◎NHKも、たまにはいい番組をやるね!

 NHKの解説委員(新聞でいう論説委員)がライブで行う討論番組、「解説スタジアム」で、「どこに向かう日本の原子力政策」を8月26日に放送しましたが、これが大きな評判を呼んでいます。

 6人の解説委員が解説委員長の司会のもとに行ったもの。ネットでは、「これがNHKかと、わが目、わが耳を疑うこと請け合い」と、オンデマンドなどでの視聴を訴えています。

 NHKは、政治問題では“アベチャンネル”と称されるほど、暴走する安倍政権を批判しませんが、この日の原発政策をめぐっては、厳しい批判をくり広げました。

 安倍政権のもとで、原発は川内原発(鹿児島県)、伊方原発(愛媛県)、高浜原発(福井県)が原子力規制委員会から認められて再稼働しました。高浜原発は、住民の訴えを裁判所が認めて、稼働が差し止められています。

NHK 解説委員
(NHKの解説委員の討論番組「どこに向かう日本の原子力政策」=8月26日)

 解説委員らは、規制委員会の田中俊一委員長が、「安全は保障しません」とくり返しのべていること、アメリカの基準には周辺住民の避難計画も入っているのに、日本では自治体任せだと批判しました。

 その上で、規制委員会は原発というハードだけの「安全基準」を確認しているだけであり、避難計画をふくめた安全基準を政治がつくるべきであるが、動こうとしないと安倍政権の姿勢を問題視しました。

 また、「アメリカは、地震の多い西海岸には設置しないようにしている。日本は地震、津波、火山の原発リスク3原則がそろっている。原発に依存するのは問題だ」と強烈に批判する解説委員もいました。

 老朽化した原発は廃炉にするという「40年ルール」も、高浜原発の再稼働を認めたように、まやかしであると批判。減価償却が終わった原発を電力会社が再稼働させるのは、「コストが安くなり、儲かるからだ」との指摘も出るほどでした。

 原発から出る使用済み核燃料、いわゆる核のゴミの処分場もまったく決まっていないことも出されました。番組の途中で視聴者からとったアンケートでは、67・3%の人が再稼働反対と答えていました。

 核のゴミから出るプルトニウムを使った高速増殖炉「もんじゅ」は、相次ぐ事故で、もやは破たんしたことは明らかであり、毎年約200億円もの税金を投入していることをあげて、「やめるべきだ」と強い口調で語る解説委員もいました。

原発ゼロを2 20160826 (2)
(原発ゼロをめざす関西電力東海支社前行動=8月26日)

 また、プルトニウムが核兵器をつくるうえで欠かせないもので、北朝鮮などに対し安全保障上から、「潜在的抑止力になる」との声が上がっていることを紹介。国際的にも日本が核兵器をつくるのではないか、と疑われているとの意見も出ました。

 最後の「提言」では、現在の原発は10年でやめるべきであり、再生可能エネルギーへシフトしていくべきだと明確に語る解説委員もいました。番組全体は、安倍政権の原子力政策に強い疑問、批判を投げかけたものとなりました。「NHKもたまには、いい番組をやるね」という印象でした。
スポンサーサイト
原発ゼロへ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/08/31 08:54

◎豊田革新懇が市民運動交流の集い

 豊田革新懇は8月28日(日)、トヨタ産業文化センターで、「市民運動交流のつどい」を開いた。革新懇は、政治の革新をめざして全国で、地域で、職場で約800組織が運動している。

 トヨタ自動車の城下町の豊田市では、市民運動が育たないと思われてきたが、近年、色々な要求の市民運動が出てきた。図書館運動も、その1つだ。

 豊田市の太田稔彦市長は、今年2月に突然、来年4月から豊田市中央図書館の管理・運営を、市の直営をやめて民間に委託する「指定管理者制度」を導入すると発表した。9月市議会には、その条例案が提案される。

 これに対し、図書館でボランティア活動をしている多くのグループを中心に、不安や疑問の声があがり、市長に対して計画の凍結、再検討求めて「豊田市の図書館を考える市民の会」を立ち上げた。メディアも再三、「市民の会」の運動を取り上げている。

