◎トヨタ系8社の決算 デンソーは株主に大盤振る舞い

 トヨタ系8社(デンソー、豊田通商、アイシン精機、豊田自動織機、ジェイテクト、トヨタ紡織、豊田合成、愛知製鋼)の2013年3月期決算が4月末に出そろい、ジェイテクトを除く7社で利益が増えました。国内や海外での自動車販売増や円安などによるものです。

 グループ最大のデンソー(トヨタ自動車の株式保有はトップの22・54%)の営業利益は、2626億円になりました。前期より1016億円(63・2%増)も増加しました。為替レートが83円で、予想より4円の円安になったことなどから為替差益が175億円になりました。

 利益が大幅に増えたことから、株主配当は1株当たり、前期の48円から一気に18円増やし(37%増)、64円を予定しています。2010年3月期が27円でしたから、3年間で2・7倍にもなります。

 デンソーの売り上げ(3兆5809億円)のうちトヨタグループは51・2%と半分で、トヨタグループ以外は38・7%を占めます。ホンダやGM、現代・起亜、フォードなどトヨタとの競争相手ばかりです。

 トヨタ自動車の2013年3月決算発表は、連休明けに行われます。2月時点での営業利益の見通しは1兆500億円でしたが、急速な円安からさらに利益を大幅に上積みしそうです。

 トヨタ自動車などトヨタグループの13春闘では、トヨタ労組が賃上げ要求を見送りました。デンソーが株主に大盤振る舞いし、トヨタ自動車も増配が予想されるなかで、労働者への還元がこれでよかったかが改めて問われます。

20 デンソー 株主配当
(デンソーの2013年3月期決算プレゼンテーションから)
スポンサーサイト
決算・経営計画 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/04/30 11:14

◎大型連休を前に 新入社員の将来に明るさを

新入社員2 201304


 トヨタ自動車は、トヨタカレンダーによって、大型連休中の4月27日(土)~5月5日(日)まで9連休に入る。

 大型連休前のトヨタ本社地区は、今年は遅咲きだった桜も散り、今は新緑の季節。華やいだ雰囲気から、いつものように落ち着いた空気に変わり、昼休みには多くのランナーたちが、春風を吸って心地いい汗を流していた。

新入社員4 201304


 技術者たちが働くテクニカルセンター。時計塔の前のミニ広場は、絶好のストレッチの場となっている。疲れた頭と体をとぎほぐしていた。

新入社員3 201304


 そのセンターの方向へ、本社で研修中の大卒新入社員が新しいスーツで身をつつみ、2列隊列で食堂に向かうところに出会った。かなりの人数だ。これからのトヨタを支える若者たちだ。

 自分が年をとったせいか、まぶしく見えるし、幼なさも感じだ。そんな彼らも職場に配属されるころには、たくましいトヨタマンに成長するだろう。これから定年までの約40年間、トヨタや自動車産業はどんなに変わっていることか。

 ガソリン車はなくなり、電気自動車や燃料電池車が主流になるのか? 自動車のハイテク化がすすみ、衝突防止装置などが完備され、交通事故は劇的に減るのか…そんな時代を生き、働く彼ら。トヨタや社員にとっても大きな転換期になるだろう。

 そんな時代を背負う彼らの前途は、希望とともに困難も待ち受けているだろう。戦後の日本社会を支えたモノづくり、鉄鋼、造船、電機、自動車。電機の職場は今、リストラの嵐が吹き荒れている。自動車産業でもそうしたことが起きることはないのか? 彼らの将来が明るくなることを願った。

新入社員1 201304
職場は今 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/04/29 10:57

◎ツイッター開始宣言 共産党の志位さん トヨタ委員会も

 日本共産党の志位和夫委員長・衆院議員は4月27日、ツイッターを始めると語りました。これは、同日開かれた「ニコニコ動画」サイトなどの実行委員会が主催した「ニコニコ超会議2」(千葉県・幕張メッセ)でのべたもの。

 日本共産党トヨタ自動車委員会も4月22日からツイッターを始めています。是非、ご覧ください(@toyotajcp)。

 「ニコニコ超会議2」では、アーティストの演奏やアニメやゲーム、鉄道など100のブースが並び、若者たちでいっぱい。

 政党から日本共産党、自民党、民主党、日本維新の会の4政党がブースを出展。夏の参院選から選挙でネットが解禁されることを受けて、各党はネットによる政策宣伝に力を入れました。

 日本共産党は、志位委員長や国会議員が憲法、原発、雇用、領土問題などについてゲストとトーク。志位さんは、ジャーナリストの角谷浩一さんとの「ビック対談」に出演。子どものころパイロットになりたかったと語りました。

