◎アンパンマンと戦争

【詰所談義】

 30代で結婚したばかりの若者と60代のSP(スキルド・パートナー、60歳定年以降で働く)が、昼休み、工場の詰所で話したことは…。

 A おれ、日曜日に大型スーパーに行って、赤ん坊にアンパンマンの人形を買いましたよ。アンパンマンのグッズがいっぱいで驚きましたよ。
 B えっ、そう! わしも、そこで孫のために買ったよ。アンパンマンだらけでびっくりしたね。

 A 赤ん坊は、まだ6カ月です。もうすぐハイハイしそうです。嫁さんに、赤ん坊は、なぜアンパンマンが好きなんか、と聞いた。顔が赤くて丸いからじゃない、といっていましたよ。
 B そうなんか。ところで、作者の“やなせたかし”さんのこと、知ってるかい?

アンパンマン 人形


 A どんな人? 確か、昨年94歳で亡くなったと聞いていましたが…。
 B やなせさんの青春時代は、戦争中だったんだ。21歳で召集され、終戦を中国で迎えた。こう言っていた。「日本軍は正義のために戦っている、中国の民衆を助けるといわれ、中国へいったんです。でも実際は違った」と。

 A どう違っていたのですか?
 B 「何よりつらかったのは空腹です。満足な食糧は与えられない。すさまじい飢えを体験しました」と言っている。君らは、飢えの経験ないだろう。おれは、終戦の後に生まれたから、満足に食えない経験をしているからわかるけれど。

 A そうなんですか。
 B やなせさんは、「本当の正義は、人を殺すことじゃない。ミサイルを撃ち込むことでもない。そこにひもじい人がいれば、それを助けることだ」と言っている。アンパンマンは、腹をすかせた子どもがいたら、アンパンでできた自分の顔を差し出すんだ。

 A 正義の味方だから、子どもたちは好きなんだ。Bさん、やなせさんのこと、くわしいですね。
 B この話はね、一昨年の子どもの日に「しんぶん赤旗」日曜版の1面に、やなせさんのインタビューがのったから、よく覚えているんだ。やなせさんは、「アンパンマンなら、憲法9条を変えて戦争のできる国にする…憲法改悪をたくらむ者たちはきっと許さないでしょう」とも語っている。

アンパンマン 日曜版


 A テレビのニュースで、国会の様子をやっていたけど、9条を破壊する、たしか、戦争法と言っていた国会議員がいましたよ。
 B 日本共産党の志位和夫委員長だよ。やなせさんが、亡くなる前に言っていたように、安倍首相は戦争法で日本を海外で戦争ができる国にしようとしている。君の孫が青年になった時に、戦争へ行かせるかい?

 A それだけは絶対にいやですよ。あんなにかわいい赤ん坊を、戦争で亡くすなんて考えられませんよ。
 B そうだろう。おれも孫を戦争に行かせたくない。戦争法反対の署名、お前もしてくれよ。
 A そうします。
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2015/06/03 13:10
コメント
妄想?
No title
洗脳?
No title
正義!
No title
全部不正解。
「痴呆」です。

戦争に行ったことのない60代が恰も見てきたかのように語っています。みなさん、気を付けましょう。
No title
戦争は、体験者が語り、それを聞いた人がさらに語り継ぐことで戦争をなくしていけるのではないでしょうか。また、語るとともに、文字や絵などに書き残すことで、その悲惨さを後世に伝えることができます。やなせさんは、その第1人者ですね。幼い子どもたちに伝えることで。 
社内で政治的活動禁止です。

詰所でそんな話をするほど時間ない。
No title
トヨタのCSRをご存知ですか? 結社の自由、政治活動の自由をうたっています。
No title
〉トヨタのCSRをご存知ですか? 結社の自由、政治活動の自由をうたっています。

でも実態は、結社の自由も政治活動の自由もありません。
共産党員は、肩身狭いです。

管理者のみに表示