◎東京、豊田の2つのスタジアム

 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック。8万人収容のメーン会場の新国立競技場の建設をめぐってさまざまな意見が出ている。1692億円ものばく大な建設費用、巨大すぎて周囲の環境を壊す、五輪後の年間の維持費は赤字…。

 日本スポーツ振興センター(JSC)は8月19日、五輪終了後の収支計画を発表した。スポーツ大会やコンサートなどによる収入38億4000万円で、維持管理費などの支出は35億1000万円になるという。年間3億3000万円の黒字になるというから驚いた。

 スポーツ大会を36日、コンサート12日を開催するという想定で、9億8000万円の収入があるという。本当か? 豊田市の豊田スタジアムの例をみても考えられない試算だ。豊田スタジアムは、豊田市政50周年記念事業の一環として2001年7月にオープンした。収容人員は4万5000人。総工費は約308億円かかった。

豊田スタジアム 2
(豊田スタジアム)

 ところが、年間の維持費やメンテナンスの赤字補てんとして、当初は約4億円の税金が投入された。2012年度には、それが9億2100万円に拡大した。14年度も6億9800万円余になる見通しだ。

 たとえば9月の使用状況を見ると、まつりやサッカーなど土日に5日間しかなく、ウイークディはゼロだ。赤字になるのは当然である。

 豊田大橋にいたっては、耐震補強と補修費が13年3月時点で約10億円と見積もっていたのが17億円にも拡大した。増額の大きな理由が、一般の橋にはないアーチ橋という構造で、支承(橋の上部と下部の間に設置する部材)の交換ができないこと。橋が大きく、支承が複雑で鋳物の特注でつくるために、耐震補強費が大きくなるという。

豊田大橋 2
(豊田大橋)

 とにかくつくってしまえばいい、後は税金で尻拭い。こんなことを続けていいのか。新国立競技場の建設も、豊田スタジアムや豊田大橋の例を教訓にしてほしいものだ。市民、国民に納得できる説明をしてからつくるべきであろう。
スポンサーサイト
トヨタの街から | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/31 07:32

◎経団連 企業献金再開へ 金で政治動かす

 日本経団連(榊原定征会長=東レ会長、約1300社)は5年ぶりに企業献金を再開します。9月8日の会長・副会長会議などをへて決定します。政治を金で動かそうとするものです。

 日本経済新聞が作成した表を見てください。企業が国民政治協会をへて自民党に企業献金をしている額です。1991年は、98・5億円もありました。この当時、ゼネコン汚職など“政治とカネ”の問題が噴出し、93年に当時の平岩外四会長は、経団連が会員企業に献金額を割り当てる「あっせん方式」を廃止しました。

日経 政治献金 20140828


 経団連と日経連の2つの財界が2002年に統合し、初代の日本経団連会長に就任した奥田碩・トヨタ自動車会長(現・トヨタ相談役)。自民と民主の2大政党の育成もねらい、両政党の政策を5段階で評価する“政党通信簿”方式を編み出し、企業献金の目安を示して再開しました。

 2009年に民主党が政権に着くと、日本経団連はこの方式を中止しました。安倍自民党政権が復活すると、日本経団連は、昨年10月23日、自民党の「政策評価結果」を発表。このなかで法人税25%への引き下げ、原発再稼働の加速、消費税10%への引き上げの堅持などを自民党に強く求めています。

 6月に就任した榊原会長は、安倍首相の中南米外遊に随行して、首相とともにトップセールスをするなど安倍政権に密着しています。

日経 政治献金2 20140828


 日経新聞のもう1つの表のように、トヨタの自民党への企業献金は5140万円とダントツのトップです。現在、日本経団連にはトヨタの内山田竹志会長が副会長として就任しています。

 安倍首相と経済人との面談回数のランキングがありますが、奥田碩相談役は4位で7回を数えます。今も政治に隠然たる影響を与えています。有権者でもない大企業が、金で政治を動かすようなことは、まともな政治なのでしょうか。

