◎♪戦争は終わるよ それを望みさえすれば

 今、注目のSEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)。そのメンバーの1人、福田和香子さん(21)=大学4年生=が「しんぶん赤旗日曜版」(8月30日号)に、印象深い写真で掲載されています。

 彼女は、ヒップホップダンスが趣味で、塾で英語を教えています。8月23日、若者の街、東京・表参道で「戦争法案」(安保法制)反対のデモの先頭でコールしました。

日曜版 福田和香子さん


 へそだしルックに大きなイヤリング、青いリュックサック…手にしたプラカードは、「WAR IS OVER IF YOU WANTIT」(戦争は終わるよ それを望みさえすれば)。

 ジョン・レノンの「ハッピー クリスマス」の歌です。福田さんのスピーチがメディアで取り上げられると、ネットですさまじい批判にさらされたといいます。

 日曜版で、「へこみました。なんで私がここまで背負わなければいけないのか、泣いたこともあります」と語ります。彼女が立ち上がった原点はどこにあるのでしょうか? 日曜版では、そうした思いを語っています。

 福田さんのコールは、次のアドレスの動画で見ることができます。
https://www.facebook.com/teppeisphotos?pnref=story

 またシールズは、「より多くの皆さんに安保法制や政治、歴史問題についての幅広い知識に触れる機会を提供するべく、各メンバーが影響を受けてきた書籍を選書リスト化し、全国へ向けて発信していくプロジェクトを始めます」として、基本の15冊リスト発表しました。

直 シールズ 15冊


 管理人は、1冊も読んでいませんでした。勉強します!
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/28 10:15
コメント

管理者のみに表示