といわれようが、「戦争法案」(安保法制)の参院特別委員会での9月16日の強行採決をねらう安倍政権を直撃し、揺るがしています。

 日本共産党の志位和夫委員長のツイッター(9月8日)です。

……
 仁比(聡平参院)議員の提出した自衛隊内部資料について、防衛省は、「同一文書の存在は確認できなかった」としつつ、「会談内容は公開できない」「一つひとつどこが違うのかもお答えできない」と回答してきた。

 あくまでも事実にフタをし、隠しつづける姿勢は許し難い。いよいよ幕僚長を国会に招致するしかない!
……

50 仁比1

 防衛省が、「一つひとつどこが違うのかもお答えできない」とのべたのは、内部文書があることを認めたものです。この質問は、仁比議員が9月2日の参院安保法制特別委員会で明らかにしたもの。

 統合幕僚監部の内部文書、「統幕長訪米時の(ママ)おける会談の結果概要について」のなかで、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が、2014年12月の総選挙直後、米軍に対して戦争法案の成立時期を「来年夏までに」と伝達していたのです。

 安倍晋三首相が、4月末に訪米し、米上下両院合同会議で「この夏まで」の法案成立を表明して議会軽視の大問題になっていますが、それよりも半年近く前に、米側に法案の成立時期を示していました。

 国会、国民とシビリアンコントロールを無視し、自衛隊の暴走、対米従属の実態を明らかにするものです。

 内部文書によると、河野氏は12月17日のオディエルノ陸軍参謀総長との会談で、戦争法案について「予定通りに進んでいるか? 何か問題はあるか?」と問われ、こう答えました。

 「(自民党、公明党の)与党の勝利により来年夏までには終了するものと考えている」

50 仁比2


 さらに、同18日のダンフォード海兵隊司令官との会談で河野氏は、沖縄新基地建設をめぐって「辺野古への移転やキャンプハンセン、キャンプシュワブでの共同使用が実現すれば、米海兵隊と陸上自衛隊との協力が一層深化すると認識している。これにより沖縄の住民感情も好転するのではないか」とまでのべています。

 米軍と自衛隊の共同使用をめぐっては、今年3月の衆院予算委員会で日本共産党の穀田恵二議員が追及。中谷防衛相は、「代替施設における恒常的な共同使用というのは考えていない」と答弁していました。

 これについても自衛隊の暴走ぶりが明らかになりました。防衛省は、内部文書について、「同一文書の存在は確認できなかった」「一つひとつどこが違うのかもお答えできない」などと大あわてし、ごまかそうとしています。

 自衛隊のこんな実態が明らかになった以上、戦争法案は、廃案以外にないでしょう。
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(26) | トラックバック(0) | 2015/09/10 09:31
コメント
No title
機密文書のダミーをスパイに流して流通経路を探す手法に
共産党は見事に引っ掛かったみたいですね。
(文書毎に書式を変えて何処から流出したかを特定する)
No title
そんなことよりも文民統制になっていなかった方が、どれほど恐ろしいか? 戦前の統帥権の暴走を知っている?
No title
将来の予測を自衛隊が提示するのが文民統制違反?
政府に反して安保法案反対デモを起こしてたら
文民統制が出来てないことになるけどその逆だよ。

ダミー文書とはいえ機密文書を盗んで流した職員が
自衛隊員ならそっちこそ文民統制違反になるけどね。
No title
昔、三矢研究というのがあり、社会党の岡田春夫代議士が、これを暴露して、マスコミをにぎわした。しかるに、今回、共産党が暴露した事案については、大騒ぎになっていない。何故だろうか?
No title
日本共産党の小池晃参院議員が、参院安保法制特別委員会(8月11日)で暴露した「戦争法案」(安保法制)先取りの自衛隊の内部文書は、委員会が何度も中断し、中谷防衛相が答弁不能になって委員会が散会になるほど大騒ぎになりました(ブログ8月25日アップ)。朝日新聞や東京新聞などが社説で取り上げたほどのインパクトがありました。戦争法案に国民の半数以上が反対し、8割が説明不足という世論調査に大きな影響を与えた質問でした。 管理人
No title
仮に機密文書であれば日本共産党の機密文書入手行為は
機密保護法違反であり入手した人は法律の下に裁きを受けることになり
自民党が共産党を犯罪者呼ばわりすることは正当な行為と言う事になります。

