◎日本共産党 元気です!

 日本共産党の元気さが目立っています。都議選、参院選での躍進に続いて、政党支持率でも第2、第3党になっていることにもあらわれています。

 中日新聞が10月28日付で発表した政党支持率。自民党(44・6%)、民主党(6・8%)についで、日本共産党は4・1%で3位になりました。約1カ月前の前回調査では、日本維新の会に次いで4位でした。

 日経新聞の9月世論調査では、日本共産党は6%で、民主党の5%を上回って2位になったこともありました。

 こうした日本共産党への支持は、安倍政権の”暴走”――秘密保護法案の臨時国会への提出、トルコへの原発トップセールス、裁量労働制の拡大など労働の規制緩和、消費税増税の決定――などに対し、正面から対決している党だからでしよう。

 毎日新聞(23日付)は、10月15日から開かれている臨時国会について、「国益に資する政策論争が求められている局面で好敵手の見当たらない現状に、政府・与党から『自共対決国会』の声が出始めた」とのべています。

 実際、臨時国会の冒頭、参院選で訴えてきたブラック企業の根絶をめざして、「ブラック企業規制法案」を提出しました。違法行為へのペナルティーの強化、長時間労働の規制、ブラック企業の実態の情報公開など折り込んだものです。他党にも、法案成立への共同を呼びかけています。

揺るぎに非自民
(日本共産党を、「揺るぎなき『非自民』」と報道する朝日新聞、10月27日付)

 臨時国会の予算委員会基本的質疑では、小池晃参院議員が”賃上げのために内部留保の活用を”と求めたのに対し、安倍首相は「私からもお願いをさせていただきたい」答弁しました。

 デフレ不況脱却には賃上げが必要で、そのためには内部留保の活用が必要だと主張してきた日本共産党の正論を、安倍首相が認めたという点で、重要な答弁になりました。2014春闘に向けて、労働者の賃上げ要求に大きな力となるでしょう。

 日本共産党は来年1月に第26回大会を開きます。大会をめざし、もっと大きな党をつくろうと日本共産党員と「しんぶん赤旗」の読者の募集をしています。トヨタ自動車で働くみなさん、元気な日本共産党の一員になって、日本とトヨタの職場を変えるために、いっしょに頑張ろうではありませんか。

 このブログのメールアドレスに連絡してください(秘密は厳守します)。
 toyotaman365@gmail.com
スポンサーサイト
日本共産党 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/31 10:31

◎高岡工場へ大規模な応援・転籍

【職場あれこれ】

〇…トヨタで生産している車種の工場間、グループ間移管が行われている。堤工場で生産しているプリウスαは、高岡工場とブリッジ生産(複数の工場で生産すること)されるという。11月から高岡工場へ徐々に移管になり、来年1月から本格生産になるという。堤工場へは、他の車種が移管されるもようだ。

 高岡工場は、現在はオール1直生産。今後、全社から高岡工場へ応援・転籍になるという。1000人規模ともいわれている。

 一方、ピンクのクラウンの生産などで話題になった元町工場は、来年4月からオール1直になるという。2015年に販売予定の燃料電池車は元町工場で生産するといわれている。労働者からは、「元町のこれからはどうなるのか?」という不安の声がでている。

プリウスα
(プリウスα)

〇…トヨタ自動車の期間従業員募集広告から、「初回更新特別手当 10万円支給」が復活した。「年内入社の方」という限定付きである。

 この10万円は、今年8、9月に入社した人に限定して支給されていた。初回更新は11~12月になり、そこから初回の3カ月更新すれば、来年1~2月までになる。消費税増税(来年4月)前の駆け込み需要増産のためとみられていた。

 9月上旬の募集広告からは、この10万円が消えていた。今回の復活で、年内に入社した人は、初回更新は3~4月になる。
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/10/30 15:40

◎賃上げ要求 3500円以上?

