FC2ブログ

◎レクサス 世界で累計1000万台販売

 トヨタ自動車は2月25日、高級車「レクサス」ブランドが世界で累計販売1000万台に達したと発表しました。

 1989年に北米に最上位機種の「LS」を販売してから30年になります。日本では2005年から販売。今やレクサスが普通に走るほどになっています。18年の世界販売台数は69万8330台で過去最高を更新しました。

レクサス ES
(レクサス ES)

修 レクサス 2018年地域別販売台数
(レクサスの地域別販売台数=2018年)

 地域別では、北米が半分近くの32万3482台。2位が中国で16万1862台。3位が日本で5万5098台でした。19年は、前年比約9%増の76万台を販売する計画です。

 国内には、LS、IS、GX、RCを生産する田原工場(愛知県田原市)、GS、LCを生産する元町工場(愛知県豊田市)、ES、HS、CT、RX、NXを生産するトヨタ九州(福岡県宮若市)の3拠点があります(生産時点は2008年2月)。
スポンサーサイト
決算・経営計画 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/02/28 18:24

◎19春闘 第1回労使協 ベアを議論しない異例の展開

 トヨタ自動車の2019年春闘。その第1回労使協議会が2月20日(水)に開かれました。18春闘で、賃上げ(ベア)額を「昨年を上回る」と日本語回答し、ベア額を非公表にした会社。19春闘でトヨタ労組は、要求の総額(1万2000円)を示すだけで、ベア額は明らかにしませんでした。

 注目された第1回の労使協議会。賃上げ、一時金について、労使ともまったく触れず、トヨタの競争力など今後の課題、トヨタ本体と関連会社など「オールトヨタ」が一致団結すること、全員活躍などについて議論する異例の展開になっています。

 18春闘の第1回労使協では、3000円の賃上げを要求した組合に対し、会社側はトヨタの賃金は「極めて優位性のある水準」とか、一時金要求に対しても、「今回の要求水準は極めて高く、そのまま応えることは困難」と組合側を牽制していました。

 19春闘では、組合の「評議会ニュース」によると、組合の西野勝義委員長は、「競争力を高める取り組みを真剣に考え、行動に移そうとする組合員が『解決出来ないこと』、取り組みを進めるにあたり、立ちはだかる『壁』などについて本音の議論を重ねて参りたい」などと主張しました。

 これに対し豊田章男社長は、「オールトヨタの仲間から『一緒に働きたい』、支えてくれている全てのステークホルダーの皆様から『トヨタ頑張れ』と応援される会社になりたい」などと応じました。

50 トヨタ本社地区3 グーグルアース
(豊田市のトヨタ本社地区。中央のビルが本社=グーグル・アースから))

 組合側からは、トヨタ広瀬工場の電子部品を、デンソーへ移管する問題で、デンソーとのチームワークのために交流の機会が欲しい、出向後の不安を取り除くために会社のサポートをお願いしたいなどの声が出されました。

 会社側からは、世界の自動車産業の電動化や自動運転化など「100年に一度の大変革期の中、『生きるか死ぬか』の緊迫感が腹落ちしておらず、危機感が自覚出来ていない」(寺師茂樹副社長)などともっと組合員が危機感を持つ必要があると主張しました。

 また、「トヨタ単独ではやり切れないため、今こそグループ一体とならないと勝てない」(小林耕士副社長)と「オールトヨタ」を強調。組合の西野委員長は、「オールトヨタが一致団結できるよう、会社と取り組んでいきたい」と応じました。

 「全員活躍」の課題では、組合側から業務職や高専卒、シニア期間従業員のように学歴・採用形態による処遇の格差とその是正を図るべきだと提起をしました。

 会社側は、「年次や学歴の枠にとらわれることなく、今後は1人ひとりをみて是々非々で判断していく」などと改善を図ること。「シニア期間従業員の食事費補助など、具体的な方策を検討する」などの回答を示しました。
19春闘 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/02/28 13:53

◎沖縄県民投票 辺野古埋め立て反対 7割超

 沖縄県名護市の辺野古の海を埋め立てて、米軍の新基地を建設することの是非を問う県民投票(「普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋め立て」)が2月24日、投票され、「反対」が43万4273票で、72・15%に上りました。

 安倍政権が強権を使ってごり押ししていることに、沖縄県民は圧倒的多数で「ノー」を突き付けました。この県民の選択に思い起こしたのが辺野古のテント村に掲げられたボードでした。

 「勝つ方法はあきらめないこと」

勝つ方法は


 そうです。沖縄県民は決してあきらめず、安倍政権の脅しに屈しなかったのです。投票率は、過半数を超え52・48%。自民党、公明党が運動を盛り上げさせないようにするなかで国政選挙並みの投票率を確保しました。