つまり内部文書を「本物」と共産党が主張するのであれば共産党は犯罪行為に荷担したと認め
機密文書を入手した人は法の裁きを受けることとなります。

国民には「本物だ!」と訴え政府には「偽物でした」との二枚舌を行使しているのが現状です。
No title
なお、共産党の参院議員は
「わが党が防衛省の内部資料を国会で暴露したことについて「手にいれた側に違法行為がなかったのか調査せよ」などとした暴言は議事録から削除されます。」
とコメントされているように今回の内部文書は本物ではないから犯罪では無いとして自民党の主張を受け入れられております。

ですが共産党の末端の方にはこのような上層部の決定は降りてきておらずいまだに「本物」として
政府を批判する方向に扇動されているようですね。
No title
ひょっとしたら機密文書を「本物」とした小池晃議員と
機密文書を「偽物」とした井上哲士議員との間で見解が分かれ
共産党は党内でも意見が分裂しているのかもしれませんね。

おやおや、共産党の参院議員同士で大変な事になっているようで。
No title
本物だから、暴露した共産党も、それを取り上げたマスコミに対しても、政府は否定する事ができないのです。
No title
本物だとしたら自民党の犯罪者呼ばわり撤回を受け入れた
共産党の参院議員の井上さんは文書を偽物扱いする「裏切者」になっちゃうし
共産党も機密保護法違反で逮捕者出ちゃうよ

たいへーん
No title
ネトウヨの屁理屈だな。問題があるのなら、今すぐ逮捕すればいいだけ。なぜ逮捕できないのかかんがえたら。
No title
機密保護法は、国民を何があっても黙らせるのですよ。戦前のことを思い出しましょう。権力者じぁあるましし、我々が逮捕なんて言葉を、簡単に使うのはやめましよう。
No title
>問題があるのなら、今すぐ逮捕すればいいだけ。なぜ逮捕できないのかかんがえたら。

政府は「文書は偽物だから機密文書じゃない」としてるので逮捕しませんしする必要も無いです。
共産党は小池さんは「文書は本物で問題ある」井上さんは「文書は偽物だし犯罪者扱いは止めろ」
逮捕に実質的に前向きなのは共産党の小池議員ですよ。
逮捕されるか、されないかよりも、 文書が本物か偽物かが大事な事。 論点をすり替える、姑息なやり方だね。
井上さんは文書は偽物だ、なんて言ってないよ。
No title
本物なら逮捕される偽物なら共産党が嘘ついただけ、至極単純な話。
戦前の共産党みたいに獄中からでも自分の主張を押し通したり反論する裏切者を
「極刑をもって断罪する」とでもして党の意見を集約すれば良いじゃないですか。
No title
また屁理屈を。この文書で何回委員会審議が止まったのか。偽物だとしたら、なぜ政府、自民、公明が毅然とした態度をとれなかったのか。そっちを問題にしたら?
No title
いまだに、小池議員は逮捕されていない。文書は本物だということです。
No title
いまだに、小池議員は逮捕されていない。文書は偽物だということです。
No title
情報部や公安がよくやる手じゃないすか文章の内容からルートは絞り込めるし別にあとは泳がせて放置でしょ

つか日本の防諜にかかわる話なのに鬼の首とったみたいに騒ぐサヨクが滑稽でならない…そんなに日本の足を引っ張りたいのかと
No title
うわさや憶測、想像で重箱の隅をつついて、事の本質を矮小化して、なんとか共産党に悪印象をもたせようとする人達。
もっと本質的な議論ができないのか!
No title
うわさや憶測、想像で重箱の隅をつついて、事の本質を矮小化して


ブーメラン過ぎて流石に失笑もんですわ
No title
上記のコメントのなかに、「小池議員は逮捕されていない」などという憲法の51条をまったく勉強していないのがあります。憲法を勉強してものをいいましょう。

「第五十一条  両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない」
No title
憲法50条の不逮捕特権は国会の会期までだし
51条のは演説や討論の責任は問われないけど
機密文書を盗み出す行為は国会の外でやってるから
不逮捕特権の範囲外だよ。

まぁ文書偽物だからどっちみち逮捕されないけど
No title
まだ悪あがきをやってる!
No title
いい加減共産党は悪あがき止めて偽物だって認めれば良いのに

管理者のみに表示