FC2ブログ

◎維新 “身を切る”のではなく、自分あてに“領収書を切る”の巻

 日本維新の会の国会議員が、税金が原資の「文書通信交通滞在費」(文通費)を、自分あてに領収書を出し、自分の政治団体に寄付していたことが問題になっています。

 「しんぶん赤旗」日曜版(7月21日号)が詳しく取材した結果、同党のおはこ(十八番)で、参院選で盛んに使っている「身を切る改革」なるものが、まったくのデタラメだったことがわかりました。

 日曜版によると、国会議員の歳費とは別に、毎月100万円が税金から支給されます。日曜版の取材でわかったのは――。

70 日曜版 維新 領収書


 維新が受け取った文通費(維新が公開している文通費の使途報告書の2015年10月~19年3月分の合計)は、計約7・6億円。議員が自分あてに領収書を出し、自身が代表の政党支部や資金管理団体に寄付していたのは、7割超の約5・7億円にのぼりました。

 衆参両議員21人中5人は80%以上で、3人は90%を超えていました。たまたま1人というのではなく、組織的に行っていたのです。

 このうち、森夏枝衆院議員(比例近畿ブロック)は3月、文通費から100万円を自身の関係政治団体に寄付していました。文通費の使途報告書の内訳には「選挙費用として」と記載しています。

 日曜版が森事務所に質問(7月9日)すると、「選挙ではなく、『借入金返済他活動費』に使っていた」と回答しました。あわてた事務所は、翌10日に使途報告書を訂正したのです。

 文通費は、選挙にも借入金の返済にも使えないはずです。実際は、何に使っていたのか? 参院選で、「身を切る改革」などと言いながら、目的外に使って恥じないのが維新です。

 私たち国民1人当たり250円もの税金を政党助成金(年間約320憶円)として日本共産党以外の政党に支給されています。維新が13年から今年4月までに受け取っていた政党助成金は、何と119憶円にものぼります。

 昨年は約13憶900万円で、議員1人あたり5000万円を超えます。「身を切る」というのなら、日本共産党にならって返上すべきでしょう。維新の「身を切る」がいかにデタラメかは政党助成金を見ても明らかです。
スポンサーサイト
2019参院選 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/07/18 21:09

◎参院選終盤 「最後まで頑張るものが勝つ」

 安倍首相の9条改憲を許すか、それとも断念させるか。今回の参院選挙の争点の大きな1つです――日本の命運がかかった参院選(7月21日投票)は終盤に入りました。

 新聞各紙は、政党と候補者の議席数と当落の予想を競って掲載しています。 日本共産党の志位和夫委員長は15日、ツイッターに投稿しました。

……
今日、いろいろな選挙予測が出ていますが、私の衆院初挑戦の選挙(93年、中選挙区旧千葉1区)は、当時、書記局長でしたが、投票日4日前にNHKが予想した私の当選確率は「1%」。でも地元のみなさんの懸命の大奮闘で押し上げていただきました。最後まで頑張るものが勝つ。これが選挙戦の鉄則です!
……

 えっ、終盤の当選確率「1%」をくつがえした! すると93年の旧千葉1区選挙結果の表を投稿してくれた人がいました。

 「1020票(得票率0・1%)を積み上げて、自民の議員に競り勝ったんですね」

旧千葉1区


 「野田佳彦」! 後に首相になった候補者もいたし、志位さんはなんと38歳だった! 新聞の予想に一喜一憂することなく、「最後まで頑張るものが勝つ」ということを示した表です。安倍政権を退陣に追い込むために、日本共産党と野党統一候補に大きなご支援を!
2019参院選 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/07/17 21:15

◎東京の吉良よし子、大阪の辰巳孝太郎 若き現職の訴え

 参院選(7月21日投票)で、日本共産党の東京の吉良よし子(36)、大阪の辰巳孝太郎(42)の両現職候補が、東西の2大都市で激しく議席を争っています。6年前に30代でさっそうと登場した2人。

【たつみコータロー候補】

 たつみコータロー候補が7月15日、大阪のあべのキューズモール前で、涙ながらに訴えた演説の動画がツイッターに投稿され、話題になっています。
https://youtu.be/sBikKdgeR2s

 この6年、地元・大阪の森友疑惑やコンビニの24時間営業問題など約200回の質問を、国会で安倍自公政権にぶつけてきたコータロー候補。そのなかで一番印象に残ったのが、銚子市の母子無理心中未遂事件だったと語ります。

 これを見た有権者からは共感の投稿が相次いでいます。

コータロー 涙の訴え


……
 感極まり嗚咽するたつみコータロー。彼は、デモや抗議等、様々な現場で、さりげなく頭数として参加し、一緒になることがある議員。何としても国会へ送り込まなくてはならない一人だ。動画は必見。

 他人のために泣き、他人にために怒ることができるたつみコータローさん。接するほどに、知るほどに、日本の宝ってのは全然大げさじゃ無いと感じます。辰巳さんが国会にいることで、今苦しんでいる人たちにとってどれほどの救いになるか。社会がどれだけましになるか。
……

 ところが日本維新の会の足立康史衆院議員が、「共産党は綺麗事ばかり言って、たまには良いことも言うが、やっていることは話にならない」などとツイッターで攻撃。コータロー候補は、直ちに反論。「政治は、法律は、弱者のためにあるんです」、と。