 「賛成」は、11万4933票の19・10%、「どちらでもない」は、5万2682票の8・75%でした。

 投票を前に明らかになったのが辺野古の海の軟弱地盤問題です。安倍政権が隠し続けていた問題で、東京新聞や「しんぶん赤旗」などが報道。地盤改良のためには、砂の杭を約7万7000本も打ち込まざるを得なくなったことです。最深90メートル(海底まで30メートル、地盤の厚さ60メートル)で、これまで経験したことがないような深さです。

 安倍政権は、新基地建設の総事業費を2405憶円としていましたが、沖縄県の試算では、地盤改良工事費1500憶円を含めて2兆5500億円というばく大な費用がかかること。工事も大幅に遅れることは必至です。危険な普天間基地は、いつまでも使われ続けることになります。

 日米両政府が普天間返還で最初に合意したのは23年前の1996年4月。ところが返還期限は、「2001年」→「14年」→「22年度」とずれこみ、今や工期も返還時期も明示できない状態になっています。

 日本共産党の志位和夫委員長は同日、「安倍政権に対して、辺野古新基地建設のための埋め立てをただちに中止することを強く求めます。普天間基地は、『辺野古移設』という『条件付き』では、永久に返ってきません。無条件での撤去を求め、米国と交渉することを強く求めます」などとの談話を発表しました。

             ◇

 この記事は、2月26日にアップする予定でしたが、前日にアップしました。

沖縄 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/02/25 18:37

◎第40回トヨタ総行動 名古屋本社前で大幅賃上げ訴え

 労働組合の賃上げ交渉が本格化した2019年春闘。回答が出る3月を前にした2月24(日)、第40回トヨタ総行動(愛知県労働組合総連合=愛労連=などでつくる実行委員会主催)が名古屋駅前で行われた。

 愛労連の組合員ら約200人が参加。労働者や市民に、大幅賃上げを訴えた。この日は春を思わせるように暖かく、過ごしやすい日だった。名古屋駅前はすごい人出で、訴えは注目された。

19トヨタ総行動2 (2)


 世界の自動車会社で利益No1、日本でも利益、内部留保ともダントツのグローバル企業、トヨタ自動車。名古屋駅東口前には、そのトヨタの名古屋本社のあるミッドランドスクエアビルがある。

 今年のトヨタ総行動は、トヨタをはじめ大企業の本社、支社などが集中する名古屋駅東口側と西口側のビックカメラ前の2カ所で市民や労働者に訴えた。横断幕やプラカードを掲げてのスタンデング、ハンドマイクからの訴え、ビラを入れたティッシュなどを配った。

19トヨタ総行動2 (1)


 横断幕では、「8時間働けば人間らしくくらせる賃金に」「トヨタ 内部留保22・8兆円 下請け単価引き上げでトヨタ車づくりに関わる全労働者の賃上げを」――などが立ち並んだ。

19トヨタ総行動4


 ミッドランドスクエアビル前で全国労働組合総連合(全労連)の小田川義和議長や愛労連の榑松佐一議長らが、安倍政権の「消費税10%への増税なんてとんでもない」などと訴え、ため込んだ大企業の内部留保で労働者の大幅賃上げを実現し、国民春闘を発展させようと呼びかけた。

 この後、東口前、西口前から笹島交差点をめざしてデモ行進が始まり、笹島交差点で合流。ささしまライブ内にあるキャナルパークささしまパークエリアまで行進した。

19トヨタ総行動3


 19春闘は、トヨタ労組が賃上げ(ベア)要求を初めて非公表にするなど、春闘での労働組合の共闘に困難さをもたらす動きが出ている。トヨタ総行動では、大企業の社会的責任を求め、国民春闘をいっそう発展させようと取り組んでいる。

19トヨタ総行動5
トヨタシンポ・総行動 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/02/25 12:30

◎安倍首相 寝たふりして9条改憲ねらう

 豊田駅前で、毎月「3日行動」「19日行動」で、市民に呼び掛けている安倍首相の9条改憲に反対する「3000万人署名」(全国で有権者の過半数を目標)。2月19日の行動でも、市民が署名に応じていました。

 安倍首相は、東京オリンピックの2020年に合わせて9条改憲の施行をねらってきました。しかし、昨年秋の臨時国会で、憲法審査会を動かして自民党の「素案」をもとに自民党案を提示しようとしましたが失敗しました。

