◎「労使の絆は、競争力の源泉」 豊田名誉会長

 トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長が日本経済新聞に連載していた「私の履歴書」が4月30日、終わりました。経団連会長を務め、現在のトヨタの社長の豊田章男社長の父親だけに、1カ月間、注目して読みました。

 最終回では、”もっといいクルマを”の見出しのもとに、高速道路での自動運転の可能性などをあげ、「交通事故死ゼロ。これが私の夢だ」と語っています。

 自動運転といえば、ネット大手のグーグルがトヨタのプリウスを使って自動運転の走行実験をしています。トヨタの先を行っているといわれています。4月30日付の朝日新聞は、そのグーグルが次々にロボットベンチャーを買収していることを報道しています。

 グーグルのねらいは、家庭でなんでもこなす”執事ロボット”ではないか、と推測しています。これからは、ものづくり+ソフトの世界になること、グーグルはロボットの頭脳を支配しようとしているのではないか、ロボット技術を牽引してきた日本もグーグルの動きに過敏になっている、と伝えています。

トランペット ロボット
(トヨタのトランペットを弾くロボット)

 トヨタも、溶接ロボットの技術を発展させ、トランペットを吹くロボットやギターを弾くロボットなどを開発しています。パートナー・ロボットと呼んでいます。ロボットは、人間のパートナーになりうるのでしょうか。

 豊田名誉会長の連載で、注目した1つは、トヨタのパートナーとしてあげている部分です。「販売店・取引先、そして労使の、固い絆。これがトヨタの競争力の源泉だ」(4月28日付)という叙述です。販売店・取引先と同列に労組をあげています。

「トヨタ75年史」から
(トヨタ労組の歴代3役名を掲載する『トヨタ自動車 75年史』)

 終業時間時間直前に、「私物をまとめろ」といって突然、労組組合員らをねらいうちして解雇する日本IBM。そのロックアウト解雇の異常さが批判を浴びています。労組をこれほど敵視する組合があるなかで、トヨタは労組を”固い絆”と呼んでいます。

 確かに、『トヨタ自動車 75年史』でも、歴代役員の一覧とともに、トヨタ労組の歴代3役が2ページにわたり掲載されています。「労使は、トヨタの競争力の源泉」と語る豊田名誉会長。なぜ、そうなのか? 連載で、もう少し語ってもらいたかったところです。

スポンサーサイト
労働組合 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/30 09:47

◎裏付けのあるデータを使用しています

 このブログ「トヨタで生きる」は4月23日、「『残業代ゼロ』をふたたび提案 産業競争力会議」をアップしました。トヨタ自動車の労働者1人当たりの残業時間、年間総労働時間などについてふれました。

 ところが、「またまた、いい加減なことを」いっているかのようなコメントをいただきました。
 http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-1386.html

 大変な誤解がありますので、お答えしたいと思います。

 トヨタは労使協定で、所定労働時間を次のように決めています。
 事技職           1952時間(244日)
 技能職           1911時間(244日)
 P部門区分Aの連続2交代制 1850時間(244日)

 トヨタの所定労働時間は、上記のように各部門で異なっています。しかも、「トヨタカレンダー」で、生産部門は国の祝日も出勤になることがあります。こうしたなかで、労働者1人当たりの所定労働時間、残業時間、総労働時間を算出するには、複雑なことになります。

トヨタ労働者 201404
(出勤するトヨタ労働者)

 そこで、私たちはトヨタ労組の資料をお借りしました。2013年(1~12月)のトヨタの労働者の1人当たり総労働時間を、トヨタ労組は次のように計算しています。

 1896時間(所定労働時間)+248時間(残業時間)-192時間(年休・特休など)=1952時間

 職場の評議員、職場委員に確認してみて下さい。

 コメントには、「管理人は所定労働時間と残業時間の区別がついていないということですね」「皆さん、日本共産党の言うことに騙されないように気を付けましょう」などとあります。

