◎たった100人か! トヨタの正社員登用

 トヨタ自動車は、期間従業員を募集しても集まらないという深刻ななかで、今年度は100人を超える期間従業員を正社員に登用する方針です。リーマン・ショック以前は、1000人前後を登用していたのに比べ、きわめて少ない人数です。

 このブログの7月3日にアップしたように、トヨタが期間従業員を募集すると、これまで週200人程度の採用ができたのが、このところは週70人程度へと3分の1に落ち込んでいます。

 中日新聞や日本経済新聞が7月4日付で伝えたところによると、トヨタは2014年度に、期間従業員からの正社員登用を100人以上にする方針です。13年度は40人でしたから2倍以上になるといいます。

 しかし、トヨタはリーマン・ショック時前の07年度には、過去最高の1250人を登用しました。その前年の06年(暦年)は943人を登用した、と募集広告で明らかにしていました。

期間従業員 20140528
(期間従業員らを乗せて送迎するトヨタのバス=2014年5月28日)

 それに比較すると、現在4000人ほどいるといわれる期間従業員のなかから、今年度の登用予定が100人程度というのは、きわめて少ないものです。「景気回復を背景に製造業の現場では人手不足が続く見通し。正社員登用を進めて即戦力を確保し、ものづくりの競争力を保つ」(日経新聞)と指摘されているように、トヨタに期間従業員が集まらないための打開策とみられています。

 「職場の管理監督者の推薦があれば、原則登用する」(日経新聞)ともいいます。ところが最近でも、現場のGLらの強力な推薦があり、周りからも登用は当然とされていた優秀な期間従業員を登用しませんでした。その期間従業員は、傷心のままトヨタを去りました。

 ある正社員が指摘します。
「これまでトヨタが募集すれば、必要な時に、必要な人数だけ期間従業員を集めることができた。ところがリーマン・ショックでたくさんの期間従業員を雇い止めにした。もう2度とトヨタには行かないと語っている元期間従業員がいる。こんなトヨタの雇用のあり方そのものが問われている」
スポンサーサイト
期間従業員 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/07/06 10:15
コメント
人材のお話。
誰でもできる仕事は景気の良し悪しで集まる人が変わってくる。
今ね、景気良くなってきたんだよ。だから期間工なんて集まんない。
トヨタの今までが云々以前の問題。

前のコメント読んだよ、結局なぜ自分たちが正社員でない又なれないかは会社や社会の問題でなく自分の努力次第や、勘違いすんな。君達の能力は恐らく社員と同等以上でしょう!でもね、今ここっーとこで頑張れてないから非正規なんだ。又社員になっても一緒!口だけで頑張れないから。現場で本当に必要な人は必ず登用されます♪

長文ゴメンあと本当に運のない人も居る……運だよなぁ

管理者のみに表示