 労働組合の中央組織で、トヨタ自動車労組も加盟している連合は10月24日に開いた中央執行委員会で、2014年春闘で、次のような賃上げ要求方針を決めました。

 「定昇・賃金カーブ維持相当分(約2%)の確保はもとより、賃上げ1%以上(過年度物価上昇+α)に加えて、格差是正分(配分の歪みの是正・1%を目安)を積極的に求めるものとする」

 連合が賃上げの統一要求をかかげたのは5年ぶりです。この連合の要求を基本にすると、トヨタ労組の要求は――。

 定昇約2%(トヨタ労組は「賃金制度維持分」と呼称)+賃上げ1%以上になります。

 トヨタ労組は2013年春闘で、「EX級、技能4等級、技能職の賃金を34万7130円とする」としており、仮にこれをあてはめると、「賃上げ1%以上」は、約3500円以上になります。

三河豊田駅 20131003
(出勤するトヨタ労働者=三河豊田駅、10月3日)

 トヨタ労組は2009年春闘で、4000円の賃上げをかかげた(リーマン・ショックで会社の回答はベアゼロ)ことがあり、3500円以上の要求は当然でしょう。

 しかも、トヨタの2014年3月期決算見通しは、営業利益で1兆9400億円というばく大なものであり、円安が続くなか、2兆円を大きく上回るともいわれています。利益はたっぷりです。

 この12年間、賃上げはわずか3回、合計3000円しかありませんでした。なかでも09年~13年まで5年連続ベアゼロです。内部留保は14兆円を超えるすさまじさです。1万円以上の賃上げ要求をかかげることも十分可能です。

 トヨタ労組の上部団体の自動車総連は、来年1月上旬に、トヨタ労組は同1月下旬にも賃上げ要求を決める方向です。今から職場で、「6年ぶりの賃上げ、大幅賃上げを実現しよう!」の声を上げようではありませんか。
2014春闘 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/29 10:03

◎堤工場で綱引き、駅伝

 トヨタ自動車堤工場で、毎年恒例のふれあいフェスタが10月27日(日)に行われた。このところ毎週のように台風が日本を襲っていたが、この日は素晴らしい秋晴れになり、親子で1日を楽しんだ。

 今年も、地域に開かれたフェスタとして行われ、堤地域の各自治区の区長、副区長さんたちも招待された。

堤工場 フェスタ 20131027
(フェスタが開かれた堤工場=10月27日)

 なんといってもメインは駅伝だ。工場内の周回コースを、たすきを渡しながら走る。自分の職場の代表に、熱い声援が送られた。部対抗の綱引きや大縄飛びなど、子どものころにかえって盛り上がった。日ごろの仕事の疲れを吹き飛ばしていた。

 メインステージでは、太鼓演奏やキッズダンスなどが次々行われ、大きな拍手に包まれた。たくさんのビュフェや屋台が並び、長い行列ができた。なかでも野菜と果物の安売りが大人気で、ここも長い行列になった。

 野菜を買いにきた妻さんは、「毎年、これが目当てですよ」と笑顔で語っていた。堤工場は、約5000人の社員がいる。プリウスを生産するトヨタでも一番忙しい工場だ。この日養った英気で頑張るぞ!

堤工場 時計塔
(堤工場の時計塔)
職場は今 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/28 13:28

◎ホンダ系部品会社の早期退職募集に378人

 中日新聞(10月16日付)に、ホンダ系自動車部品メーカーの「ショーワ」が、300人の早期退職募集(45歳以上)をしたところ378人が応募したという小さな記事(1段)がのった。

 ショーワは、1部上場会社で、資本金126億円、従業員は連結で1万2571人、単独で3174人(単独)である。2013年3月期決算で127億円の営業利益を上げている。資本金10億円以上が大企業といわれる。主要取引先にトヨタやダイハツも入っている。

 早期退職募集をしたのは、同社の名古屋事業所(春日井市小野町2)を来春に閉鎖するためである。主力の衝撃吸収部品「ショックアブソーバー」を名古屋と埼玉の2拠点で生産していた。

