社長の高額報酬 これでいいのか!

 社長の高額報酬が問題になっています。企業の株主総会が相次いで開かれ、社長ら役員の2011年3月期の報酬が開示されています。日産のゴーン社長が前年より9100万円増の9億8200万円でダントツのトップです。

 次いで多いのがソニーのストリンガー会長の8億6300万円です。

日産労組(組合員2万7000人)は、今年の春闘で、実質1000円のベアを要求しましたが、その総額は3億2400万円。ゴーン社長の年収の3分の1というささやかなものです。

 各企業で、1億円超えの社長が続々誕生しています。トヨタ自動車でも、豊田章男社長が初めて1億円超えの1億3600万円です。張富士夫会長が1億5100万円など6人の役員が1億円を突破しています。

 豊田社長は、トヨタ株を457万4000株所有しています。配当は年間50円でしたから、2億2870万円の配当収入があります。報酬と合わせると3億6470万円になります。

 トヨタ労組は、今年の春闘でベアを要求しませんでした。仮に1000円要求すると、1000年×12カ月×63000人(組合員数)=7億5600万円です。豊田社長の所得の半分程度にすぎません。

 社長ら経営者が高額報酬を得ている一方で、労働者はベアゼロのまま―こんなことでいいのでしょうか? 来年の春闘では、このことを強く記憶しておいて、必ず取り戻しましょう!

0902トヨタ本社
(トヨタ本社)
スポンサーサイト
その他 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/06/30 09:00

元期間従業員たちは今…

 トヨタ自動車は、3000~4000人の期間従業員を募集するとしていますが、2008年のリーマンショック時に切られた元期間従業員たちは、どう思っているのでしょうか?

 九州出身の20代の青年は、運送会社の募集を見て転職した。
 「手取りが17万円くらいで安い。賃上げは年1000円程度。まだ若いから、期間従業員に応募しようか…?」

 東北出身の30代のBさん。2008年1月に期間従業員になった。広告では最長2年11カ月とあり、正社員登用制度もある、と書いていた。そのつもりだった。
 
 「上司から『正社員にしてもいい』といわれる評価を受けた。それなのにたった1回の契約、6カ月で満了とは…」

 故郷に帰ってBさんが見つけたのは、電力会社の下請けへ派遣で行く仕事だった。原子力発電所にも行った。仕事柄、東電の福島第一原発の情報が入る。

 「被ばく量の基準を超えているが、混乱するので隠している。十数分しか計っていないのに、1時間値で発表するとか…。本当の事を公表したら、福島に人が来なくなるだろう。本当に大丈夫なら政治家や東電の重役が行けよ! といいたい」

 「大震災の後処理。ボランティアもありがたいけれど、失業者がいっぱいいる。1~2年契約でがれき処理に使ってもらいたい。雇用も生まれるし、現地も助かる」

 トヨタを去って3年。期間従業員募集の話に、Bさんは―。
 「東北の賃金に比べれば、すぐにでも飛び付きたい。でも、いつまで使ってくれるのかわからない。また、失業じゃ、いやだ。現在、失業中なら絶対に行くが…」

200804 トヨタ期間従業員
(2008年4月の期間従業員のバス停。リーマンショック前は大勢いた)
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/29 09:09

たくさんのご意見、ありがとうございます

 このところ、このブログ、ホームページ「トヨタで生きる」にたくさんのご意見いただきまして、ありがとうございます。気づかなかったことや、そういう考え方もあるのか、と大変、参考になりました。

 トヨタは、東日本大震災による減産を取り戻すために、期間従業員の大募集や社員の工場間応援、土日出勤・木金休み、ラインを早く回すことなどあらゆる手立てを考えています。

 2008年9月のリーマンショック前後、トヨタは6000人以上の期間従業員を雇い止めしました。その1人、九州出身の50代のAさんは、トヨタの期間従業員として2回目の応募でした。最長2年11カ月の雇用を期待しましたが、わずか6カ月で雇い止めされました。