              ◇
 この記事は8月30日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/08/29 16:55

◎18円のモヤシを食べた

 広島市北部への集中豪雨など、今年の夏は不順な天候が続いている。8月28日、豊田市内のスーパーで野菜を買おうと思ってビックリ。キャベツ128円、レタス150円、サニーレタスにいたっては298円だ。

 いつもは100円弱だったニラが178円。ほとんどが2倍近くなっている。そんな野菜の中で、モヤシだけはいつものように18円である。「相場高に左右されません」の表示がわざわざあった。生産者はたまらないだろう。

モヤシ 18円


 日本経済新聞に掲載されたトヨタ自動車の広告を思い出した。消費税が5%から8%に増税された直後の広告だ。

 「例えばモヤシのような安価な食材も、工夫次第では立派な主菜になる。節約は実は生活を豊かにするのだと気づけば、増税もまた楽しからずやだ」(4月23日付)

 そうだ、今晩の主菜は“モヤシ炒め”にしよう! 18円のモヤシ2袋、キュウリ4本328円(高い!)、ひき肉240円(夕方割引品)、韓国のシャイン・モルト82円を2本買った。

 家で、“モヤシ炒め”とキュウリの酢の物を作った。ヘルシーで家計にも優しい。昔から安い値段で頑張るモヤシ。それと自分が重なって感じられた。モヤシがいとおしく感じられる。

モヤシ炒め


 この日、トヨタの7月の国内販売台数が発表された。1年前の7月より3・7%減の30万7356台。消費税が増税された4月から対前年比4カ月連続の減少だ。

 食べながら、モヤシは泰然自若としているように見えた。エライ! 

その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/08/29 10:43

◎NASAで労組結成

 アメリカのアポロ11号による月面着陸――1969年7月20、人類史上初の有人月面着陸にテレビに釘付けになったことを鮮明に覚えています。それ以降、宇宙の問題に関心を持つようになり、NASAのホームページも時々、チェックしています。

nasaホームページ
(NASAのホームページ)

 労働組合などにニュースを配信している連合通信が、次のニュースを伝えました。

……
〇海外労働短信/NASAで労組結成/研究支援の専門職労働者

アメリカ航空宇宙局(NASA)に労働組合ができた。さまざまな研究をサポートしている専門職の労働者たち320人で、8月12日に行われた労組承認の投票では97%の賛成票が投じられたという。

 NASAには既に専門研究職の労働組合があり、今回の新労組と連携していく考えだ。上部団体はいずれもIFPTE(International Federation of Professional & Technical Engineers 約8万人)で、官民を問わず、科学技術や財政分析、政策立案などに携わる幅広い専門職・技術者が加入している。

 IFPTEは「労働条件をはじめ、重要なものごとを決める際には労働組合として参加することが重要」と指摘している。
……

 素晴らしいことです。トヨタ自動車にも東富士研究所があり、2000数百人がトヨタ労組の組合員です。科学者はいま、STAP細胞の論文捏造疑惑で、科学に対する責任のあり方が問われています。

 STAP細胞の存在を確かめる検証実験を続けてきた理化学研究所は8月27日、「論文に記載された方法ではSTAP細胞はつくれなかった」との中間報告を発表しました。今年4月から22回の検証実験をしましたが、つくれなかったというのです。

 全国労働組合総連合(全労連)に加盟する国家公務員一般労働組合(国公労連)は、毎年、「国立試験研究機関全国交流集会」を開いています。これまでの集会で講演した科学者の池内了氏(宇宙物理学者。総合研究大学院大学教授。名古屋大学名誉教授)は、「研究費の熾烈な獲得競争へ追い詰める構造が論文捏造など不正行為を蔓延させる」と指摘しています。

 そして、科学研究者には、倫理責任、説明責任、社会的責任という3つの責任があると強調。社会的責任について、専門家としての知識や経験を生かすために、マスコミで伝えたり、NPO、NGO、九条の会などの運動に参加して伝えていくことの重要性を語っています。