 野党が強く反対したことや、どの世論調査でも9条改憲に反対するのが多数だからです。背景には、「3000万人署名」の広がりがあります。

自民 Q&A
(「自民党の『ビラ・ 条文イメージ(たたき台素案) Q&A』」)

 20年施行は難しくなったという声が出る中で、安倍首相は巻き返しに出ています。2月24日付の「しんぶん赤旗」は、「自民、改憲『Q&A』配布 国会議員動員」の記事を掲載しています。

 それによると、自民党が1問1答形式の資料を作成し、党所属国会議員に配布したことが23日わかったというのです。資料の題名は「日本国憲法改正の考え方 『ビラ・条文イメージ(たたき台素案) Q&A』」で、同党憲法改正推進本部が作成しました。素案への疑問に答える形になっています。

 「Q&A」は、①9条への自衛隊明記の理由②緊急事態条項の導入③参議院の合区解消④教育の充実――の4項目。安倍首相がもっともねらっている9条について素案は、「必要な自衛の措置をとることを妨げず」「内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する」と言う条文を加えます。

 この追加について「Q&A」は、「自衛権行使の範囲を含め(中略)これまでの憲法解釈についても全く変えることなく」と説明しています。この「これまでの憲法解釈についても全く変えることなく」というのがくせものです。

 国民には何も変わらない、今の自衛隊の存在を書き込むだけと見せかけています。国民の多数が9条改憲に反対しているために、巧妙な手段に出ているのです。

 しかし、戦力不保持と交戦権の否認を明記した憲法に自衛隊を書き込めば、9条の空文化につながり、海外での武力行使を無制限に行うことが出来るようになります。

 安倍首相が2015年に強行した憲法違反の集団的自衛権の行使を盛り込んだ安保法制(戦争法)が合憲になります。日本が海外で戦争が出来る国に作り替えようとする安倍首相の年来の野望が実現することになります。

3000万人署名 1
(2月19日に「3000万人署名」を訴える人。豊田駅前で)

3000万人署名 2
(署名に応じる市民)

 20年の9条改憲は無理と思わせる――寝たふりをして、その裏では着々と進めているのです。安保法制の強行も、国会をお盆を挟んで3カ月も延長して強行突破しました。

 改めて「3000万人署名」の重要性が明らかになりました。
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/02/24 10:33

◎中日・東京新聞が反論 安倍政権の「質問制限」に

 憲法に保障された国民の「知る権利」。安倍政権は、これにも制約をかけようとしています。中日新聞系の東京新聞が2月20日付で、1ページ大の「検証と見解」を発表し、安倍政権に反論しています。

 菅義偉官房長官の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者が沖縄・辺野古の米軍新基地建設の埋め立て土砂に赤土がまじっていることを質問。これに対し、首相官邸が昨年12月末、「事実誤認があった」などとして内閣記者会に「問題意識の共有」などといって、他の記者に同調を求めたものです。

 「検証と見解」では、「国、土砂投入の検査をせず」と反論。昨年12月に「土砂投入が始まると、海は一気に茶色く濁り、県職員や市民が現場で赤土を確認した」こと。「県は1週間後に、『赤土が大量に混じっている疑いがある』として、沖縄防衛局に現場の立ち入り検査と土砂のサンプル提供求めたが、国は必要ないと応じていない」と指摘しています。

 代わりに防衛局は、過去の検査報告書を提出したが、検査は2016年3月と17年4月に実施したもので、県は「検査時期が古く、職員が現場で確認した赤土混じりの土砂と異なる」として、埋め立てに使われている土砂の「性状検査」結果の提出を求めているが、これも行われていないことをあげています。

40 東京新聞 検証記事
(東京新聞の2月20日付の「検証と見解」)

 こうした事実をあげ、「官邸側の『事実誤認』との指摘は当たらない」と反論。望月記者が質問したことは当然と主張しています。また、森友学園問題などでの同記者の質問に対する官邸側の申し入れを示し、「質問や表現の自由を制限するものもある」と指摘しています。

 さらに、一昨年秋以来、進行役の上村秀紀官邸報道室長が「簡潔に」などと同記者の質問をせかすような異常な方法についても指摘しています。

 その例として、今年1月24日、安倍首相がNHK番組で語った沖縄・辺野古沖のサンゴ移植発言などについて質問した折には、「1分半ほどの短い質疑で質問は計7回もが遮られた」としています。

 「検証と見解」では、臼田信行編集局長の見解を掲載しています。

 「権力が認めた『事実』。それに基づく質問でなければ受け付けないというのなら、すでに取材規制です」と強調。事務方が何度も質問をせかし、終了を促すのも看過できないとし、「こんなに頻繁に遮る例は他に聞きません。批判や追及の封じ込めとも映ります」と厳しく批判しています。

