◎トヨタ 期間従業員からの正社員登用377人

 トヨタ自動車は、期間従業員から正社員へ登用した人数が2016年度で377人だったことを明らかにしています。5月の期間従業員募集広告に掲載しているものです。

 昨年5月時点での広告では、登用計画は500人としていました。トヨタの正社員登用は、2007年度が過去最高の1250人でした。リーマン・ショック(08年)で、6000人以上を雇い止めした後は、登用が激減していました。

 13年度はわずか40人でしたが、その後は増やしています。背景には、深刻な人手不足があります。長期的に見て、日本の少子化の影響で労働人口が大幅に減ることや東日本大震災の復興事業、2020年の東京オリンピックのプロジェクトによる建設ラッシュなどがあります。

 トヨタは2014年6月、期間従業員の募集について、▽これまでに週200人程度採用していたものの、最近では週70人程度と3分の1に落ち込んでいる、▽10万円の特別手当を支給しても、厳しい状態、▽採用拡大に向けて、必要に応じて手当面などの条件を見直す――など数字をあげて期間従業員募集の困難さを明らかにしたことがあります。

トヨタ 期間従業員募集 201705
(「TOWN WORK」の5月8~14日号)

 期間従業員の日給は、トヨタ労組が春闘で毎年引き上げることを求めてきたこともあって、200円(14年)、300円(15年)、150円(16年)、150円(17年)と4年連続満額回答になっています。

 このため2013年当時の期間従業員の日給は、9000~9800円(トヨタでの期間従業員の経験回数による)でしたが、現在は800円上がって9800~1万600円になっています。

 この5月の期間従業員募集広告によると、全国各地で選考会が開かれ、このうち豊田市や名古屋市の会場では、月末まで毎日、開かれています。
スポンサーサイト
期間従業員 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/05/15 14:58

◎期間従業員のみなさん 1年後に無期雇用へ転換できます

 トヨタ自動車の期間従業員のみなさん! このブログ「トヨタで生きる」の「待望の時期が近づいています」というシリーズ記事(4月19~21日アップ)を読みましたか?
http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-2491.html

 みなさんは、3カ月、6カ月の細切れ雇用をくり返し、最長2年11カ月の有期雇用労働者として働いています。

 無期雇用への転換とは、2012年の労働契約法の改定(13年4月施行)で、同じ企業で短期契約を更新して働き、雇用期間が通算して5年を超えた労働者にたいして、無期雇用への転換を企業に求める権利を与えるというものです。13年4月以降の契約が対象です。

 つまり、通算5年働いた期間従業員は、無期雇用(正社員)への転換をトヨタに求める権利が来年2018年4月から発生するのです!

期間従業員 13年7月
(地方から豊田市に到着した期間従業員のみなさん=土橋駅で2013年7月)


 ところがです。人材サービス会社・アイデムが非正規労働者にネットで調査(今年3月に679人回答)したところ、無期雇用転換ルールについて「知らない」が58・6%、「知っているが内容はよくわからない」が27・1%、合わせて85・7%が「知らない」「よくわからない」と答えたのです。

 実態はほとんど知らないのです。このルールは、企業に申し込まないと成立しないのです。知らないと損になる仕組みです。さっそく、ブログの上記のアドレスにすぐアクセスしてください。3回シリーズでくわしく書いていますから。
期間従業員 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/05/08 07:12

◎シリーズ「無期雇用への転換」③ トヨタが「無期雇用転換」逃れ?

 トヨタ自動車では、期間従業員という労働者が正社員といっしょになって車づくりに携わっています。2000年代には、1万人を超え、生産現場の3人に1人が期間従業員でした。

 文字通りトヨタの“基幹工”の役割を果たしてきました。しかし、雇用期間は、入社時は3カ月で、1回目の契約更新が3カ月、2回目から5回目が6カ月で、6回目が5カ月で最長2年11カ月です。細切れの雇用です。

 生産があると次の契約まで1カ月の期間を開けて、ふたたび2年11カ月働くことができました。しかし、2008年のリーマン・ショック時のような大不況になると、6カ月や1年で契約終了を告げられ、6000人以上が雇い止めされました。

期間従業員バス 201405
(期間従業員らを乗せたトヨタのバス。堤工場前で)

 最近、5年以上にわたって期間従業員として働いてきたAさんが、トヨタのやり方は不可解だと言って、こう話してくれました。

 「これまで2年11カ月の雇用期間が終われると再雇用されてきた。次の契約期間までの1カ月間は、独身寮に荷物を置いてもよかった。ところが昨年、『6カ月開けてくれ』といわれ、荷物も持ち出すようにいわれた」

 次の契約期間までの1カ月間が、突然、6カ月間になったというのです。このシリーズの1回目で、2012年の労働契約法の改定で、「同じ企業で短期契約を更新して働き、雇用期間が通算して5年を超えた労働者にたいして、無期雇用への転換を企業に求める権利を与える」という無期雇用(正社員)転換が来年4月から発生することを書きました。

 ところが、有期契約を通算する期間の間に、契約が途切れている期間が「6カ月の空白期間」があるとリセットされ、通算5年という条件が満たされない「クーリング」という方法があるのです。

 トヨタは、このクーリングを使って、期間従業員の無期への転換ができないようにしている可能性があるのです。いわば労働契約法の抜け穴を巧妙に使った脱法行為です。こんな手法を、日本最大の企業のトヨタが行っていいのでしょうか。

 日本の非正規労働者は4割に迫るほど増えてきました。低賃金で使い捨ての労働者を増やし続ければ、社会保障や年金、子育てなど日本社会が成り立たなくなるでしょう。5年を超えた有期雇用労働者を、無期雇用へ転換させるべきです。それは企業の社会的責任として当然です。

                ◇

 この記事は、4月21日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
期間従業員 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/04/20 13:53

◎シリーズ「無期雇用への転換」② 豊田市の日本発条の労働者立ち上がる

 豊田市を流れる矢作川沿いに、日本発条の豊田工場があります。世界トップクラスのばねメーカーで、自動車のシート生産も行っています。この工場で日系ブラジル人労働者が、会社の雇い止めに反対して立ち上がりました。

 労働者たちは、直接雇用の期間従業員として働いてきました。雇用期間は、最長で2年11カ月で、その後日本発条は派遣会社に短期間移籍させ、また直接雇用に戻してきました。「2年11カ月」? どこかで聞いたことがあります。

 そうです。トヨタ自動車の期間従業員の最長の雇用期間です。3年以上連続で働くと、直接雇用の責任が企業に負わされる恐れがあるとして、1カ月の空白期間(クーリング期間)を設けて、再雇用しています。“トヨタ方式”と呼ばれているものです。

 日本発条の労働者たちが立ち上がった「しんぶん赤旗」(4月14日付)の記事を、ぜひ読んでください。

30 日本発条豊田工場
(日本発条豊田工場=グーグルアースから)

30 日本発条 記事1
30 日本発条 記事2

期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/20 06:50

◎シリーズ「無期雇用への転換」① 期間従業員のみなさん 待望の時期が近づいています!

 トヨタ自動車の期間従業員のみなさん、下に貼り付けた「しんぶん赤旗」の記事(3月23日付)を読んでください。「労働講座 きほんのき」というシリーズ企画の1本です。

 みなさんは、3カ月、6カ月の細切れ雇用をくり返し、最長2年11カ月の有期雇用労働者として働いています。「しんぶん赤旗」の記事は、無期雇用への転換とは、2012年の労働契約法の改定で、「同じ企業で短期契約を更新して働き、雇用期間が通算して5年を超えた労働者にたいして、無期雇用への転換を企業に求める権利を与えるというもの」と書いています。

 つまり、通算5年働いた期間従業員は、無期雇用(正社員)への転換をトヨタに求める権利が来年4月から発生するというのです!