 池内氏は、憲法9条を守ろうという「9条科学者の会」の呼びかけ人です。同会のホームページは、下記の通りです。
http://www.9-jo-kagaku.jp/

その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/08/28 10:01

◎福島原発事故と自殺の因果関係を認める

 日本の自殺者は、この10年ほど3万人前後の高止まりで推移しています。それに輪をかけて深刻なのが東日本大震災の関連自殺です。福島県での関連自殺はこれまでに56人にのぼるといわれています。

 福島地裁は8月26日、東京電力福島第一原発の事故で、福島県川俣町から避難をしていてうつ状態になり、一時帰宅中に自殺した渡辺はま子さん(当時58)の夫らが訴えていた裁判の判決を出しました。

 夫らは、原発事故が原因だとして、東電に約9100万円の賠償を求めていましたが、裁判所は「自殺と原発事故との間には相当因果関係がある」として約4900万円の支払いを命じました。

 判決では、「耐え難いストレスがはま子さんをうつ状態にさせ、自殺に至らせた」などと夫らの主張を全面的に認めました。原発事故がなければ、はま子さんはうつになるような避難生活は強いられなかったはずです。

原発事故 自殺 裁判


 当然の判決ですが、信じられないのは裁判で東電が、「(はま子さんの)脆弱性が影響」だなどとして、はま子さん個人に問題があるかのようにして争ったことです。

 はま子さんが住んでいた川俣町山木屋地区は、福島第一原発から放出された放射性物質が南東の風に乗って降りそそぎました。福島第一原発事故で明らかになったように、原発事故で放射性物資が大量に放出されました。被害は空間的、時間的、社会的に際限なく広がりました。

 今年5月21日の福井地裁の判決を思い出してください。関西電力大飯原発の再稼働の差し止めを求めた住民が勝利した裁判です。

 「コストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている」

 はま子さんは、「豊かな国土」・川俣町の山木屋地区に、「根を下ろして生活していた」のを奪われたのです。2つの判決は、原発の再稼働はとんでもないことだということを改めて示しました。

原発ゼロへ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/27 18:06

◎トヨタ英国工場 ソーラーパネル発電開始

 トヨタ自動車は8月25日、次のようなニュースを発表しました。

……
 英国工場で8月21日、1万3000基のソーラーパネルが稼働開始しました! 1年間の発電量は347.5万kWh(2万基以上のエンジン組み立てに必要な電力に相当)、年間1800トンのCO2削減効果があると見込まれています。
……

トヨタ英国工場 太陽光パネル
(トヨタ英国工場で太陽光発電開始=トヨタのホームページから)

 すごい発電量です。稼働停止中の中部電力浜岡発電所(静岡県御前崎市)3号機(2010年度の発電量は64億2000万kwh)の1847分の1、5号機(同20億9700万kwh)の600分の1の発電量に相当します。

 このブログで紹介した、刈谷市の米軍依佐美送信所跡地につくられた電気興業依佐美太陽光発電所は、8288枚の太陽光パネルで年間2・343万kwhを発電(一般家庭650世帯分)しています。

 東電福島第一原発事故以降、再生可能なエネルギー発電への転換は、太陽光発電をはじめ確実にすすんでいます。トヨタも英国工場で、今回のような大規模な太陽光発電を開始しました。

 ドイツは、福島第一原発事故を見て、2022年までに原発全廃の“政治決断”をしました。いまや再生可能の自然エネルギーの発電量は、全電源の28%までになっており、50%以上をめざしています。

 企業は、新たな事業が、採算がとれて利益がでると見れば一挙に参入します。ソフトバンクの孫正義社長が太陽光発電に参入した例などがそれです。企業が競って参入すれば、原発をなくしても電気料金が現在と同程度か、あるいは下がることも見通せるでしょう。

 もっとも重要なのは、原発をなくすという“政治決断”です。
原発ゼロへ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/08/26 10:01

◎紹介者カードの提出はいやだ

 夏季連休(8月9日~17日)が終わり、いつもの工場の生活が戻ってきた。連休明けの18日(月)の詰所は、お土産でいっぱいだった。九州、北海道…など、みんな故郷へ家族などでいっしょに帰った。旅行に出かけた人もいた。