 わたしたち日本共産党トヨタ自動車委員会は、必ず裏付けのあるデータを使用しています。
職場は今 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/04/29 11:16

◎“共産党国会議員の威力はすごい” 「ニコニコ超会議」

 「ニコニコ動画」を地上に再現する「ニコニコ超会議3」が4月27、28日の両日、千葉県・幕張メッセで開かれました。日本共産党は昨年に続いて、自民党などとともにブースを設け、志位和夫委員長らが出演しました。

 このうち、「ブラック企業・ブラックバイトにおしおきよ!」は、若者が足をとめ、ネット中継には多数が書き込みをしていました。国会でブラック企業問題を取り上げてきた吉良よし子参院議員、首都圏青年ユニオンの神部紅さん、しんぶん赤旗の行沢寛史記者がトークしました。

 安倍政権がすすめている“生涯ハケン”のままになる労働者派遣法の改悪、「固定残業代制」問題、「残業代ゼロ」法案などについて取り上げました。若者を自死に追いやるほど長時間働かせたり、パワハラで使い捨てるブラック企業が横行していること、死ぬほど働かされる正社員か、年収200万円以下の非正規雇用労働者かの2者択一が迫られている――などが共通して出されました。

ニコニコ超会議
(ブラック企業規制法案について説明する吉良よし子参院議員=ニコニコ動画から)

 吉良議員は、月20万円の求人広告を出した会社の例を国会で取り上げたことを報告。実際には基本給は12万円にすぎず、固定残業代が8万円も含まれており、「だまされた」という労働者の怒りを厚労省に突きつけました。

 厚労省は、質問3日後に、「全国求人情報協会」に「(注意喚起など)適切な対応を図っていただきたい」などとする通達を出したことを明らかにしました。これには、ネットに「吉良改革」との書き込みや「共産党国会議員の威力はすごい」という声があがるなど反響をよびました。

 吉良議員は、日本共産党が「ブラック企業規制法案」を提出したこと、その3つの内容を具体的に説明しました。残業時間を年360時間に制限するなど長時間労働の是正や、企業の離職者数の公表、パワハラ行為を行った企業への指導など――です。

 赤旗記者からは、大企業でも残業の労使協定である「36協定」で、経団連会長会社の住友化学が年1200時間、東芝が年1000時間の超長時間協定を結んでいることを指摘しました。

 トヨタの36協定も、月80時間、年600~720時間になっています。厚労省は、月80時間の残業を過労死ラインとしていますが、これに達するような協定です。

 トークでは、労働者派遣法の改悪や「残業代ゼロ」法案化など、安倍政権の労働・雇用のルール破壊、日本企業の総ブラック企業化を許さない運動をいっそうすすめようと語られました。

 首都圏青年ユニオンは、ファストフード店に時給1500円を求める「世界同時アクション」を5月15日に渋谷で計画しているとのべました。
日本共産党 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/04/28 10:46

◎連合がメーデー 「働く人の犠牲の上に成長戦略を描くことは許せない」

 労働組合の中央組織、連合は4月26日、東京・代々木公園で約4万人が参加してメーデー中央大会を開きました。トヨタ労組も連合に加盟しています。メーデーは、本来5月1日に開くものですが、連合は大型連休中で開催は困難として、4月下旬に開いています。

 もう1つの中央組織、全労連はメーデーの伝統をふまえ5月1日に開いています。連合のメーデーには、自民党の首相としては13年ぶりに安倍首相が出席しました。日本共産党を除く9党が招待され、あいさつしました。

 NHKは26日、次のように伝えました。

……
 連合の古賀伸明会長は、「メーデーは働く人の祭典だが、ことしは労働者保護ルールの改悪にストップをかける運動の一環と位置づけている。当たり前の生活を送るための最低限のルールに“岩盤規制”とレッテルを貼り、働く人の犠牲の上に成長戦略を描くことは許せない」と述べました。