 志位さんは、角谷さんとの対談でこうのべました。
 「32万人の党員と2万の党支部が草の根で頑張って、『困った人がいたら共産党に相談しよう』といわれます。私たちの誇りはここにあります。SOSを受け止められる党としてもっと大きくなりたい」

 日本共産党トヨタ自動車委員会も党支部の1つとして、トヨタの労働者の困ったこと、悩みにいつでも相談に応じています。

 「ニコニコ超会議2」は、今日28日も開かれます。志位―角谷対談は、ニコニコ動画で見られます(http://live.nicovideo.jp/watch/lv134654091)。

ニコニコ動画 志位
(ニコニコ動画で対談する志位さんと角谷さん=左=)
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/04/28 09:49

◎関電前 フライデー・リポート 2つの核の被爆国

関電前1 20130426


 毎週金曜日の原発ゼロをめざす、関西電力東海支社(名古屋市東区)前での行動が4月26日、行われた。もうすぐ5月だというのに、先週の金曜日に続いて寒い。ダウンジャケットを持って参加した。

 いつものように100人くらいが集まる。午後7時すぎからぽつり、ぽつりと雨が降ってきたが、幸い本格的な雨にならなかった。

 関電が入っているビルの目の前がトヨタ自動車のレクサス高丘店である。写真を見てもらうと「LEXUS」の文字が見える。もっとも、トヨタ社員といっても、そんな高級車は買えるわけではないが。

関電前3 20130426


 23日の参院予算員会で、日本共産党の井上哲士議員が「収束」にはほど遠い福島第1原発の実態と抜け穴だらけの「新規制基準」をとり上げ、安倍首相らに質問した。

 安倍首相は「『収束』を宣言する気持ちはまったくない」とのべ、「収束宣言」撤回には背を向けた。汚染水漏れ事故について東電の広瀬直己社長は、「安易に海に放出することは考えていない」となどと言い訳に終始した。

 テレビで質問を見ていて、政府も東電も原子力規制委員会も原発事故にまともな反省もしていないばかりか、再稼働ありきの姿勢だった。

関電前2 20130426


 スイスのジュネーブで開かれているNPT(核拡散防止条約)で、「核の不使用」声明に、被爆国日本が賛同しないというニュースが入ってきてびっくりした。NPTには、被曝2世である日本共産党の大村よしのり豊田市議が参加している。どんなに怒っているだろう。

 原爆と原発の2つの核の被爆国の日本がこれでいいのか。そんな自公政権を続けていいのか。草の根から行動を広げ、政治を変えなければと思う。7月の参院選挙は、その機会だ。

関電前4 20130426
原発ゼロへ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/04/27 10:08

◎靖国参拝 アメリカからも批判

 安倍首相や麻生太郎副総理らが靖国神社に供え物を奉納したり、参拝したことに対し、中国や韓国から厳しい批判が出るばかりか、アメリカからも懸念、批判がでるなど、安倍政権は孤立を深めています。

 安倍首相は、24日の国会で、「国のために尊い命を落とした英霊に尊敬の念を表するのは当たり前。どんな脅かしにも屈しない」などと中国、韓国の批判に開き直りました。

安倍発言 脅しに屈しない
(国会で、脅しに屈しないとのべる安倍首相=4月24日、NHKテレビから)

 驚くべき時代錯誤の発言です。これが一国の首相でしょうか。戦前、天皇制政治のもとで、日本の国民は侵略戦争に駆り立てられました。特攻隊や学徒出陣の例をあげるまでもなく、無謀きわまる戦争で310万人もの命が奪われました。それを“英霊”などといってもてはやしていいのでしょうか。

 安倍首相が靖国参拝にのめり込む背景には、母方の祖父の岸信介元首相の影響があるといわれています。岸元首相は、靖国神社に合祀されているA級戦犯の東条英機が首相時代の商工大臣でした。このため、岸元首相は戦後、公職追放されたという経緯があります。

 共同通信は、次のように報道しています。
 「アメリカ国務省のベントレル報道部長は、『公式な抗議』はしていないとした上で『中国や韓国のように他国も懸念を表明している。各国間の強く建設的な関係が地域の平和と安定をもたらすことを今後も訴えていく』とのべ、安倍政権に中韓を刺激しないよう自制を促した」

 ニューヨークタイムズは、4月24日付の電子版で批判の社説を掲載。「安倍氏はこれまでも第2次世界大戦中の日本の振る舞いを擁護してきた」と指摘。靖国神社参拝を「日本の不要な国粋主義」と批判しました。

