◎シリーズ「経労委報告」批判 消えた内部留保

 トヨタ自動車をはじめ、各企業では2012年春闘の労使交渉・団体交渉が始まっています。会社側の主張は、日本経団連が毎年、春闘対策方針として出している「経営労働政策委員会報告」(経労委報告)が基本になっています。

 同委員会には、経団連副会長であるトヨタの渡辺捷昭相談役(前社長)が入っています。2012年版の「経労委報告」の主な点を、シリーズで見てみました。

 今年の「経労委報告」の最大の特徴は、昨年あった内部留保が消えていることです。いまや大企業の内部留保は、1年間で22兆円増えて266兆円という巨額にのぼっています。トヨタは、そのうちの13兆円を占め、ダントツのトップです。

 昨年の「経労委報告」は、「内部留保の取り崩しによる賃上げ論の不合理性」という項目を設けていました。内部留保とは、「配当などの形で社外流出した後の未処分剰余金の累積」などとのべ、「相当程度、生産設備や在庫などの資産形態で保有されている」と言い訳に躍起になっていました。

 その上で、「企業が、国際的な競争力を高めるためには、老朽化する設備を更新し、M&Aも含めた国内外の投資などを一層積極化することが必要であり、今後とも、内部留保の確保に努めなければならない」とのべていました。

 今年、内部留保が消えたのは、言い訳が通らなくなったからでしょう。取り上げれば取り上げるほど、言い訳に回らねばならず、内部留保の土俵から降りた方が得策だと考えたのでしょう。

 たとえば、トヨタでの賃上げは、仮に1人が1000円要求しても―

 1000円×12カ月×63000人(組合員数)=7億5600万円

 たったこれだけです。トヨタの内部留保、13兆円のほんの、ほんの一部にすぎないからです。

 都合が悪いと触れない――内部留保論では、労働者側の勝ちです。勝負あったと見ていいでしょう。

2012年版 経労委報告
スポンサーサイト
2012春闘 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2012/02/29 07:23

◎「君が代」に起立しますか?

 卒業、入学式シーズンを迎えました。式次第に「君が代」の起立斉唱が入っていますが、あなたは起立して歌いますか?

 2月29日に豊田スタジアムで、サッカーアジア3次予選の日本とウズベキスタンの試合があります。「君が代」斉唱の場面をどう見ますか?

 私は、娘の高校入学式で、「君が代」に起立せず、歌いませんでした。周囲にも何人かの父母が坐ったままでした。

古今和歌集第七
賀歌
343 題知らず      讀人知らず

我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌(いわお)となりて 苔のむすまで



 「君が代」の元歌は、平安時代の『古今和歌集』(巻7)の「わが君は千世にやちよに さゞれ石の巌(いわお)となりて苔(こけ)のむすまで」(作者不詳)といわれています。「わが君」が「君が代」に代わり、室町から江戸時時代にかけて、民衆の祝いの歌でした。君は相手への敬語、代は齢をさしていました。

 明治3年(1870年)、薩摩藩軍楽隊が「君が代」を演奏。これをきっかけに、宮内庁の役人らが作曲をしなおし、1880年の天皇誕生日に演奏されたのが現在の「君が代」でした。

 「君が代」は、「日の丸」とともに朝鮮や中国などへの侵略戦争の精神的支柱になりました。戦後、朝鮮や中国などの人々がこれに拒否反応を示すのは当然でしょう。

 多くの国民の反対を押し切って自民党は、国旗・国歌法を強行し、1999年8月に公布・施行しました。当時、野中広務官房長官は、「式典等において起立する自由もあれば起立しない自由もある。斉唱する自由もあれば斉唱しない自由もある。この法制化はそれを画一的にしようというわけではない」とのべていました。

 現天皇は2004年の園遊会で、永世棋聖の米長邦雄東京都教育委員会委員が、「国旗を掲げ国歌を斉唱させることが私の仕事」と発言したことに対し、「強制になるということでないことが望ましいですね」とのべました。

 大阪府立高校で2月24日、卒業式がありました。6校の教職員計8人が起立しませんでした。大阪府教育委員会は、起立斉唱するよう職務命令を出していました。

 橋下徹大阪市長が代表を務める大阪維新の会は、教職員が起立斉唱するよう執念をもっています。同会幹事長の松井一郎府知事は、2月議会に、同じ職務命令に3回違反した教職員を免職できる規定を盛り込んだ職員基本条例案を提出しています。

