◎2012春闘へ始動 連合が1%賃上げ要求へ

 トヨタ労組が加盟する連合は10月27日に開いた中央執行委員会で、2012春闘の「基本構想」を決めました。

 基本構想では、「すべての労働者のために1%を目安に配分を求め、労働条件の復元・格差是正に向けた取り組みをすすめる」としています。その前提として、「労働運動の社会的責任から、賃金カーブ維持分を確保」するとしています。

 また、「適正な配分が消費拡大、内需拡大へとつながる好循環につなげていかなければならない」としています。

 連合が1%の配分を求めるのは、賃金を1997年と2009年で比較すると、一般労働者で5・1%減(厚労省・毎月勤労統計調査)、平均所得内賃金の全産業・規模計で7・0%減(同・賃金構造基本統計調査)となっているからです。

 連合は、こうした賃金低下を5年程度かけて、賃金ピーク時の1997年に復元するとの中期目標を2011春闘でかかげました。これを来春闘でも継続します。11月1、2日に春闘討論集会を開催したうえで、12月1日の中央委員会で正式に方針を決めます。

 トヨタ労組は2011春闘で、2年連続して賃上げ要求を見送りました。定期昇給に相当する「賃金制度維持分」(7300円)のみを要求し、獲得しました。提案された連合の基本構想からは、「1%を目安に配分」を求めることになります。
201110 トヨタ労働者
(トヨタ労働者)
スポンサーサイト
2012春闘 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/31 08:54

◎使用済み核燃料 豊田市隣接の瑞浪市の地下に埋める?

 

 福島第一原発の廃炉に30年以上かかるというニュース(10月28日、原子力委員会)が流れています。問題になるのが核燃料や使用済み核燃料の処理です。1~4号機の原子炉内に1496体、燃料プールには3108体入っています。

 こうした核燃料をどうするのか? 実は、青森県六ケ所村の再処理工場はほぼ満杯になり、各地の原発のプールに貯蔵された使用済み核燃料は増え続けています。そこで考えられたのが地中深く埋めるというものです。

 そのための研究が豊田市の隣の岐阜県瑞浪市にある「独立行政法人・日本原子力研究開発機構」の瑞浪超深地層研究所ですすめられています。同研究所の見学ツアー実行委員会は11月26日(土)に見学に行きます。300mの地底の体験などをします。

 それに先だって10月27日、豊田市内で学習会が開かれ、日本共産党の大村よしのり市議らが報告しました。

 大村議員は、原発で消費した核燃料は、プルトニウムと残滓に分けられ、残滓はガラス固体化して地中に埋める計画がすすめられていると報告。地中に埋めても放射能が半減するまでには数千年かかるといわれているとのべました。

 どこに埋めるか決まらない中で、瑞浪で研究がすすめられていること、研究所の周辺自治体に「電源立地交付金」として豊田市に2011年度までの7年間に1億8149万円の交付金が入っていると報告しました。

 その上で、見学ツアーはこうした研究の実態を知るものであり、多くの人々の参加を呼びかけました。

201110 大村よしのり議員

(学習会で報告する大村よしのり議員)
原発ゼロへ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/30 21:05

◎トヨタの土日操業、保育や教育などに様々な影響 豊田市が調査



 トヨタ自動車は、電力節電の名目で今年7~9月に土日操業を行いました。トヨタの企業城下町・豊田市は10月24日、保育や教育、商業、各種イベント、地域活動などにたいする影響をまとめました。

 豊田市は、8月に市内製造業の中小企業192社を対象にした「第13回景況調査」で土日操業について調査したところ、自動車関連部品事業者では、その大部分の90・5%が土日操業をしていました。

 このため、豊田市では、保育、教育、商業、各種イベント、地域活動など、「市民の日常の活動に身近なところで様々な影響が見受けられた」と分析しています。

 具体的には、「こども園」の利用は、土日が6月は22人だったのに対し、土日操業が始まった7月は560人、8月は547人、9月は565人と「大幅に増加した」と指摘しています。

 放課後児童クラブは、7~9月の3カ月の土日には、臨時的に8カ所を設けるなどをして対応、のべ3069人、1日当たり118人が利用したといいます。

 保育士が交代で休日保育にあたり、人材派遣会社から保育士を派遣してもらうなどして乗り切ったといいます。

 こども園の経費は約2440万円、収入見込みは約1960万円で、市は差し引き480万円の持ち出しになりました。放課後児童クラブの経費は、約1090万円、収入見込みは290万円で、市はこれも差し引き800万円の持ち出しになりました。