 大阪選挙区は、こんな維新が2人を立て4議席の半分を占めようとしています。激戦の大阪で、「格差と貧困をなくす」とコータロー候補は力をふりしぼって訴えています。

【吉良よし子候補】

 前回の参院選で、30歳で当選した吉良候補。1児の母親となって訴える姿は、聴衆に勇気と元気を与える演説として評判です。
https://www.youtube.com/watch?v=1rwAVKNMJ4c&feature=youtu.be

 早稲田大学で学んでいる時、就職氷河期時代でした。60社受けて内定を得たのはわずか1社でした。その体験から、「若い世代が希望をもてない社会を変えたい」と政治家を志し、青年の労働問題を数多く取り上げてきました。

50 吉良演説


 国会で「過労死を生む働かせ方をなくせと言い続けてきた」とのべ、安倍首相に迫って実現したのが違法な働かせ方をするブラック企業の名前を公表させることでした。

 「『厚労省 ブラック企業 書類送検』で検索してください」と呼びかける吉良候補。「ブラック企業の社名公表は400社以上。社名公表を避けるために裁量労働制をやめる企業も出てきました」と語ります。

 「あなたの声を政治に届け、社会を変える議席。これが吉良よし子、日本共産党の議席です」とのべ比例区での日本共産党の躍進と東京選挙区での自身の再選を訴えています。
2019参院選 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/07/16 18:18

◎動画で日本共産党応援 内田樹氏ら

 参院選(7月21日投票)では、思想家で神戸女学院大名誉教授の内田樹氏が日本共産党を応援する動画に登場しています。他にも慶応大学の小林節名誉教授、同志社大の浜矩子教授らが応援しています。内田氏の応援を紹介します。

 みなさんこんにちは。内田樹です。今回は日本共産党の応援のために一言、ここで申し上げることになりました。今、日本の議会制民主主義は、僕は危機的状況になっていると思うんですけれども。それはともかく、国会という国権の最高機関の威信が日々低下しているということですよね。

 長期にわたる審議拒否とか、実際の委員会における質問に対する木で鼻をくくったような答弁とかですね。多数を持っている政権与党が、ほとんど政治ショーのような感じで、アリバイ的に国会の審議を行って、一定の審議時間が終わったら強行採決するということがくり返されている。

50 比例は内田樹


 そういうことが起こるたびに、国会の威信がどんどん低下している。でも、国会の威信が低下している最大の理由は、投票率が低いからですよね。投票率が低いということは、国権の最高機関が国民から信託されていないということになっている。

 結果的に立法府の威信が下がって、行政府の威信が向上していくというかたちで、法律の制定者と法律の執行者が同一という独裁制にどんどん近づいている。

 僕がみんなにお願いしたいのは、とにかく投票してください。投票するということは、国会に対して信認の1票投じる、民主主義に1票を投じることなんです。

 僕が共産党を応援するのは、彼らが国会の威信というものをとても大事に思っているということです。国会で審議にあたったときのマナーですよね。僕は、マナーの良い政治家、彼らのマナーっていうのは、国会という審議の場に対する、その場が十分な知的な威信を、文明的な威信を持つべき場所であるということを、非常によく考えたうえで発言されているということにたいし、僕は強い共感を覚えているわけです。

50 内田樹 希望ある明日に


 ぜひ今度の選挙では、とにかく投票してください。そして、できることだったら僕が応援している日本共産党にもよろしくお願いします。

 #Hope for tomorrow
希望ある明日に

内田氏の応援動画は、次のアドレスで見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=fa1p7xEExIc
2019参院選 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/15 15:48

◎3連休初日に豊田駅でスタンディング

 参院選も後半に入った。3連休初日の13日、日本共産党豊田市後援会は豊田市駅のデッキで、プラスターを並べメガホン宣伝を行った。

メガ2 (1)


 朝から小雨が降っていたが、デッキ上は屋根があるため、ぬれずに訴えることができた。

メガ2 (2)


 この日は、「武器よりくらし、戦争に行くより選挙に行こう」の横断幕が加わった。安倍首相が、「憲法を未来に向かって議論する政党か、議論すらしない政党を選ぶのかを決める選挙だ」などとさけんで、9条改憲を争点にしようとしているからだ。

 それだけに、この横断幕はそれへの反撃だ。トランプ米大統領言いなりに、F35を105機、1兆円以上爆買いし、9条を変えて日本を戦争ができる国にしようとする安倍自公政権を、退陣に追い込むには1人ひとりの1票が力になるという訴えである。

法定ビラ1号

メガ5


 日本共産党の法定ビラ1号を配布した。ピンクの豚のイラストを描き、「共産党は提案します 減らない年金」と訴えている。「マクロ経済スライド」で年金を7兆円も削減しようとする安倍自公政権に対する日本共産党の提案だ。

 それは、▽高額所得者優遇をただして1兆円、▽200兆円の年金積立金の計画的取り崩し、▽現役世代の賃上げ、正社員化で保険料収入を増やす――という前向きの対案である。

 法定ビラの受け取りはよかった。

メガホン3 (1)

メガ4 (1)
2019参院選 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/07/14 15:15

◎憲法への国民の関心は9番目なのに9条改憲とは

 安倍首相は参院選で、先の悲惨な大戦をふまえて戦力を持たず、戦争を放棄した憲法9条を変えて、日本を戦争ができる国にすることを、巧妙な言い方で訴えています。

 「憲法を未来に向かって議論する政党か、議論すらしない政党を選ぶのかを決める選挙だ」

 天にツバするとは、このことでしょう。昨年秋に、野党が憲法に基づいて臨時国会を開くよう求めたのに、開きませんでした。今年の通常国会では、予算委員会の開催を求めたのに開きませんでした。

