FC2ブログ

◎核禁止条約 批准19カ国に 発効へ“ヒバクシャ国際署名”を

 このブログ「トヨタで生きる」では、女優の吉永小百合さんが語った「日本も核兵器禁止条約に賛同を」の記事をアップしました(9月25日)。「核兵器の廃絶を考えるシンポジウム」が東京で24日に開かれた時の発言です。

 国連で、核兵器禁止条約が122カ国の賛成で採択されたのが昨年の7月7日です。同条約の署名・批准が始まったのが昨年9月20日。この1年余で、批准国は19カ国になりました。条約発効に必要な50カ国まで、あと31カ国です。

 唯一の戦争被爆国の日本が、批准していないことが大きな足かせになっています。安倍政権が批准しないのは、日本が日米安保条約でアメリカの“核の傘”の下に入っていること、核禁止条約に反対しているアメリカの顔色をうかがっていることがあります。

 核兵器禁止は世界の流れです。禁止条約の批准が遅いとの声もあります。しかし、核不拡散条約(NPT)や生物兵器禁止条約など他の大量破壊兵器関連条約の発効のスピードを上回っています。

核禁止条約批准国数
(「しんぶん赤旗」、10月7日号から)

 批准した国には、ローマ法王がいるバチカン、女性首相が生まれたばかりの赤ちゃんをともなって国連総会に出席して話題になったニュージーランドなどがふくまれています。

 核兵器禁止条約の批准をすすめようと「ヒバクシャ国際署名」が呼びかけられています。9月末で830万403筆が集まっています。豊田市内でも署名を呼びかけています。「オンライン署名」も可能です。
http://hibakusha-appeal.net/index.html

 ヒバクシャ国際署名の呼びかけ人であり、カナダ在住の被爆者のサーロー節子”さんは、核禁止条約は「核兵器の終わりの始まり」と署名を訴えています。

スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/10/08 09:08

◎30分で21人が署名 安倍9条改憲反対!

 作家の沢地久枝さんが呼びかけた「アベ政治を許さない」という毎月の「3日行動」が10月3日、全国各地で行われた。豊田市では、豊田市駅前で行われた。台風24号が去り、久しぶりの晴天だった。また、次の25号台風がうかがっているという。

 平日の昼間のせいか、人通りは少なかったが、30分の行動で、21筆の署名が寄せられた。沖縄知事選での玉城デニー知事の誕生で、この行動にも弾みがついた。

許さない1 20181003

許さない2 20181003

許さない3 20181003

許さない4 20181003


 リレートークでは、前日に行われた第4次安倍改造内閣と自民党の党役員人事で、9条改憲へのシフトが敷かれたこと。一方で、沖縄知事選での玉城勝利に見られるように、国民の中に「アベ政治を許さない」という思いが強まっていることが出された。

 そして、9条改憲で、日本が軍国化を強め、戦争ができる国へとすすむのではなく、紛争は外交による話し合いでの解決に求めるべきだとの訴えがあった。

 朝鮮半島での平和への動きを後押しし、軍事ではなく話し合いでの解決の方向を探るべきであること。人を殺すための軍事費を、人を幸せにする予算にまわすべきだ、と力をこめての訴え。

許さない5 20181003

許さない6 20181003

許さない7 20181003

許さない8 20181003


 国連総会でマハティール・マレーシア首相が演説(9月28日)し、日本の憲法9条を評価したことを国民にもっと知らせるとともに、この流れを広げましょうと呼びかけた。

 来月11月3日の行動は、名古屋市栄で開かれる1万人集会に合流することが報告された。安倍政権退陣へ、さらに大きな流れをつくろう!
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/10/04 10:39

◎「日本の平和憲法 マレーシアにも」 93歳のマハティール首相

 今年5月の総選挙で、マレーシアの首相に返り咲いたマハティール氏。93歳の世界最高齢の首相です。15年ぶりに国連総会に出席。24分の演説(9月28日)で「平和」の言葉を7回も使ったといいます。

 その後の記者会見で、日本で憲法改正の動きが出ていることについて、「戦争に行くことを許すようにするなら後退だ」とのべ、9条改憲にクギを刺したといいます(朝日新聞、30日付)。