故郷に帰っても、まともに仕事のない日が続きました。 牧場の草刈り、畑での種まき…時給600円台で、短期のアルバイトしかありません。
 「借金して食いつないでいます。首をくくりたい」
 いつも、こういって嘆いていたAさん。ハローワークに通い、やっと仕事が見つかりました。 Aさんの話です。

 「リサイクル業の正社員になれた。この年で使ってもらえるところはなかなかない。給料は安い(手取り14万円)けれど、トラックの運転もまかされるようになった。(ダブルワークとして)アルバイトを少しやれば、なんとかくらせるようになった。トヨタの期間従業員の賃金は魅力だけれど、また『いらないよ』と失業させられるのは、まっぴらだよ」
 
今回の3000~4000人の期間従業員募集では、Aさんのように“生産の調整弁”にさせないようにしましょう!

また、プリウスを生産している堤工場では、7月から57秒でラインが回るという情報を寄せていただきました。トヨタのラインは、余裕がまったくないことで知られています。労働者の作業をビデオで撮影し、1つひとつの動作を分析し、秒単であらゆるムダを省いています。

水を飲んだりトイレに行ったりする生理的余裕時間、疲労をいやす休息時間、業務上生じる手待ち時間、準備や後片付けなどは、労働時間に含めるのは当然です。ところがトヨタは、「標準作業時間」からこれらをムダだとして省いてしまいました。

ドイツの学者が、トヨタの工場を見学した際、わき目もふらずに働いている労働者を見て、「He is runnig !(彼は走っている!)」といって驚きました。フォルクスワーゲンの労働者は、見学者に手を振るほどの余裕があるからです。

7月からの大増産体制、生産第一主義で、多くの問題が起きることが予想されます。人間らしく働けるよう、ともにがんばりましょう! ご意見をお待ちしています。

トヨタの労働者たち
(トヨタの労働者)
質問について | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/28 13:21

期間従業員という働き方を考える その3

 期間従業員という有期雇用のあり方を規制しようという動きが、リーマンショック以降強まりました。厚生労働大臣の諮問機関として2009年2月、学者らでつくる「有期契約労働研究会」が発足しました。

 同研究会は、2010年3月に「中間まとめ」を、同年8月には、「最終報告案」を出しました。「報告案」では、現在、無制限の契約更新回数の制限や契約を結べる業務の限定などを検討課題にしました。

具体的には、契約更新回数を守らなかった場合、無期の労働契約(正社員)の労働契約を締結したという“みなし制度”の導入や、「正社員登用制度」や正社員への転換措置を義務付けることなどを検討課題にしています。

日本弁護士連合会は2010年7月15日、「意見書」を発表しました。雇用については「期間の定めのない雇用が原則」であり、その例外の有期労働契約は「合理的理由がある場合」に制限すべきと主張しています。

「合理的理由」とは、▽休業する労働者の代替として雇用される場合、▽業務の性質上、臨時的、一時的なものに限定する―などとしています。「景気の調整弁」を目的にしたものは認めないというものです。

また、正社員と有期雇用労働者との賃金格差を認めず、同一労働同一賃金の原則を適用させることを主張。「権利性、実効性のある正社員転換制度の早期実現」などを提言しています。

「有期契約労働研究会」は、「最終報告案」を出した後、有期雇用の規制について労働政策審議会の労働条件分科会で議論しています。この6月には、正社員との均等・均衡待遇や正社員への転換などをどうすすめるかについて議論しました。夏から秋にかけて「中間的整理」としてまとめる方向です。

日弁連の「意見書」の内容でまとまれば、トヨタで働く期間従業員の賃金や権利は大幅に上がり、正社員登用が一気に進むでしょう。これまでのような短期間で雇い止めされることはないでしょう。

これに危機感を抱いているトヨタの豊田章男社長は、「派遣、有期契約に関する規制強化の動き」を「五重苦」の一つにあげています。これまでのように、生産の調整弁にして、いつでも使い捨てられる期間従業員として温存しておきたいというものです。

有期労働の規制強化をともにすすめましょう!