30 有期5年で無期雇用へ 赤旗
期間従業員 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/04/19 21:11

◎アイシン、エイ・ダブリュ、トヨタ紡織…正社員登用

 期間従業員(期間社員)の正社員登用制度あり―無料求人誌「TOWN WORK」(11月14~20日号)は、トヨタグループの期間従業員募集広告で、正社員登用化を大きく掲載しています。

 アイシン精機は「02~15年度実績累計1500名以上」、アイシン・エイ・ダブリュは「2015年度の登用実績679人」、トヨタ紡織は「登用制度あり」…。

 トヨタ自動車は、同誌から募集広告が消えていますが、今年5月の広告では、「16年度社員登用計画500人」と銘打っていました。

アイシン 期間従業員募集
(無料求人誌「TOWN WORK」のトヨタグループの期間従業員募集広告)

 トヨタ自動車東日本は、別の広告で「15年度実績100名」と明示しています。トヨタグループ全体でどれほど登用するのかと思っていたら、日経新聞(11月24日付)が、16年度は1000人超になるとの記事を掲載しています。

 それによると、トヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ヶ崎町)では、正社員に登用した100人の入社式を23日に開いたといいます。同社の13~14年度の正社員登用は合計で13人でしたが、15年度は99人、16年度は101人へと一気に増やすとしています。

 トヨタ自動車が500人、アイシン・エイ・ダブリュが昨年度並みに増やし、アイシンやトヨタ紡織などが登用すれば1000人を超えるのは間違いないでしょう。

 背景には、生産年齢人口が、この20数年で約1000万人減っていること、東日本大震災の復興事業、東京オリンピックに伴う建設ラッシュなどで人手不足になっていることがあり、北海道や東北から愛知県にまで働きに行く必要がなくなっているからです。

 “正社員争奪戦”ともいわれるほどです。これまでのトヨタのように、「必要な時に、必要な期間だけ、必要な人数を」を全国から集め、必要でなくなるとポイ捨てするという“人間かんばん方式”が破たんしたことを示すものです。

 非正規雇用が4割も占めるという日本社会の異常な雇用形態を改め、「正社員が当たり前」になるよう、希望する期間従業員を正社員化することが、まっとうな社会をつくる道です。

 トヨタ自動車は17兆円を超えるばく大な内部留保をたくわえており、正社員化は簡単にできるはずです。そうした声を大きくしようではありませんか。
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/11/25 08:08

◎週刊誌並みの厚さ、「TOWN WORK」西三河版

 最近の「TOWN WORK」西三河版(9月5~9月11日号)を名鉄知立駅で入手にして、週刊誌並みの厚さだと感じた。ページ数を見ると何と168ページもあった。

 他の県の2倍はありそうだ。愛知県は、製造品出荷額が2013年では42兆円余りで、37年連続日本1である。トヨタ自動車を中心にした自動車生産が集積した地域だからである。

 なかでも豊田市など西三河地方に、自動車工場と部品工場が集中している。その関連で、製造業だけでなく、流通や食品関係などにも幅広い求人情報が「TOWN WORK」に掲載されている。

 この求人の多さだけを見ると、「アベノミクス」の失敗による円高や株安などで景気が後退しているとは見えにくい。トヨタ関連では、豊田自動織機やトヨタ紡織、アイシン精機、アイシン・エィ・ダブリュの求人情報が掲載されている。

 このところ「TOWN WORK」で、一番目立つ裏表紙からトヨタ自動車の期間従業員募集が消えたと思っていたら、日研トータルソーシングという人材派遣会社が小さいながらトヨタ自動車の期間従業員を募集をしていた。

 目をひいたのは、「社員登用制度あり 2016年度計画500名」とあったことだ。「TOWN WORK」に、今年2月に掲載された広告では、2015年度は300人だった。200人増になっている。

タウンワーク アイシン・エィ・ダブリュ
(「TOWN WORK」に掲載されたアイシン・エィ・ダブリュの求人広告を見ると、「2015年度の登用実績679人」とあります)

 正社員登用は、アイシン・エィ・ダブリュの広告を見ると、「2015年度の登用実績679人」とあり、トヨタ自動車を上回る登用をしたことになる。2008年のリーマン・ショックでトヨタ自動車が6000人以上の期間従業員を雇い止めした後、どこでも正社員登用は激減していた。

 少子化による労働人口の減少で、人手不足は深刻になっている。そこへ東日本大震災の復興事業、20年開催の東京オリンピックの特需などが重なり、厚労省が8月30日に発表した7月の有効求人倍率は1・37倍になった。

 正社員登用が増えることは、大いに歓迎すべきことである。非正規労働者の割合が4割近くにもなるのは、異常なことだからだ。「雇用は正社員が当たり前」の社会をつくるのは、日本をまっとうな国にする条件の1つだからである。
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/12 11:31

◎年収300万円の壁

 トヨタ自動車では、数千人の期間従業員が働いています。日給は9650円~1万450円で、雇用期間は最大2年11カ月の非正規労働者です。

 トヨタの期間従業員募集広告では、1年目の月収例として、27万2780円~29万5390円としています。これは、連続2交代制で、深夜手当と交代制による時間帯手当、20時間の残業代を含めてです。

18 期間従業員 募集 2016年5月
(無料求人誌「TOWNWORK」=5月23日発行=のトヨタ自動車の期間従業員募集広告)

 もし残業がないと、3万3000円~3万5000円も減ります。最も少ない例で年収を計算すると、約24万×12カ月で約288万円。これに満了慰労金・報奨金を加えます。6カ月満了で約39万円、12カ月満了で約49万円をプラスして約376万円です。

 朝日新聞(6月15日付夕刊)に、「『恋人なし』は自己責任?」といユニークな記事がありました。早稲田大学の森川友義教授が、「政治が恋愛をつくっている?」というのです。

 内閣府がまとめた「結婚・家族形成に関する調査」から20代男性の部分を抜き出してつくったのが表で、「年収300万円の壁」(森川教授)があるというのです。

50 恋人 300万円の壁 (3)
(朝日新聞、6月15日付夕刊から)

 300万円未満は、女性との「交際経験なし」は35・5%にものぼり、「恋人なし」と合わせると6割を超えます。年収が増えるごとに、この割合がほぼ減っていき、600万円以上になると「交際経験なし」は5%以下、「恋人なし」と合わせても3割ほどです。

 つまり、稼げないと恋人もつくれないというのです。記事では、1980年代に労働者派遣法が成立してから、非正規労働者の割合が増加し、昨年は男性の15~24歳で25・3%、25~34歳で16・6%になったと指摘しています。派遣法は、自民党政府がつくったものです。

 日本共産党は、「雇用のルールを強化し、非正規から正規への流れをつくります」と次のような政策をかかげています。

 ▽労働者派遣法を抜本改正し、派遣労働は臨時的・一時的業務に限定して、正社員の派遣労働への置き換えをなくします。

 ▽同一労働同一賃金、均等待遇を、労働基準法、男女雇用機会均等法、パート労働法、労働者派遣法に明記するなど、非正規への不当な差別・格差をなくします。
期間従業員 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/07/10 09:08

◎トヨタ東日本 期間従業員募集 正社員登用も

 アクアやカローラ、シエンタなどを生産しているトヨタ自動車東日本株式会社(本社・宮城県黒川郡大衡村)は、期間従業員を募集しています。ネットのヤフーの広告で知りました。月収は25万円以上が可能で、正社員登用制度があり、15年度は100名を登用していることが目玉になっています。

 これはトヨタ東日本が5月16日に発表したもので、岩手工場の生産体制のさらなる強化をはかるために、230名程度の期間従業員を募集するというものです。募集期間は、今年11月まで。

ヤフー トップ画面広告 20160521


 また勤務経験1年以上の期間従業員を対象に、100名程度を正社員に登用するとしています。7月1日と11月1日に、それぞれ50名を登用するとしています。

 期間従業員の募集は、トヨタ自動車も続けていますが、募集人数が集まらないのが実態です。労働人口が減少していることが最大の原因ですが、東日本大震災の復興事業や2020年の東京オリンピックのプロジェクトなどで、慢性的な人手不足になっています。