 ショックアブソーバーなどの製品の価格競争が激化し、人件費の安い海外に移管したほうがいいと判断し、国内生産は埼玉に集約するという。海外には、北米、南米、アジア、中国、欧州に20拠点がある。

ホンダのクルマ


 ホンダの労働者は、「自動車用部品は、海外で生産された物が増え続けている。新型フィットにも中国製品が多い」という。ショーワは、中国の広州、上海、成都に拠点がある。

 自動車産業は今、トヨタをはじめホンダ、日産、マツダなど各社が円安と北米や発展途上国などでの販売が好調で、リーマン・ショック前の利益を確保する見通しだ。

 ショーワの早期退職募集は、「業績好調でも名古屋工場閉鎖」(朝日新聞)といわれるように、コスト削減をねらっていっそうの海外生産移転をすすめているあらわれである。

 東京商工リサーチによると、今年1月から7月5日までに、100人以上の早期退職募集をした企業は、ショーワをふくめ41社、8998人にのぼっている。リーマン・ショックの2009年には、191企業、2万2950人を募集していた。
その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/27 11:14

◎どら焼き1個

 プリウスを生産しているトヨタ自動車堤工場。先日、社員らにどら焼き1個が支給された。「おやつだ! やった! 何で?」。プリウスなどハイブリッド車の世界販売が、今年3月に累計で500万台になったお祝いだという。

 どら焼きには、プリウスのイラストと「祝! HV500万台」などの文字が刻印されている。堤工場は、ハイブリッド車生産で、一番貢献している工場だから支給することにしたという。

どら焼き


 ある社員は、仕事が終わった後に支給された。「1個じゃなく、せめて家族の数だけ欲しかったよ。家で自分1人で食べるには気がひけるからね」と語る。別の社員は、「1個かよ、しぶちんだね。会社、もうかっているんじゃん」と。

 その通りだよ。今年度は2兆円の利益予想だから。同じように2兆円を超える利益をあげた2007年の11月には、すごいことがあった。トヨタ創立70周年の「協力慰労金」として、渡辺捷昭社長(当時)名で、一般社員に4万8000円が支給された。

 50周年では4万8000円、60周年では7万5000円が支給された。国内販売が200万台を達成した1988年の11月には、4万8000円、国内生産累計1億台を達成した1999年の11月には、4万7000円が支給された。

 節目、節目に慰労金が支給された。「今回のハイブリッド車500万台達成は、どら焼き1個か…。それともこれから慰労金がでるのか?」
職場は今 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2013/10/26 10:14

◎安倍首相が内部留保活用を財界に「お願いする」と答弁

 日本共産党の小池晃参院議員は10月24日、参院予算委員会で安倍内閣に、消費税増税をやめること、内部留保を賃上げに活用すること、雇用政策を転換することなどを求めて質問しました。

 このなかで小池議員は、安倍首相が「法人税減税を賃上げにつなげる」といって、復興特別法人税の1年前倒し廃止(約9000億円)しようとしていることについて厳しく批判しました。

 小池議員は、グラフを示し、1997年以来、政府は法人税をくり返したが、労働者の賃金は減り続けたこと。反対に大企業の内部留保が130兆円も増えたように、減税分はもっぱら内部留保、株主配当、役員報酬に回ったと指摘しました。

小池質問 20131024
(グラフを示して質問する小池晃参院議員=10月24日、NHKテレビから)

 その上で、政労使会議で、日本共産党の呼びかけに応えて、日本経団連など財界に賃上げを求めたことはよかったが、もう一歩踏み込んで、「”賃上げのために内部留保の活用を”といっていただきたい」と求めました。

 日本共産党の呼びかけとは、今年2月の通常国会の質問で笠井亮衆院議員や大門実紀史参院議員、小池議員が、デフレ不況脱却のためには賃上げが必要であり、財界に賃上げを要請すべきだと求めていたものです。