 マハティール氏は、今年8月7日には福岡県宗像市で、平和について高校生らを対象に講義しました。その後、記者団に「マレーシアの憲法の一部として、平和(条項)、つまり侵略戦争をしないということを盛り込むことになる」と語りました。

国連で演説 マハティール首相
(国連総会で演説するマレーシアのマハティール首相=9月28日、ニューヨークで、AP=共同)

 日本国憲法を手本に、憲法に戦争をしないことを織り込むというのです。マハティール氏の平和への思いは、突然、出てきたことではありません。首相を退任した後の2010年に「しんぶん赤旗」記者のインタビューに応じ、次のように語っていました(同年9月12日付)。

……
 地域の平和と安全保障のため、私たちがしてきたことは、東南アジア諸国連合(ASEAN)を結成することです。ASEANは(結成時)経済的なグループではなく、戦争を避けるための国家グループでした。

 ASEAN結成以前には、領有権をめぐる対立もありました。しかし、そうした経験の後、互いに脅したり、侵略しあうのではなく、一緒にテーブルについて問題を解決するほうがよいと考え、ASEANは結成されたのです。

 ASEANはどんな問題でも、軍事的な行動をとらず、交渉を通じて解決するよう努力してきました。

 日本に駐留する米軍に関連して言えば、軍事的脅威は、戦争の危険を増やすと考えています。在日米軍基地は明らかに中国にとって脅威となり、中国側の反応は軍事能力を高めるということになるでしょう。軍事的エスカレーションが起こりかねません。平和にとって、いいことではありません。

 今日(の世界)では他国を打ち負かしても、その後に平和は生まれません。軍事的な脅しは間違いであり、もう期限切れなのです。

 現在この地域には外国軍の基地はありません。最後の米軍基地は、フィリピンが撤去を求めました。いま(世界)各国は外国の軍事基地を持つべきではありませんし、持たないという方向に行くべきだと私は考えます。

 世界最大の軍隊を持ち、もっとも洗練された武器を持っても、いまや無駄遣いにすぎません。それらの武器を使うことはできないからです。国家間の紛争解決の選択肢に戦争があるという発想は、もう時代遅れ・期限切れです。
……

 93歳にして、このような平和への確固とした思いは、すごいものがあります。マレーシアは、国連の核兵器禁止条約に署名もしています。改正されるマレーシア憲法を早く見たいものです。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/09/30 09:59

◎吉永小百合さん 「日本も核兵器禁止条約に賛同を」

 NHKは9月24日、女優の吉永小百合さんのニュースを流しました。

……
 核兵器の廃絶を考えるシンポジウムが24日開かれ、女優の吉永小百合さんが、唯一の被爆国である日本も核兵器禁止条約に賛同すべきだと訴えました。
このシンポジウムは26日の「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」を前に、核廃絶に向けて活動する市民団体などが東京 千代田区で開きました。

 はじめに日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会の田中煕巳代表委員(86)が「爆心地には大勢の遺体やけが人が放置され、私も親族を一度に亡くした。そんな核兵器が今も地球に存在することを多くの人に考えてほしい」と訴えました。

 また女優の吉永小百合さんは、原爆をテーマにした数々の映画に出演した経験を語ったうえで「日本は唯一の被爆国で、大勢のかたが亡くなったことを考えると、核兵器をやめましょうとみずから声を上げるべきだ」と訴えました。

吉永小百合 NHK 核兵器禁止条約
(「日本も核兵器禁止条約に賛同を」と呼びかける吉永小百合さん=NHKテレビから)

 核廃絶をめぐっては去年、核兵器の開発や保有などを禁止する初めての国際条約が国連で採択されましたが、アメリカなどの核保有国や核の傘のもとにある日本は賛成していません。

 吉永さんは「すばらしい条約が作られ、日本も賛同して平和な世界を作っていくことが大事だ。若い人たちもぜひ発信してほしい」と呼びかけました。
……

 吉永さんの核兵器をなくそう、との呼びかけについては、このブログ「トヨタで生きる」でも、「『夢千代日記』と吉永小百合の原爆詩朗読」としてアップ(2017年12月22日)してきました。次に再掲します。
http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-2741.html