 トヨタをはじめ大企業は、各種手当を新設したり、増額したりしています。正社員登用も人数を明らかにして積極的にうたっているのが最近の特徴です。これまでのように、増産が必要な時に、必要な人数だけ募集し、減産になるとポイ捨てする方法ができなくなっているからです。

 期間従業員の雇用期間は、最長2年11カ月ですが、その間も3~6カ月などの細切れ雇用になっています。いつでもポイ捨てできる仕組みは、もうやめる時期にきているのではないでしょうか。

 希望する期間従業員には、いつでも正社員登用の機会を与えるべきです。
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/05/22 17:51

◎「同一労働同一賃金」 トヨタ期間従業員の場合

 安倍晋三首相は2月23日、1億総活躍社会国民会議で、「同一労働同一賃金」のに向けて、労働契約法など労働法制を改正することを視野に検討を始めることを明らかにしました。

 日本共産党はすでに、「同一労働同一賃金」の法制化を掲げ、「正規雇用を基本にし、非正規や女性への不当な差別をやめ、均等待遇を保障」する政策を明らかにしてきました。

 非正規労働者が労働者の4割、女性や若者の半分を占め、社会そのものが崩壊しかねない異常な事態のなか、安倍政権がやっと腰をあげました。

 しかし、昨年の通常国会で、「臨時的一時的」「常用代替」の禁止などを原則にした労働者派遣制度の根幹を破壊し、一生涯ハケンとなる労働者派遣法の改悪を強行するなかでの動きです。しかも、“均等待遇”ではなく、バランスをとるという“均衡待遇”と主張しています。

 日本経団連の榊原定征会長は、「将来への期待や、転勤の可能性などの違いもある。同じ職種なら同じ賃金だという単純な考え方は導入しないでほしい」(日経新聞、24日付)とのべ、日本商工会議所の三村明夫会頭も、「企業の労務対策の負担が過大にならないようにしてほしい」(同)と注文を付けています。

 賃金の総原資の抑制を声高に叫んでいます。真の「同一労働同一賃金」になるかは、予断を許さない状況であり、労働組合、労働者の運動がなによりも重要なことを示しています。

期間従業員 募集広告
(トヨタの期間従業員の募集広告=「TOWN WORK」、2月15~21日号)

 トヨタ自動車の生産現場には、トヨタの直接雇用の期間従業員という有期雇用労働者が数千人働いています。初回の契約が3カ月で、1回目の契約更新は3カ月、2~5回目が各6カ月、6回目が5カ月で、最長で「2年11カ月(35カ月)」です。合計で7回もの細切れ契約で、いつでも使い捨てることが可能になっています。

 賃金は、日給で9500円~1万300円です。18~24カ月満了者で1万500円、30~35カ月満了者で1万800円です。

 一方、正社員の場合、標準的労働者のEX級、技能4等級、技能職で月約34万円です。日給に換算すると、月21日働いて約1万6000円になります。同じラインで同じ仕事をしていても、正社員は日給で約1万6000円、期間従業員は1万円ほどです。

 経験豊かな期間従業員は、新入社員らに仕事も教えています。それでも賃金は日給比較で正社員の62%程度です。「同一労働同一賃金」が先行するヨーロッパでは、パート労働者と正社員との1時間当たりの賃金は、「フランスが89%、ドイツは79%と一定の差はある。ただ日本は57%と差が大きすぎる」(日経、24日付)といわれています。

 トヨタでは、期間従業員を正社員に登用するとともに、「同一労働同一賃金」の実現は、まったなしです。
期間従業員 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/02/24 17:02

◎期間従業員 嘆き、驚き

 12月9日に4代目プリウスが発売になり、堤工場ではフル生産が続く。かつて期間従業員の経験者した人も、改めてトヨタに応募して来ている。その経験者がこう嘆いていた。

 「6カ月間、年休がないのはつらい。半年後に10日もらえるというが、慣れない1、2カ月は休めないとしても、3カ月後くらいからはもらえるようにしてほしい」

 確かに年休は、労働基準法で6カ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に最低10日を付与しなければならないとなっている。期間従業員は、最長で2年11カ月しか働けない。いったん契約解除になるから、再応募で来ても年休は振り出しに戻る。

 労働基準法は、企業に最低限の労働条件を求めているにすぎない。企業が、それを上回るのを与えてもかまわない。「3カ月後くらいからはもらえるようにしてほしい」というのは当然の要求だろう。

期間従業員らバスで
(通勤、退勤用のトヨタのバスに乗車する期間従業員ら)

 別の新人の期間従業員が驚いていた。「トヨタはどえりゃ儲かってるがや。内部留保もため込んでるちゅうし、3年くらい、クルマつくらんでも従業員食わしていけるって」。3兆円近い利益に、びっくりした様子だ。

 トヨタは、期間従業員に、6カ月を待たずに年休を与えることは十分できる。食堂の料金が高いので、正社員にあるウェルチョイス(選択型福利厚生制度)のポイント(一般社員で年90ポイント、9万円)も欲しいという声も上がる。

 これまでのように期間従業員がなかなか集まらないという。会社は、期間従業員の声に耳をかたむけていただきたい。
期間従業員 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2015/12/15 09:18

◎ウェルチョイスを期間従業員にも

トヨタ自動車のある職場に、社内応援が来ました。これで4人目です。職場では、「期間従業員が集まらないので、社内でやりくりか?」の声が上がっています。

 実際、トヨタは無料求人誌「TOWNWORK」でもっとも目立つ裏表紙の全面を使って毎週、期間従業員を募集しています。その求人誌の9月号から、赤く強調した部分が登場しました。

 「満了慰労金・報奨金」が35カ月満了の場合(雇用契約の最長の2年11カ月を勤務した場合)、累計で、「300万円以上可能」というのです。

 トヨタのベストセラーカー・プリウスの4代目の国内販売が12月から始まることやランドクルーザー・プラド(ディーゼル)、新型シェンタのハイブリッド車、ガソリン車などの納車待ちが続いて、職場の繁忙感は頂点になっています。このため、トヨタは10月から特別の生産体制に入ります。

 ▽10~11月は、1日当たり最大2時間(1、2直合わせて)の残業に、1カ月に4直の休日出勤(1人当たり月2回)
 ▽12月は、2直(午後4時10分~午前1時)の開始時間を15分遅らせ、1、2直の直間を拡大することで最大2・5時間(1、2直合わせて)の残業
 ▽16年1~3月は、1日当たり最大2・5時間(1、2直合わせて)の残業に、各月に2直の休日出勤(1人当たり月1回)

 トヨタはこうした生産増に対応する要員確保のために、期間従業員の採用増や定着率の向上、期間満了金の見直し、無料ランチ懇談会などを行っています。

タウンワーク 2015年9月


 期間従業員からは、「ウェルチョイス」のポイントがほしいという声が上がっています。ウェルチョイスとは、2000年からは選択型福利厚生制度としてトヨタが導入したものです。

 「各自のニーズやライフスタイルに応じて希望のメニューや補助の受け方を選択することも可能」(トヨタ)というもので、社員には年間8万円のポイントが支給されます。

 これまでも期間従業員からは、「食堂の料金が高い。コンビニ弁当を買ってくることもある。社員並みに、食堂で使えるウェルチョイスのポイントがほしい」という声が上がっていました。トヨタは、こうした期間従業員の声に耳を傾けてほしいと思います。
期間従業員 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2015/09/27 09:55

◎期間従業員の引き留め策 初回更新特別手当を復活

 トヨタ自動車が期間従業員の募集、定着に苦慮しています。7、8月の入社者を限定に、10万円を支給する初回更新特別手当を、2年ぶりに復活します。

 週刊無料求人誌「TOWNWORK」(7月13~19日号)には、もっとも目立つ裏表紙全面に、期間従業員募集の広告をうっています。ほとんどの週の裏表紙を使って、募集するほどです。

