◎神戸の「8時間労働発祥之地」の碑

 先日、神戸市に住む友人を久しぶりに訪ねた。神戸市内を友人と歩いた。三宮などの中心地は、1995年の阪神淡路大震災の爪痕はどこにもない。20年余の時間を感じる。

 神戸港の中心地のハーバーランドへ足を伸ばした。西南に向かって川崎重工、三菱重工、三菱電機などの工場が広がっている。「新聞が書いていたが、『8時間労働発祥之地』の碑というのを知っているかい?」と友人はいう。

 「へぇ、そんな碑がここにあるのか?」ということで、案内してくれた。鏡のようにピカピカの碑が、海岸のそばに建っていた。丸い形の1部が切れている。台座に「8時間労働発祥之地」と刻みこまれている。

 「目の前に立っているクレーンの場所が川崎重工だ」と友人。潜水艦が横付けになっていてぎょっとする。修理をするためか? 川崎重工の造船のドックがあるという。

8時間労働発祥之地
(「8時間労働発祥之地」の碑。左のクレーンのところが川崎重工業)

 スマホでグーグル検索をすると、神戸市が建てたこの碑のいわれが出てきた。

……
 労働基準法には、「労働者に、休憩時間を除き一日について8時間を超えて労働させてはならない」とあります。8時間労働制の本格的な実施を日本に最初にもたらした労働争議が、大正8年(1919年)秋に神戸の川崎造船所でおこりました。

 川崎造船所の本社工場の労働者たちは、賃上げや賞与支給などの労働条件の改善を求めた要求を会社側に出しました。しかし、これに対して当時の同社の社長松方幸次郎が、職工の中心的な要求に確定的な回答を与えなかったため、これを不満とした職工たちがサボタージュ闘争をおこないました。

 このサボタージュ(怠業)という手段は、新聞記者・村島帰之が提唱したもので、彼はこの模様を手記に残しています。争議はほぼ10日間続きましたが、松方が8時間労働制の採用と戦時の歩増分の本給繰り入れなどを提示したために解決しました。

 川崎争議は全国的に大きな反響を呼び、他の工場労働者が時間労働制を要求する動きが広がりました。
……

 初めて知った。ストライキではなかったものの、川崎の労働者はたたかったのだ。3年後には、川崎争議から100年になる。トヨタ自動車の年間総労働時間は、1900時間台で推移している。VWやBMWがあるドイツでは、1400時間を切っている。

 500時間の差は、年間60日間にもなり、トヨタの労働者は2カ月以上も長く働いている計算だ。トヨタ労組の“ゆめW”のWは、賃金と労働時間の2つの意味だ。この10年来、Wではなくなっている。

 川崎の労働者に学び、労働時間短縮のたたかいが必要ではないか、と碑を見ながら思った。
スポンサーサイト
その他 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/02/29 08:34

◎トヨタ 内部留保より有利子負債が多い?

 このブログ「トヨタで生きる」で、トヨタ自動車は、内部留保の大きな部分を占める利益剰余金がダントツの日本1と書くと、有利子負債の方が多い、とあたかもトヨタが負債で苦しんでいるかのようなコメントが寄せられています。

 「利益剰余金が16兆あっても有利子負債が18兆円。共産党は100万円借金があっても財布に90万円あれば『90万円もあるからパーっと使っちゃお!』とか言うのと同じ」(2月28日アップの記事に対し)

 この指摘に明瞭に反論しているのが週刊「東洋経済」オンラインの「借金が多い企業」200社ランキング(2014年12月31日)です。

……
 ネットキャッシュが多いと財務的な安全性が高いとされ、不況に対する抵抗力が高いともいえる。ところが、マイナスランキングでみると、意外な会社が1位になった。名実ともに日本一の企業であり、世界トップクラスの自動車メーカーであるトヨタ自動車だ。

 ネットキャッシュはマイナス13・11兆円。現預金2・3兆円、短期保有有価証券2・1兆円と豊富な資金を持っているが、自動車金融(ローン)事業を中心に有利子負債が17・6兆円と巨大なのが理由だ。