 国政の重要問題な問題が起きているのに議論すらしないのに、よくもこんなことが言えるのか。そんななか日経新聞(7月12日付)は、「憲法論議、関心低い世論」の記事を掲載しています。

 「6月末の日経調査をみると改憲への有権者の関心は薄い。『参院選でどの政策を重視して投票するか』を複数回答で聞くと、トップは『年金・福祉など社会保障政策』の54%。憲法改正は10あげた選択肢のうち9番目で13%にとどまった」

日経 憲法 世論調査
(日経新聞、7月12日付から)

 国民は、憲法に関心が薄く、しかも最近は憲法「改正」より「現状維持」が多い(表)というのが、日経の世論調査でも明らかだといいます。安倍首相が、9条改憲の旗を振れば振るほど、国民は警戒感を強めているのです。

 日経も指摘するように、自民党の参院選公約では、「早期の憲法改正を目指します」と「早期」という表現を盛り込んでいます。9条を改憲し2020年に施行する――とスケジュールまで示した安倍首相の焦りが表れています。

 自民党は参院選公約に、「自衛隊の明記」を掲げています。安倍首相は、何も変わらないとくり返しのべています。日本共産党は参院選公約で次のように、その危険なねらいを指摘しています。

……
 自民党の9条改憲案には、二つの大問題があります。

 第一は、戦力不保持と交戦権の否認を掲げた9条2項の後に、「前項の規定は、...自衛の措置をとることを妨げない」としたうえで自衛隊の保持を明記していることです。そうなれば2項の制約が自衛隊に及ばなくなります。2項は「立ち枯れ」「死文化」し、海外での無制限の武力行使が可能となってしまいます。

9条改憲反対署名
(安倍9条改憲反対署名をする青年=豊田駅前で)

 第二は、憲法に明記する自衛隊の行動について、「法律で定める」としていることです。ここにも、ときの政府と多数党の一存で、これまで憲法との関係で「できない」とされてきた自衛隊の行動を無制限に拡大できる仕掛けが盛り込まれているのです。
……

 その上で、「安倍9条改憲に反対し、断念に追い込みます」と訴えています。それは国民多数の願いだからです。
2019参院選 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/13 21:33

◎安倍退陣へ野党共闘 3題

 違憲、違法、改ざん、隠ぺい、廃棄、虚偽答弁、忖度、民意無視…こんな安倍自公政権を退陣へ――参院選は中盤に入り、全国32の1人区すべてで野党共闘が成立したことで、その力を発揮しています。

(1) 枝野立民代表と小池共産党書記局長 共産党公認の福井で応援
 
 野党統一候補で唯一、日本共産党公認になった福井選挙区。山田かずお候補の応援のために立憲民主党の枝野幸男代表が7月10日、福井市での日本共産党演説会に駆け付け、小池晃書記局長と3人で手を高々と上げました。

福井県で枝野代表 小池書記局長
(左から立憲民主党の枝野幸男代表、山田かずお福井選挙区候補、日本共産党の小池晃書記局長=7月10日)

 「しんぶん赤旗」(11日付)は、枝野代表の応援について次のように報じました。

 「立憲主義という当たり前の大前提が壊されている。4党・1会派、考えている部分に違いがあっても、憲法というルールの下でわれわれは政策を競い合う。その大前提を守るために、連携・協力するのは当たり前のことだ。立憲主義を守る、民主主義を守る、国民生活を守る。国民の生活を防衛するための連携を32の1人区でしている」

 「山田かずおさんの選挙をはじめとして1人区で、生活を守る、民主主義を守る、立憲主義を守る、その旗の下、大きな成果を挙げて、もう『安倍一強』とは言わせない。ぜひ、この福井では山田かずおさんを皆さんの力で押し上げていただいて、一緒に生活を守る、そのたたかいを前に進めてまいりましょう」

(2) 奈良県で連合会長勝利へ日本共産党の山下副委員長

 奈良県王寺町のJR王寺駅前で10日、奈良選挙区の西田一美候補(奈良連合会長)と日本共産党の山下よしき副委員長(比例代表候補)、鎌野祥二比例代表候補の3人が高々と手をつなぎ聴衆の声援に応えました。

 鎌野候補は、当初、日本共産党の奈良選挙区の候補でしたが、野党統一のために選挙区候補を辞退し、比例代表候補に回りました。地方連合会長が野党統一候補になったのは、3年前の参院選でもなかったことで、これが初めて。

 西田候補は、「命を大切にする政治を取り戻すために最後まで頑張ります」と訴えました。

50 西田候補 王寺駅
(左から日本共産党の山下よしき副委員長、西田一美奈良選挙区候補、日本共産党の鎌野祥二比例代表候補=7月10日)

 (3)「野党統一候補」のシールをポスターに

 野党は、ポスターなどに「野党統一候補」と貼るためのシールを作成しました。野党統一候補ながら、たとえば奈良県の西田一美候補のように、無所属のためにわかりにくいという声が上がっていました。

 シールを貼ることで有権者に、「野党統一候補」だということがわかってもらおうというものです。シールは、縦10㎝、横5㎝で赤い字で印字されています。
2019参院選 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2019/07/12 17:05

◎すやま初美候補の個人演説会 トヨタ労働者の願いを国会へ

 参院選挙(7月21日投票)が中盤になった7月10日(水)、豊田産業文化センターで日本共産党の愛知選挙区候補、すやま(須山)初美個人演説会が開かれた。

 平日の夜にもかかわらず150人近くの人が参加した。

 島津幸広・前衆院議員(比例東海ブロック候補)と根本みはる豊田市議が、参院選の情勢やすやま候補の人柄などについて紹介し、訴えた。

須山2 20190710 (2)