 どうなっているの、この国、大阪は? それでも私は、起立斉唱しません。憲法19条で「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」とあるからです。

いす
その他 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2012/02/28 09:09

◎「トヨタ再出発の日」に考える

 トヨタ自動車で、世界的なリコール問題が起きた2010年。同年2月24日に豊田章男社長は、米議会の公聴会に出席しました。トヨタはこの日を、「トヨタ再出発の日」と位置付けています。

 今年もその日に向けて、工場では「自工程完結で良い物・良い業務を後工程へ流す」ことを目標に取り組んでいます。その具体化が、「寄せ書き」運動です。1人ひとりが品質に対する思いや取り組みを書き、宣言するというものです。

 トヨタがこの運動を行っている最中の2月8日。最高裁は、三菱自動車製のトレーラーからはずれた車輪に当たって母子3人が死傷した事件(2002年1月10日)で、業務上過失致死傷罪に問われた、同社の元幹部らの上告を棄却しました。

 これで、三菱の3つの刑事裁判すべてが終結しました。この事故は、三菱がタイヤと車軸をつなぐ部品のハブの強度不足を知りながら放置していたために起きました。

 ハブの破損は1992年から起きていました。三菱は、リコールせずに隠していたのです。この「リコール隠し」で、母子3人の死傷事件が起きたのです。三菱の元社長など、企業のトップも有罪になりました。

 三菱は大きな打撃を受け、車の販売も激減しました。「リコール隠し」の代償は、国民に対しても、三菱に対しても余りにも大きなものでした。

 トヨタが2010年度に国土交通省に届け出たリコールは、14件、212万台です。11年度もクラウンやマークx、Iq、プリウス、エスティマなどのリコールを届け出ています。リコールゼロにはほど遠いものです。

 国土交通省は、2009年度のリコール分析(メーカ名は明らかにされていない)のなかで、設計に問題があるが60%、製造に問題があるが40%としています。このなかで一番多いのが設計の「評価基準の甘さ」です。115件、48%も占めています。

 その内容を見ると、「最悪の場合、火災に至るおそれ」「燃料が漏れるおそれ」「エンストして再始動ができなくなるおそれ」…と車を運転するのが怖くなるようなことが次々とでてきます。

 いうまでもなく、車の安全は自動車メーカーにとって最優先の課題です。この2月、改めて車の安全問題を考えたいと思います。

車の安全は
トヨタ本社(奥)に向かって走る車
品質・リコール問題 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/27 10:03

◎一時金 5カ月要求は当たり前


 トヨタ自動車の2012年春闘労使交渉で、会社側は組合の一時金要求について、「高すぎる」と主張していますが、金属大手企業では5カ月要求は当たり前になっています。

 労組の一時金要求は、基準内賃金の5カ月+3万円で、昨年妥結額の181万円より4万円ほど低い、平均で177万円程度です。これをトヨタ労組が加盟している金属労協(JC)で比較してみると――。

 自動車総連では、日産5・5カ月、ホンダ5カ月、マツダ5カ月、スズキ5・4カ月、ダイハツ5カ月+0・3カ月、富士重工5カ月、いすゞ5・2カ月、日野5カ月などです。

 電機連合では、業績連動ではない日立が5・5カ月、三菱電機6・04カ月で、基幹労連では、住友金属が170万円、住友金属鉱山185万円などです。

 主要企業の要求は、軒並み5カ月以上です。これらの企業のなかでトヨタの内部留保はダントツの13兆円をたくわえています。連結決算では、2012年3月の営業利益は2700億円の見込みです。単独決算だけを取り上げ、赤字だといって抑え込もうとしています。

 豊田章男社長は、組合員が東日本大震災、タイ洪水による減産から、「過去に例を見ない増産対応」をしてくれているとして、「心から感謝」するとのべています。そうであるならば、昨年より引き下げた要求に対し、満額獲得で報いるべきでしょう。

トヨタの労働者たち
  トヨタ労働者
2012春闘 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/02/26 08:41