 期間従業員の募集をしても、思うように集まらない上に、期間従業員の定着がよくないからです。期間従業員の契約期間は、初回の契約は3カ月で、初回(1回目)の契約更新が3カ月、2回目から5回目が6カ月、6回目が5カ月で、最長で2年11カ月です。いつでも使い捨てられる細切れ雇用です。

15 期間従業員募集 201507


 2交代制勤務と秒単位の過密な労働に驚き、3カ月どころか、1週間で辞める期間従業員もいます。このため今回は、3カ月を働いた後、次の3カ月の契約を更新する初回更新特別手当として10万円を支給するものです。

 トヨタは、秋にプリウスの4代目モデルを発売します。大増産になる見込みです。7、8月に入社した期間従業員を、大増産時にまで引き留めたいというものです。

 トヨタは、期間従業員から正社員に登用する人数を2015年度は300人にすることを明らかにしています。現在、トヨタで働く期間従業員は4000人弱といわれています。その多くが正社員登用を願っています。

 短期の雇用で使い捨てるのではなく、正社員こそ当たり前の社会にするためには、希望する期間従業員の正社員への道をもっともっと広げるべきでしょう。
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/18 07:05

◎期間従業員 正社員登用300人の広告

 トヨタ自動車が期間従業員の募集広告に、「社員登用制度有り 2015年度計画300人」と目立つように掲載し始めています。これまでは、「社員登用制度有り」だけでしたが、社員登用人数を具体的に明らかにしているものです。

 毎週のように広告を出している無料求人誌「TOWNWORK」(6月1日発行)に掲載しているものです。同誌のもっとも目立つ裏表紙に、毎週のように全面広告を出しています。

15 期間工募集広告 201506

 トヨタは昨年6月、期間従業員の募集について、▽これまでに週200人程度採用していたものの、最近では週70人程度と3分の1に落ち込んでいる、▽10万円の特別手当を支給しても、厳しい状態、▽採用拡大に向けて、必要に応じて手当面などの条件を見直す――ことを明らかにしました。

 その後、14年度の正社員登用人数を、13年度の40人の2倍を超える100人以上にする方針を打ち出していました。今期は、さらに300人にするというものです。

 07年度には、過去最高の1250人を登用していましたが、08年のリーマン・ショックで6000人以上を雇い止めして以降は、わずかの登用にとどまっています。

 賃金面では、15春闘でトヨタ労組が要求した期間従業員の日給を300円引き上げることについて、満額回答しました。14春闘の200円アップに続くものです。

 期間従業員は、トヨタの“基幹工”として懸命に働いています。また多くの期間従業員のみなさんは、QCサークル活動や創意くふう提案などにも積極的に加わり、正社員登用を強く願っています。

 私たち日本共産党トヨタ自動車委員会は、「雇用は正社員が当たり前」の社会にするために、トヨタは積極的に正社員登用をするよう求めるものです。
期間従業員 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/06/08 09:36

◎「非正規をたくさん雇う」トップ500社

 「東洋経済」オンラインが、「『非正規をたくさん雇う』トップ500社」を掲載しています(2月25日)。名だたる大企業がズラリと並んでいます。

 私たちトヨタ自動車のまわりでも、生産部門の期間従業員をはじめ、事務・技術派遣労働者、パート労働者など「非正規雇用労働者」がたくさん働いています。

 トヨタの有価証券報告書を見てみましょう(14年3月期)。「従業員の状況」のなかに、従業員数と臨時従業員(非正規雇用労働者)数があります。

          従業員        臨時従業員
 トヨタ(単体)  6万8240人     9571人
    (連結) 33万8875人   8万5778人

 非正規雇用労働者の割合が1割以上を占めると、有価証券報告書に開示することが義務付けられるために、年間の平均人数がでてくるのです。

 日本の非正規雇用労働者は、昨年11月に2000万人を突破。全労働者の38%を占めるまでになっています。1995年ごろは20%ほどだったのが2005年ころに30%へ…とひたすら上がり続けています。

 それは、戦前の奴隷労働の反省から、戦後禁止された人身売買に風穴を開ける労働者派遣法を1985年に自民党政府が強行成立させたからです。以後、派遣法は改悪に次ぐ改悪で、究極の日雇い派遣まで生まれました。

 安倍政権は、今国会に“一生涯ハケン”となるような労働者派遣法の改悪を3たび提出しようとしています。

出勤 非正規雇用?


 「東洋経済」の「『非正規をたくさん雇う』トップ500社」は、非正規雇用労働者はどんな企業で、どのように雇用されているのかをランキングしたものです。

 上場企業(金融を除く)の最新本決算(13年11月~14年10月期)と5年前の有価証券報告書データなどから、非正規雇用労働者のランキングをしたものです。絶対人数が多い会社を上位から並べています。

 それによると、1位がイオンの22万4356人、2位が日本電信電話の10万455人、3位がセブン&アイ・ホールディングスの9万3230人、4位がトヨタ自動車の8万5778人、5位がニチイ学館の8万705人…と続きます。

 これは絶対数のランキングですが、非正規雇用労働者の比率で見ると、イオンは67%、日本電信電話は30%、セブン&アイ・ホールディングスは63%、トヨタ自動車は20%、ニチイ学館は83%と大きな開きがあります。

 「東洋経済」の記事は、次のアドレスで見ることができます。
http://toyokeizai.net/articles/-/61506
期間従業員 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2015/03/01 09:52

◎堤工場 7月から1直だけの生産へ?

 プリウスなどを生産しているトヨタ自動車の堤工場が、今年7月から1直(6時25分~15時15分)、2直(16時10分~深夜1時)の2交代制から、1直だけの生産になるという話が出ています。

 すでに、昨年12月の1直週は2日間、30分の“早切り”(定時割れ)が行われました。現場では、“どうなるのか”と心配する声があがっています。

 現行の3代目プリウスは、2009年5月に国内で販売を開始。燃費の良さから日本のクルマでもっとも売れる車となりました。しかし、今年秋にも4代目が投入されるといわれていることから、1月の車種別の国内販売では、自動車メーカー7位の1万1206台にとどまっています。昨年1月比44・4%へと半分以下です。

 追い打ちをかけているのが昨年4月からの消費税増税による購買力の低下です。プリウスにとどまらずトヨタの毎月の国内新車販売は、前年割れが続いています。

トヨタの堤工場
(トヨタの堤工場)

 このため堤工場では、フル生産時には58秒のラインタクトが80~90秒台に落ち、この4月は129秒になるといわれています。

 ラインタクトが落ちると、労働者が工程からはずされます。残った労働者は、その分だけ工程を多く持つことになります。はずされた労働者は、他の部署への応援か、生産準備や改善グループなどに異動になります。

 ある上司は、「余った人員は、応援のもらい手があればいいが…。ここはもうあふれている」などと語っています。

 高岡工場や元町工場などの組立工場も残業がほとんどない状態で、職場ではトヨタグループのボディメーカーへ応援に出されるのではないかといわれています。

 生産準備や改善グループなどに異動になると、常昼勤務です。交代手当や深夜手当がなくなり、数万円の減収になって生活を直撃します。ボディメーカーへの応援では、単身赴任が強いられるケースがあります。

 遠隔地なら、応援手当が出ますが…家族と離ればなれになるのもさみしいね。

             ◇

 この記事は、2月10日アップの予定でしたが、都合により前日にアップしました。
期間従業員 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/02/09 21:14

◎期間従業員の叫び

 年末の12月28日に、ブログ「トヨタで生きる」に、「非正規雇用労働者、2000万人を超す」をアップしたところ、次のようなコメントが寄せられました。

……
 (★1)非正規が増えた理由の1つに団塊世代の退職者が増えたからってのもありませんか?都合のいい数値だけを用いて批判するのは、どうかと。雇い止めに関しても、契約通りに行っているだけで違法じゃないよね。これを違法というなら、プロ野球選手やJリーガーの自由契約選手も守ってやってね。(12月28日)

 (★2)職場環境を配慮して行くのは上司としての義務なはずです。労働基準法でも定められてるはずです。人間関係が悪化しているのは、俺は仕事できる!だから指導の為なら暴言暴力だって許される!暴力振るったって会社が守ってくれる!と、弱い立場を虐めることしか知らない「仕事ができない」「社会を知らない」若年正社員と、それらを指導しないで、自分の体裁や昇任ばかり気にしてるCLやGLが増えたことです!!