……
 名作「夢千代日記」や「花へんろ」などを執筆した脚本家で作家の早坂暁さんが亡くなりました(12月16日)。88歳でした。「夢千代日記」は、1981年にNHKが吉永小百合さんを主人公に描いたドラマです。

 冒頭は、故・武満徹さんが作曲した陰々滅滅な音楽で始まります。兵庫県北部を走る山陰線の余部鉄橋。それを列車の中から眺めるのがひなびた温泉で芸者として生きる夢千代です。

 体内被曝をし、時々、踊りながらめまいで倒れます。ドラマでは、原爆への激しい言葉は何も出てきません。しかし、やさしく、気高く生きる夢千代の体を放射線が侵し続けていく姿からは、静かな怒りがわいてきます。

 同じ芸者仲間を、樹木希林さんや秋吉久美子さんが演じるなど、脇を豪華メンバーで固めていました。

NHK「夢千代日記」
(NHKの「夢千代日記」から。左端が吉永小百合さん。右端は、9月15日に亡くなった樹木希林さん)

 早坂さんがこのドラマを描くきっかけになったのは、海軍兵学校生徒として終戦を迎え、広島経由で故郷の愛媛県へ帰る車中から見た光景でした。廃墟となった広島の夜は、何千もの青い火が燃えていたといいます。雨で死体から流れたリンが燃えていたのです。

 「夢千代日記」は、NHKで3部までつくられた後、映画化にもなりました。吉永小百合さんの代表作になった「キューポラのある街」の監督、浦山桐郎さんがメガホンを取りました。

 「夢千代日記」では、夢千代が心を寄せる男性役として、当代1の俳優が選ばれましたが、印象に残ったのが故・松田優作さんです。記憶を失った元ボクサー役で、陰のある演技を見事に表現していました。

 吉永小百合さんは、「夢千代日記」を演じ、原爆詩に出会う中で朗読を始め、30年にもなります。彼女のライフワークになりました。ヒロシマ、ナガサキから東日本大震災での原発被害への詩へと広がりました。

 なかでも、被爆直後の広島の地下室で、若い女性が産気づき、その赤ん坊を取り上げた産婆さんが亡くなっていくという「生ましめんかな」(栗原貞子・詩)。その吉永さんの朗読は、圧倒的な迫力をもって迫ります。

 早坂さんが亡くなった今年2017年は、国連で核兵器禁止条約が採択された年に重なりました。条約の批准が各国で始まろうとしています。しかし、唯一の戦争被爆国の日本の安倍政権は、条約づくりにも参加せず、批准もしない姿勢です。

 「夢千代日記」に込めた思いが果たせず、早坂さんはさぞかし無念でしょう。早坂さんのもう1つの代表作「花へんろ」は、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」日曜版に掲載されました。

 日本共産党は、核兵器禁止条約を批准する政府づくりを呼びかけています。早坂さんの訃報に接し、早坂さんの思いに応えるためにも、必ず批准する政府をつくりたいと思いました。
……
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/09/25 08:33

◎戦争法廃止、9条改憲反対 豊田駅前で9・19行動

 安倍政権が参院で安保法制(戦争法)を強行可決(2015年9月19日)してから、ちょうど3年目にあたる9月19日夕方。豊田市民らが、豊田市駅のデッキで戦争法廃止と憲法9条を改悪させない「3000万人(を目標にした)署名」を呼びかけながらリレートークし、安倍政権を辞めさせようと訴えた。

 この「19行動」は、全国で取り組まれている。名古屋では、栄の久屋広場で午後6時から集会とデモが行われている。

919の1


 猛暑も収まり、9月に入ってすっかり秋らしくなった。この時間帯は、通勤・通学の大量の人々が、愛知環状鉄道・新豊田市駅から名鉄・豊田市駅へと切れ目なく乗り換えていく。

 人々の流れが早いので、署名の呼びかけはかなり苦戦した。それでも1時間で22筆が集まった。若い人の反応が良い。彼らの未来の為にもあきらめず粘り強く頑張らなくてはと思った。