期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/27 08:47

期間従業員という働き方を考える その2

 2008年のリーマンショック以降、大企業が非正規労働者を雇用する際、それまでの派遣労働をやめて有期労働にいっせいに切り変えました。日産自動車、マツダ、ソニー…。

 トヨタの期間従業員という雇用形態に、右へならえというように変えたのです。派遣労働から期間従業員や期間社員という有期労働に逃げたのです。なぜでしょうか? 

 派遣労働は、働いている場所に雇用主はいません。派遣会社が雇用主です。雇用主が別にいる、こうした労働者供給事業(人貸し)は戦前、奴隷労働とピンハネ(中間搾取)の温床になりました。

 戦後、職業安定法で労働者供給事業は禁止になりました。ところが、財界・大企業の要望を受けて、職業安定法を脱法的な方法で、無理やりつくったのが1985年に自民党などによって成立した労働者派遣法です。

 このため、労働者派遣法は、正社員の代替にしてはならない、として一時的・臨時的業務に限定しました。1年以上(後に改悪されて3年以上)、派遣として働かせてはならない、など多くの規制が盛り込まれました。

 リーマンショック時、“派遣切り”という言葉が生まれたくらい、派遣労働者が解雇されました。違法な派遣切りに労働者は立ち上がり、裁判闘争は現在でも数十件続いています。また、派遣法を改正しようという世論が急速に盛り上がりました。
 
 トヨタ自動車は、6000人以上の期間従業員を「契約期間が満了になりました」といって雇い止めしました。トヨタは、期間従業員を4~6カ月、1年という短期の雇用契約を結んでおり、“合法的”な形を装って雇い止めにしたのです。

 有期雇用は、労働基準法で3年以上の契約をしてはならない、とあるだけです。労働者派遣法のような規制がないからです。トヨタ自動車は、1990年代から生産現場では、期間従業員という有期雇用の形態しかとりませんでした。リーマンショックのような事態を予想したかのような対応でした。

09年 期間工 
(トヨタの期間従業員)
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/26 07:25

期間従業員という働き方を考える その1

 トヨタ自動車は6月21日、7月中旬をめどに期間従業員3000~4000人を雇用する、と発表しました。

 期間従業員とは、労働基準法14条(労働契約は、期間の定めのないものを除き、3年を超える期間について締結してはならない)にもとづくもので、雇用期間が3年までと決められています。有期雇用といいます。

トヨタはこれまで、最初の雇用契約期間は4~6カ月、その後は1年、最長2年11カ月としてきました。3年までといいながら、その間を細切れ雇用にし、短期間で雇い止めにしてきました。

表を見てください。2008年のリーマンショック時には、6000人以上の期間従業員を雇い止めにしました。このなかには、最長2年11カ月を期待しながら、わずか6カ月で雇い止めになった期間従業員がいました。

トヨタは、新型プリウスを発売(09年5月)すると、労働者が足りなくなったとして09年9月から1600人を再募集しました。これまで期間従業員として働いたことがある人に往復はがきを送って、採用の打診をしたのです。

今回も、東日本大震災で減産になった分を、一気に取り戻すための募集とみられています。2005年には、1万800人いた期間従業員が、今年5月には950人まで減っています。

トヨタにとって期間従業員とは、自由に採用し、自由に雇い止めできる“生産の調整弁”だったことが表から読み取れます。

99最新 トヨタ期間工数 
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2011/06/25 06:15

大株主優先でいいのか?

 トヨタ自動車の株主総会(6月17日)で、豊田章男社長は、株主配当を1株当たり50円(前期、後期合わせて)、総額1568億円を提案しました。株主の97・2%(株式総数)の賛成で、可決されました。

 前期より1株当たりで5円アップ、総額では157億円という増額です。株主配当は、トヨタ単体の経常利益をもとに配当します。2011年3月期の単体の経常利益は470億円の赤字です。前期の2010年3月期は771億円の赤字でした。赤字幅が減ったから、配当を増やしたのでしょうか?

