定年をすぎて

 ■■なすび
高校を卒業してから42年間、2交代勤務の仕事をしてきました。車をなぜ、夜につくらねばならないのか、昼間だけでいいのではないか。こんな疑問を持ち、トヨタは人間を大切にしない会社だと思い続けました。
 ですから長い間、昼間に働いて、夜は眠る生活にあこがれていました。定年になり、やっと実現しました。これこそが人間らしい生活パターンだと実感しています。
 今は、農業大学1年生です。農業の専門家に質問し、勉強しています。キュウリ、ナス、ゴーヤ、ハクサイ、サトイモなどを収穫しています。
 心地よい汗水を流しています。収穫した野菜をマンションの友人や地域の人におすそ分けしています。交流が広がり、話がはずみます。のんびりと人生を楽しく生きていくつもりです。
スポンサーサイト
その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/29 09:35

民主党にがっかり

元トヨタ社員 (61)

 昨年9月の民主党への政権交代で、「何か私たちの生活も変わるのではないか」と思いました。労働者使い捨ての「労働者派遣法」が改正され、“正社員が当たり前の社会”に大きく近づくのではないかと期待をしました。しかし、がっかりです。いや怒りすらおぼえます。

 菅首相と小沢前幹事長が争った民主党の代表選を見ていて、ウンザリでした。民主党内部の権力争いに終始し、「国民、労働者の命と暮らしをどうするのか!」 がまったく見えませんでした。
菅内閣の「新成長戦略」も自民党政治とまったくいっしょです。法人税が高いから日本の企業は海外に出ていくという。そうではなく、トヨタを見ていればわかるように、必要なところに必要な工場を建て、現地生産でもうけをあげる―もうけのためだと思います。

今より法人税率が高かった1980年代、トヨタはGMと提携し、NUMMIを立ち上げました。これをテコにアメリカへの本格的進出をはかり、GMを抜いて世界のトップにたちました。
日本の大企業の09年度の内部留保は、前年より約11兆円増え、総額243兆9000億円になりました。大企業は、こんなに利益をあげているのです。

それなのに、菅内閣や自民党は、参院選で法人税減税の大合唱をしました。トヨタ労組出身の直嶋正行経済産業大臣(当時)が率先して法人税減税を主張しました。

法人税が5%減税されれば、企業は“ヨシ!”とさらに内部留保を積み増しし、株主配当に回すでしょう。引きかえに、国民には消費税を5%から10%に引き上げるなんてもってのほかです。
賃上げ、正社員化の促進で労働者のふところを温めて、内需を拡大することこそ、日本経済が外国頼みの経済から抜け出すことだと思います。
民主党政権 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/29 09:34

経営者はこんなにもらっている

2010年から、企業に年収1億円以上の経営者を公表することが義務付けられました。大企業の株主総会が相次いで開かれた6月、経営者が巨額な報酬を得ていることが明らかになりました。

 トップは日産自動車のカルロス・ゴーン社長。なんと8億9100万円もの報酬でした。
日産労組をはじめ、トヨタ労組など連合・自動車総連の大手組合は2010年春闘で、賃上げ要求を放棄しました。仮に日産労組がベア1000円を要求しても、組合員(2万7507人)に満額回答するには3億3600万円あればすむことです。
 ゴーン社長は、全組合員の賃上げ要求の2・7倍もの年収を1人で得ているのです。こんなことが許されるのでしょうか?

 トヨタは、38人の取締役に14億2600万円を支払っています。1人当たり3752万円です。08年度決算が赤字だったことから、前期に比らべ10%減らしたとしています。

 豊田章男社長は、1億円以上になっていません。しかし、トヨタ株を457万4000株持っています。09年度の株配当は、1株当たり45円ですから、2億583万円の配当があります。株配当を加えれば、高額報酬といえるでしょう。

 「週刊 ダイヤモンド」(10年8月28日号)は、日本の正社員の生涯賃金は、大卒男性で2億7000万円、高卒男性で2億1000万円、生涯非正規社員で1億円とはじいています。労働者の賃金に比べ、経営者の賃金は際立って高くなっています。
 ある労働者がため息まじりにいいました。
「経営者は毎年、億単位の収入を得て何に使っているのだろう?」

日産自動車 カルロス・ゴーン 社長 8億9100万円
ソニー ハワード・ストリンガー 会長兼社長 8億1450万円
大日本印刷 北島義俊 社長 7億8700万円
東北新社 植村伴次郎 最高顧問 6億7500万円
武田薬品工業 アラン・マッケンジー 前取締役 5億5300万円

☆トヨタ自動車  38人の取締役  合計  14億2600万円
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2010/09/29 09:33
 | HOME |