 私の周りでも、過去に3回、2年11ヶ月満了した方が、4回目来て「こんなとこ二度と来たくない」と言って3ヶ月の満了を前に自主退職しました。仕事ができない若年正社員に暴言や暴力を振るわれ、CLやGLに言っても逃げてるだけで、逆に「期間工は正社員に虐められる為に全国から集まってる、人間のクズどもばかり」「社会のピラミッドの底辺にも満たない人間の集まり」とまで言われ、その日のうちに田舎に帰りました。

 同じ境遇の人間が山程いるのも知ってます。相談もできない、相談したらクビな会社にまた行きたいと思いますか?本社人事はこの事実を知らないですよ。だって「人間のクズ」の期間工の声なんて届くはずないんですから。(1月3日)

 (★3)派遣から期間工へ昨年切り替わりました。良い職場なので限定正社員でもいい、定年までいられたらどんなに嬉しいか。派遣から期間工へ変え満了前にはまた新たな派遣の受入が始まり‥こんな制度にした小泉政府が憎い。(1月3日)

 (★4)トヨタmと町にいます。真剣にどうすりゃ登用されんの? 身内がいないとだめなの? 30近いので魅力的な話だけどダメとわかってんなら 職安にいき続けけとかないとダメだし。合格した話、きかないし簡単に一年単位で話しされても また来年ってなぁ厳しいよね。これって言う合格の条件とかないのですかね? GLぽいひともコメントしてるし、管理人さんか誰か意見聞かせてください。明けましておめでとう BY満喫より 期間工です。(1月3日)
……

期間従業員 2013年7月
(地方から豊田市に到着した期間従業員のみなさん=土橋駅で2013年7月)


 3、6カ月の短期雇用で使い捨てられる、パワハラ・いじめを受ける、正社員登用されない、同じ仕事をしていても賃金が正社員に比べ低すぎる…トヨタで働く期間従業員のみなさんの切実な声にあふれています。

 オランダでは、正社員とパートタイムが同じ賃金だという「均等待遇」が原則になっていることをご存知ですか? 日本では、「均等待遇」が叫ばれながら、実現していないのが現実です。

 日本共産党は2003年に、「パート・有期労働者均等待遇法案」を発表しました。正社員と(期間従業員などの)有期雇用労働者の賃金など労働条件が、均等待遇になるよう求め、その実現のために奮闘しています。

 (★1)のコメントのように、「契約通りに行っているだけで違法じゃないよね」という意見があります。しかし、労働契約法は、「使用者は…必要以上に短い期間を定めることにより、その有期労働契約を反復して更新することのないよう配慮しなければならない」(17条)とうたっています。この条文に照らして、「違法じゃない」といえるでしょうか?

 期間従業員の雇用が、短期雇用で反復されている現状から考えると、もっときびしく規制する法律が必要ではないでしょうか。日本共産党は、一昨年7月の参院選で11議席に躍進して議案提案権を獲得しました。同年10月に、サービス残業には残業代を2倍にするなどの「ブラック企業規制法案」を国会に提出し、成立のために奮闘しています。

 昨年12月の総選挙で21議席に躍進し、議案提案権を獲得しましたから、おおいに頑張りたいと考えています。

 (★2)のコメントは社員の方のようですが、「暴言暴力だって許される」「人間のクズ」などというようなことがあったとしたら、とんでもないことであり、許されないことです。

 厚労省は、パワハラ行為として、暴行やひどい暴言、仲間外し、隔離、無視、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じる、私的なことに過度に立ち入ることなど「6つの類型」に分けています。パワハラをなくするために、トップが明確なメッセージを示すことなどが必要として、具体的な取り組みの例を明らかにしています。

期間従業員 募集広告
(トヨタの期間従業員募集広告。右上に「社員登用制度有り」とあります)

 (★3)のコメントのように、小泉政権など歴代自民党政権は、労働者派遣法の改悪をくり返してきました。安倍政権も今、一生涯ハケンのままになる労働者派遣法の改悪をねらっています。廃案に追い込みましょう。

 (★4)のコメントは、期間従業員の方が、正月に漫画喫茶から寄せられたものでしょうか? これまでも多くの期間従業員のみなさんが、「創意工夫提案を毎月3~5件出す」「工場の駐車場のゴミ拾いをする」「2直勤務後の深夜に駅伝の応援に行く」「QCサークルのリーダーになる」など、懸命に働いてきました。

 トヨタは、08年のリーマン・ショック前は、年間1000人前後の期間従業員を正社員に登用してきました。しかし、リーマン・ショック後は激減し、14年度は100人ほどしか登用しないといいます。

 トヨタには十数兆円の内部留保がありますが、その1%を取り崩すだけで、5万5967人の雇用を増やすことができる(国家公務員労働組合連合会の試算)のです。1000人ほどは簡単なことです。トヨタに、もっと登用を増やすよう、ともに声を上げようではありませんか。

期間従業員 | コメント(17) | トラックバック(0) | 2015/01/07 11:18

◎非正規雇用労働者が2000万人を超す

 日本の非正規雇用労働者が11月、ついに2000万人を突破し、2012万人になりました。総務省が12月26日に発表した「労働力調査」で明らかになりました。

 総選挙で安倍首相は、100万人雇用が増えたと胸を張りましたが、実態は非正規雇用が大部分でした。「労働力調査」でも、前年同月比で、非正規雇用が48万人増えた一方、正規雇用が29万人減りました。非正規の比率は38%に達しました。

 非正規労働者の問題に止まらず、年金など日本の社会が成り立つかどうかの政治、社会、労働の大問題です。日本共産党は、雇用は正社員が当たり前と、非正規雇用をなくすために国会で安倍政権を追及したり、労働組合などといっしょに運動をしています。

 私たちが働くトヨタ自動車でも、非正規雇用労働者は、生産部門で期間従業員、事務・技術研究部門で派遣労働者が働いています。正規雇用労働者が6万8240人、非正規雇用が9571人を数えます(14年3月時点)。

出退勤のトヨタ労働者と期間従業員らを乗せたバス
(出退勤のトヨタ労働者と期間従業員らを乗せるバス)

 期間従業員は、初回の契約は3カ月で、1回目の契約更新が3カ月、2回目から5回目が6カ月、6回目が5カ月で、最長で2年11カ月です。いつでも使い捨てられる細切れ雇用です。

 ブログ「トヨタで生きる」には、次のようなコメントが寄せられています。
……
 「期間工が続かない理由って、仕事がキツイ云々ではなく、人間関係の悪化が増えてませんか? …期間工を人間扱いできない会社体質が、今だに残っていることですね。これでは手当を10倍や20倍に積まれても、トヨタへ帰りたいとは思いません」

 「トヨタ自動車で半年で雇い止めをされました。おそらくGLからパワハラをされ相談窓口に相談したことが原因だと思います。必ず雇い止めなくしてください」
……

 期間従業員、派遣労働者のみなさん、相談事がありましたならブログのメールアドレス、toyotaman365@gmail.comへ連絡してください。秘密は厳守します。メールアドレス
期間従業員 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2014/12/28 17:58

◎トヨタ 期間従業員の「経験者手当」を増額

 トヨタ自動車は、期間従業員の「経験者手当」を増額しました。人口減などによる人手不足で、期間従業員が募集しても思うように集まらないために、長く働いてもらうことや引き留め策などとしてアップしたものです。