◎一時金の5カ月超えは“高すぎる” トヨタ・春闘第1回労使協


 トヨタ自動車の2012春闘の労使交渉が始まりました。その第1回労使協議会が2月22日開かれ、会社側は労組の一時金要求に、「5カ月超える要求は高すぎる」とのべ、組合員の切実な要求に背を向ける姿勢を示しました。

 労組のニュースによると、豊田章男社長は東日本大震災やタイ洪水による生産挽回で、(2交代合わせて)20直分の振替出勤や残業拡大など、「過去に例をみない増産対応にも協力いただいている」とのべ、組合員に「心から感謝申し上げる」とのべました。

 その上で、超円高やTPPなど経済連携協定の遅れで、トヨタの国際競争力は著しく悪化し、日本でのモノづくりは「空洞化どころか崩壊への道をたどるのではないかと大変危惧している」とのべました。

 そして、持論である「日本の雇用を守る『最後の砦』となる気概で、石にかじりついてでも国内生産300万台を守りたい」と語りました。

 この後、会社側から組合の要求にたいする見解が示されました。組合は、賃上げは要求せずに、いわゆる定期昇給分に当たる「賃金制度維持分」を要求していますが、会社側は、「極めて慎重な判断が必要」とのべました。

 一時金要求(基準内賃金の5カ月+3万円で、昨年妥結額の181万円より4万円ほど低い、平均で177万円程度の要求)に対し、会社側は「5カ月超える要求は高すぎる」とのべました。

 会社側は、トヨタの国際競争力が悪化していることやトヨタ単独の営業利益が4期連続で赤字の見込みなどをあげて、ひかえめな組合要求にも応えない姿勢です。

 次回の労使協議会は3月1日(木)です。回答指定日は3月14日(水)と確認しました。

社長は組合員に「感謝」するが
(豊田章男社長は、組合員に『感謝』をのべるが…)
2012春闘 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2012/02/25 09:55

◎引き続き期間従業員募集 日研総業を通じ

日研の募集広告 201202212152000
(日研のトヨタ期間従業員募集広告)

 トヨタ自動車は、昨年夏から4000人の期間従業員を募集してきましたが、現在も人材派遣の大手、日研総業を通じて募集しています。中日新聞の新聞折り込み広告や日研がネットで募集しているものです。

 多くの期間従業員は、プリウスを生産している堤工場(豊田市)の組立、塗装の現場やレクサスを生産している田原工場などに配属されています。最初の雇用契約期間である3カ月で契約満了になったり、仕事のきつさに耐えられずにやめています。

 トヨタは、2008年のリーマン・ショック時に6000人以上の期間従業員を雇い止めしました。日本の大企業で最大の規模でした。こうした使い捨てのひどさが全国に広がり、簡単に期間従業員が集まらない事態になっています。

 しかも、採用してもすぐやめる期間従業員が増えています。景気の調整弁―生産が上がれば募集し、下がれば雇い止めにするというトヨタの期間従業員使い捨て――“人間かんばん方式”が行き詰っているのです。

20120222 日研の募集ネット
(日研は、ネットでトヨタの期間従業員を募集しています)
期間従業員 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2012/02/24 08:14

◎「一時金の満額獲得を」 日本共産党が堤工場前で訴え

 日本共産党豊田市委員会と同トヨタ自動車委員会は2月22日午後、堤工場前で、毎月行っている宣伝を行いました。党委員会の代表と大村よしのり、根本みはるの両市議が訴えました。

 1直が残業のために、ほとんどが2直の出勤者でした。比較的暖かい日で、寒さも峠を越えたのでしょうか。この日は、2012春闘の第1回労使協議会が開かれた日です。

 まず党委員会の代表は、「労組は賃上げ要求をしませんでしたが、一時金は何としても満額を勝ち取りましょう」と呼びかけました。

 そして、東日本大震災、タイ洪水でこの1年間、組合員は鶴岡光行委員長も語っているように「すさまじい協力」をしてきており、「自信を持って満額を獲得するまで頑張ろう」と強調しました。

 その上で、職場では昨年来の忙しさで、多くの問題が起きていると指摘。パワハラで退職に追い込まれ期間従業員から相談が寄せられているとのべました。

 また、働き方の問題でも、年金の受給年齢の引き上げにともなう定年延長の動きがあるが、職場では若い人もふくめて不安の声が大きくなっていると指摘しました。仕事は、これまでと同じように1人前をさせられながら賃金は2分の1~3分の1に減らされるが、「体がもつだろうか」という不安の声です。