須山2 20190710 (1)


 すやま候補は、「くらしに希望を」と日本共産党の「3つのプラン」について訴えた。自分自身の経験を語りながら、「なんとしても今回は国会に行って、みなさんの要求を届け頑張りたい」と呼びかけた。

 「3つのプラン」のうちの1つが「8時間働けばふつうに暮らせる社会に」だ。そのなかには、トヨタの労働者の切実な願いがふくまれている。

 ・最低賃金 時給1500円へ
 ・「残業代ゼロ」制度の廃止
 ・正規雇用があたりまえのルールを

須山3 20190710


 すやま候補は、トヨタの工場門前やテクニカルセンター前などで何度も労働者に訴えてきた。

 18年2月21日には堤工場門前で訴えた。自身が広告会社で、デザイナーとして裁量労働制で働いた経験があるだけに、安倍政権が「働き方改革」などといって、虚偽データまで使って営業職にも拡大しようとしている法案を撤回するよう求めた。

 18年7月17日には、トヨタのテクニカルセンター前で訴えた。安倍自公政権が「残業代ゼロ」制度(高度プロフェッショナル制度=高プロ)をふくむ「働き方改革」一括法の成立を強行した後、「トヨタの職場に高プロを導入をさせないようにしましょう」と退勤する労働者らに呼びかけた。現在まで、トヨタに「残業代ゼロ制度」は導入されていない。

須山 テクニカルセンター
(トヨタのテクニカルセンター前で、「残業代ゼロ制度」をトヨタに導入させないようにしましょうと訴えるすやま初美候補=左から2人目の後ろ姿。18年7月17日)

 トヨタでは、非正規雇用の期間従業員が働いている。最長2年11カ月で雇い止めされる。2008年のリーマン・ショック時には6000人以上の期間従業員が雇い止めされた。「正規雇用があたりまえのルールを」は、トヨタにこそ適用されなければならない。20兆円を超える内部留保があるのだから。

 労働者の切実な願いに寄り添い続けてきた、すやま候補を国会へ送るために頑張りたいと思った。
2019参院選 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/07/11 15:55

◎参院選公示 「安倍政治サヨナラ」の審判を

 違憲、違法、改ざん、隠ぺい、廃棄、虚偽答弁、民意無視――ありとあらゆる形容詞を付けても足りない安倍政権の6年半。「安倍政治サヨナラ」の審判を下し、国民の誰もが希望を持ち、安心してくらせる日本をつくるための参院選挙が7月4日、公示されました。

 トヨタ自動車で働くみなさん! 「市民と野党の共闘」で安倍政権にサヨナラをする参院選にしようではありませんか。そのために日本共産党に大きな支持をお願いします。

 日本共産党の志位和夫委員長は同日、東京・新宿駅西口で第1声をあげました。このなかから、「くらしに希望を――三つのプラン」との憲法9条の改悪のねらい、「市民と野党の共闘」について紹介します。

【「くらしに希望を――三つのプラン」】

……
 「三つのプラン」では、「家計を応援し、格差と貧困をただし、国民のみなさんの誰もがくらしの明日に希望を持ってくらすことができる政治への切り替えです。
……

 そして「消費税に頼らない別の道」として日本共産党の財源プランを示し、大企業と富裕層への優遇税制をただそうと呼びかけています。

40 日本共産党の財源プラン
(日本共産党の「三つのプラン」と財源プラン)

……
 「中小企業が払っている法人税の実質負担率は18%。ところが大企業は10%しか払っていません。優遇税制のおかげです。大もうけしている大企業には、せめて中小企業並みに払ってもらおうじゃありませんか。これで4兆円が出てまいります。

 それから、所得1億円超えますと、大金持ちになればなるほど、所得税の負担率が下がってしまいます。株でもうけたお金にかかる税金が軽いからです。この不公平をただし、最高税率を引き上げ、株で大もうけしている富裕層には、応分の負担をしてもらおうではありませんか。これで3・1兆円が出てまいります。

 もう一声。払う義務のない米軍への「思いやり予算」は、やめようではありませんか。辺野古の美しい海を埋め立てている工事の予算が、日本国民の血税だっていうのは腹が立ちますね。米軍再編予算もやめようじゃありませんか。これで4000億円、出てまいります。

 ここまででちょうど7・5兆円、出てまいりました。政治の姿勢を変えれば、財源をつくることができるんです。
……

【安倍9条改憲ストップ】

 憲法9条の改悪については、次のように訴えました。

……
 安倍9条改憲の真の狙いはどこにあるでしょうか。トランプ大統領が記者会見でこう言いました。

 「もし日本が攻撃されれば私たちは日本のためにたたかう。しかし、米国が攻撃されても、日本はたたかう必要がない。変えなければいけないと安倍首相に話した」

日米同盟
(来日したトランプ米大統領と安倍首相は海上自衛隊横須賀基地でヘリ搭載型護衛艦「かが」を視察し、日米同盟を誇示・強調=テレビ朝日系のワイドショーから。5月29日)

 昨日の党首討論でも、私は問題にしましたが、実は、安倍首相もかねてから同じ主張をやっているんです。「軍事同盟とは“血の同盟”だ」とのべ、「自衛隊はアメリカが攻撃されたときに血を流すことはない」、これを変えて「日米安保条約を堂々たる双務性にしていく」。こうはっきり言っているんです。