 トヨタは14春闘で、労組が日給の200円アップを要求したのにたいし、満額回答しましたが、それでも集まらないための処置と見られます。

期間従業員 経験者手当


 無料求人誌「TOWN WORK」によると、これまで「経験者手当」は、一律1万円でした。それを、6カ月以上の期間満了認定者で、6~12カ月満了の場合は1万円、18~30カ月満了の場合は7万円、35カ月満了の場合は10万円の「経験者手当」を支給するといいます。

 トヨタの期間従業員は、初回の契約は3カ月で、1回目の契約更新が3カ月、
2回目から5回目が6カ月、6回目が5カ月で、最長は2年11カ月です。

 最近は、職場に配属されてすぐやめる期間従業員も珍しくありません。秒単位の過酷な労働のためです。期間従業員が少しでも長く働いてくれることを期待して、「経験者手当」を少しずつアップしようというものでしよう。

期間従業員 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/11/24 19:10

◎正社員の有効求人倍率 0・68倍の現実

 「社員登用制度有り」――トヨタ自動車の期間従業員募集広告には、こう表示されている。2006年(暦年)の広告には、943人を登用したという実績が掲載された。

 さすがに、13年度は40人だったとは書けないからだろう。14年度は、100人以上にする方針だという。あまりにも少ない気がする。

正社員登用あり
(トヨタの期間従業員募集広告。右上に「社員登用制度有り」とあるが…)

 人手不足がいわれ、有効求人倍率が厚労省の直近(6月)の発表で、前月を0・01ポイント上回る1・10倍になった。都道府県別では、愛知県が1・57倍と東京の1・56倍を上回ってトップだ。

 東日本大震災の復興需要がある福島県の1・44や宮城県の1・25倍をも上回っている。最低の沖縄県は、0・68倍だ。円安でトヨタなどの自動車産業が活気づいている愛知県は突出している。

 景気が回復したといわれ勝ちだが、正社員だけの有効求人倍率は0・68倍だ。求人が増えたといっても、非正規雇用が中心だとするなら、決して喜べない。

 日本の非正規雇用労働者は、労働人口の4割に迫ろうとしている。年収が200万円以下のワーキングプアは1000万人を超えている。トヨタの期間従業員は、残業を月20時間やっても、年収は312~339万円程度である。

 正社員と非正規雇用労働者の賃金格差は広がるばかりである。トヨタの正社員の年収は、有価証券報告書(2014年3月期)では約794万円。同じ仕事をしても、期間従業員はその半分以下ということになる。

 企業トップと社員との格差もびっくりするほどだ。日産自動車のカルロス・ゴーン社長の役員報酬は9億9500万円(13年度)とたまげるほどの報酬を得ている。社員の年収は約767万円だから、129・7倍もの差がある。

 トヨタは、豊田章男社長の役員報酬が2億3000万円であるのに対し、社員は約794万円。日産ほどではないにしても、28・9倍の差がある。

 こんな格差社会がさらに広がっていったら、医療や年金、教育など日本の社会保障制度が崩壊してしまうのではないか。人手不足というのなら、トヨタをはじめ大企業には、率先して正社員の雇用を増やしてほしいものだ。

期間従業員 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2014/08/03 15:16

◎今こそ非正規雇用の雇用、労働条件アップを

 人手不足が深刻になるなか、大企業がこれまでの非正規雇用の使い捨てから一転して、囲い込みを始めています。本当に雇用や労働条件の改善につながるのでしょうか。

 無料求人誌「TOWN WORK」の7月21日号。裏表紙は、今週もトヨタ自動車の期間従業員募集広告でした。一番目立つこのページに、トヨタは長期にわたって募集広告を張っています。

 これまで、期間従業員を週200人程度採用できていたトヨタが、週70人程度へと激減する深刻な事態になっています。

タウンワーク
(「TOWN WORK」7月21日号)

 こうした人手不足は、リクルートホールディングスの実態調査でも、4~6月にアルバイトやパートの募集をした企業のうち、3割が予定人数を確保できなかったことでも明らかです。

 特に、小売業や飲食業で採用が難しくなっており、人材確保のために27%の企業が時給を引き上げています。5月の完全失業率は16年5カ月ぶりに3・5%に改善。有効求人倍率は約22年ぶりの高水準になっています。

 このため、大企業は人材確保のために、競って非正規雇用労働者を囲いこみ始め、労働条件も見直しています。

 ユニクロを傘下に持つファーストリテイリングは、地域限定社員制度を新設したのをはじめ、日本郵政グループも同様の制度を設け、契約社員4700人を地域限定社員にするといいます。

 支店も窓口業務などがほとんど契約社員といわれる三菱東京UFJ銀行。約1万1000人の契約社員の雇用を60歳まで保証するといいます。

 短期の有期雇用労働者を使い捨てていた大企業のこうした動きは、ほかの企業にも広がっています。背景には、日本が人口減少社会に突入し、労働人口が減ることが目に見えてきたからです。

 また、東日本大震災で東北復興のために、同地方に求人が集中していることや2020年の東京オリンピック開催によるブロジェクトが動き始めたことなどがあります。

 一方では、シャッター通りになった地方の商店街などには、こうした動きはほとんどないといわれています。

 トヨタは、期間従業員からの正社員登用を増やすことや手当などの労働条件を見直すことを明らかにしています。一時的な非正規雇用労働者の囲い込みに終わらせず、雇用と労働条件の大幅なアップが必要です。

 何よりも、”雇用は正社員が当たり前の社会に”にしていくことに、大企業は率先して動くべき時です。
期間従業員 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/07/30 17:49

◎たった100人か! トヨタの正社員登用

 トヨタ自動車は、期間従業員を募集しても集まらないという深刻ななかで、今年度は100人を超える期間従業員を正社員に登用する方針です。リーマン・ショック以前は、1000人前後を登用していたのに比べ、きわめて少ない人数です。

 このブログの7月3日にアップしたように、トヨタが期間従業員を募集すると、これまで週200人程度の採用ができたのが、このところは週70人程度へと3分の1に落ち込んでいます。

 中日新聞や日本経済新聞が7月4日付で伝えたところによると、トヨタは2014年度に、期間従業員からの正社員登用を100人以上にする方針です。13年度は40人でしたから2倍以上になるといいます。

 しかし、トヨタはリーマン・ショック時前の07年度には、過去最高の1250人を登用しました。その前年の06年(暦年)は943人を登用した、と募集広告で明らかにしていました。

期間従業員 20140528
(期間従業員らを乗せて送迎するトヨタのバス=2014年5月28日)

 それに比較すると、現在4000人ほどいるといわれる期間従業員のなかから、今年度の登用予定が100人程度というのは、きわめて少ないものです。「景気回復を背景に製造業の現場では人手不足が続く見通し。正社員登用を進めて即戦力を確保し、ものづくりの競争力を保つ」(日経新聞)と指摘されているように、トヨタに期間従業員が集まらないための打開策とみられています。

 「職場の管理監督者の推薦があれば、原則登用する」(日経新聞)ともいいます。ところが最近でも、現場のGLらの強力な推薦があり、周りからも登用は当然とされていた優秀な期間従業員を登用しませんでした。その期間従業員は、傷心のままトヨタを去りました。

 ある正社員が指摘します。
「これまでトヨタが募集すれば、必要な時に、必要な人数だけ期間従業員を集めることができた。ところがリーマン・ショックでたくさんの期間従業員を雇い止めにした。もう2度とトヨタには行かないと語っている元期間従業員がいる。こんなトヨタの雇用のあり方そのものが問われている」
期間従業員 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/07/06 10:15

◎深刻! 期間従業員が集まらない これまでの3分の1に

 トヨタ自動車が深刻な人手不足になっていることが6月25日に開かれたトヨタとトヨタ労組との生産問題懇談会で明らかになりました。組合の「評議会ニュース」(7月2日号)が伝えています。

 それによると、期間従業員は、これまでに週200人程度採用していたものの、最近では週70人程度と3分の1に落ち込んでいること。10万円の特別手当を支給しても、厳しい状態である――と会社側は報告しました。