豊田革新懇 市民運動
(豊田革新懇が開いた「市民運動交流のつどい」=8月28日)

 つどいでは、「市民の会」をはじめ、地域の要求や平和運動、福祉、医療、不登校問題…などに取り組む団体から運動の紹介があり、参加者から質問や意見が出た。

 発言した団体は、「防災無線戸別受信機の設置を求める会」「地域医療と病院問題を考える会」「豊田市平和を願う戦争展実行委員会」「さよなら原発豊田市民行動連絡会」「戦争法廃止を求める豊田市民の会」「国保制度の改善を求める連絡会」「豊田市の教育環境を考える会」「不登校の会・まちあいしつ」という多彩さだ。

 豊田市には、こんなにもいろんな市民運動があったのか、とあらためて驚いた。住みよい豊田市をつくるためにも希望が持てる交流会になった。今後、もっと多くの人たちに市民運動を知ってもらい、共通する要求・願いで共同できるようにするのが大切だと感じた。
トヨタの街から | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/30 11:51

◎稲田防衛相の白紙領収書問題 他紙誌も報道

 このブログ「トヨタで生きる」では、「しんぶん赤旗」日曜版(8月14日号)が報じた、稲田朋美防衛相の白紙領収書問題を取り上げました。「領収書 金額は白紙! 稲田防衛相」(8月12日アップ)です。

 稲田氏の政治資金収支報告書にある領収書の写し(2012~14年分)の中に金額、宛名、年月日が同じ筆跡の領収書が、3年間で計約260枚、約520万円もあり、白紙の領収書に書きこんだというものです。
http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-2234.html

 この問題について、「日刊ゲンダイ」や写真週刊誌「FLASH(フラッシュ)」が報じています。

 「日刊ゲンダイ」(26日付)は、「着物だけじゃない 小池都知事は報告書の領収書も“真っ白”」との見出しです。同紙は、24日付で稲田防衛相の「白紙領収書」問題を取り上げ、これが小池都知事に拡大したといいます。

……
 写真は開示請求で入手した、小池知事の資金管理団体「フォーラム・ユーリカ」の政治資金収支報告書に添付された領収書の写しだ。12年9月に、自民党の梶山弘志衆院議員が開いた政治資金パーティーの会費を払ったことを証明するものだが、宛名も金額も空欄のまま。余白に金額を記し、会計責任者の印を押しただけだ。
……

 リオ五輪の閉会式で五輪旗の引継ぎをした際、白い着物姿で登場した小池知事とだぶらせ、「真っ白なのは、リオ五輪の着物だけにした方がいい」と強烈な皮肉を浴びせています。

30 領収書
(領収書)

 「FLASH」(9月6日号)は、「稲田防衛相『同じ? 筆跡の領収書260枚』か? 発覚」との見出しです。

 同誌は、日曜版の記事を引用しつつ、「政治資金オンブズマン」共同代表で神戸学院大学の上脇博之教授のコメントを掲載しています。

 「仮に4万円を支出したと書いて、実際は2万円しか支出していなかったら、差額の2万円は裏金にできます。白紙の領収書は、裏金作りの温床になりかねません」

 そのうえで、「『ポスト安倍』と言われても、白紙の領収書にちまちまと書き込むその姿は、宰相の器にはほど遠い」と痛烈に批判しています。

 しかし、「政治とカネ」の問題で、稲田氏ら閣僚の重大疑惑が浮上するなか、大手新聞やテレビは取り上げていません。メディアへの攻撃を強める安倍政権のもとで、政権批判が弱くなっています。政権への忖度(そんたく)があるとすれば、ゆゆしき事態です。
安倍政権 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/08/29 09:00

◎フライデー・リポート 鹿児島県知事、原発の一時停止を

 原発ゼロをめざす関西電力東海支社前(名古屋市東区)での、毎週金曜日の行動が8月26日、行われた。久しぶりに参加することができた。みんな、変わらずにがんばっている。もう5年以上続く行動だ。すごい!