 自動車大手は日産自動車も4位(マイナス5・2兆円)、ホンダ5位(同5・1兆円)といずれも巨額の有利子負債が要因で、ネットキャッシュのマイナスが大きくなっている。2位のソフトバンクも借り入れが大きい企業として有名だ。

 ネットキャッシュのプラスが大きいと財務の安全性は高いことは間違いないが、逆ランキングの上位を見るかぎりは、ネットキャッシュのマイナスが大きいことを、必ずしもネガティブにもとらえられない。

 トヨタ、日産、ホンダは日本を代表する企業として世界に伍しているし、ソフトバンクも日本の通信業界に風穴を空け、世界と戦っているからだ。それ以外の上位企業でも優良と目される企業の姿も見受けられる。
……

 トヨタ、日産、ホンダなど自動車大手は、自動車産業特有の自動車金融(ローン)事業をかかえているから有利子負債が多いのです。「必ずしもネガティブにもとらえられない」という通りでしよう。

 実際、トヨタなど大企業が、有利子負債が多いといって株価や企業価値が下がっていないことでも明らかです。このブログの11月5日アップの記事「内部留保を活用し3%の賃上げを」から引用しましょう。

……
 昨年10月16日の安倍政権の経済財政諮問会議では、榊原定征日本経団連会長ら民間4議員が「アベノミクスの第2ステージに向けて」との資料を提出。「活用されていない内部留保を、人的投資、将来利益の源泉となる投資、取引先を含めた経営力強化に振り向けて好循環拡大を図るべき」とのべています。

 内部留保を活用して、賃上げや取引先――下請け単価の引き上げに使うべきだというのです。これは、ブログ「トヨタで生きる」で、くり返し主張していたことではありませんか。

麻生資料1

麻生資料2
(経済財政諮問会議で、麻生太郎財務相が提出した内部留保の資料。下は、それを拡大したもの)

 同じ日の会議で、麻生太郎副総理兼財務相は「企業収益等の動向について」の資料を提出。「経営陣には、過去最高水準の企業収益を、更なる収益力の向上に向けた投資や従業員の給与などに振り向けることが求められているのではないか」と踏み込みました。

 その上で、「現金・預金と内部留保の推移」というグラフを示しました。内部留保は、2002年の188兆9000億円から14年の354兆4000億円にまで積み上がっているという表です。
……

 麻生財務相は、大企業が現金・預金や内部留保などを大きく増やしていることを問題にしていますが、有利子負債についてはなにもふれていません。これが常識というものです。
決算・経営計画 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/02/28 09:39

◎「トヨタには…1円もない」? 第1回労使協

 トヨタ自動車の16春闘の第1回労使協議会が2月24日(水)開かれました。組合が要求した、昨年の6000円の半分の3000円の賃上げ要求に対し、会社側は「高すぎる理解しがたい」と全面否定しました。

 組合の評議会ニュースによると豊田章男社長は、2月24日のこの日は、(1950年のストライキによる)労働争議をへて、「対立からは何も生まれない」と労使相互信頼を基盤とする「労使宣言」を締結した日であると指摘。「話し合いの精神」の「たすき」を次世代につないでいかねばならない、と強調しました。

 労組の要求について上田達郎常務役員は、新型プリウスの立ち上げで製造部門の生産性はマイナスになっており、賃金制度維持分(定昇相当分の7300円)を上回る引き上げを行う要素は見当たらない、と指摘。3000円の賃上げ要求は、「高すぎる理解しがたい」と否定しました。

トヨタの本社
(トヨタ本社)

 さらに大竹哲也常務役員は、「トヨタにはお金がたくさんある」と世間からも一部誤解を受けていると指摘。「自然災害や金融危機などの将来の有事の際にも、事業を安定的に行うためには、半年分の固定費や借り換え資金を保持していく必要がある。『少しくらいなら使ってもかまわない』というお金はトヨタには1円も無い」と驚くような発言をしました。

 トヨタは、08年のアメリカ初のリーマンショックで4610億円という巨額の営業赤字を出しました。北米での過剰投資、過剰生産を主要因としたものでした。この時は、内部留保の大きな部分を占める利益剰余金を8769億円減らしました。それでも、日本1の11兆5316億円の利益剰余金が残りました。