 その上で、「記者会見は民主主義の根幹である国民の『知る権利』に応えるための重要な機会です。だからこそ、権力が質問を妨げたり規制したりすることなどあってはならない」とのべ、「知る権利」を踏みにじらないよう強く求めています。
安倍政権 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/02/23 18:22

◎はやぶさ2の快挙 リュウグウへ着陸

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の探索機「はやぶさ2」が2月22日午前7時29分、地球から3・4億キロ離れた小惑星「リュウグウ」へ着陸(接地=タッチダウン)しました。はやぶさ1に続く快挙です。生命の起源に迫る岩石などのサンプルを地球に持ち帰る可能性が出てきました。

 リュウグウは、直径が900mほど。トヨタ自動車本社工場の南北の距離ほどの小惑星です。3mほどのピンポイントの目標地点の範囲に着陸し、弾丸を撃ち込んで、舞い上がった岩や砂を採取するもので、その正確さに驚嘆しました。

 はやぶさ1が、何度もの故障を研究者らの知恵で克服し、7年間におよぶ旅から地球に帰還したのは2010年6月13日。奇跡の帰還劇は、竹内結子主演で映画化され、そのDVDを見て、研究者らの姿にどれほど感動したことか。

 はやぶさ2が地球に帰還するのは20年末の予定で、どんな成果を持ち帰るのか、いやいや無事に地球に戻れるのか、はやぶさ1と同じようにはらはらするのか、そのドラマチックな物語を想像したくなります。

80 はやぶさ2 接地
(はやぶさ2のタッチダウン直後の画像。高度は30m以下=JAXAのホームページから)

 リュウグウは、地球と火星の間の軌道を回っている太陽系の仲間です。太陽系が誕生したのは46億年前。ビックバン宇宙が誕生したのは137億年前と気の遠くなるような時間です。

 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」――ゴーギャンが描いた絵の名前に付けたように、人間存在の基本的な問いかけです。生命は、人間のような知的な高等動物は、地球以外のビックバン宇宙の中にいるのか? いや、宇宙はビックバン宇宙以外にあるのか?

 137億年の宇宙史に思いをはせると、人間の存在の余りにも小ささに、争いや戦争などをしている場合か、と叫びたくなります。はやぶさ2は、生命の起源に迫るどんなものを持ち帰ってくれるのか、今からわくわくしませんか。

その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/02/22 18:32

◎すべてがラグビーのため? 高橋通行止めで大渋滞

 豊田市の矢作川に架かる高橋(たかばし)が2月20日から通行止めになった。4カ月(6月19日まで)もの長い間の通行止めだ。なぜ、長期にわたって通行止めになるのか?

 トヨタ自動車の本社や本社工場、元町、堤、高岡、上郷などの工場は、矢作川の南側にある。一方で、矢作川の北側の住宅地に住むトヨタ社員は多い。平成記念橋、高橋、豊田大橋、久澄橋、竜宮橋…橋があると渋滞するが、普段から朝夕の通勤路は大渋滞している。

12 高橋 通行止め
(通行止めになった高橋=2月21日)

 昨年10月、愛知県は高橋の全面通行止めを発表した。従来の橋の高さを2m上げるために、土留の矢板工法でモルタル注入したのを、河川敷部分は掘削し再転圧(軟弱地盤の工法)するために通行止めにするとの説明だった。

 日本共産党市議団(大村よしのり市議、根本みはる市議)にも疑問の声が多く寄せられた。本村伸子衆院議員とともに国や県、市の説明を受けた。この工法の限りでは、どこかで橋を通行止めにしなければならないこと。通行止めをしないためには、仮橋を設置する必要があるが、位置や工法上できないということだった。

 日本共産党市議団は1月9日、愛知県豊田加茂建設事務所に要望書を提出。①公開で納得の行く説明会や広く意見聴取を行うこと、②朝夕の渋滞の影響調査をし、具体的な緩和策を講ずること、③通行止め期間の短縮の努力をすることを要望した。

 県から1月30日に回答があったが、通行止めの情報提供は十分に行うが、具体的な迂回方法や渋滞緩和策を示さなかった。

修 高橋
(矢作川と高橋=上側の橋=。右下に豊田スタジアム)

 「ラグビーワールドカップ2019」が、今年9月20日に開幕する。豊田市の豊田スタジアムでは10月5日に日本とサモアの試合が開かれる。高橋の全面通行止めは、それまでに工事を終わらせるということのようだ。

