◎トヨタ本社などを家宅捜索、常務役員の麻薬密輸容疑

 4月からトヨタ自動車の常務役員に就任したばかりの米国人、ジュリー・ハンプ容疑者(55)が麻薬を密輸した疑いで逮捕された事件で、警視庁が6月23日、トヨタの本社(愛知県豊田市)や東京本社(東京都文京区)など3カ所を家宅捜索したことをメディアがいっせいに伝えています。

 トヨタ本社が家宅捜索されるというのは、事件の大きさを示しています。日本のメディアだけでなく、ロイターなど外国メディアも報道しています。ロイターは次のように伝えています。

201111 トヨタ本社 (2)
(トヨタ本社=愛知県豊田市)

……
 警視庁によると、ハンプ容疑者は今月18日、米国から国際宅配便で「オキシコドン」と呼ばれる麻薬成分を含む錠剤を輸入した疑いで逮捕された。ハンプ容疑者は調べに対し、「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している。

 オキシコドンはがん患者らの鎮痛剤などとして使われているが、医師の処方箋がないと購入できない。日本では麻薬に指定されており、郵送などでの輸入を認めていない。大量に摂取すると陶酔感が得られ、米国では乱用が社会問題になっているという。

 23日の家宅捜索について、トヨタは「捜査中につき、コメントは控える」(同社広報)としている。
……
スポンサーサイト
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/06/24 18:57
コメント

管理者のみに表示