 また、児童のなかには「精神的に不安定になったり体調を崩す児童も多く見られた」としています。保護者にとっても「親子のふれあいの時間が十分にとれないことも起こった」と分析しています。

 各種イベントでは、スケジュールが変更になったり、市民総合体育大会のサッカーは開催が中止になるなど、影響が出たとしています。

 土日操業は、日本自動車工業会で決めたこととはいえ、同工業会最大のトヨタが実施したことで、豊田市民、豊田市に大きな負担を強いたことが調査から浮き彫りになりました。一方的に実施した土日操業に、あらためて批判が出そうです。

豊田市のこども園
(豊田市のこども園)
トヨタの街から | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/10/29 17:57

◎もう、生産のばん回はできない? タイの大洪水で

 タイの大洪水は、トヨタ自動車が減産に追い込まれるなど大きな影響をあたえています。タイから日本に送られている電子部品などが不足しているからだといいます。それまでの大増産のための残業がなくなったり、定時割れが起きています。

10月27日(木)、堤工場の1直は定時で終わりました。26日(水)に、2直でライン停止があったので、その遅れを取り戻すために、1直の“早ぎり”(定時前にラインを止めること)をやめたといいます。

2直は始業時から1時間ラインを止める「計画停止」したうえで、定時で終わりました。2直の「計画停止」時間では、QCサークルを30分、作業準備や簡単なカイゼン活動を30分行いました。

来週はオール定時といわれています。“アイドルタイム”(事前にラインを止めることがわかっている場合)や“早切り”はない予定です。

トヨタは27日、11月5日まで国内での減産を延期すると発表しました。しかし、職場では、当面1カ月間は、この状態が続きそうだとささやかれています。

「今年はもうばん回できないね」―職場でこうした声が出るなど大震災による生産ばん回計画が大幅に狂ってきそうです。

タイの大水によるトヨタの減産は、国内ばかりかタイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、米国、カナダ、南アフリカの8カ国に広がっています。

タイでは28日から大潮が始まります。いっそうの浸水が予想されることから、首都のバンコクをはじめ各地で厳戒態勢がひかれています。

201010堤工場
(トヨタ堤工場)
職場は今 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/10/28 14:23

◎タイ大洪水 生産への影響が日本、北米へ


 タイの大洪水で部品が滞っているために、トヨタ自動車の工場では定時割れが起きています。元町工場では、24日(月)の2直から28日(金)まで、1、2直とも定時割れの見込みです。

 堤工場では26日(水)の2直の残業は、本来1時間30分の予定でしたが半分の45分になりました。27(木)は1時間30分、28(金)は1時間、それぞれ定時割れになる見通しです。

 こうした事態のなか、機械のトラブルが多発しています。堤工場ではフル稼働のために、機械のトラブルを予防するための保全の時間が削られているからです。

 タイの大洪水は、北米での生産にも影響をあたえています。トヨタの北米の4工場では、タイからの部品が滞ることが予想されるとして週末の29日、生産を中止することになりました。

201110 堤工場
(タイの大洪水で定時割れの見通しの堤工場)
職場は今 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/27 13:59

◎タイ洪水で国内生産は定時割れへ

 タイで起きている大洪水が、トヨタ自動車の国内生産に大きな影響をあたえています。ついに定時割れの事態になりそうです。海外から安い部品を調達するというトヨタのグローバル戦略。そのアキレス腱が浮き彫りになりました。

 トヨタは24日、国内4工場では残業を減らしてこれに対応するとしていました。しかし、部品の調達状況が十分把握できず、その日、その日の対応になっているのが現実です。

プリウスαを生産している堤工場では、1直は、24日(月)、25日(火)がともに30分の残業でした。26日(水)も30分残業の予定です。

2直は、24日(月)が30分、25日(火)が45分の残業でした。26日(水)も45分の予定です。いずれも大増産のために、予定していた1時間(1直)、1時間30分(2直)の残業の半分以下です。