 改憲の狙いが、はっきり見えてきたんじゃないでしょうか。世界中に展開する米軍にいったん事が起きたら、米軍のために「血を流して」たたかう自衛隊にしていく。これこそが9条改憲の真の狙いだということを私は告発したいと思うのであります。
……

【「市民と野党の共闘】
 「市民と野党の共闘」については次のように訴えました。

……
 今日は、さまざまなお話をいたしましたが、これらを実現する希望は、市民と野党の共闘にあります。

 この間、野党の党首会談を開いて、全国32の1人区のすべてで野党統一候補を実現してこの選挙をたたかっております。市民連合のみなさんとの政策協定で、憲法、消費税、原発、沖縄などの国政の中心問題も含めて、大義ある共通の旗印を掲げてこの選挙をたたかっているということもみなさんにご報告しておきたいと思います。

 最大限の協力でたたかいぬき、32の1人区のすべてで自民党を打ち破って、勝利をかちとるために、ありとあらゆる知恵と力をつくしてがんばりぬく決意を申し上げたいと思います。
……

70 公営掲示板 すやま候補
(参院選愛知選挙区の日本共産党のすやま初美候補のポスター=豊田市で)

 志位委員長の全文は、次のアドレスで読むことができます。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-07-05/2019070504_01_0.html
2019参院選 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2019/07/05 17:50

◎参院選 年金問題が大争点に

 明日7月4日に参院選が公示されます(21日投票)。それを前にしたNHKの世論調査(6月末調査)で、「投票先決定で年金問題を考慮するか」とたずねたところ、「大いに考慮する」23%、「ある程度考慮する」44%で、合わせて67%、3分の2を占めました。

 金融庁の金融審議会の報告書で、“退職後30年間で2000万円不足する”と記載されていた公的年金制度。これが参院選の大きな争点になっていることを示しています。安倍自公政権が「100年安心」といっていた公的年金制度が、いいかげんだったことが明らかになったからです。

NHK 世論調査 年金
(参院選を前にしたNHKの世論調査から)

 そうしたなかで、安倍内閣は7月2日、日本共産党の志位和夫委員長が提出(6月20日)した年金問題に対する質問主意書に対する答弁書を閣議決定しました。

 それによると、年金を自動削減する「マクロ経済スライド」(物価の上昇よりも年金の上昇率を抑制する年金の自動削減システム)によって、基礎年金(国民年金)が最終的に毎年7兆円削減されることを安倍内閣が初めて公式に認めました。

 志位委員長は、7兆円減らされれば基礎献金の満額は6万5000円から4万5000円へと約3割も減るとしています。「年金制度は持続しても暮らしは壊れてしまう」と指摘しています。

 では、どうするか? 志位委員長は安倍首相との党首討論(6月19日)で、現在の年金保険料は年収で約1000万円を超えると保険料が増えない仕組みになっていることから、「約1000万円の上限額を、健康保険と同じ約2000万円まで引き上げる。このことによって約1・6兆円の保険料収入が増える」と提起しています。

 こうした高額所得者優遇の年金保険料の見直しをはじめ、約200兆円の年金積立金の計画的取り崩し、賃金引き上げと非正規労働者の正社員化による担い手の強化を進めれば、マクロ経済スライドを廃止しても年金制度を持続させることは可能だとしています。

 安倍首相は、「打ち出の小槌はない」などと逃げ回っています。NHKの世論調査で、国民は年金問題に強い関心を持っています。安倍首相は逃げ回らず、志位委員長の提起に応えるべきです。

2019参院選 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/07/03 21:48

◎名古屋で志位委員長が訴え 改憲・増税ストップ くらしに希望を

 参院選勝利で改憲・増税ストップ、くらしに希望を――と6月15日(土)午後、名古屋駅東口JPタワー前で、日本共産党の街頭大演説会が開かれた。目の前には、トヨタ自動車の名古屋オフィスが入っているミッドランドスクエアがある。

 前日から雨が降り続き天気が心配されたが、何とか降らず、演説会が終わった後に小雨がぱらついてきた。歩道いっぱいに人垣が出来た。

志位名古屋2 20190615 (2)


 本村伸子衆院議員の司会で始まった。志位和夫委員長は、参院選に向けた政策「くらしに希望を―三つの提案」を詳しく紹介する中で、金融庁の審議会が、年金暮らしの夫婦の平均収入と支出の差が月5万5千円、30年間で2000万円不足するとの報告書を出したことに触れた。

 年金を自動削減する仕組みである「マクロ経済スライド」により、現在41歳以下の人は夫婦でさらに30年間で1600万円カットされるとして、「『100年安心の年金』といいながら、老後は年金に頼るなとは、詐欺同然のやり方ではないでしょうか」と批判した。

 麻生財務相が報告書の「受け取り拒否」の態度をとっていることについて、「都合の悪いことを隠ぺいするとんでもない態度。あわてて拒否しても年金が足りないという事実は変わりません。貧しい年金の現実を直視して、安心の年金をつくることこそ政治の責任」とのべた。

 そして、「マクロ経済スライド」を廃止して「減らない年金」を実現し、低年金者に一律月5千円、年6万円を上乗せし、底上げをはかるとして、「日本共産党の躍進で安心できる年金への第一歩を踏み出しましょう」と呼びかけた。

志位名古屋2 20190615 (1)


 また、先に発表した政策提言「個人の尊厳とジェンダー平等のために」について、女性の賃金が男性の7割であり、「男女の賃金格差をなくし、働く場でのジェンダー平等を実現しましょう」と訴えた。