919の2

919の3


 安倍政権は、安保法制をもとに、エジプトとイスラエルの国境地帯で平和維持を監視する「シナイ半島駐留多国籍軍・監視団(MFO)」への陸上自衛隊派遣を検討している。南シナ海では、海上自衛隊が訓練を行った。

 自民党総裁選では、9条改憲を声高に叫んでいる。日本を「戦争ができる国」へ変えるために、なりふりかまわず突き進んでいる。北朝鮮のピョンヤンでは、18日から3回目の南北首脳会談が開かれ、朝鮮半島の平和の激動が起きている。

919の4


 それなのに、9条改憲や戦争法の具体化、沖縄・辺野古への新基地建設…戦争へ、戦争へとのめり込んでいく安倍政権を何としても辞めさせなければならない。

 リレートークでは、9月30日投票で行われている沖縄知事選で、新基地ストップと亡くなるまで奮闘した翁長雄志さんの後継者・玉城デニー候補を応援しようと訴えをする人が多かった。

919の5


 沖縄旅行で胸を熱くしたのが、辺野古のテント村で座り込む人々の前にあったスローガンの看板だ。その「勝つ方法はあきらめないこと」を改めて胸に刻んだ。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/09/20 13:36

◎南北首脳会談 「ピョンヤン共同宣言」に署名

 北朝鮮の首都・ピョンヤンで、オープンカーから韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、にこやかに手を振る――今年3回目の南北首脳会談が開かれた9月18日の風景です。

 沿道いっぱいにチョゴリを着た女性たちから「南北統一」の声が上がります。昨年までの核実験、ミサイル発射の緊張した朝鮮半島からは想像できないような平和の激動が起きています。

南北首脳会談 オープンカー
(ピョンヤンでオープンカーから手を振る両首脳=ネットから)

 NHKは19日、次のように伝えました。

……
 韓国のムン・ジェイン大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン委員長は19日午前、2日目の首脳会談を行ったあと、「ピョンヤン共同宣言」に署名しました。

 この中で非核化に関して、「アメリカの相応の措置に従って、ニョンビョンにある核施設を永久に廃棄するといった追加的な措置を取る用意がある」とされました。

 また北朝鮮北西部のトンチャンリ(東倉里)にあるミサイル発射場に関しては、「専門家の立ち会いの下、永久に廃棄することにした」とされました。

 また宣言では、キム委員長が「近い時期にソウルを訪問する」とも盛り込まれ、具体的な時期についてムン大統領は、順調にいけばことし中だという見通しを明らかにしました。
……

 トランプ米大統領は、ミサイル発射場の永久廃棄についてツイッターで、「とても興奮する!」と投稿しました。

 メディアは、首脳会談についてさまざまな見方、論評をしています。ムン大統領は、1日目の会談で、「平和と繁栄の結実を見せたい」とのべたように、南北首脳会談の成功と朝鮮半島での非核化、北東アジアでの平和が実現することを願わざるを得ません。
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/09/20 09:50

◎市民連合の街頭宣伝に国民党が初参加

 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」は9月13日(木)、東京の新宿駅前で、「安倍政権退陣 あたりまえの政治を市民の野党の共闘で! 新宿東南口街宣」を開きました。

 国民民主党が市民連合の催しに参加するのは初めてで、平野博文幹事長が日本共産党の吉良よし子参院議員、立憲民主党の海江田万里最高顧問、自由党の野沢哲夫東京1区総支部長らとともに、いっせいに「辺野古新基地 NO」「安倍内閣は退陣を!」のボードをかかげました。

 主催者代表あいさつで、法政大の山口二郎教授は、自民党総裁選で改憲を公然と主張している安倍首相について、「こんな総理にあと3年も政治を任せてはおけません」と安倍退陣を訴えました。

60 市民連合
(「辺野古新基地 NO」のボードをかかげる市民連合や政党の代表=市民連合のホームページから)