 そして、働いた時間ではなく成果によって報酬が決まる新しい「労働時間制度」や、労働者派遣法の改正などに反対する特別決議を行いました。
……

連合メーデー 20140426
(連合のメーデー中央大会で、安倍政権の労働者保護ルールの改悪を批判する古賀伸明会長=4月26日、NHKから)

 安倍首相は、メーデー大会あいさつで、「『三本の矢』の政策により、今確実にデフレから脱却しつつある」などとのべました。古賀会長は「3本の矢」の1つの「成長戦略」について、「働く人の犠牲の上に成長戦略を描くことは許せない」と強く批判したものです。

 安倍首相の諮問機関である産業競争力会議が、労働者に労働時間ではなく成果によって賃金を支払うという「残業代ゼロ」を法案の作成を提起するなど、働くルールを根こそぎ崩そうとしています。

 連合が、安倍政権の労働者保護のルールの改悪にストップをかけようという姿勢は、日本共産党と基本的には同じ立場です。一致する政策・要求で政党、労組が共同するのは労働者多数の願いです。

 私たちは、「働く人の犠牲の上に成長戦略を描くことは許せない」という立場を共有し、「残業代ゼロ」など労働者保護のルールの改悪にストップをかけるためにトヨタの職場で奮闘したいと考えています。
労働組合 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/04/27 10:04

◎廃炉しかない フライデー・リポート

 原発ゼロをめざす関西電力東海支社(名古屋市東区)前での毎週金曜日の行動が4月25日、行われた。夕方から風が出てきたが、寒いというほどでもなかった。

関電1 20140425


 いつものように、関電ビルに向けて元気にコールした。「再稼働させない」「再生可能な自然エネルギーへの転換」などのパネルを掲げて。

 安倍政権と原子力規制委員会は、鹿児島県の九州電力川内原発を皮切りに原発を再稼働させようとしている。そんなことが許されるのか? あれほどの過酷事故を引き起こしながら。

 5月25日(日)には、大規模な「原発ゼロを永遠に」の集会、デモが行われる。福島第一原発事故が起きた3月11日にちなんで、3110個の黄色い風船を市民に配り、街を埋め尽くすという。名古屋市栄の久屋大通り公園で13時に集会後、市の中心部に向けてデモ行進する。

関電2 20140425


 金曜日行動が終わって自宅に帰り、午後10時からのNHKスペシャル「廃炉への道」を見た。40年以上かかるといわれる福島第一原発の廃炉作業だが、3年目にして被曝線量がオーバーしている作業員が増え、作業がほとんどすすんでいないという。

 こんな現実を無視して、再稼働させたり、原発を輸出するとは、安倍政権は何を考えているのか? 金曜日行動をはじめ5月25日の集会、デモを大きく盛り上げ、原発即時ゼロへ進まなければと思う。

関電3 20140425

原発ゼロへ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/26 09:16

◎堤工場門前で訴え 日本共産党

 初夏のような陽気の4月24日、日本共産党の豊田市議団とトヨタ自動車委員会は、堤工場門前で恒例の訴えを行った。2直(午後4時10分~午前1時)出勤の労働者に党委員会の職場新聞「ワイパー」(399号)を配布した。

堤宣伝2 20140424
(右から、大村よしのり、根本みはるの両豊田市議)

 市議団からは、大村よしのり、根本みはるの両議員が参加。この日は、黄色い帽子をかぶった「HUREAI(ふれあい)運動=HR活動」に参加する社員たちが門前で訴えていた。

15 堤宣伝1 20140424
(堤工場で「ワイパー」を配布するトヨタ党委員会=階段下)

 HR活動とは、行事を通して「職場を越えた人間関係の輪をつくる」、「役員会を通じた経営情報の展開」、「職場実態の吸い上げによるコミュニケーション」などを目的に、2002年の駅伝大会以降、行っているもの(『トヨタ自動車75年史』)。