 参院選32の1人区すべてで、立憲民主党や国民民主党などと野党統一候補の一本化を実現したと報告。「国民の願いを本気で実現しようとすれば『財界中心』『アメリカ言いなり』という『二つのゆがみ』をただすことができる日本共産党の躍進が必要です」と訴えた。

志位名古屋4 20190615 (2)


 井上さとし参院議員・比例予定候補は、安倍政権がトランプ大統領に追加購入を約束したF35戦闘機は愛知県の三菱重工で組み立てられていると指摘。「F35、1機分で4000人分の保育所がつくれます。共産党を伸ばして税金の使い方をきりかえよう」と訴えた。

 すやま初美参院愛知選挙区予定候補は、「どんな境遇に生まれても一人ひとりが尊厳を持っていきられる社会をつくりたい」とのべ、下奥奈歩比例予定候補の決意表明や緑の党東海の尾形慶子代表の連帯スピーチがあった。

志位名古屋4 20190615 (1)


 演説会で志位委員長は、安倍政権の「二つのゆがみ」について触れたが、その通りだ。トヨタ自動車など大企業への研究開発費などに大幅な減税を続け、大企業は中小企業よりも税率が低くなっている。

 「くらしに希望を―三つの提案」のなかで、「消費税に頼らない財源確保の概要」を示している。研究開発減税の廃止で6700億円、受取配当益金不算入制度・外国子会社配当益金不算入制度の見直しで2兆円――など大企業優遇税制を是正し、中小企業並みの負担を求めれば4兆円の財源が確保できるとしている。

 さあ、参院選の投票日(7月21日の見通し)まで1か月余り。頑張るぞ!
2019参院選 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/06/17 10:56

◎「だれもが自分らしく暮らせる明日へ」――市民と野党の「共通政策」

 予定されている参院選の公示(7月4日。投票は7月21日の見通し)まで1カ月を切りました。安倍政権を退陣に追い込むために、5月29日に、5野党・会派(日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」)の党首が、参院選で全国32の1人区のうち30選挙区で野党統一候補の一本化で合意しました。

 同時に、安保法制=戦争法の廃止など13項目の「共通政策」に合意しました。市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)からの政策要望を受け、5野党・会派が練り上げ、党首が署名したものです。

20 市民と野党 共通政策
(野党党首が署名した共通政策)

「だれもが自分らしく暮らせる明日へ」との表題です。「市民と野党の共闘」の本気度は、国民から歓迎されるでしょう。3年前の参院選で、1人区で11勝しました。今回は、これを大きく上回るでしょう。

「市民と野党の共闘」の原点になったのは、2015年に安倍政権が強行した安保法制(戦争法)です。「共通政策」では、安保法制の廃止をはじめ、共謀罪法など立憲主義に反する法律の廃止をうたっています。

安倍首相が執念を見せる憲法9条の「改定」反対や、改憲発議そのものをさせないことを掲げています。沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設の中止、普天間基地の早期返還、日米地位協定改定も明確です。

 原発の問題では、地元合意などがないままの原発再稼働を認めないことを含め、「原発ゼロ」を明記。消費税については、安倍政権がねらう10月からの税率引き上げの中止と所得、資産、法人の各分野における「総合的な税制の公平化を図る」ことを打ち出しました。

 憲法、沖縄、原発、消費税――国政の根幹部分で、野党が足並みをそろえた「共通政策」ができたことは、参院選で野党が共闘して安倍政権を退陣に追い込む大きな旗印となるものです。

 13項目の「共通政策」の全文を紹介します。


「だれもが自分らしく暮らせる明日へ」

1 安倍政権が進めようとしている憲法「改定」とりわけ第9条「改定」に反対し、改憲発議そのものをさせないために全力を尽くすこと。

2 安保法制、共謀罪法など安倍政権が成立させた立憲主義に反する諸法律を廃止すること。

3 膨張する防衛予算、防衛装備について憲法9条の理念に照らして精査し、国民生活の安全という観点から他の政策の財源に振り向けること。

4 沖縄県名護市辺野古における新基地建設を直ちに中止し、環境の回復を行うこと。さらに、普天間基地の早期返還を実現し、撤去を進めること。日米地位協定を改定し、沖縄県民の人権を守ること。また、国の補助金を使った沖縄県下の自治体に対する操作、分断を止めること。

5 東アジアにおける平和の創出と非核化の推進のために努力し、日朝平壌宣言に基づき北朝鮮との国交正常化、拉致問題解決、核・ミサイル開発阻止に向けた対話を再開すること。

10 アジサイ

6 福島第一原発事故の検証や、実効性のある避難計画の策定、地元合意などのないままの原発再稼働を認めず、再生可能エネルギーを中心とした新しいエネルギー政策の確立と地域社会再生により、原発ゼロ実現を目指すこと。

7 毎月勤労統計調査の虚偽など、行政における情報の操作、捏造の全体像を究明するとともに、高度プロフェッショナル制度など虚偽のデータに基づいて作られた法律を廃止すること。

8 2019 年 10 月に予定されている消費税率引き上げを中止し、所得、資産、法人の各分野における総合的な税制の公平化を図ること。

9 この国のすべての子ども、若者が、健やかに育ち、学び、働くことを可能とするための保育、教育、雇用に関する予算を飛躍的に拡充すること。

10 地域間の大きな格差を是正しつつ最低賃金「1500 円」を目指し、8 時間働けば暮らせる働くルールを実現し、生活を底上げする経済、社会保障政策を確立し、貧困・格差を解消すること。また、これから家族を形成しようとする若い人々が安心して生活できるように公営住宅を拡充すること。