 それから7年。トヨタの利益剰余金は、16兆3697億円(16年12月の第3四半期決算時点)にまでふくれあがっています。「トヨタにはお金がたくさんある」のです。内部留保はたっぷりです。

 その内部留保に手を付けるまでもなく、今期の営業利益見通しの2兆8000億円で簡単に3000円の賃上げなどは可能です。「1円もない」というのは、こけおどし以外のなにものでもないでしょう。
16春闘 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/02/27 10:36

◎2足のわらじと益川敏英さん

 名古屋市・伏見にある名古屋市科学館へ行った。2011年にリニューアルした同館のプラネタリウムを見るためである。世界最大の35メートルドームで知られ、人気がある。

 同館前に長い列が続いていた。入口にあったのが益川敏英名誉館長のメッセージだった。益川さんは、いうまでもなく2008年にノーベル物理学賞を受賞した科学者だ。

益川名誉館長


 小林誠さんと共同で、基本粒子クオークが6種類以上存在すれば、宇宙の成立にかかわる「CP対称性の破れ」の現象を理論的に説明できることを明らかにした。

 クオークとかCP対称性の破れとかいわれても、さっぱりわからない。でも、宇宙の成り立ちの理論だからプラネタリウムには、欠かせない科学者だろう。名誉館長になっていることに納得した。

 350席もある巨大なドームは、評判通りだった。名古屋の空の星空を映す。迫力満点だ。アインシュタインの100年来の宿題だった重力波が初めて観測された直後だったから、学芸員の解説はそこから始まった。

名古屋科学館 プラネタリウム


 ビックバン宇宙が始まったのは137億年前。星が生まれ、銀河を形成し、太陽系がつくられ、地球が存在し、生物、人間が誕生する…人類はたったの数百年万年の歴史しかない!

 プラネタリウムに映し出される満天の星々を見ると、「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」というゴーギャンの絵とテーマを思い出した。

 奇跡の星、地球に住んでいるわれわれ人間同士が、いまだに殺し合う戦争がなくならないのが腹立たしくなる。ドームには、天の川が映し出される。太陽系が所属する天の川銀河の一部分だ。

 気が高ぶり、興奮して家に帰ると益川さんの『科学者は戦争で何をしたか』(集英社新書)に目を通した。名古屋大学の恩師であり、湯川秀樹博士らと素粒子物理学をリードした坂田昌一先生は、「物理の研究と平和運動は2つとも同じ価値がある」という信念を持っていた人だと益川さんは書いている。

 坂田教室には、「2足のわらじをはけないようじゃ1人前じゃねえ」と雰囲気があったという。教授に就任した京大でも、益川さんは労働組合運動を平和運動に走り回った。

 午前中は、小林さんとクオークの議論を、午後は組合活動を、夜になってやっと自宅で研究をしていた日々だったという。2足のわらじをはくことを実践した人だ。すごい!

              ◇

 この記事は、2月26日にアップする予定でしたが都合により前日にアップしました。
その他 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/02/25 18:29

◎自動車労働者の賃金格差

 トヨタ自動車が完全子会社化を明らかにした、軽自動車メーカーのダイハツ(本社・大阪府池田市)。そのダイハツ労働者から、ダイハツ労組の16春闘方針案を見せてもらいました。

 トヨタ労組では、「評議委員」といいますがダイハツ労組では「中央委員」。トヨタでは「労使協議会」といいますが、ダイハツでは「団体交渉」といいます。ダイハツでは、労組の伝統的な名称が残っています。

 ダイハツの年間残業時間の03年度からの13年間の推移表があります。もっとも多かったのが04年度の454時間。もっとも少なかったのが10年度の251時間。残業で生産調整していることが一目でわかります。

 一方、トヨタの02年からの年間残業時間の推移をみると、もっとも多かったのが04年の280時間で、もっとも少なかったのは09年の119時間です。ダイハツとトヨタでは大きな差があります。