 このため、会社側は次のような手立てをとるとしています。

 ①期間従業員の採用拡大に向けて、必要に応じて手当面などの条件を見直す。定着率向上にも取り組む。
 ②例年夏に実施していた大卒の実習を、期末の生産増になる1-3月に時期を変更する。
 ③トヨタグループ間で、人員を最大限活用するため、ボデーメーカーと「要員調整会議」を新設する。

 さらに、消費増税駆け込み需要だった今年1~3月に行った、タクトダウンによる要員確保も状況によっては行いたいとのべました。

タウンワーク 6月30日号
(無料求人誌「TOWNWORK」の裏表紙。トヨタの期間従業員募集広告で、10万円の特別手当の支給をうたっています=6月30日号)

 トヨタは、14春闘で期間従業員の日給を、労組の要求通り満額の200円アップしました。その後、いすゞ(100円アップ)やトヨタグループの日野自動車(500円アップ)などでも期間従業員の賃上げが続いているため、さらに日給の引き上げが迫られているものです。

 グループ間での応援、受援は、すでにトヨタから日野自動車への応援などが始まっていますが、「要員調整会議」を新たに設け、毎月開くとしています。

 トヨタはこれまで、生産の調整弁としての期間従業員を、必要な時に、必要なだけ集めてきました。必要でないとみると、2008年のリーマン・ショック時のように6000人以上の期間従業員を雇い止めしました。

 期間従業員の募集にあたって、「仕事はキツイですか?」との質問に、「決して楽ではありません」と答えるなど、厳しい仕事の上に、最長でも2年11カ月で雇い止めされます。リーマン・ショック時にはわずか6カ月で雇い止めされた期間従業員もいました。

 今回の深刻な人手不足は、こうした非正規雇用労働者の使い捨ては、大きな曲がり角にたっていることを示しています。労働人口が減り続けるなか、「雇用は正社員が当たり前」の立場に立つことが必要でしょう。
期間従業員 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/07/03 09:20

◎生産人口減と人手不足

 トヨタ自動車では、プリウスを生産している堤工場などから、トヨタグループのトラックメーカー、日野自動車へ社員が応援に出ています。応援期間は3カ月といわれています。

 その日野自動車では、6月から期間従業員の日給を500円アップしました。同社の14年度の経営見通しでは、「人手不足の足かせはある」などと書くように、人手不足が深刻になっています。

 東日本大震災の復興事業、東京オリンピックの2020年開催でオリンピック関連事業や、それをあてこんだ建設事業が動き出す、さらにリーマン・ショック後の景気循環・回復で、小売りやサービス、建設関係などで、非正規雇用労働者の奪い合い、人手不足がいわれています。

 その典型例が、正社員の離職率が高くブラック企業といわれたユニクロが、パート社員を地域限定の「地域正社員」化に動き始めたことです。

 NHKの「クローズアップ現代」は、2回にわたって「人手不足 見直し迫られる企業の戦略」を放送しました(6月11、12日)。自動車部品会社で、派遣労働者が相次いで退職している、郵便局がパート募集したが集まらない…など人手不足の実態を放送しました。

 同番組で指摘していたように、日本の生産年齢人口(15~64歳)は、1995年の8726万人から、2030年には6773万人と2000万人も減ると予測されています。

 深刻な少子化のもとで、生産年齢人口は減り続けているのです。それが、現在、顕在化し始めているのです。番組で居酒屋チェーンの幹部は、「(これまでの)使い捨てという形の従業員雇用はしていけないし、していかない」と反省を込めて語っていたことが印象的でした。

 非正規雇用労働者を、時給1000円以下の低賃金で働かせ、物のように使い捨てきた日本の企業戦略が、生産年齢人口減で、いま見直しを迫られているのです。

 トヨタ自動車も、無料求人誌「TOWNWORK」に毎週のように、一番目立つ裏表紙に「期間従業員募集」の広告を掲載してきました。さらに、「特別手当 10万円支給」や日給を200円アップして募集しています。

トヨタ 期間従業員募集 広告


 居酒屋チェーン幹部がいうように、これまでのような使い捨てをやめ、希望する期間従業員を正社員に登用することなどが必要ではないでしょうか。これまでの企業戦略は、見直しを迫られているのです。
期間従業員 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/06/15 19:30

◎トヨタに続いて 期間従業員の日給アップ、広がる

 トヨタ自動車は2014春闘で、トヨタ労組が初めて要求した期間従業員の日給200円アップに満額回答しました(3月)。トヨタに続いて、いすゞ、日野自動車でもアップが続いています。

 トヨタグループで、トラックを生産している日野自動車は、6月1日入社の期間従業員から、日給を500円アップしています。日野での期間従業員の経験年数により、日給が9000円だったのが9500円に、9500円だったのが1万円になりました。

日野 期間従業員 日給アップ
(6月1日より、期間従業員の日給を500円UPするとした日野自動車の広告)

 同じトラックメーカーのいすゞでも、5月に臨時従業員の基本日給を、9000円から9100円に100円引き上げました。

 トヨタでの日給アップが、自動車産業に広がっています。いすゞでは、非正規労働者らでつくる全労連JMIU(全日本金属情報機器労組)いすゞ自動車支部が、14春闘で全労働者の賃上げを求めていました。

 また、トヨタが無料求人誌に毎週のように期間従業員募集の大きな広告を出すように、人手不足も背景にあるといわれています。

 私たち日本共産党トヨタ自動車委員会は、ブログ「トヨタで生きる」で、正社員とともに組合員であるシニア期間従業員(2年目から)の賃金アップ(13春闘では時給100円アップを提案)を組合が要求すべきだと主張してきました。

 いまや労働者の4割近くにもなった非正規雇用労働者の賃上げの流れを、さらに大きくしようではありませんか。

                ◇

 この記事は、6月11日アップの予定でしたが、都合により前日にアップしました。
期間従業員 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/06/10 19:42

◎デンソー期間従業員 6カ月間のクーリング

 トヨタ自動車の最大の関連会社、デンソーは期間従業員の募集にあたって、クーリング期間が6カ月必要だと明示しています。トヨタでは、こうしたことが明示されていません。

 期間従業員などの有期雇用は、労働基準法14条で、原則として上限は3年となっています。このため、トヨタでは、初回契約を3カ月、1回目の契約更新を3カ月、2~5回目の契約更新を各6カ月、6回目を5カ月、合わせて最長で2年11カ月としています。細切れ契約で、いつでも雇い止めができるようにしています。

 3年に1カ月足りませんが、この1カ月をクーリング期間とされてきました。3年を続けて契約更新すれば、期間の定めのない契約となり、企業に引き続き雇用義務が発生するからです。

デンソー クーリング
(デンソーの期間従業員募集。クーリング期間が6ケ月必要と明示しています)

 デンソーのネットによる期間従業員募集では、「弊社経験者については、直近の退社日から次回入社日までに6ケ月のクーリング期間が必要となります」と明示しています。

 その上で、今年1月9日に退社した例をあげ、6カ月に満たない7月9日の入社は「不可」であり、7月10日入社は「可」とわざわざ書いています。クーリング期間を明示して、期間の定めのない雇用にいたらないようにしているものと思われます。

 デンソーは、この6月も愛知県や三重県、沖縄県などで期間従業員を募集しています。デンソーの期間従業員は約5400人で、そのうちの3割は沖縄県出身といいます(朝日新聞、5月31日付)。
期間従業員 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/06/08 10:12

◎いすゞでも臨時従業員の日給を引上げ

 トヨタ自動車に続いて、いすゞ自動車でも、期間従業員など臨時従業員の日給を100円引き上げることになりました。「しんぶん赤旗」が5月19日付で伝えています。

 いすゞには、非正規労働者らでつくる全労連JMIU(全日本金属情報機器労組)いすゞ自動車支部があります。同支部が春闘で、全労働者の賃上げを行う、臨時従業員を2年11カ月で雇い止めするのをやめ正社員化する――などを求めていました。

いすゞ 臨時従業員募集
(いすゞの臨時従業員募集広告)