 この日、大きな動きがあった。九州電力・川内原発の一時停止と点検を公約にかかげて7月の鹿児島県知事に初当選した三反園訓知事(テレビ朝日の元コメンテーター)。公約通り、九州電力の瓜生道明社長と面会し、「熊本地震で県民の不安が高まった」として一時停止と点検を申し入れた。

関電1 20160826


 瓜生社長は、「安全性に問題はない」と拒否した。何ということだ。県民の不安をバックに当選した三反園知事の申し入れは重いはずだ。九電がこんな姿勢なのは、原発再稼働を推進する安倍政権がいるからだ。

 関電前での行動では、九電への怒りが語られた。この日は、昼間の暑さは変わらないが、8月下旬とあって夕方からは少し過ごしやすくなった。風もあり秋の近づきを感じる。

関電2 20160826


 川内原発や伊方原発など、再稼働への怒りのコールが続いた。スピーチタイムでは3人が発言した。「再稼働されて正直悔しいが、これからもがんばる」と発言した人がいた。

関電3 20160826


 原発再稼働、沖縄・高江でのヘリパッド建設、憲法9条改悪への動き…参加者の1人は、「憲法の意味を知ろう。無関心では命が危ない」の手作りのプラカードをかかげていた。

 鹿児島県知事のように、あらたな動きが始まっているのだ。

関電4 20160826 - コピー
原発ゼロへ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/08/28 10:20

◎歴代クラウン東京へ走行 ホンダはNSX復活

 8月26日付の新聞各紙は、自動車業界の2つの話題を大きく取り上げ、目をひきました。

 トヨタ自動車は、高級車のクラウンが1955年の初代の発売から60年になったのを記念して25日、クラウンが生産しているトヨタ元町工場(豊田市)から、東京・代官山まで歴代のクラウンが走るイベントが始まったというニュースです。

 ホンダは、高級スポーツカー「NSX」の新型を約10年ぶりに復活させ、発売を始めたというニュースです。ホンダは、2370万円もする「NSX」の全面広告を打つという力の入れようです。

初代クラウン
(1955年に発売された初代のクラウン)

 クラウンは、初代の車から、「いつかはクラウン」のCMで売り出した7代目までの26台。29日に代官山に着くとしています。25日は、元町工場で式典が開かれ、豊田章男社長や元町工場の労働者ら約3000人が参加しました。

 現在、元町工場で生産されているクラウンは、12年12月に販売を始めた14代目。クラウンは、これまでに国内で約530万台販売されたといいます。

 知人もクラウンの中古を乗っていましたが、現在、乗っているのはプリウス4代目。クラウンは珍しくなくなったとはいえ、400~600万円ほどもするクラウンは、やはり庶民にとっては高嶺の花です

 7代目は、バブル経済真っ盛りの1983年に発売されました。80年代は、ニューヨークの高層ビルを日本企業が買い漁った時代で、金がすべてでした。バブルは崩壊し、日本が「失われた20年」といわれて久しくなります。

ホンダ NSX広告
(ホンダの新型NSXの新聞全面広告)

 2日前のブログにも書きましたが、16年度の国内新車販売は500万台を切りそうです。しかも軽自動車の販売が年々伸び、4割前後にまでなっています。そうしたなかで、高級車はどうなるのか?

 「2000万円以上の高級車の日本での市場は年間400台程度と富裕層に限られ、新型NSXも事業の収益性は低い」(日経新聞、26日付)といいます。それでもホンダは、あえて高級スポーツカーを復活させました。

 NSXの復活も、歴代クラウンがそろって代官山まで走るのも、国内高級車市場を活性化したいという願いがこもっているのでしょうが…。
トヨタ車 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/27 19:02

◎ケプラー殺人事件?