11 LGBTsに対する差別解消施策、女性に対する雇用差別や賃金格差を撤廃し、選択的夫婦別姓や議員間男女同数化(パリテ)を実現すること。

12 森友学園・加計学園及び南スーダン日報隠蔽の疑惑を徹底究明し、透明性が高く公平な行政を確立すること。幹部公務員の人事に対する内閣の関与の仕方を点検し、内閣人事局の在り方を再検討すること。

13 国民の知る権利を確保するという観点から、報道の自由を徹底するため、放送事業者の監督を総務省から切り離し、独立行政委員会で行う新たな放送法制を構築すること。

2019参院選 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2019/06/07 20:35

◎安倍政権打倒へ 参院選1人区、野党30選挙区で一本化

 3年に1度の夏の参院選。過去4回の選挙で自民党は、1人区で6勝23敗(2007年)、21勝8敗(10年)、29勝2敗(13年)、21勝11敗(16年)です。

 大敗し、大勝しています。そして3年前は、野党が32の1人区すべてで統一候補を立て、6年前のわずか2勝から11勝へと大きく躍進しました。

 嘘と忖度の安倍政権打倒めざし、立憲、国民、共産、社民の野党4党と1会派の党首は5月29日、会談しました。

 その結果、32の1人区のうち19選挙区で野党統一候補を擁立することで合意したのです。これで、30選挙区で合意したことになり、残る宮崎、鹿児島も早急に合意することにしています。

 日本共産党は、3年前は1選挙区(香川県)で野党統一候補になりましたが、今回は福井と合区の鳥取・島根、徳島・高知の3選挙区で野党統一候補になりました。

 これで、安倍政権打倒への大きな道筋ができました。自民党は、6年前の参院選で29勝2敗と大きく勝ち越していることから、野党の頑張りで自民党を大きく減らすことが可能だからです。

野党と市民連合 20190529
(野党党首らと市民連合のメンバー=5月29日、「しんぶん赤旗」から)

 参院選での野党の「共通政策」についても、同日、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」から安保法制(戦争法)などの廃止をはじめ13項目の政策の要望を受けて、各党首らが署名しました。

 市民連合と合意した「共通政策」は、▽安保法制の廃止、▽立憲主義の回復、▽安倍9条改憲・発議の阻止、▽沖縄辺野古米軍新基地建設の中止と普天間基地の早期返還、▽いまの状況下の原発再稼働は認めず原発ゼロをめざすこと、▽消費税10%の中止と税制の公平化――などです。

 市民連合の山口二郎法政大教授は語りました。「野党と市民は、もう一つの日本、別の選択肢があることを人々に訴え、もう一回、希望を取り戻そう」、と。

 日本共産党の志位委員長は、「参院選をたたかう上で重要なスタートを切る画期的な合意となった。どの選挙区でも、みんなで応援して勝利をめざす選挙にしていく必要がある。全ての1人区での勝利へあらゆる力を注ぎ頑張りたい」と表明しました。

夏の花
2019参院選 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/05/30 11:56

◎野党共闘 新たに8選挙区で1本化

 “麺バカ”と言われるほどラーメンが好きですが5月22日、ラーメン店に置いてあった読売新聞を手にしました。「野党新たに8区1本化」の見出しに目が止まりました。

 前日の21日に、日本共産党、立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社民党の5野党・会派が、参院選の全国32の1人区のうち新たに山形、福島、栃木、群馬、新潟、福井、三重、和歌山の8選挙区での野党統一予定候補の一本化に合意したのです。

読売 野党1本化
(読売新聞、5月22日付から)

 すでに合意済みの愛媛、熊本、沖縄の3選挙区と合わせ、計11選挙区での一本化を確認しました。夏の参院選に向けて「市民と野党の共闘」が急速に前進しています。

 来週には党首会談を開き、残りの選挙区での一本化の合意を実現することを確認しています。いよいよ、「安倍政治さよなら」の野党共闘が3年前の参院選に続いて築かれることになります。

 読売新聞は、日本共産党の小池晃書記局長が記者会見で、「お互いに譲り合って候補者を調整するという点で、大きな前進が確認された」と語ったことを紹介しています。

 今回の8人の野党統一予定候補は、山形県・芳賀道也氏(無所属)、福島県・水野さち子氏(無所属)、栃木県・加藤千穂氏(立憲民主公認)、群馬県・斎藤敦子氏(立憲民主公認)、新潟県・打越さく良氏(無所属)、福井県・山田和雄氏(共産党公認)、三重県・芳野正英氏(無所属)、和歌山県・藤井幹雄氏(無所属)です。

テッセン
(テッセン)

 日本共産党からは、福井県の山田和雄氏が野党共闘の候補者になりました。
山田氏は、旧三国町議3期を務めました。参院選挙区・比例で立候補4回。党県常任委員です。

 山田氏は、「平和で、未来に希望をもてる社会を子どもたちに手渡してやりたい。これが、今の時代に責任をもつ大人としての最低限の仕事だと思っています。そういう思いを共有してくれ『安倍政治を変えるため野党は共闘を』と願う、すべての人と手をとり、声を上げる先頭に立つ使命を与えられたことに、おおいなる誇りを感じます」と語っています。