 いすゞは5月14日、臨時従業員の基本日給9000円を9100円へ100円引き上げると回答しました。月額で2000円以上の引き上げになります。

 トヨタでは14春闘で、トヨタ労組が同労組の組合員である、2年目の期間従業員(シニア期間従業員)の日給を200円引き上げる要求を会社に提出。会社は満額回答しました。非組合員の1年目の期間従業員の日給も引き上げるとしました。

 期間従業員の日給は、1年目は9000~9800円。2年目は1万円、3年目は1万300円です。これが200円引き上げられます。月額約4000円の引き上げになります。

 期間従業員は、昨年11月末で4100人在籍しており、喜びの声があがりました。

 トヨタ労組が、組合員であるシニア期間従業員の日給の引き上げを要求したのは初めてのことでした。このブログ「トヨタでいきる」では、昨年の13春闘で、「13春闘 置き去りにされた期間従業員」をアップし、期間従業員の日給の引き上げを提案してきました。
http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-962.html

 トヨタに続いていすゞでも期間従業員、臨時従業員の賃金が引き上げられたことは、4割にも迫った非正規雇用労働者の賃上げの流れをつくるものです。

トヨタ 期間従業員募集
(トヨタの期間従業員募集広告。すでに日給は200円アップしています)
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/19 09:27

◎元期間従業員に会った

 大型連休中に、熊本県など九州へ旅行に行った。そこで、元期間従業員のAさんに会った。08年のリーマン・ショック時に、わずか6カ月契約で雇い止めになった50代の人だ。よくラーメンなどをいっしょに食べに行った。

 リーマン・ショック時、トヨタは、期間従業員6000人以上を雇い止めにした。故郷に帰ったAさんだが、不況で仕事が見つからない。年齢のこともある。あのころAさんに電話すると、「もう死にたい」と落ち込んでいた。

九州


 あれから6年。Aさんは、何んとか正社員の仕事につけた。しかし、どれだけ頑張っても、どれだけ残業しても月に17~18万円しかにならないという。そこから税金、社会保険料が引かれる。

 さらに家賃5万円、水道代、電気代、携帯代…2~3万円が食事代だという。「50すぎたら仕事なんぞ選んでおれんとよ。食いぱぐれてしまう。あと数年すれば、年金ばもらえるとよ。そんが楽しみよ。65まで満額にならねえから、働かんかなんねえけど、あとひとふんばりだ」と語る。

 雇い止めされた後の09年秋、トヨタは期間従業員の経験者を再募集した。Aさんも応募したが、直前になってあきらめた「トヨタまで行く旅費がなかった。後でもらえるが、なかった。また短期間で切られる不安があった」という。

 Aさんに会って、“体に気を付けてね”としか声をかけられなかった。あの6000人期間従業員切りで、どれほど多くの期間従業員が傷ついたことか…。Aさんに会った後、コンビニで無料求人誌を見た。

期間従業員 募集


 裏表紙1面を使ってトヨタは期間従業員を募集している。こんなところまで、トヨタは“人買い”にきているのだ。ゴールデン・ウイーク特集で分厚かった。ぱらぱらめくった。サービス業はあっても、地元にある大企業のNECやホンダが募集している様子はない。トヨタ関連のダイハツはあった。トヨタの募集は群を抜いていた。

期間従業員 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/05/14 08:44

◎トヨタ 続く期間従業員募集 人手不足?

 トヨタ自動車のある職場の4月のこと。CL(チーフ・リーダー、係長クラス)が出張に出かけました。職場では、「期間従業員の募集のための出張なのか?」といわれています。

 職場では、「期間従業員がなかなか集まらないのか?」「辞めてしまうのか?」ともいわれています。実際、大型連休終わりの5月6日から連日、豊田市内のホテルや名古屋駅前のビルでは、期間従業員の選考会が開かれます。

 北海道や沖縄でも、選考会の日程があります。無料求人誌「TOWNWORK」は、毎週のように、トヨタの期間従業員の募集広告を、裏表紙全面を使って掲載しています。もっとも目立つ場所です。

期間従業員 募集
(トヨタの期間従業員の選考会日程=ホームページから)

 厚生労働省が5月2日に発表した3月の有効求人倍率は、1・07倍。6年9カ月ぶりの高水準といいますが、中身は非正規雇用が中心です。東日本大震災からの復興や東京オリンピックに向けた建設関連では、3倍前後と人手不足が目立つといいます。

 飲食関係は、長時間労働などでブラック企業と呼ばれるところが多いために人が集まらず、玄関に「人員不足の為 閉店しています」「本日 人員不足の為 15時で閉店です」というポスターを張り出す店もあります。

 ”人材争奪戦”ともいわれほどです。トヨタは、3カ月満了で慰労金と報奨金を合わせて9万1500円を支払います。6カ月満了だと32万9400円を支払います。これに加え、「特別手当」として10万円支払います。

 日本のトップ企業・トヨタも期間従業員の募集では苦戦しているようです。慰労金などだけではなく、正社員の登用をもっと増やすとか、登用人数を明らかにするとか、期間従業員が働きがいのあるようにすることが必要ではないでしょうか。

期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/05 11:45

◎トヨタの「2年11カ月」問題

 トヨタ自動車は、期間従業員の雇用期間を、初回は3カ月契約にしています。この後、「会社の生産見通し、その他業務量」「本人の勤務成績・態度、能力、健康・体力」を「総合的に考慮」し、「更新が必要と判断した場合に限り」、「契約を更新する場合あり」としています。

 1回目の契約更新は3カ月、2~5回目が各6カ月、6回目が5カ月で、最長で「2年11カ月」としています。合計で7回もの細切れ契約になっています。「生産の見通し」などで、いつでも雇い止めできるものです。

 トヨタは、2008年のリーマン・ショック時に、この手法で6000人以上の期間従業員を雇い止めしました。この「2年11カ月」は、トヨタ方式とよばれ、今や自動車各社から全産業に広がっています。

 こんな労働契約でいいのか――日本共産党の山下芳生(よしき)参院議員が11月5日の参院内閣委員会で取り上げました。大企業では、勤続3年の雇用期間の直前で雇い止めし、新規募集の期間従業員(期間社員)と入れ替える方法が横行していること、法律で通算5年を超えると正社員への登用をしなければならないからです。

 山下議員は、安倍首相が参院予算委員会で、大切なことは正規になりたい人にはチャンスが開けている社会をつくっていくことではないか、とのべたことを引用して質問しました。

いすゞの期間社員募集広告
(いすゞのネットでの期間社員募集広告)

 具体的事例として、いすゞで派遣労働者として働きながら、リーマン・ショック時に派遣切りされた後、他の会社で派遣労働者として働き、ふたたびいすゞで期間社員として働いているAさん(33)について取り上げました。

 Aさんは、2011年3月から3カ月契約を10回更新し、3年近く働いていること。派遣期間を入れればいすゞで6年間働いてきており、時には正社員に仕事も教えているほどだといいます。

 ところが今年の夏以降、Aさんの周りの期間社員が勤続3年を前にして次々と雇い止めされていること、その一方でいすゞが大量の期間社員を募集していると山下議員は指摘しました。

 その上で、体力も仕事もある大企業が労働者を使い捨てにしていいのか、日本全体でこのようなことが許されれば、▽労働者の生活設計が成り立たない、▽企業にとっても技術の伝承ができない、▽日本経済もデフレ不況から脱却できない――などと指摘。総理や官房長官が出席する「政労使会議」などで問題提起するよう求めました。

 委員会には安倍内閣の菅義偉官房長官が出席。菅長官は、「非正規労働者が安心して仕事につけるよう、この中(政労使会議)の課題にする」と答弁しました。

 「2年11カ月」問題が国会で取り上げられ、政労使会議の課題にするとの政府答弁を引き出したことは大きな成果です。日本共産党は、トヨタの期間従業員のみなさんが正社員として登用されるために、引き続き頑張ります。

期間従業員 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/11/19 09:48
 | HOME | Next »