 このブログで、名古屋市・伏見にある名古屋市科学館のプラネタリウムを紹介したことがあります(7月24日アップ)。プラネタリウムを見てから宇宙に病みつきになり、NHKのBSで放送された「天文学史上最大のスキャンダル? 知の怪人・ケプラーの真実」(8月11日)を見ました。

 17世紀のチェコの天文学者、ケプラーといえば、「惑星は、太陽をひとつの焦点とする楕円軌道上を動く」というケプラーの法則で有名です。後のニュートンやアインシュタインに大きな影響を与えました。

 そのケプラー、自身の先生で、世界最高の観測データを持っていた天文学者ティコ・ブラーエを殺害し、データを盗み出したという疑惑が生じました。

 2010年、チェコ政府の許可のもと、学者らがブラーエの墓を掘り返し、遺体に残っていたヒゲを採取して厳密に分析。水銀が検出された…。まるでミステリーを読むような展開になります。

ケプラーの「夢」
(NHK・BS「天文学史上最大のスキャンダル? 知の怪人・ケプラーの真実」から)

 番組でもっともひかれたのが、ケプラーが晩年に書いた「夢」という作品です。月旅行について書いており、「最古の本格的SF小説」ともいわれています。番組では、「夢」を素晴らしいアニメで描いています。

 少年が、月面から地球を眺めています。青い、青い奇跡の地球。空気は澄み、海はどこまでも青かったでしょう。地球から月を見るのと比べ、月から地球を見ると、地球は月の15倍の大きさで見ることができるといいます。

 17世紀のケプラーは、その大きさも正確に知っていたといいます。その少年が17世紀ではなく、21世紀の地球を月から眺めたら、どう思うでしょうか?

 地球は、急速な乱開発と温暖化などで、地肌は17世紀より荒れはて、疲れた表情を見せているのではないでしょうか? さらにアメリカなど有志連合によるシリアのISなどへの空爆、相次ぐテロ事件…少年の「夢」は破れてしまいそうです。

 ケプラー殺人事件の真相より、そちらに興味が向きました。ケプラーは犯人? いいえ、無実でした。

               ◇

 この記事は、8月26日にアップの予定でしたが、都合により前日にアップしました。
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/08/25 17:46

◎トヨタ 手元資金たっぷり6兆円

 企業がいつでも使えるお金である手元資金(現預金、短期売買目的の有価証券など)は、トヨタ自動車が2017年3月期第1四半期(16年4~6月)で、5兆9970億円にのぼることが明らかになりました。

 日経新聞(8月25日付)が、大企業の4~6月期の手元資金増加額の決算番付で明らかにしているものです。M&Aをくり返している2位のソフトバンクの3兆2312億円の倍近くというすさまじさです。

 3位の日産自動車は、9637億円です。日産は、燃費不正で経営危機に陥った三菱自動車に約2374億円を投じて同自動車株の34%を取得する予定です。三菱自動車は日産グループに入ります。トヨタでも、簡単にできたでしょう。

 日経は、「手元資金が豊富すぎると、株主や投資家から資本を効率良く使っていないとの批判を招きやすい」と指摘しています。しかし、株主や投資家だけではないはずです。

 内閣府が8月15日発表した2016年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比で0・048%増、年率換算で0・2%増にとどまりました。GDPの6割を占める個人消費は、わずか0・2%増でした。「アベノミクス」の破たんを示すものです。

 特に20代、30代の消費が落ちているといいます。14~16春闘で、大企業では賃上げがあったにもかかわらず、中小零細企業で働く労働者や非正規労働者への広がりがないからです。

新車販売台数の増減率
(時事ドットコムニュースから)

新車販売台数の推移
(時事ドットコムニュースから)


 これでは、高額商品の自動車の販売は冷え込むでしょう。14年4月に消費税が8%に引き上げられてからは、新車の国内販売はマイナスに張り付いたままです。16年度も、15年度に続いて国内販売は500万台を切る恐れがあります。

 消費を喚起する最大の特効薬は、賃上げです。9月から、トヨタ労組の上部団体の連合は、17春闘の構想、準備に入ります。手元資金たっぷりのトヨタで、日本のリーダー労組のトヨタ労組が大幅に賃上げを実現することこそが、日本の消費を活性化するでしょう。
決算・経営計画 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/08/25 09:02

◎「AI」で鉄腕アトムが実現するか?