 民主党・野田政権は、社会保障と税の一体改革といっているが、実際には年金の受給を減らされたた上に、消費税はアップさせられるもので、これは日本共産党の志位和夫委員長の国会質問で明らかになった、と指摘しました。

 自民党・公明党の政治を変えて欲しいという国民の願いが政権交代を生んだが、民主党の政治は自公政治よりもひどくなっている―これは国民が一致するところになっていると指摘しました。

 今年は、総選挙の年といわれており、アメリカと財界のいうがままの政治を変える―「日本改革」の方向を示している日本共産党への大きな支持を寄せてもらい、議席を伸ばして欲しい、「国の政治を変え、職場と国民のくらしを変えましょう!」と訴えました。

20120222 堤宣伝2
車で出勤するトヨタ労働者に訴える大村よしのり(向う側)、根本みはるの両豊田市議
トヨタ党委員会 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/23 16:59

◎トヨタの3次下請けでいま、2週間連続勤務

 先日、スーパーに買い物に行った時、トヨタの3次下請けで働いている友人に会った。「久しぶりだなー、元気か?」としばらくぶりに話をした。あいかわらず、仕事は忙しいようだ。

 昼夜2交代(昼勤務は午前8時から午後5時、夜勤は午後9時から明け方の午前6時)をやっている。タイの洪水以来、3時間残業が常態化しているという。今年に入っても同じらしい。トヨタが1~3月の土曜日がすべて稼働するためだからだ。彼の会社も毎週、6日出勤だという。

 トヨタの場合は、1直勤務の時だけ土曜出勤なので月2回だが、彼は毎週、土曜出勤だそうだ。たいへんだなー!

 夜勤の場合は、日曜日の夜から始まる。トヨタも昔は―1970年代のころはそうだった。金曜日の朝までの勤務になるから、それこそ大変だ。さらにトヨタでは考えられないが、夜勤でも臨時出勤があるという。

 ビックリしたのが、昼勤から夜勤への切り替わりだ。昼勤で振り替え、臨時出勤がある場合(6日出勤になる)、月曜日から土曜日の夕方まで勤務して、日曜日の夜から夜勤が始まる。日曜日は昼近くまで寝ていて、午後は家でごろごろしたり、テレビを見てすごすという。外出はできない。2週間連続勤務になる。

 3時間残業の場合、夜勤では出勤時間が1時間早くなる。いわゆる早出だが、そうしないと3時間できない。翌朝8時には、昼勤の労働者が出勤してくるからだ。

 以前は、数人の派遣労働者がいたが、今は1人もいないので、だれかが休むと仕事が回らないと嘆いていた。キツイ勤務のために、ラインに入っているのは40代までという。

 毎月の残業は、休日出勤もふくめ80時間くらいになるという。でも、45時間を超える分は、翌月まわしになるという。「労働基準法違反じゃないか」というと、「下請けは、そんなこといっていたらやっていけない」という。

 翌月まわしになっても、残業の不払いはないといっていた。春闘はどうなっているの? 「別に」という返事で、そんなことを考える余裕もない感じだった。たくましいというか、事もなげに平然と話していた。

 すさまじい仕事だ。40年前のトヨタのようだと思った。別れる時に冗談半分で、「死ぬなよ」といったら、笑いながら、「そんな大げさな」といって笑っていた。

201102 部品・下請けメーカー
 トヨタの下請けでは…
トヨタ関連・下請け | コメント(5) | トラックバック(0) | 2012/02/22 11:04

◎非正規雇用 過去最高35・2% こんな社会でいいのか



 総務省は2月20日、2011年の労働力調査詳細集計を発表しました。それによると、期間従業員や派遣労働者、パートなどの非正規雇用労働者の割合は、35・2%を占めました。

 1984年以来の調査で、過去最高になりました。被災3県を除いた、正規雇用労働者は3185万人で前年に比べ25万人減少。非正規雇用労働者は48万人増の1733万人でした。