その2 自動車10社平均賃金


 目を引いたのは、ダイハツやトヨタなど自動車10社の平均賃金表(2015年7月1日現在)です。ダイハツの年間賃金は約520万円ですが、トヨタは約674万円、ホンダは約680万円。労務構成、特に年齢がばらついているために一概に比較しにくいですが、こんなにも差があります。

 昨年の春闘で自動車総連は、6000円の賃上げ要求で統一しました。獲得額は、ダイハツが1600円、トヨタが4000円、ホンダが3400円で格差が生じました。

 自動車総連は、今年は3000円の賃上げ要求で統一しています。昨年の要求より半分にした理由の1つに、企業、関連、下請け間での賃金格差をなくするために、「底上げ・格差是正」をすすめるとしています。

 自動車産業という同じ産業で働いているのなら、当然、格差を是正し、低い賃金を底上げすべきです。16春闘での労使協議会、団体交渉でどのような結果がでるのか? その議論、交渉の行方を注目しましょう。

未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/02/25 09:09

◎「同一労働同一賃金」 トヨタ期間従業員の場合

 安倍晋三首相は2月23日、1億総活躍社会国民会議で、「同一労働同一賃金」のに向けて、労働契約法など労働法制を改正することを視野に検討を始めることを明らかにしました。

 日本共産党はすでに、「同一労働同一賃金」の法制化を掲げ、「正規雇用を基本にし、非正規や女性への不当な差別をやめ、均等待遇を保障」する政策を明らかにしてきました。

 非正規労働者が労働者の4割、女性や若者の半分を占め、社会そのものが崩壊しかねない異常な事態のなか、安倍政権がやっと腰をあげました。

 しかし、昨年の通常国会で、「臨時的一時的」「常用代替」の禁止などを原則にした労働者派遣制度の根幹を破壊し、一生涯ハケンとなる労働者派遣法の改悪を強行するなかでの動きです。しかも、“均等待遇”ではなく、バランスをとるという“均衡待遇”と主張しています。

 日本経団連の榊原定征会長は、「将来への期待や、転勤の可能性などの違いもある。同じ職種なら同じ賃金だという単純な考え方は導入しないでほしい」(日経新聞、24日付)とのべ、日本商工会議所の三村明夫会頭も、「企業の労務対策の負担が過大にならないようにしてほしい」(同)と注文を付けています。

 賃金の総原資の抑制を声高に叫んでいます。真の「同一労働同一賃金」になるかは、予断を許さない状況であり、労働組合、労働者の運動がなによりも重要なことを示しています。

期間従業員 募集広告
(トヨタの期間従業員の募集広告=「TOWN WORK」、2月15~21日号)

 トヨタ自動車の生産現場には、トヨタの直接雇用の期間従業員という有期雇用労働者が数千人働いています。初回の契約が3カ月で、1回目の契約更新は3カ月、2~5回目が各6カ月、6回目が5カ月で、最長で「2年11カ月(35カ月)」です。合計で7回もの細切れ契約で、いつでも使い捨てることが可能になっています。

 賃金は、日給で9500円~1万300円です。18~24カ月満了者で1万500円、30~35カ月満了者で1万800円です。

 一方、正社員の場合、標準的労働者のEX級、技能4等級、技能職で月約34万円です。日給に換算すると、月21日働いて約1万6000円になります。同じラインで同じ仕事をしていても、正社員は日給で約1万6000円、期間従業員は1万円ほどです。

 経験豊かな期間従業員は、新入社員らに仕事も教えています。それでも賃金は日給比較で正社員の62%程度です。「同一労働同一賃金」が先行するヨーロッパでは、パート労働者と正社員との1時間当たりの賃金は、「フランスが89%、ドイツは79%と一定の差はある。ただ日本は57%と差が大きすぎる」(日経、24日付)といわれています。

 トヨタでは、期間従業員を正社員に登用するとともに、「同一労働同一賃金」の実現は、まったなしです。
期間従業員 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/02/24 17:02