 党委員会の代表は、今春闘では6年ぶりに2700円の賃上げがあったこと、満額ではなかったが、「組合員全員の頑張りの成果です」と強調した。特に期間従業員の日給200円アップは、「全国の非正規雇用労働者に大きな影響をあたえる成果です」と訴えた。

 これからもトヨタ党委員会は、賃上げや労働条件向上のためにみなさんといっしょに奮闘していきたいと呼びかけた。そして、まもなく5月1日のメーデーを迎えること、メーデーはアメリカのシカゴの労働者が8時間労働制を要求し、ストライキを行ったのが始まりです、と指摘した。

 ところが安倍政権と同政権のもとにつくられた産業競争力会議は、この8時間労働制を崩し、際限なく働かせて「残業代ゼロ」にする法案をつくろうとしていると強調した。

そして、年収1000万円以上とか、本人同意とかの条件を付け、対象者は限定的であるかのようにいっているが、制度が導入されれば労働者派遣法のようになし崩し的に拡大される恐れがあります、と訴えた。

 その上で、こう呼びかけた。

「私たちは働くために生きているのではありません。生きるために働いているのです。8時間働き、8時間休息し、8時間は自分のために使うのではないでしょうか。私たち日本共産党は、社会を発展させるために、もっと自由な時間を増やして人間が全面的に発展できる社会をめざしています」

 最後に、トヨタ党委員会のブログ「トヨタで生きる」に、ぜひアクセスし、意見を寄せてくださいと呼びかけた。

30 ワイパー 399号表


ワイパー 399号 裏
トヨタ党委員会 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/25 16:26

◎トヨタ 初の世界販売1000万台超

 トヨタ自動車は4月23日、ダイハツ、日野自動車をふくむグループの2013年度(2013年4月~14年3月)の世界販売台数が、初めて1000万台を超える1013万3000台であったと発表しました。

 世界の自動車メーカーで、1000万台を超えるのは初めてのことです。前年度より4・5%増でした。トヨタ単独の世界販売は、前年度より4・2%増の905万4000台でした。

 また、グループでの世界生産台数も1000万台を超える1023万6055台(前年度より5・3%増)でした。トヨタ単独の世界生産は、894万6073台(前年度より4・5%増)でした。

 このうち、国内生産は337万7598台(0・3%増)、海外生産は556万8475台(7・2%増)でした。海外生産比率は、62・2%と6割を超えています。
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/24 15:23

◎インド・トヨタで労働者が工場復帰

 トヨタ自動車のインド子会社で、賃上げをめぐって、会社が工場を閉鎖(ロックアウト)した問題で4月22日、労働者約4000人が5週間ぶりに工場に復帰しました。

 「しんぶん赤腹」のインド特派員が、同紙の24日付で報道しています。

 会社は、労働者が「誓約書」に署名することを復帰の条件にしてきました。労使間の仲介にあたっていた州政府は19日、「正常な生産環境の回復」を命令したことから、会社側は取り下げたものです。

 トヨタ・キルロスカ・モーターの従業員組合のサティシュ書記長は、赤旗記者に、「大きな前進だ。誓約書への署名要求は不当だとする労働者の訴えを州政府は認めた」と語りました。

トヨタ・インド 工場復帰
(トヨタ・インドで、労働者が工場復帰することを伝える「しんぶん赤旗」4月24日付)
海外トヨタ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/24 15:21

◎「残業代ゼロ」をふたたび提案 産業競争力会議

 第1次安倍政権(2006~7年)が提出した、「残業代ゼロ」というホワイトカラー・エグゼンプションは、労働界や法曹界、メディアがこぞって反対したために、同政権は断念しました。

 ところが、4月22日に開かれた経済財政諮問会議・産業競争力会議の合同会議(議長・安倍晋三首相)にふたたび提案しました。産業競争力会議の雇用・人材分科会の主査である長谷川閑史・経済同友会代表幹事(武田薬品社長)が出したものです。次のように主張します。