 非正規雇用労働者の内訳では、トヨタ自動車の期間従業員のような契約社員・嘱託(有期雇用労働)は、27万人増の340万人。派遣労働者は、同数の92万人でした。有期雇用労働が増えているのは、2008年のリーマン・ショック以来、日産自動車などが派遣労働から有期雇用労働に置き換えているためです。

 経団連は、1995年に発表した『新時代の「日本的経営」』で、労働者を非正規雇用労働にあたる「雇用柔軟型グループ」など3つに分けました。これを起点に、非正規雇用労働者が増え続け、「新自由主義」をかかげる小泉首相が2001年に登場すると、労働の規制緩和がいっそうすすめられ、激増しました。

 トヨタの非正規雇用労働者の実態は次のようです。

▼2007年3月決算時(連結) 正規雇用労働者 29万9394人
              非正規雇用労働者 8万1906人
                  (非正規割合21・5%)
         (単独) 正規雇用労働者  6万7650人
             非正規雇用労働者  1万8154人
                 (非正規割合 21・2%)

▼2011年3月決算時(連結) 正規雇用労働者 31万7716人
              非正規雇用労働者 6万6396人
                  (非正規割合 17・3%)
           (単独) 正規雇用労働者 6万9125人
                非正規雇用労働者 8753人
                   (非正規割合 11・2%)

 この4年間で、非正規雇用労働者とその割合は減っていますが、リーマン・ショック時にトヨタ本体だけで6000人以上の期間従業員を雇い止めしたためです。

 「雇用は、正社員が当たり前」の社会をつくるためにも、内部留保日本1のトヨタが率先して、期間従業員で希望する人はすべて正社員に登用することを強く求めたいと思います。

期間従業員を乗せたバス
(トヨタの期間従業員を乗せたバス)
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/21 09:25

◎期間従業員 全員の正社員化を

 昨日(2月19日)、このブログ「トヨタで生きる」の1月28日の記事を読んで、次のようなコメントをいただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は西暦2000年7月まで高岡の独身寮に住んでいた者です。
メグリア側のあの本屋さん、閉店したのですか。
開店から数年ほどお世話になったと思います。
うどん屋さん(笹だったでしょうか?)の経営者ご夫妻には、大変お世話になりました。お元気でしょうか。
この豊田にも不景気の影響が確実に感じられますね。
このブログ記事で、懐かしい思いを体験できたことに、感謝します。
アラフォー
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 アラフォーさんが働いていた2000年ころのトヨタの期間従業員は3140人でした。その後、急激に増え2004年には10800人と初めて1万人を超えました。トヨタが世界1へ向けて、生産が急拡大した時でした。

 ところが2008年のリーマン・ショックで、トヨタは期間従業員を一気に雇い止めします。09年9月には1000人ほどになりました。1年半で約9000人の期間従業員がトヨタから解雇されたのです。

 アラフォーさんがいた高岡の独身寮から、各工場に向けたバスが期間従業員をいっぱいのせて次々に出ていましたが、バス停は閑散となりました。

 しかし、プリウスの生産が増えると、トヨタは元期間従業員に手紙を送り、2009年秋からトヨタに戻るよう求めました。1600人の期間従業員がふたたび働き始めました。

 一時的に増えたものの、またもや期間従業員は減りました。そこへ東日本大震災による減産、それを取り戻す増産となって昨年(2011年)8月から約4000人の期間従業員の大募集を始めました。

 しかし、思うように集まらず、トヨタは“苦戦”しました。リーマン・ショック時の大量雇い止めで、トヨタの身勝手さが全国に広がっていたのです。

 トヨタの期間従業員の推移をグラフで見ると、期間従業員はトヨタの生産の“調整弁”になっていることがわかります。使い捨ての労働者として扱っているのです。

 期間従業員の激減のなかで、高岡の本屋さんも閉店に追い込まれたのではないでしょうか。

 2012年春闘の労使協議会が2月22日(水)から始まります。期間従業員のみなさんの賃金をはじめとする労働条件の向上とともに、「雇用は正社員が当たり前」と、希望する人全員の正社員化に向けての話し合いを強力にすすめてもらいたいと思います。

トヨタの期間従業員推移
99 トヨタ労組 期間従業員推移
(トヨタ労組資料から)
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/20 09:35
 | HOME | Next »