◎5野党合意で戦争法廃止へ 1人区候補取り下げ

 日経新聞は、2月23日付で日本共産党の選挙方針を大きく掲載しました。その見出しです。

 「共産の参院1人区 候補取り下げ方針決定 安保法廃止の公約が条件 衆院選も協力提案へ」

 22日に開かれた党本部での全国都道府県委員長・参院選候補者会議は、19日の5野党合意(注)にもとづき、志位和夫委員長が報告しました。日経は、その発言のポイントとイメージを表にしてわかりやすく解説しています。

日経 20160223


 発言のポイントでは――。
 ・参院1人区のかなりの候補者は立候補を取り下げることになる。
 ・安保法廃止、集団的行使容認の閣議決定撤回を公約とすることなどが条件。
 ・単なるすみ分けではなく本格的な選挙協力を目指す。宣伝戦、組織戦でも全力をあげる。

 ・熊本のような無所属の野党統一候補の擁立は極めて重要な意義。
 ・衆院小選挙区でも協力。「ギブアンドテイク」を原則に推進。

日経 共産の参院1人区


 日経新聞ではふれていませんが、19日の5野党合意の意義について、志位委員長は、次のように指摘しています。

 「何よりも世論と運動の力によるものです。戦争法が強行された後も、その廃止を求める国民運動、市民運動が継続的に発展し、そのなかで『野党は共闘』を求める世論と運動が広がったことが、この合意を達成するうえで大きな後押しとなりました。まさに国民の力がつくりだした合意であります」

 憲法をないがしろにする安倍政権の打倒と戦争法廃止へGO!です。

 また、参院選では、党の姿を次のように訴えるとしています。

① 「安倍政権の暴走に確かな足場をもって対決し、転換の展望を指し示す党」
② 「国民の共同、野党の共同を何よりも大切にし、共同の力で政治を変える党」
③ 「安倍政権に代わる責任ある政権構想――『国民連合政府』を提唱する党」

 (注)2月19日の5野党合意 (1)安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする、(2)安倍政権の打倒を目指す、(3)国政選挙で現与党およびその補完勢力を少数に追い込む、(4)国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う――です。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/02/23 08:53

◎トヨタの生産停止 協力会社・下請けへの影響深刻

 愛知製鋼の爆発事故で部品の調達が滞ったために、トヨタ自動車とグループの工場は生産を停止(2月8~13日)しましたが、約3万社ともいわれる協力会社・下請も大きな影響を受けました。日本共産党の真島省三衆院議員は2月19日の衆院予算委員会で取り上げました。

 生産停止では、生産停止中に行われた豊田市内での「トヨタ総行動」でも、愛知県労働組合総連合の榑松佐一議長が、下請けの有期雇用労働者から休業補償の声が上がっていることを報告し、トヨタの社会的責任を求めていこうと呼びかけました。

 真島議員は、協力会社・下請け事業者への深刻な影響について、「トヨタが招いた損害であり、こんな時こそ内部留保を活用して下請けを守っていくのが当たり前だ」と強調しました。

 そして、下請け事業者の「操業停止で社員に休業補償をすれば、資金繰りが危ない」「挽回生産になれば残業代が取引価格に含まれていないので、完全な赤字仕事になる」との声を紹介。しわ寄せが協力会社・下請け事業者に押しつけられることのないよう対策を求めました。

 林幹雄・経産相は「トヨタへ、操業停止の下請けへの影響を調査し報告するよう求めている。下請けへのヒアリングも実施していて、状況を丁寧に聞き取っていく。今後も影響をしっかりと注視していく」と対応を約束しました。

トヨタ九州の工場
(トヨタ九州の工場=福岡県宮若市、グーグルアースから)

 真島議員は、福岡県会議員をへて14年12月の総選挙で衆院議員に当選(比例九州・沖縄ブロック)。福岡県には、トヨタの関連会社、トヨタ九州(福岡県宮若市)があります。

 トヨタ九州では、レクサスのHS250h、CT200h、RX350(輸出のみ)、RX450h、RX200t、NX300h、NX200t、NX200(輸出のみ)、ES350、ES300h、ES250(すべて輸出のみ)とSAI(国内のみ)を生産しています。
その他 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2016/02/22 15:12