ところが週後半になると、1直は27日(木)、28日(金)は定時まで稼働する予定ですが、2直は、27日(木)がマイナス1・5時間、28日(金)がマイナス1時間の見通しといいます。2直は、定時割れになるというものです。

 このため、早出残業でQC活動をする予定が定時内へ変わった職場があります。生産できない時間は、工場の清掃や教育、カイゼン活動などに当てられるといいます。

 来週からの予定は未定で、状況を見て決めるといいます。

 25日のニューヨーク外国為替市場で、円相場が1ドル=75円78銭とこれまでの最高値を更新しました。タイからの部品が滞るなか、職場では、「円高で輸出してももうからない。国内向けを優先する」といって輸出分の生産が後回しになっているという話も出ています。

20111026 NHK タイ洪水 滑走路が水浸し 
(バンコクの国内線滑走路の大部分は浸水=26日のNHKテレビから)
職場は今 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/10/26 13:52

◎タイからの部品が遅れている 2直の残業を削減

20101012 NHK
(10月10日のNHKニュースから)

 「タイの洪水で、日本向けの部品の到着が遅れています」
 10月24日、堤工場では夕方から始まる2直(16時30分~1時30分)の労働者が出勤すると、こうした説明がありました。

大増産のために、1、2直の直間を拡大し、1直で1時間、2直で1時間30分(終業時間は真夜中の午前3時になる)の残業をしているプリウスαなどを生産している堤工場。この日の2直の残業は、1時間30分の予定が30分で終わりました。タイからの部品が滞っているためです。

タイでは、50年に1度という大規模な洪水が起きています。トヨタ・モーター・タイランドの3工場が10月10日から操業を停止(当面28日まで)しています。同時に、タイから輸入している電子部品などの調達が滞るとして24日、減産の措置を取りました。24日~28日までの5日間、トヨタの愛知県内の堤、元町、高岡、田原の4工場の2直の残業を減らすというものです。

また、トヨタグループのトヨタ車体、関東自動車、セントラル自動車など5社の工場でも、同じように残業を減らすといいます。トヨタとグループ各社合わせて1日当たり1割弱の約1200台、5日間で約6000台の減産になります。

タイでは、10月に入って南北に流れるチャオプラヤ川のアユタヤ県で、日系企業が多数ある工業団地が洪水で浸水しました。トヨタの3工場では、被害は出ていません。

タイは、国土が平らで海抜ゼロm地帯もあり、水が海に流れ出さず、洪水被害が長引いています。首都のバンコクにまで洪水が襲っています。

20111025 NHK
(10月25日のNHKニュースから)
職場は今 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/25 16:34

◎僕らは99%だ! 連帯の声響く全国青年大集会

20111023 青年集会 ソニー労組
(訴えるソニー労組の青年たち)

 トヨタ自動車が6000人以上の期間従業員を雇い止めしたリーマン・ショックから3年。“派遣切り”“期間工切り”に負けずに、全国では約50の裁判が続いています。さらに大震災で解雇通告された青年たちも、たたかいに合流しています。

 10月23日の日曜日、東京・明治公園で全国青年大集会が開かれるとあって、参加しました。深夜バスなどで上京した青年ら4800人が集まりました。

オープニングアクトでは、“ハードレイクス”や“AZUMA”という若者のバンドが、参加者と一体となって踊り、歌いました。秋空に青年の元気あふれるリズムが突き抜けました。

20111023 青年集会 バンド
20111023 バンドと踊る

メイン集会のトップバッターは、ソニー仙台から震災を口実に解雇通告された期間社員たちです。電機連合ソニー労組に加わり、1カ月ごとに雇用延長を勝ち取っています。

青年たちは、派遣労働者からトヨタの期間従業員と同じ雇用形態の期間社員にされました。「世界のソニーで、誇りと正社員になれる夢を持って働いてきました。ソニーは生きる基盤の仕事まで奪おうとしています。みなさんの力を貸してください」と呼びかけると、会場から大きな拍手が起きました。

今年2月のトヨタ総行動に参加し、この日訴えたのがパナソニック若狭(福井県)から派遣切りにされた河本猛さん。福井地裁は、パナの違法行為を認めながら職場復帰をしりぞけました。「労働者派遣法の抜本改正が必要です」と力をこめて訴えました。

20111023 青年集会 パナ河本
(パナソニック若狭の河本さん)