 その上で、「北朝鮮とその核開発計画の問題を解決するため協力する必要があるときに、日本が中韓への敵対心をあおるのはとくに無謀にみえる」と批判しています。

 第2次世界大戦へのまともな歴史認識もないばかりか、みずからの行動、発言が世界にどんな影響をおよぼすかを配慮しない日本の2世、3世議員たちに、困惑しているように見えます。

 尖閣諸島問題で、トヨタ自動車をはじめ日本の自動車メーカーは、中国市場の販売で大きな打撃を受けました。またまた、靖国問題という難題が降りかかってきそうです。
その他 | コメント(11) | トラックバック(0) | 2013/04/26 17:48

◎トヨタ 海外生産6割超える

 トヨタ自動車は4月24日、トヨタ、レクサスブランドの2012年度(2012年4月~13年3月)の国内生産、海外生産、輸出を発表しました。

 国内生産 336万8940台
 海外生産 519万5579台
―――――――――――――――
  合計  856万4519台

 輸出   192万3076台
 国内販売 161万2097台

 海外生産の割合は60・7%になり、初めて6割を超えました。5割を超えたのが2007年度ですから、わずか5年で6割超えになりました。2008年のリーマン・ショックや2011年10月の1ドル70円台半ばの超円高のもとで海外シフトを加速させています。

 このところの100円近い円安のなかでも、レクサスの生産をアメリカや中国に移すことを明らかにするなど、海外シフトをいっそうすすめています。雇用を守るために、「国内300万台生産を死守する」と豊田章男社長はいいますが、300万台を切るという見方もでています。

30 トヨタの国内生産、海外生産
(グラフの草色は、国内生産、海外生産の合計です)
決算・経営計画 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/25 10:07

◎ブログ「トヨタで生きる」、記事1000件達成

 このブログ「トヨタで生きる」は、日本共産党トヨタ自動車委員会が2010年10月1日に立ち上げました。連日更新を続け、4月20日で記事数が1000件になりました。

 記事の内容は、働き方から職場のこと、組合や政治、社会のこと、日本共産党の活動などなど多種多様なものをめざしてきました。

 それは、トヨタの経営者サイド、サプライヤーなどの関連企業の従業員や経営者、トヨタ車に興味を持つ人々…あらゆる人たちにトヨタの労働者の現状を知っていただき、世界1の自動車メーカーらしく、「もっといい労働条件にしようよ」との思いから執筆しています。

 これまでにいただいたコメント総数は1000件を超えました。ありがとうございました。

 ブログを読んでいただいている人のなかには、他の党の組織に所属している人もいるでしょう。日本共産党の意見に賛同できない人もいるでしょう。このブログは、われわれの主張を貫き通すだけの堅苦しいものをめざしているわけではありません。

 トヨタで働く人々やグループの人々が、日々幸せを実感できる世の中に変わっていくために、私たち1人ひとりが取り組む問題・課題を提案し、行動できればと思っています。

 しかし、会社からわたしたち個人に課せられた、原価改善や生産・生産準備期間の短縮など、その達成のためには大変なものばかりです。そこから会社への要望・不満が生まれたりします。労働組合に対しても同じでしょう。

 「文句しかいわないブログ」などとコメントされたこともありますが、このブログは、みなさんの立場になってメッセージを発信し続ける場であり続けたいと考えます。記事1000件を機に、内容のいっそうの充実をはかっていきたいと思います。これからもご支援、よろしくお願いします。

トヨタ堤 201304
(出勤するトヨタ労働者)
トヨタ党委員会 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/04/25 09:53

◎「マイ灰皿」化が始まる


 トヨタ自動車では、5月31日から「マイ灰皿」化が始まる。会社からは次のような通達が出ている。

===================================
 世界禁煙デーに向けて(健康づくりキャンペーン)

 ○喫煙は休憩時間のみ。勤務時間中は原則禁止(昼休み、ホットタイムなどのみ可)。
 ○喫煙所以外は禁止(すでに行われている)。
 ○各自「マイ灰皿」を持ってきて下さい。
 ○吸いがらは持ち帰って下さい。

===================================

 主に上記の内容だ。すでに現場では、くわえタバコなどはない。40年くらい前は、作業場にも灰皿があった。そういえば、現場にはイスとかもあって、坐って、部品の組み付けをしている所もあったけ。

 その時代は、電車や病院、街の中など、どこでもタバコを吸っていた時代だったね。ずいぶん変わった。現場の詰所でも、4~5年前までは休憩時間、タバコの煙でもうもうとしていたが。今では喫煙コーナー以外はダメとなっている。