 故郷の匂いのしたお土産を食べながら話した。話題は、「さあ連休だ」となった9日に、台風11号が直撃したことだ。みんな、飛行機の欠航や遅れで大変だった。「さんざんな目にあったよ」という話に、みんな相づちを打つ。

 こんな話の一方で、憂鬱なことがあった。連休前に、トヨタ労組の職場会が開かれた。来春にいっせい地方選挙がある。組合は、愛知県議選をはじめ、豊田市議選で組合役員経験者ら7人を、また、豊橋市、みよし市などで候補者を推薦している。

 組合は、そうした候補者の後援会に入会してもらうために、紹介者カードを連休明けに提出せよというのだ。家族・同居者5人まで書く欄がある。他に2人紹介しなければならない。衆院選、参院選など選挙のたびに行われている。

紹介者カード


 自分は無記入で出した。ある青年は、「おれは書かない、出さないよ」と言っていた。勇気あるね。みんな、本音は出したくないのだ。その後、どうなったんだろう?

 「知り合いなんかいないよ」「自分の名前は書くが、友人は書かないよ。電話がいくんでしょ」という若者もいる。昨年の参院選挙では、紹介者カードを破り捨てた人もいた。

 組合はいう。「“自動車産業の利益を守る”ために頑張っている候補者だ。だから組合として推薦する。後援会に入ってください。知人、友人を紹介してください」と。

 それって企業ぐるみ選挙じゃないの? 労組が代わりにやっているから問題ないの?

職場は今 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2014/08/25 17:07

◎「社員登用制度有り」の大きな表示

 トヨタ自動車は、期間従業員の募集を続けていますが、「TOWNWORK」の8月18日号を見て驚きました。「社員登用制度有り」という表示があったからです。赤い下地に大きく、目立つように書いているからです。

 このブログ「トヨタで生きる」では、7月30日に「今こそ非正規雇用の雇用、労働条件アップを」の記事を掲載しました。同誌の7月21日号の写真を載せましたが、そうした「社員登用制度有り」の表示はありませんでした。

タウンワーク 8月18日号
タウンワーク 7月21日号
(「TOWNWORK」の上は8月18日号、下は7月21日号)

 その記事では、これまでトヨタは、期間従業員を週200人程度採用できていたのが、週70人程度へと激減する深刻な事態になっていること。その大きな背景には、労働人口の減少があること。短期的には、東日本大震災の復興事業や東京オリンピックの大規模プロジェクトが動き出すなどして人手不足になっていることを指摘しました。

 同時に、トヨタの期間従業員のように、短期の有期雇用の使い捨ては行き詰まっていることを明らかにしました。

 その上で、「一時的な非正規雇用労働者の囲い込みに終わらず、雇用と労働条件の大幅なアップが必要です。何よりも、”雇用は正社員が当たり前の社会に”にしていくことに、大企業は率先して動くべき時です」と訴えました。

 トヨタの「TOWNWORK」での、今回の「社員登用制度有り」の表示は、その第一歩と受け止めたいと思います。トヨタは、リーマン・ショック以前は年間1000人前後を正社員に登用していました。

 今年度は、100人前後を登用すると伝えられています。期間従業員はトヨタにとってなくてはならない“基幹工”になっています。希望する期間従業員を広く登用することを訴えたいと思います。

未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/08/24 10:51

◎トヨタのおじいちゃんの戦争体験を聞いた

 名古屋市名東区にある戦争と平和の資料館「ピースあいち」で、今年の夏は“戦争と若者”をテーマに「断ち切られた命と希望」の企画展を行っている(7月22日から8月31日まで)。

 地下鉄の一社駅から車で5分くらいのところにある。7年前にできたもので、まだ新しい建物だ。常設展示も充実していて、本格的な資料館だ。3階の特別展では、長野県の戦没画学生慰霊美術館「無言館」から9点の絵画が展示してある。
ピースあいち1


 「無言館」は、作家の故・水上勉の子どもの窪島誠一郎氏が絵を収集し、建設したものだ。画家になることを夢見ながら、戦争の犠牲になった学生たちの無念の思い、心情が伝わってくる。

