◎堤工場 7月から1直だけの生産へ?

 プリウスなどを生産しているトヨタ自動車の堤工場が、今年7月から1直(6時25分~15時15分)、2直(16時10分~深夜1時)の2交代制から、1直だけの生産になるという話が出ています。

 すでに、昨年12月の1直週は2日間、30分の“早切り”(定時割れ)が行われました。現場では、“どうなるのか”と心配する声があがっています。

 現行の3代目プリウスは、2009年5月に国内で販売を開始。燃費の良さから日本のクルマでもっとも売れる車となりました。しかし、今年秋にも4代目が投入されるといわれていることから、1月の車種別の国内販売では、自動車メーカー7位の1万1206台にとどまっています。昨年1月比44・4%へと半分以下です。

 追い打ちをかけているのが昨年4月からの消費税増税による購買力の低下です。プリウスにとどまらずトヨタの毎月の国内新車販売は、前年割れが続いています。

トヨタの堤工場
(トヨタの堤工場)

 このため堤工場では、フル生産時には58秒のラインタクトが80~90秒台に落ち、この4月は129秒になるといわれています。

 ラインタクトが落ちると、労働者が工程からはずされます。残った労働者は、その分だけ工程を多く持つことになります。はずされた労働者は、他の部署への応援か、生産準備や改善グループなどに異動になります。

 ある上司は、「余った人員は、応援のもらい手があればいいが…。ここはもうあふれている」などと語っています。

 高岡工場や元町工場などの組立工場も残業がほとんどない状態で、職場ではトヨタグループのボディメーカーへ応援に出されるのではないかといわれています。

 生産準備や改善グループなどに異動になると、常昼勤務です。交代手当や深夜手当がなくなり、数万円の減収になって生活を直撃します。ボディメーカーへの応援では、単身赴任が強いられるケースがあります。

 遠隔地なら、応援手当が出ますが…家族と離ればなれになるのもさみしいね。

             ◇

 この記事は、2月10日アップの予定でしたが、都合により前日にアップしました。
スポンサーサイト
期間従業員 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/02/09 21:14
コメント
No title
どういう計算をしたら数万円になるのかなぁ?
個人的には、数万円の上の桁に1がつく額が
ダウンで、パートナーも働きに出ているんだけど。
No title
プリウスはもう末期モデルだから、その後は
またフル稼働、フル残業が待っているので
今のうちに、体力を蓄えておくべきです。
ちょっとまって!
子会社から堤に応援の話きてるのに
トヨタの車は買いません!

NO TOYOTA
No title
あれ?期間工の人達ってもう居ないのですか?
去年かなり募集していたイメージあったのに
どこでどうやれば、この記事に期間従業員のタグが付くか、不思議です。

管理者のみに表示