 少し前の本ですが、『鉄腕アトムのロボット学』(福田敏男著、2003年、集英社刊)という本を読みました。手塚治虫著の鉄腕アトムを学問的に追求しようという試みです。

 鉄腕アトムが月刊雑誌「少年」に連載されたのは1951年。18年間にわたる連載は、子どもたちに圧倒的な支持を受け、今も読み継がれています。鉄腕アトムは、今風にいえば「AI」(artificial intelligence、人工知能)を搭載したロボットといえるでしょう。

 最近、新聞、テレビ、週刊誌、本などがAIについて取り上げたり、特集を組むなど、かまびすしい状況です。将棋や囲碁では、人工知能がプロ棋士に勝ち、芸術分野にまで進出しているからで、いよいよ鉄腕アトムが実現する時代に突入したのでしょうか?

 週刊経済誌「ダイヤモンド」(8月27日号)は、特集「勝者のAI戦略」を組んでいます。その特集のトップ記事は、「トヨタがロボットを造る日」です。書店で思わず買い求めました。

ダイヤモンド トヨタとロボット
(週刊「ダイヤモンド」、8月27日号から)

 このブログ「トヨタで生きる」でも紹介(2015年11月9日アップ)しましたが、トヨタ自動車は昨年11月6日、「人工知能技術」の研究・開発を目的にした新会社、「トヨタ リサーチ インスティテュート」(TRI)を設立すると発表しました。

 今年1月にアメリカのシリコンバレーに設立したもので、5年間で10億ドル(約1000億円)を投入するといいます。「ダイヤモンド」は、TRIの最高経営責任者(CEO)、ギル・プラット氏について書いています。

 ギル・プラット氏は、米国防高等研究計画局のプログラムマネジャーで、トヨタがヘッドハンドした、“米国の至宝”と呼ばれる人物と紹介。7月に福島第一原発を訪れたといいます。

 廃炉プロジェクトの視察をしたギル・プラット氏は、車の自動運転だけではなく、パーソナルロボットの研究を目的にしているのではないかと推測しています。

 それは、高齢化がすすむ日本で、介護支援のパーソナルロボットの研究、実用化に向けて日本市場を“壮大な実験場台”にするのではないか…。企業は、利益に向けて走りますが、SF作家アイザック・アシモフのロボット3原則を思い出します。

① 人間への安全性、②命令への服従、③自己防衛の3つの原則です。

 戦争や殺人目的に使ってはならないでしょう。鉄腕アトムをはじめ、手塚治虫の作品は、ヒューマニズム、弱者へのいたわり、公平さが基調に流れていたといわれます。トヨタがつくるロボットもそうあって欲しいと思いました。
決算・経営計画 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2016/08/24 18:03

◎豊田市で平和を願う戦争展 1100人が参加

 第29回豊田市平和を願う戦争展が、戦後71年目の8月20(土)、21(日)の両日、豊田市産業文化センターで開かれ、約1100人が参加した。豊田市民の8月の平和の行事としてすっかり定着した。

 例年の「豊田とトヨタの戦争」の展示に加え、戦争体験を聞く会や愛知県平和委員会事務局長の矢野創さんの「隠された愛知の軍事産業の実態」の講演など、例年以上に興味深い内容になった。

戦争展1


 参加者も子ども連れの若い人が目立った。展示を見たり、資料や関連書籍のコーナーでは座り込んでじっくり見ている人が多い。

 矢野さんの講演は、私にとって衝撃的だった。工業出荷高日本1の愛知県は、モノづくり大県・愛知と言われてきたが、兵器づくり大県でもあるということだ。国産旅客機MRJで有名な三菱重工だが、愛知県はF15戦闘機やF35の生産、修理などの中心になっている。

戦争展2
(愛知県平和委員会事務局長の矢野創さんの講演。以下は、矢野さんのスライドから)