 一方、社員に対する賃上げ(ベア)は、トヨタ労組が要求しなかったこともあってベアゼロでした。トヨタは、2011春闘の労使懇談会で、「連結では黒字だが、単体では赤字」とくり返し主張し、組合員の要求を抑えました。

 このブログでも主張しましたが、仮にベア1000円を要求しても、1000円×12カ月×63000人(組合員数)=7億5600万円です。

 雇用で考えてみましょう。トヨタの期間従業員数は、5月末で約950人です。全員を正社員に登用し、年収を500万円としても、950人×500万円=47億5000万円です。

 トヨタの株主の約78%は、金融法人や外国法人など大企業が圧倒的で、個人株主などはわずかにすぎません。株主配当金の大部分は、日本と外国の大企業に吸い取られているのです。

 トヨタの利益は、社員や期間従業員、関連・下請けなどが懸命に働いて得ているものです。大株主に対して、あまりにも手厚くありませんか?

トヨタ株主総会 MG_0043
(トヨタ本社前に立つ株主総会の看板、6月17日)
決算・経営計画 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2011/06/24 11:19

堤工場へ700人応援

 ハイブリッドのプリウスやプリウスαを生産している堤工場(豊田市)への応援者が7月で、約700人になる。元町工場や高岡工場など、減産している工場からの大量の応援。東日本大震災での生産遅れを一気にばん回しようというもの。

 「いったい、ラインタクト(スピード)は、何秒で回すんだろう?」
 タクトは、当然早くなるだろう、と労働者たちは心配する。

車は、通常60秒で1台生産される。トヨタは、生産増の時は、ラインに人員を投入し、タクトを56、55、54秒…とどんどんあげて行く。反対に、生産減の時は、ラインから人員を抜き、タクトを65、66、67…などと下げていく。

 「必要な時に、必要な物を、必要なだけ生産する」というかんばん方式だ。

 応援者が増えれば従業員の駐車場は、当然、満パイになる。リーマンショックの後の新型プリウス増産の時もそうだった。あおりを受けて、独身寮から車で通勤している労働者は、“マイカー禁止”になる。期間従業員が乗っている通勤バスを利用するか、自転車通勤か?

 大増産の動きのなかで、日産が一部の工場で木金出勤の報道が出る。トヨタも検討? 夏の電力を抑えるとして、自動車工業会が土日出勤を提案しておいて。許されませんよ! 

トヨタ駐車場
(トヨタの従業員駐車場)
職場は今 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/06/23 09:01

トヨタ自動車が期間従業員3000~4000人募集! 

トヨタ自動車は6月21日、7月中旬をめどに期間従業員を3000~4000人募集することを明らかにしました。これだけ大量の非正規雇用労働者を募集するのは、2008年のリーマンショック以来、大企業ではトヨタが初めてです。

トヨタの期間従業員の在籍数は5月末で約950人ですから、今回の募集で5000人近い期間従業員になります。

 トヨタグループのデンソーが8月末までに550人(在籍は3150人になります)、トヨタ自動織機が300人(同、1200人)の募集をすることを明らかにしています。すでに募集をしているトヨタ車体やアイシン・エィ・ダブリュなどを合わせると、秋以降にトヨタグループで1万人以上の期間従業員が働くことになります。

 トヨタ自動車では、海外生産へのシフトで、高岡工場ではラインが1本休止になり、社員が工場を清掃する“ピカピカ隊”に入隊させられるなどしています。元町工場では、2直勤務が1直勤務になっています。両工場で“余剰人員”とされた社員は、プリウスを生産する堤工場へ応援に出されています。

 一方で正社員をリストラしながらの大量の期間従業員募集です。トヨタは、リーマンショック時に、期間従業員6000人以上を雇い止めにし、世論の厳しい批判を受けました。今回の大量の期間従業員募集は、東日本大震災での減産分を一気に取り戻そうというものです。

日本共産党トヨタ自動車委員会は、トヨタが短期間の雇用で、期間従業員をポイ捨てしないことを強く求めます。同時に、期間従業員を正社員化に登用するよう運動を強めていきます。

期間従業員を乗せたバス

(期間従業員を乗せたトヨタのバス。独身寮と工場を往復します)
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/22 09:25