 この日の答弁で安倍首相は、「小池議員、笠井議員、大門議員に、”企業に賃上げを働きかけよ”といわれ、われわれはその通りにやったわけでありまして(委員会室から、ほーつの声が上がる)、それなりの効果はでたのではないかと思います」と答えました。

 また安倍首相は、小池議員が”賃上げのために内部留保の活用を”と求めたのに対し、「私からもお願いをさせていただきたい」と日本経団連などに内部留保の活用を求めていくことを明言しました。

 このように労働者の賃上げのために、政治が動き始めようとしています。私たちが働くトヨタ自動車は、内部留保が14兆円もあるダントツで日本1の企業です。ところがこの5年間、賃上げは1度もありませんでした。

 トヨタは、来年3月期決算では、約2兆円の営業利益を上げる見通しです。この営業利益からでも十分、賃上げはできます。安倍首相が率先して財界に内部留保の活用を求めれば、日本の労働者の賃上げの追い風になるでしょう。

 私たちも職場から、声を上げようではありませんか。
 「トヨタの内部留保たっぷり。6年ぶりの賃上げを実現しよう!」
2014春闘 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/10/25 10:40

◎ブロックしていたのは、汚染水ではなく首相だった

 福島第一原発の汚染水問題は、政治の最重要課題です。臨時国会の論戦でも、安倍首相のオリンピック誘致でのIOC総会発言(9月7日)の「状況はコントロールされている」「汚染水による影響は完全にブロックされている」という発言をめぐって、厳しい追及が続いています。

 安倍首相は、臨時国会の代表質問の答弁で、それまでの発言を巧妙に修正しました。「状況はコントロールされている」の前に、「全体として」を加え、「全体として状況はコントロールされている」としました。

 「汚染水による影響は完全にブロックされている」という文章も、「放射性物質の影響はブロックされている」と修正しました。

 IOC総会発言以降も、福島第一原発から港湾内や外洋に流れ出ている深刻な汚染水問題について、否定できなくなったからです。

 日本共産党の笠井亮衆院議員は10月22日の衆院基本的質疑で、この問題を追及。原発の放射性物質で住民が避難を余儀なくされている福島県浪江町の町議会が、9月議会で、全員一致で採択した意見書を示して、安倍首相に迫りました。

笠井質問 20131022
(浪江町議会の意見書を示して安倍首相に迫る日本共産党の笠井亮衆院議員=10月22日、NHKテレビから)

 意見書では、「1つは現実には地上タンクからは、大量の高濃度汚染水が漏れ、地下水を汚染し、湾内に流出し、汚染水が防波堤の開口から外洋へ流出していることは誰の目にも明らかである。したがって『コントロール』『完全にブロック』などされていない」などとのべています。

 安倍首相は、「健康への影響について、影響は完全にブロックされていると申しあげたわけでございまして…」と、「健康への影響」にすりかえました。

 笠井議員は、「事態を小さく見せてまともに対応しないってことではダメだ。そういう国の姿勢に(浪江町議会の)意見書は怒っているし、県民、国民は怒っているわけです。世論調査だって、7割が『コントロールされていると思っていない』と言っているわけですから」と批判しました。

 この質問に続いて、笠井議員は、安倍首相が本部長の原子力災害対策本部会議が、「何回、開かれましたか」と質問しました。これに、安倍首相は答えず、茂木敏充経済産業相は、1回しか開いていないのに困ったのか、他の答弁を長々と、くり返ししました。

 笠井議員は、「茂木大臣、こういうのを『総理をブロックしている』と言うんですよ」とぴしゃりと批判。茂木経済産業相の首相をかばう姿勢――ブロックに委員会室からは失笑が起きました。

 毎日新聞(23日付)は、笠井質問を取り上げたなかで、「国益に資する政策論争が求められている局面で好敵手の見当たらない現状に、政府・与党から『自共対決国会』の声が出始めた」と論評しています。