 「禁煙」を望む者にはとってはウレシイことです。喫煙者はますます肩身の狭い思いをすることになります。

 「すいがら」の家への持ち帰り。空き缶などに入れて、コンビニ店の空き缶入れに捨てることのないようにしましょう(トヨタのある事業所では、コンビニ店から苦情があったといいますから)。

マイ灰皿
(首からぶら下げる「マイ灰皿」。3000円あまりします)
職場は今 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/24 16:48

◎靖国神社問題で、またもや、ぎすぎす日中韓

 靖国神社に麻生太郎副総理らが参拝(4月21日)したことで、中国、韓国との関係が険悪になっています。尖閣諸島や竹島問題が経済にも大きな影響をあたえてきただけに、安倍内閣の姿勢が問われています。

 靖国神社は、A級戦犯の東条英機らを祀り、アジアで200万人、日本で310万人もの犠牲者を出した侵略戦争を「自存自衛の正義の戦争」と宣伝する特殊な神社です。

靖国神社 遊就館図録
(侵略戦争を賛美する、靖国神社の遊就館の図録)

 小泉純一郎・元首相が首相在任中に参拝し、日中韓で大きな政治・経済問題に発展しました。小泉元首相の後を引き継いだ安倍首相は、何の反省もなく、「第一次内閣で参拝できなかったことは痛恨の極みだ」とのべ、参拝の機会をねらっています。

 そのために、麻生副総理と同じ4月21日に、真榊(まさかき、神事の場で祭壇にたてるもの)を奉納しました。中国は、「靖国神社は、日本の執政者が軍国主義による侵略の歴史を正しく認識し、対応できるか否かの問題」と強く非難。高村正彦自民党副総裁の訪中が中止になりました。

 韓国政府も、「日本政府が歴史の正しい認識を土台に、責任ある行動をとることを強く求める」とのべ、尹炳世外相の訪日を中止しました。

 歴代の自民党政権は、戦前とまったく同じで、時間が止まったままです。侵略戦争へのまともな反省もないような歴史認識では、東アジアで生きていけるのでしょうか。

 おりしも上海モーターショーが開かれています。中国での日本車のシェアは、尖閣諸島問題の直前は18%を超えていましたが、7%台(昨年10月)に落ち、この3月も15%台です。

 尖閣諸島は、もちろん日本固有の領土です。この問題の背景には、日本の政治家の歴史認識問題にたいする中国国民の根強い不信感があり、それが日本車の買い控えと重なっています。安倍首相をはじめ安倍内閣の閣僚は、靖国神社に参拝することをきっぱりやめるべきです。
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/04/23 10:18

◎レクサスの生産どうなる? アメリカ、中国へ移管

 上海モーターショーで、トヨタ自動車の大西弘致専務役員が4月21日、中国でレクサスを生産することを明らかにしました。中型のセダン「ES」(海外専用車)の生産から始める見通しですが、生産開始までには「時間がかかる」とのべ、時期は未定です。

 豊田章男社長が19日にニューヨークで、トヨタ九州(福岡県宮若市、生産能力年間43万台、労働者約7700人)で生産しているES350(約10万台)をアメリカ・ケンタッキー工場へ移し、2015年から約5万台の生産を始めると発表したばかりです。

 トヨタ九州では、2014年後半から別の車を生産するとしています。レクサスの海外生産は、カナダに次いで2番目です。

 日本国内では、100円近い円安になっていますが、トヨタの海外生産シフトは、止まるところを知りません。トヨタの海外生産比率は、すでに約6割にもなっています。

 レクサスは、国内ではLSなどグレード版を田原工場(愛知県田原市)で生産していますが、同工場は3本ある生産ラインを2本に統合する計画をすすめています。

 トヨタ九州では、尖閣列島問題で中国へのレクサスの輸出が急減し、労働者はトヨタ自動車や関連会社の工場へ応援に出されています。その人数は約400人といわれています。

 そのうち約200人がトヨタ自動車に応援にきています。この4月にトヨタ九州へ戻るある労働者は、「九州では仕事がない。自分の代わりに別の人間が応援にくる」と話しています。そうした中で、トヨタ幹部のレクサス中国移管の話が飛びだし、労働者は雇用への不安をかかえています。

 豊田社長は、国内の雇用を守るために、「国内生産300万台死守」をことあるたびに語っています。その一方で、「2015年の国内生産は270万台」(朝日新聞、4月3日付)という報道も流れています。

50 中国のレクサスホームページ
(中国のレクサスホームページから)
職場は今 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/04/22 09:31
 | HOME | Next »