 この日は、沖縄県知事選の告示日であり、各党代表は、名護市の辺野古新基地建設の阻止と故・翁長雄志前知事の後継者、玉城デニー氏の必勝を呼びかけました。

 平野幹事長は、「沖縄知事選と安倍政権を倒すため、野党といっしょにたたかい抜く」と語り、吉良参院議員も「力を合わせて政治を変えましょう」と訴えました。

 国民党が市民連合の街頭宣伝で、日本共産党や立憲民主党とともに安倍政権打倒と玉城候補の勝利を呼びかけたのは、野党共闘の前進にとって大きな意味があります。

 国民党の玉木雄一郎代表はこれまで、日本共産党をふくむ野党共闘に消極的だったからです。連合が推薦する国民党の国会議員には、自動車や電機などの組合出身者が含まれています。

 憲法違反の集団的自衛権行使などを盛り込んだ安保法制に続いて憲法9条の改憲をねらう安倍首相。来年夏の参院選で、安倍首相を退陣に追い込むには日本共産党をふくむ野党共闘が必須です。

 前回の2016年の参院選では、32の1人区で野党共闘が成立し、11選挙区で勝利しました。その3年前の参院選で野党が勝利したのは2選挙区しかなかったことに比べ、野党共闘の力を示しました。

戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/09/15 10:12

◎嘉手納基地の隣村で日本共産党の新人候補がトップ当選

 沖縄知事選の前哨戦の沖縄・統一地方選挙(9月9日投票)で、極東最大の米軍・嘉手納基地がある嘉手納町などに隣接する読谷村の村議選(定数19)で日本共産党の議席が1から2へと増えました。

 現職に加え、新人の城間真弓さん(40)がトップ当選したのです。嘉手納基地は、このブログ「トヨタで生きる」でも紹介(2015年8月31日アップ)しました。基地の目の前の「道の駅かでな」の屋上から見学して驚愕しました。

 腹にずしーんと響く戦闘機の轟音。城間さんは、読谷村で生まれ、育ち、保育士として働いてきました。3人の子育て真っ最中です。2015年の安保法制(戦争法)反対のなかで、沖縄に“ママの会”を立ち上げた1人です。

 全国から講演に呼ばれ、嘉手納基地や普天間基地、さらに安倍政権が辺野古につくろうとしている新基地の実態や安倍政権の戦争する国づくりへの反対を訴えてきました。

 その城間さんが日本共産党から立候補し、トップ当選(1327票)で村会議員となったのです。最下位当選者の倍以上でした。選挙中の街頭演説がネットで拡散され、村議候補としては異例の1万7000回以上が視聴されました。次のようなコメントが寄せられました。

 「柔らかく優しく、そして心に響く演説を初めて聞きました。私たちに寄り添ってくれる候補者ってこんな人なんだ」「こんなにも柔らかい言葉ですごいです」「ソフトでほんねで決意がわかる」「全部の言葉が胸に響きます」「わかりやすくすばらしい」「言葉が地についています」

城間真弓さん
(街頭演説する城間真弓さん=ネットの動画から)

 城間さんは街頭演説で、10年前までは子育てだけで政治に無関心だったこと。4年前に「オール沖縄」から翁長雄志さんが知事に選ばれたのに、安倍政権は権力で民意を踏みにじり辺野古に新基地をつくろうとしていること。沖縄の女性が軍属によって殺されたこと――などを訴えました。

 その上で、怒りと悲しみに襲われ、わが子が巻き込まれたなら、ヘリコプターから何が落ちてくるかわからない…沖縄の歴史を学ぶ中で、こんな生活を当たり前にしていいのか、基地とは共存できるのか、県民同士が分断されていいのか…そんな思いを、「柔らかく優しく、そして心に響く」ように村民に訴えたのです。

 3年前の15年8月に、「道の駅かでな」から垣間見た嘉手納基地の実態。基地に隣接する村で新しい日本共産党の村議が誕生しました。明日13日(木)は、沖縄知事選が告示されます。城間さんに続いて翁長さんの後継者、玉城デニー候補が必ず勝利するように!