2019参院選 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/05/22 21:37

◎参院選 野党「議席増」を望む34% 与党の2倍

 夏の参院選が近づいています。日程で有力といわれるのが7月4日(木)公示、7月21日(日)投票です。朝日新聞の世論調査(21日付)によると、国民が「議席増」を望むのは自民党や公明党の与党が15%に対し、野党は34%と2倍にのぼっています。今と変わらないは38%でした。

 その野党が全国32の1人区で、候補者を1本に絞る野党共闘の話し合いが急速に進んでいます。前回の3年前(2016年)の参院選では、32の1人区すべてで野党共闘が成立。11勝しました。6年前の2勝と比べ、大きな成果をあげました。27選挙区で得票が増え、得票率も26選挙区で増えました。

 勝利した宮城県では、安保法制(戦争法)廃止、立憲主義を取り戻すだけではなく、「アベノミクスがもたらした格差の是正」「原発依存脱却」「不公平税制是正」「民意を踏みにじる米軍新基地に反対」などの政策協定が結ばれました。

 毎日新聞も、「共闘『足し算』以上」(2016年7月12日付)と報じるなど、野党共闘が大きな力を発揮したことを評価しています。その野党共闘が、今回の参院選に向けて進んでいることを東京新聞(20日付)が報じています。

 同新聞が取材し、立憲民主や国民民主党、日本共産党、社民党の各野党が「大筋合意」したとしてまとめているものです。それによると、27選挙区で1本化し、残るは5選挙区といいます。

1本化 東京新聞
(東京新聞、5月20日付から)

日本共産党の志位和夫委員長は、第6回中央委員会総会(5月12日)で、「国民のたたかいによって、安倍政権があらゆる面で追い詰められており、政治を変える希望は大いにある」と強調しています。

 具体例として、▽消費税10%への増税について、景気の悪化と国民の批判を受けて、政権・与党の中からも実施見送り論が出されるなど動揺が始まっている、▽憲法9条改定についても、安倍首相の思惑通りに事が運んでいない、▽原発にしがみつく政治は、原発輸出が惨めに大破綻し、コスト高騰でも行き詰まっている、▽沖縄の新基地建設に対して、衆院沖縄3区補選で“トドメの審判”がくだされた――などをあげています。

その上で、「『ウソと忖度(そんたく)の政治』がさまざまな形で噴き出し、国民の強い批判を招いています。そして、これらの国政の主要争点のどの問題でも、あらゆる世論調査で、安倍政治への反対が多数となっています。国民の世論と運動が、安倍政権を追い詰めてきた」とのべています。

 安倍政権を追い詰めているのは、国民が参院選で野党に対し「議席増」を望むのが世論調査で与党の2倍にのぼっていることにも示されています。夏の参院選を「安倍政治さよなら」の選挙にしようではありませんか。
2019参院選 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2019/05/21 18:29

◎野党共闘前進 参院選1人区一本化で合意


 憲法も法律も民意も投げ捨てる安倍政権を退陣させて欲しい――国民のこうした思いを、野党が受け入れました。通常国会が開会した1月28日、野党5党・1会派が党首会談を開き、夏の参院選の1人区で野党が候補者を一本化することで合意したのです。

 3年前、2016年7月の参院選では、32の1人区すべてで一本化。11選挙区で勝利する大きな成果を上げました。その3年前の13年の参院選では、野党は2議席しか獲得できませんでした。

 自民党の今回の改選議席は31です。3年前のような野党共闘で一本化できれば、自民党を大きく追い込むことが可能です。

 実際、3年前の参院選について日経新聞(7月14日付)は、4野党などの前回参院選の得票と野党統一候補の得票を比較し、27選挙区で得票が増え、得票率も26選挙区で増えたと分析。毎日新聞も、「共闘『足し算』以上」(12日付)と報じました。

 野党統一候補が勝利した宮城県では、安保法制(戦争法)廃止、立憲主義を取り戻すだけではなく、「アベノミクスがもたらした格差の是正」「原発依存脱却」「不公平税制是正」「民意を踏みにじる米軍新基地に反対」などの政策協定も結ばれました。

野党5党・1会派の党首会談
(野党5党・1会派の党首会談=1月28日)

 この日の党首会談には、日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、社会保障を立て直す国民会議の野田佳彦代表、自由党の小沢一郎代表、社民党の又市征治党首が参加。

 安倍政権打倒をめざし、「毎月勤労統計」問題の全容解明や内政・外交課題の徹底審議など国会での協力・連携を強めるとともに、夏の参院選では全国32の1人区のすべてで候補者を一本化するために、各党の書記局長・幹事長間で早急に具体化の協議を進めることで合意しました。

 「合意事項」(全文)は次の通りです。

 立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社会保障を立て直す国民会議、自由党、社会民主党は、党首会談において以下について合意した。

○本通常国会において、野党5党1会派は協力連携を強め、立憲主義の回復や、また国会の国権の最高機関としての機能を取り戻し、国民の生活を豊かにし権利を守るため、安倍政権打倒をめざし厳しく対峙(たいじ)していく。

○内政・外政の山積する課題について徹底審議を行う。
○「毎月勤労統計」問題についての全容解明を行う。
○今夏の参議院選挙に際し、安倍政権打倒をめざし、32の1人区全ての選挙区において、与党を利することのないよう、速やかに候補者一本化のための調整を図る。

 野党5党1会派の幹事長・書記局長は、これらの確認事項の目的を達成するために、早急に協議し、その具体化を進める。

シールズ東海 20160604
(3年前の2016年6月4日に名古屋市栄で開かれた「シールズ東海」の「参院選挙に行きたくなる集会デモ」)
2019参院選 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/01/30 21:21
 | HOME |