◎政治が動く! 5野党党首が選挙協力で合意

 安倍政権と自民党、公明党が参院で戦争法(安保法制)を強行採決してから5カ月目の2月19日。民主、共産、維新、社民、生活の野党5党首が、戦争法廃止、立憲主義の回復をめざし、参院選で選挙協力することで合意しました。

 次は、党首会談での確認事項です。

 (1)安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする。
 (2)安倍政権の打倒を目指す。
 (3)国政選挙で現与党およびその補完勢力を少数に追い込む。
 (4)国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う。

50 共闘地図
(参院選1人区 共闘状況地図)

 安倍政権の打倒をめざし、政治が動き始めました! 

 ・ノーベル賞受賞の益川敏英さん 「最悪の政権を終わらせるための力となる具体化を進めてほしい」
 ・ジャーナリスト 鳥越俊太郎さん 「参院選で野党が統一候補をたててたたかうことを強く主張してきました。ビックニュース、グッドニュースです」
 ・ママの会の西郷南海子さん 「野党共闘の膠着状況はたくさんのママを不安にさせました。素直にうれしい」

 ・シールズの奥田愛基さん 「野党のみなさんを呼んで『野党は共闘』の光景をつくってきたりしたことは無駄ではなかった。本当にうれしい」
 ・元外務省国際情報局長 孫崎享さん 「なんとしてもリベラル勢力が結集することが必要です。大義のために一段と協力を促進されることを」
       (以上、「しんぶん赤旗」から)

 日本共産党の志位和夫委員長は、次のように語っています。

 「わが党としては、安保法制=戦争法の廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回のためには、この二つの仕事を実行する政府――『国民連合政府』が必要だと主張してきました。今もその立場は変わりません。ただ、同時にこの問題については賛否さまざまだということも承知しています。そこで政権の問題については横において選挙協力の協議に入り、今後の協議のなかでわが党の主張をしていきたいと考えています」

 夏の参院選で、与野党の勝敗を決するのは、32ある1人区です。野党が共闘できるかどうかです。ネットでは、共闘状況をあらわす地図も登場。「野党は共闘」の声が一段と高まりそうです。
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/02/21 11:05

◎車と芸術と美

 先日、ある絵画展へ行った。いずれもプロの画家たちの作品である。会場を回り、ある1点に文字通り釘付けになった。滝の絵だった。水が激しく落ちている。ただそれだけで、他に何も描いてはいない。

 しかし、会場のどの絵を上回るすごさがあった。他の絵がアマチュアに思えるほど、その滝の水の落ちるさまは芸術へと昇華していた。こういうのが美だと思った。

 画家は千住博という。作曲家の千住明は弟、バイオリニストの千住真理子は妹である。その千住博の著作に『「美」を生きる』がある。このなかで、車について書いているところがあった。

美を生きる


 画家として一本立ちする前、彼は中古のカローラに乗っていた。高速道路を走っていた時のことをこうしるしている。

 「まるで衣ずれのように高く軽いエンジン音を立てて、一瞬のうちに私の車を追い越してゆく車があったのです。見る見る小さくなっていったその速さと、テールランプの何ともいえないバランスの取れた美しさが一瞬のうちに脳裏に焼き付きましたが、それは眼にする事の少ない英国車でした」

 身分不相応と思いながら、その英国車を購入したという。「ボディーの流れるようなライン、端正な構えの窓ガラスやフロントグリル、そして天然の木目とベージュ色の皮革によるインテリアのエレガントな事…。私は車の形をした『美』に完全にノックアウトされていたのです」

 そして、東京都心の森に同化したその車について賛美している。「デザインとか雰囲気とか、作って作れるものではなく、これはどこからくる味なのだろう」と考えたという。

 レクサスは、性能ではドイツの高級車と決してひけはとらない。しかし、世界での販売は、まだ3分の1程度にとどまる。千住博が語るように、「作って作れるものではない」だろう。

 車の「美」や味はどこからくるのか? 千住博の滝の絵を見ながら、美の奥深さについて考えさせられた。

               ◇

 この記事は、2月20日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
その他 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/02/19 20:35
 | HOME | Next »