サービス残業を是正して! 匿名で投稿

 トヨタ自動車の社員から、「献身的に働く従業員を救うために、無償残業(サービス残業)をやめさせて!」という匿名の投書が、ブログ「トヨタで生きる」に寄せられました。次に紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生産台数は、東日本大震災前には、まだ程遠いです。
サプライヤーからの部品供給が震災以前の状況に戻るまでは、プリウスなど需要の高い小型車・低燃費車に生産を集中させているために、車種ごとの生産台数には大きな開きがあります。

そのため、小型車生産を主に行っている工場への人員異動があり、生産の少ない職場では少人数生産を行っています。トヨタのいろいろな工場で勤務する人の話を聞くと、そういった人員配置によって、私が聞く限りでは生産台数に関わらず、皆忙しいといいます。

実際、私の職場でも、毎日、定時勤務時間を超えても、多くの従業員が仕事をしています。そして、そのほとんどが、サービス残業として業務を行っています。また、定刻始業時間前にも多くの従業員が始業点検・起動作業を無償で行っています。

こういったことは、私の職場に限らず他の職場でも行われていると思います。私達が退社する時刻に、ロッカールームで他の職場の人達と、毎日のように出会います。そこでは毎回、次のようなことを問われます。

「○○、こんな時間まで仕事して、残業はついてるのか?」

皆、この言葉を発するときは、含み笑いで意味ありげです。残業を付けられないのをわかっていての発言です。もちろん、その言葉を発した人たちも無償残業をしていると思われます。

トヨタの製造現場では、特別な勤務体系以外は、上司(GL)が部下の実勤務時間をパソコン入力し、人事に申請します。製造現場の従業員はGLからの指示によって残業を行っていますが、私の職場では、実際にはその残業は会社には計上されていません。

会社のサービス残業対策である「1時間ルール」(*ブログ管理人の記事を参照してください)が守られていません。GLが勤務時間をパソコン入力する際に、残業が1時間を超えていた場合であっても、

”業務外の自己研鑽”
”従業員同士の雑談”
”業務外の組合活動”

等、実際には業務を行っていたにも関わらず、業務外(サービス残業)として人事に申請しています。

我々、従業員にあっては、震災後の会社操業停止や休日変更等を目の当たりにしているだけに、大きな声で批判、非難するよりも、いち早く会社が元の元気な状態に戻って欲しい、という気持ちから渋々そういった業務にあたっています。

しかし、気心が知れた仲間からは、
「いくらなんでも、毎日ひどすぎる」
「会社はこのようなことまでしなければ、生産が回復できない状況なのか?」
との声が出ています。

大震災後、カードリーダーと時間管理システムの差が大きくなった部署はたくさんあると思います。

このブログは会社上層部や人事関連の方もご覧になっているかと思います。
日本共産党のブログだからということではなく、こんなにまでも献身的な従業員を救うためにも今のシステムの是正を強く願います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

トヨタ・カードリーダー
(カードリーダー)

●ブログの管理人から―。

 日本の企業では、これまでサービス残業が横行していました。トヨタも例外ではなく、あまりのひどさに、2003年1月に労働基準監督署から是正指導を受けました。トヨタは、同年4月から本社、工場へと順次、出入口にカードリーダーを設置、全従業員の出退勤時刻を記録しています。出退社時刻内での実勤務時間は、各々がパソコンにて入力を行い、人事に申請しています。

勤務時間前の1時間を超える入門、勤務時間後1時間を超える出門を、会社は禁じています。これは、サービス残業をなくすとりくみの一つで、「1時間ルール」と呼ばれています。

 トヨタの幹部は常日頃、「必要な仕事であればどんどんやってください。残業が必要ならば行ってください。会社は残業をするな! ということは言っていません」と語っています。

ということならば、サービス残業は、会社の方針ではないはずです。仮に管理職の労務管理の点数稼ぎだったら、あらためるべきです。社員は、毎日、愚直で真面目で献身的に働いているからです。
サービス残業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/21 07:42
 | HOME | Next »