ピースあいち2


 1階のロビーに、1冊のスケッチブックが展示されているのに目が止まった。石川県金沢市に住む小学生が、豊田市に住むおじいちゃんに戦争体験を聞いてまとめたものだ。夏休みの自由研究のようだ。

 自分もトヨタの社員だから、90歳のおじいちゃんは大先輩になる。小学生が書いたスケッチブックには、おじいちゃんとの1問1答が子どもらしい言葉で書いてある。おじいちゃんは――

ピースあいち3


 昭和14年(1939年) トヨタ入社
   17年 召集され陸軍航空隊に入隊、フィリッピンへ
   21年 終戦で帰国
   22年 トヨタへ復職

 トヨタが創業されて2年目に入社したという。国産の自動車をつくろうと張り切っていたそうだ。今年3月に豊田喜一郎を主人公にしたテレビドラマ「リーダーズ」が放送されたが、そのころ働いていたのだ。

 戦争当時のことや捕虜になったこと、復員したときのことなど、孫の小学生が実によく聞き出しているのには驚いた。しかも絵まで描いている。戦争が終わった時のことは、こう書いている。

トヨタのおじいちゃん

(おじいちゃんから孫の小学生が聞いた戦争体験の聞き書きノート)

 おじいちゃん「敗残兵となり、5、6、7、8、9、10、11月末まで7ケ月間も山の中にいたんだ。800人いたバリテ峠の守備隊で生き残ったのはおじいちゃんたち6人だけだった」

 小学生「えー。800人が6人になったの! よく生き残ったね。戦争って、こわい…」

 こうした聞き書きが孫の世代に継承されていくことは、どんなに大切なことか。安倍首相が集団的自衛権の行使を閣議決定した後だけに、戦争体験の継承は重要だ。おじいちゃんは最後に、孫にこう語っている。「戦争は絶対にいかん」。

 ピースあいちは、多くの人のカンパとボランティアの活動で維持されている。もっと行政の支援があってもいいのではないかと思う。

戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/08/23 11:58

◎いつ洪水、土砂災害に襲われるか?

 8月20日の広島市北部の土砂災害は、死者・行方不明者が70人以上にのぼる大災害になっています。8月17日、京都府福知山市では、市街地約300ヘクタール、2000棟以上が水浸しになりました。

 日本ではこの夏、あちこちで予期しない、突然の、局所的な集中豪雨に襲われています。気象庁が「これまでに経験したことがないような大雨」と表現するようになりましたが、実際にそうなっています。

 広島市北部の土砂災害について、テレビの映像、新聞の写真を見てぞっとしました。深夜の0~5時ころに雷をともなった集中豪雨。山のそばまで迫った住宅地に、突然の土砂災害。豊田市だけでなく、日本中に起こりうる災害だからです。たまたま広島市北部だった、としか思えません。

豊田市 ハザードマップ
(豊田市洪水ハザードマップ)

 テレビを見ていて、市役所でもらった「豊田市洪水ハザードマップ」を思い出しました。矢作川などが氾濫した場合の浸水範囲や深さの予想、土砂災害の危険個所などを地図にしたものです。

 150年に1回程度の大雨になると、矢作川が氾濫して豊田市駅に近い国道248号線の周辺や豊田スタジアムの周辺などが5m以上浸水するとしています。トヨタ本社とテストコースの北側は2~5m未満の浸水域になるといいます。

 豊田市の東地域を走る伊勢湾岸道路の周辺は、土砂災害危険個所がたくさんあります。これまで仕舞い込んでいたハザードマップ。初めてまじまじと見ました。広島市北部などの土砂災害を見て、身近にこんな危険があったことを実感しました。

 国や自治体の洪水や土砂災害の根本的対策は必要です。しかし、それまでには時間がかかります。「危険を感じたときは早めの自主的な避難に心がけてください」とのハザードマップの呼びかけを、しっかり頭に入れました。
トヨタの街から | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/08/22 14:18
 | HOME | Next »