嘉手納基地
(嘉手納基地)
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/09/12 20:38

◎草の根の運動で支えられている 豊田市戦争展 (下)

 豊田市産業文化センターで開かれた第31回豊田市平和のための戦争展(8月25~26日)。入場者数は1000余人にのぼった。戦争展実行委員会の代表委員の冨田好弘さんは語る。

 「参加者のなかには、自民党豊田市議やトヨタ労組の元幹部ら幅広い人がいました。詩人のアーサー・ビナードさんが米軍のトヨタ爆撃に強い関心を持ち、事前に豊田市内の戦争遺跡を案内しました。今回の戦争展でも『トヨタの戦争』に、多くの人が熱心に見入っていました。

 新聞4社が事前に報道してくれました。毎回、折り鶴を寄せてくれる人がいます。折り鶴は累計で7万9000個にもなりました。自筆の願いがびっしり書き込まれています。戦争展は、コツコツとした草の根の運動で支えられていることを実感しました。だからこそ豊田市民の大きな支持があると思います」

戦争展下5


 冨田さんが指摘するように、「トヨタと戦争」は、戦争展の目玉企画だ。豊田市は、終戦前日の1945年(昭和20年)8月14日に、現在のトヨタ自働車本社工場などに、長崎に落とされた原爆と同型の模擬原子爆弾・パンプキン3発が米軍によって投下された。

 その際、民家の床の間に刺さり、家主が保存していたパンプキンの破片が、2年前の「豊田市平和を願う戦争展」に展示され、参加者の注目を集めた。今回も戦争の“生き証人”の破片を多数の人が凝視していた。

戦争展下1

戦争展下2

戦争展下3


 今回の戦争展には、多くの高校生が参加していたのも特徴だ。10代の彼らは、戦争の遺物や写真から73年前に豊田市であった戦争から何を感じるだろうか?

 前回も書いたが、旧高岡村では10代で34人が戦争で亡くなった。前途ある若者が、真っ先に戦争の犠牲者になった。戦争展での学びで、2度と戦争を起こさせないとの思いを持って欲しい。

 豊田駅前で毎月、3日、19日に憲法9条を守ろうとの署名をしている。多くの高校生も署名をしてくれている。若い世代へ、平和の願いをバトンタッチしていきたいと強く思う。

戦争展下4

戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/29 10:01

◎笑って学ぶ憲法 八法亭みややっこさん 豊田市戦争展(中)

 8月25、26の両日、豊田市産業文化センターで開かれた第31回豊田市平和のための戦争展。今回は、「笑って学ぼうみんなの憲法」をと、八法亭みややっこさん(東京の八王子合同法律事務所の弁護士、飯田美弥子さん)が「歴史に学び、未来を志向する日本国憲法」と題して1席を語った。

 会場では、みややっこさんの軽妙な語りに、みんな大笑い。それでいて、9条など憲法の重要さを学んだ。安倍晋三首相が、3選めざして自民党総裁選へ出馬表明したのが、戦争展が開かれている26日当日だった。

みややっこ1


 安倍首相が3選で執念を持っているのが、憲法9条の改悪だ。昨年5月3日の憲法記念日に、「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という改憲を2020年に施行すると表明した。

 戦力の不保持と交戦権を否定した9条2項を空文化=死文化させるもので、無制限での海外での武力行使に道を開くものだ。アメリカの戦争に自衛隊を派兵して日本が堂々と海外で戦争できる国につくり変えようというものだ。

 みややっこさんは、憲法とはそもそも何か? と問いかけ、戦前の大日本国憲法には国民主権、三権分立はなかったこと。現憲法で、それを宣言したこと。「太平洋戦争の反省に立って、平和主義を採用したところが先駆的」と、9条の意義を強調した。

 みややっこさんのレジュメを紹介したい。みややっこさんが最後に、「私が国の主人公だという自覚を持とう!」と呼びかけたが、それに応えるためにも憲法をみんなで学ぼう!