 すべてがラグビーワールドカップのためなのか? 住民の声に耳を傾けずに進む高橋の通行止め。大きな問題が起こらないことを願うばかりだ。

トヨタの街から | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/02/21 18:41

◎雨の中「19日行動」 9条改憲反対署名訴え

 「19日行動」が2月19日午後6時、名鉄豊田市駅デッキで行われ、12人が参加した。

 「19日行動」とは、安倍政権が憲法違反の集団的自衛権の行使などを盛り込んだ安保法制(戦争法)を、2015年9月19日の参院本会議で強行した19日を決して忘れず、安倍政権を退陣に追い込もうと毎月、全国で行われている行動だ。

 この日は、朝から雨が降っていた。午後からはさらに強い雨になった。こんな日は気が重い。しかし、「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」の気概だ。日本に立憲主義を取り戻すために!

14 19日 1

12 19日  2


 電車通勤のトヨタの労働者や市民らが帰宅を急ぐ中、プラカードを掲げ、交代でリレートークをし、ドラムのリズムに合わせてコールしてアピールした。雨の中、うつむき加減で足早に行く人も多い。

 それでも、日本の有権者の過半数をめざす安倍9条改憲に反対する3000万人署名に応じてくれた人がいる。頑張ろうと励まされる。

12 19日 3


 この日、メディア論研究者、人権問題にとりくむ法律家ら346人が「官邸による取材・報道の自由侵害に抗議する緊急声明」を発表した。

 東京新聞の望月衣塑子記者が沖縄・辺野古の米軍新基地建設の埋め立て土砂に赤土がまじっていることを質問したことに対し、首相官邸が「事実誤認があった」として記者クラブ側に対応を求めた。言論の自由、国民の知る権利を押しつぶそうというものだ。

 毎日新聞映像グループがネット中継し、その録画を見た。呼びかけ人の梓澤和幸弁護士らは、激しい口調で「政府の意に沿わない記者の排除や、質問内容に枠をはめることなどあってはならない」「何が事実であるかを時の権力者が決めるというのは、おごり以外の何物でもない」などと安倍政権を痛烈に批判していた。

 この通りだ。違憲、違法、民意無視、公文書廃棄、虚偽答弁、統計不正…こんな政権は戦後最悪だ。ましてや9条改憲なんてやらせてはならない。“悪夢”のような安倍政権を1日も早く終わらせよう!

10 19日 4
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/02/20 20:41

◎愛知県議選・豊田市議選 勝利めざし、はげます集い

 統一地方選が迫っているなかで2月17日、豊田市産業センターで愛知県議選(3月29日告示、4月7日投票)、豊田市議選(4月14日告示、同21日投票)の日本共産党の候補者をはげます集いが開かれ、130人が参加した。

 地方政治では、“オール与党”政治が多い中で、日本共産党は県民・市民の利益を守って「自民・公明対日本共産党」の対決でたたかう。愛知県議選豊田選挙区(定数5)では、無投票が続いてきたが、大村よしのり豊田市議が、“オール与党”の一角を崩そうと立候補を予定している。

 豊田市議選(定数45)では、根本みはる市議が4期目をめざし、大村氏の後継として本多のぶひろ氏が立候補を予定している。

12 激励1

10 激励2
(シャンソン歌手の堀田さちこさん)

 集いの第1部は、シャンソン歌手の堀田さちこさんの美しい声を楽しんだ。堀田さんは途中で、根本、本多の両氏を舞台に招き、童謡の「どじょっこふなっこ」を手話付きで一緒に歌って会場をわかせた。

 第2部は3人の予定候補が決意を語った。トヨタ自動車の企業城下町である豊田市は、市税収入は全国の中核都市では1位なのに、福祉に使う民生費は下から4番目だ。

 日本共産党は、豊田スタジアムの赤字に豊田市が年10億円も持ち出している例などをあげ、「税金の使い方、集め方を切り替えれば市民のための市政が実現できる」と訴えている。

10 激励3

10 激励4

10 激励5


 根本氏は、就学援助の新入学費の増額と前倒し支給など3期12年の実績をもとに、「これからも市民の要求を、今まで以上に実現するために、これまで以上の支持を」と訴えた。本多氏は、「何としても議席を守り抜く」と熱く語った。

 大村氏は、愛知県の大村秀章県政は、リニア、ジェット(MRJ)、FCV(燃料電池車)への支援を看板に掲げ、JR東海や三菱重工業、トヨタ自動車など、大企業のための県政を続けているが、県民の暮らしを優先する県政へ変えていくと訴えた。

14 激励6
日本共産党市議団 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/02/19 16:25
 | HOME | Next »