 ほかにも小火器を作っている豊和工業、砲弾をつくる日油、新日鉄住金も潜水艦様の鋼板、トヨタも大型の特装車をつくっている。

 2014年4月、安倍内閣は、軍需産業の育成のために、武器輸出3原則を「防衛装備移転3原則」に変える閣議決定をした。武器輸出の原則禁止をはずしたのだ。

戦争展3

戦争展4


 戦争法(安保法制)を強行し、参院選で自民党、公明党など改憲勢力が3分の2を占めたもとで、軍需産業は一大産業にふくれあがるのではないか、という危惧を持った。

 それに合わせ日本の軍事費も増えている。5兆円を突破したといわれるが、予算は単年度方式なので、総額がどれくらいなのかわかりにくくなっているという。今は5年ローンでアメリカから兵器を買っているが、これを安倍政権は10年にしたいと考えている。衝撃的な事が多かった。もっと知らねばと思う。

戦争展5


 同時開催で、ミニコンサートやアニメ「はだしのゲン」の上映会が行われていて、こちらも多くの親子連れが参加していた。平和を願う市民の思いは、いっそう強くなっていると思った。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/08/23 12:01

◎リオから東京へ オリンピックは

 南米初のブラジルでのリオデジャネイロ・オリンピックが8月22日、閉会しました。人間の限界にいどむ選手たちの力と力、技と技のぶつかり合い、そして逆転、また逆転。人間ドラマがからみあい、何度も目頭が熱くなりました。

 世界205カ国・地域と今回初めて「難民選手団」が参加。世界の広さと多様性をテレビや新聞、スマホなどを通じて実感しました。スポーツの持つ可能性を改めて知りました。

 日本は、過去最高の41個のメダルに輝きました。何といっても体操の内村航平選手の鉄棒の演技は圧巻でした。自由自在に回転し、舞い、飛び、ピタリと着地。人間とは思えない演技に、ただただ見惚れるだけでした。

 100mのジャマイカのボルト。スタートで遅れをとっても、ぐんぐん加速し、ほかの選手を寄せ付けずに、3大会連続の金。そして、得意の天に向かって弓を射るボルトポーズ! 絵になります。

ボルト
(ボルト選手)

 次々とメダルを獲得し、復活した日本柔道。逆転に次ぐ逆転でメダルに輝いた女子レスリング、思いもよらなかった男子400mリレーでの銀メダル、バドミントンの女子ダブルスで初めての金、男子テニスで96年ぶりの喜びにわいた錦織の銅メダル…。

 気になるのは、日本人選手の動向に偏った報道です。最終日の男子マラソンは、五輪の花形競技ですが16位に終わった日本選手ばかり。ケニアのエリウド・キプチョゲが2時間8分44秒で、トップだったことは一言で終わりです。もう少し丁寧に伝えて欲しかったと思いました。

 大会前、国家ぐるみのドーピングの発覚で、ロシアは厳しい批判を受けました。それにもかかわらず、またドーピングでメダルはく奪者が出ました。そんななかでフェアプレイ精神に注目したのが「しんぶん赤旗」です。

 テコンド男子68k級準決勝で、韓国のイ・デフンとヨルダンのアハマド・アブガウシュの対戦。負けたイ・デフンは、アブガウシュの手を取り、高々と掲げて勝利をたたえ、観衆の大きな拍手を受けたというのです(21日付)。

 金メダルを逃し、表彰台でも銀メダルを手にしながらも泣き続けた選手の姿とは対照的でした。勝敗だけではなく、お互いの健闘をたたえあう精神もスポーツマンには必要ではないでしょうか。

福原愛
(福原愛選手)

 NHKが応援メッセージのランキングを発表していました。1位は、卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛でした。主将として後輩といっしょにたたかい勝利しました。“泣き虫愛ちゃん”に、じんときた人がいかに多かったことか…。

 17日間のリオ五輪は、たくさんの感動を与えました。次は、4年後の真夏に開かれる東京オリンピック(7月24日~8月9日)です。北京やロンドン大会では、総額4兆円もの費用がかかったといいます。コンパクトで五輪施設も他に転用できる工夫などが必要でしよう。課題はたくさんあり、国民の声に耳を傾けて、これからスタートです。
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/08/22 13:28
 | HOME | Next »