2003年から始まった青年大集会。今年で7回目になりますが、アメリカの電気・無線・機械労組や韓国青年ユニオンの代表が参加する国際色豊かな集会になりました。

「『ウオール街を占拠せよ』の運動とともにたたかいましょう」(アメリカ電機労組)、「1%が支配する社会を、99%の私たちが占拠しましよう」(韓国青年ユニオン)―。いまや世界のたたかい、連帯のキーワードになった、“1%、99%”への熱い思いが語られました。

各政党に案内が出されましたが、参加した唯一の政党が日本共産党です。志位和夫委員長は、「“私たちは99%だ”というスローガンと全国青年大集会のスローガン“社会的連帯で反撃しよう”は響き合っています」とあいさつ。

20111023 青年集会 志位
(日本共産党の志位和夫委員長)

そして、「99%の国民が連帯し、その力で政治を変え、未来を開こうではありませんか」と呼びかけると、「そうだ!」と言う声が会場から起きました。

集会の後、参加者は、若者の街、原宿などでアピールウオーク(デモ行進)し、訴えました。
その他 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2011/10/24 09:57

◎期間従業員のあり方が法廷で裁かれる(下)



 東京地裁に雇い止めの無効などを訴えているホンダの期間社員、桜井斉さんが今年9月9日の結審で、裁判長に次のように陳述しました。

 私は11年1カ月、ホンダ栃木製作所の自動車のエンジン部品をつくる工程で働いてきました。時には、新人の指導もしてきました。残業や休日出勤もほとんど断らず、誠意と誇りを持って仕事を行ってきました。

 私の仕事内容は、同じチームの正社員とまったく同じでした。会社は、期間社員は単純な作業だけと主張します。たとえばチョコ停の原因究明を求めることはないと会社の証人は証言しますが、事実に反します。その原因を自分で考え、対応するよう求められてきました。当然、熟練が必要です。

 会社は、期間社員だけが雇い止めされるのは当然と主張しますが、正社員と同じ仕事をさせておきながら、雇い止めの時だけ「正社員と期間社員とは違う」という理由で差別することにいきどおりをおぼえます。

 この雇い止めは本当に必要だったのでしょうか。ホンダは、期間社員全員を雇い止めした後、急速に業績を回復したと聞いています。2009年3月からは四輪完成車の生産台数やエンジンバルブの生産数は回復・増加しています。全員を雇い止めする必要はなかったと思います。

 会社はわずか15分の説明で私たちを切り捨て、裁判では正社員と異なる扱いを当然だと主張しています。期間社員を人間扱いしているとは到底思えません。ホンダで働くすべての労働者を大切にする会社になってほしいと思います。

 私は、物づくりが好きでホンダに入社しました。11年1カ月にわたってつちかってきた技能や経験をいかして、ホンダで働き続けることができることを切に願っています。

 裁判所には、私の雇い止めの理由がないことを認めていただき、私をホンダの仕事に復帰させていただきたく、心からお願いします。

             ◆

 桜井さんへの判決は来年1月27日です。

ホンダ栃木製作所
(桜井さんが働いていたホンダ栃木製作所)
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/23 08:05

◎半世紀近く開かれている10・21集会 原発ゼロへ、消費税増税反対

 豊田市で半世紀近く開かれている集会があります。10月21日夜、豊田市駅前で「『10・21』豊田集会」が開かれ、市民約60人が参加しました。

集会は、あいにくの雨の中で開かれましたが、アピールを採択。▽原発ゼロをめざし、自然エネルギーへの転換をすすめよう。浜岡原発の永久停止を実現しよう、▽沖縄・普天間基地の辺野古への移設反対、▽景気が落ち込む消費税10%への増税反対―などを盛り込んでいます。

アメリカのベトナム侵略戦争に反対する国際的統一行動として1966年から始まった「10・21」統一行動。全国的には、開かれるところは少なくなりましたが、豊田市では、一貫して開かれています。

アメリカから始まった“1%の大金持ちが支配し、99%が犠牲になる社会でいいのか”-という「ウオール街行動」。同行動の中心は、格差社会への怒りですが、集会でも、「急げ、格差社会是正を」のスローガンをかかげた、生き高いものになりました。

豊田1021集会 IMG_0372

 
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/22 22:25
 | HOME | Next »