 ○新たな労働時間制度は、業務遂行・健康管理を自律的に行おうとする個人を対象に、法令に基づく一定の要件を前提に、労働時間ベースではなく、成果ベースの労働管理を基本(労働時間と報酬のリンクを外す)とする時間や場所が自由に選べる働き方である。

○また、職務内容(ジョブ・ディスクリプション)の明確化を前提要件とする。目標管理制度等の活用により、職務内容・達成度、報酬などを明確にして労使双方の契約とし、業務遂行等については個人の自由度を可能な限り拡大し、生産性向上と働き過ぎ防止とワーク・ライフ・インテグレーションを実現する。

民放 残業代ゼロ
(「残業代ゼロ」を報道する民放番組のパネルから=4月23日)

 こむずかしいいいかたですね。このなかでAタイプ、Bタイプに分けて具体的に提案しています。労使合意や本人同意が必要とか、1000万円以上の年収があるもの、などいいことずくめ、対象者は限定されたものであるかのようにいっています。

 要するに、労働基準法で定めた1日8時間、1週40時間などにしばられず、企業にとって必要な時に必要なだけ働いてもらうが、残業代はもう支払わないというものです。成果だけを出せという身勝手なものです。

 しかも、対象者は一部であるかのようい見せかけています。これがくせもので、小さく産んで大きく育てる――労働者派遣法の対象業務の拡大や消費税率の相次ぐアップなどと同じ手法です。

 トヨタ自動車の2013年の年間総労働時間は、1人当たり1952時間です。このうち残業は248時間です。仮に1時間当たりの残業単価を3000円とすると年間で74万4000円になります。

 マイホームのローンやマイカー、子どもの教育費などに残業代をあてにしている人は多いでしょう。74万円余が消えてなくなっていいのでしょうか?

 長谷川氏の提案の全文は、次で読めます。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/skkkaigi/goudou/dai4/siryou2.pdf
サービス残業 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2014/04/23 09:38

◎トヨタ 来年度の採用計画1160人

 4月、トヨタ自動車の職場には、新入社員が配属になります。みんな、緊張するでしょう。4月1日に本社で入社式に臨んだのは約1200人。作業衣姿でした。

 桜が満開の本社地区で教育を受け、それぞれの部署へ配属になります。今年度、採用になったのは大卒が619人、高専卒などが30人、高卒が513人で、合計1162人(日経新聞、4月21日付)といいます。

 来年度の採用計画は、同紙によると大卒620人、高専卒などが30人、高卒が510人で、合わせて1160人です。採用人数では、日本の大企業で12位です。14年3月期決算では、史上最高の利益をあげる見通しですが、前年並みです。

新入社員
(トヨタの新入社員=2013年4月)

 バブル崩壊後やリーマン・ショック後の就職氷河期には、大卒は数十社受けても内定がとれないという深刻な時期でした。しかし、今も「学歴フィルター」で、企業は志望者をふるい落としているというのです。

 朝日新聞が3月30日付で報道したものです。スマホで就職説明会の申し込みをしようとすると、全日程が「満席」「満席」で応募できないといいます。企業が有名大学を指定しているためといいます。

 「人気企業1社に数万人も応募が殺到する今の状況は、学生にも企業にも無駄が多く、おかしい」といって企業と学生を仲立ちするベンチャー企業もあらわれています。

 同時に、「企業はどの大学から何人採用したのか開示して、学生が採用されそうか客観的に把握できるようにするべきだ」と主張します。

 難関を突破してトヨタに入社された新入社員のみなさん。これから労働者として、職場で働くことになります。当然、労働基準法などで労働者の権利は守られています。賃金、労働時間、年休…しっかり学び、身に付けましょう。


職場は今 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/04/22 10:50
 | HOME | Next »