 民主党など他の政党が、まともに安倍政権を追及できないからです。今日24日午後1時30分ころからは、日本共産党の小池晃参院議員(政策委員長)が基本的質疑をします。テレビ中継されます。
原発ゼロへ | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/10/24 11:30

◎オール昼勤、期間従業員、部屋に鍵

【職場あれこれ】

 〇…トヨタ自動車高岡工場は、10~12月はオール昼勤務(午前7時55分~午後4時50分)になっている。高岡工場は、オーリスやiQ、ウイッシュなどガソリン車の生産が基本だ。今、トヨタで売れているのは、アクアやプリウスなどハイブリッド車が多いから、ガソリン車の生産は落ちるのだろう。

 オール昼勤務になって、朝の通勤は大渋滞。一般市民は8~9時通勤が大勢だから。連2の通勤は朝の6時頃までには終わっていた。1月からは、連続2交代に戻る予定だ。

高岡工場
(トヨタ高岡工場)

 〇…トヨタの連結対象会社、ダイハツの労働者からこんなことをいわれた。「トヨタの期間従業員は意外と少ないですね」。最初は、「?」だった。期間従業員は、今年8月末で3700人。3月末より1200人増えている。その後、消費税増税前の駆け込み増産で、もっと増えている。

 よく考えてみるとトヨタの生産調整は、期間従業員の増減だけではなく、同じ部署内、他工場、技術部門、関連会社などからの応援、受援がある。たくさんの調整弁を持っているから、期間従業員が少なくて間に合うのだろう。

 〇…トヨタは、2交代職場だ。ある職場の休憩時間。ベテラン労働者は、「オレらが若いころの社宅は狭かった。雨になると子どもが部屋で遊ぶから、うるさくて夜勤明けの時は眠れなかったよ」となつかしそうに語る。

 あくびを連発していた若い労働者。アパートに住んでいる。今週は、2直(午後4時10分~午前1時)の週のために、朝遅くまで寝ている。そこへ、小さな娘が、「パパ、あそぼう」とからみついてくる。「パパは、夜のお仕事だからダメだよ」といってもわかってもらえず、連日、睡眠不足になる。「部屋の中に鍵をつけましたよ」と若い労働者。

職場は今 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/23 08:27

◎国際反戦デーの伝統を豊田で

 豊田市内で10月21日の夜、国際反戦デーに呼応した集会、デモ行進が行われた。日本共産党の大村よしのり、根本みはるの両豊田市議をはじめ、労働者や市民らが参加した。

 1966年10月21日、アメリカのベトナム戦争に反対して、世界的規模で反戦統一行動が行われた。豊田市では、この「10・21国際反戦デー」に連帯し、その伝統を受け継いで毎年集会を開き、平和と諸要求の実現をめざしている。今日でも、10・21集会をねばりづよく開いているのは、全国でもきわめて珍しいという。

1021の1 2013


 午後6時30分、名鉄豊田駅前のマック前広場で「10・21集会」を開き、市の中心部をデモ行進。約30分のデモをした後、参合館前で流れ解散した。市の中心部ながら人通りは少ない。

1021の2 2013


 消費税の増税を中止させよう、原発の再稼働も輸出もやめよ、TPP交渉から撤退せよ、憲法9条の改悪・解釈改憲許すな、秘密保護法反対、子どもの貧困なくせ、軍事費を削って、くらし・福祉・教育の充実を――などの声をあげた。

 安倍政権が「国家戦略特区」をつくろうとしている。当初の解雇の自由、残業代ゼロを盛り込めなかった(このブログ「トヨタで生きる」でも批判)が、有期雇用の10年間延長などをねらっている。愛知県知事が特区を導入しようとしているだけに、デモ行進では、「日本全体をブラック企業化する特区を許すな」と訴えた。

1021の3 2013
その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/22 11:23
 | HOME | Next »