25 飯田弁護士1

みややっこ2

25 飯田弁護日2

みややっこ3

25 飯田弁護士3


戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/08/28 14:45

◎豊田戦争展18 (上) トヨタ工場がある高岡地区の展示も

 第31回豊田市平和のための戦争展が8月25、26の両日、豊田市産業文化センターで開かれた。1997年から開かれている。これまでの展示に加え、今年4月29日に行われた「平和リレー講座」で、現地調査した高岡地区の成果が新たにパネル展示された。

修 戦争展 全景


 高岡地区には、トヨタの堤工場や高岡工場がある。講座では、その周辺を調査した。高岡地区のアジア・太平洋戦争での戦没者は420人にもなる。旧高岡村の大字別の戦没者は、竹(73人)、駒場(60人)、若林(54人)、花園(29人)、吉原(28人)…などとなっている。

 これらの大字には、現在はトヨタの社宅をはじめ、持ち家、マンションがあり、多くのトヨタ社員が住み、工場などで働いている。73年前には、多数の住民が戦争で犠牲になった。その悲しみが、土地に染みついているのだ。

 戦没者の戦地別の人数は、フィリピン(107人)、中国本土(87人)をはじめ、日本本土(42人)、太平洋のマリアナ諸島など(34人)、ガダルカナルなど(29人)、ニューギニアなど(24人)、沖縄(13人)、ビルマ(11人)…。

 無謀な侵略戦争は、中国などアジア諸国から太平洋の島々へと広がり、各地でこんなおびただしい犠牲者を出したのだ。

高岡の戦争1


 先日も、このブログ「トヨタで生きる」(8月19日)でアップしたが、故・藤原彰一橋大教授は、著作『餓死した英霊たち』で、アジア太平洋戦争による戦死者230万人のうち、実に140万人(約6割)の死因は、餓死と栄養失調による戦病死、いわば広義の餓死であったことを明らかにしている。

 ブログでは、半藤利一さんのインタビューも引用した。

……
 陸軍参謀本部や海軍軍令部のエリート将校にとって、兵卒はしょせん、1銭5厘(当時のはがき代)で集められる存在。作戦時には3日間分のコメ6合など25キロの荷物を背負わせ、前線へとおっぽり出した。食糧がなくなれば、現地調達しろと。降伏はありえないのだから、負け戦になれば玉砕しかありえません。敗残兵の消息など気にもとめなかった。
……

 1銭5厘で召集され、その多くが餓死で死んでいったとは…。パネルでは、高岡村の年齢別死没者数も明らかにしている。15歳(2人)、16歳(5人)、18歳(16人)、19歳(11人)、20歳(17人)、21歳(45人)、22歳(55人)、23歳(41人)、24歳(35人)、25歳(20人)…と、これからの若者が圧倒的に犠牲になった。

高岡の戦争2


 パネルでは、1927年(昭和2年)11月15日の陸軍特別大演習の写真が展示してあった。約3万人の兵士が参加して高岡地区で行われたものだ。昭和天皇が白い馬に乗って統監する写真があった。

 若林西町には、天皇が統監したことを書きしるした「今上駐蹕之所」(きんじょうちゅうひつのところ=天皇の休憩所の意味)と書かれた碑が建っているが、その写真がパネルにあった。

 私たちが住む豊田市高岡地区には、わずか73年前には、侵略戦争によってこんな悲惨な歴史があったのだ。2度と戦争はしない――その誓いは憲法9条に凝縮されている。
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/28 13:45

◎中島岳志 VS 白井聡 対米従属めぐり議論

 日本は独立国ではなく、アメリカいいなりの従属国――日米安保条約をもとにした日本の「対米従属」は、空気のような存在になって異議を唱える人々は、きわめて少数です。メディアも取り上げようとはしません。

 気鋭の2人の学者、東京工業大学の中島岳志教授と京都精華大学の白井聡専任講師が、「週刊プレーボーイ」の「週プレNEWS」(8月15日)で、「対米従属」などをめぐって知的興奮をおぼえるような議論をかわしています。

 中島氏は、2人は「アメリカと日本の同盟関係が終わる」という前提を共有していると指摘し、6月の米朝首脳会談でそれが目に見えるようになってきたと語ります。

 白井氏も、「在韓米軍の引き揚げ」が現実実を帯び、次に問題になるのが「在日米軍の引き揚げ」と応じます。対米従属エリートたちは「日米同盟が日本外交の基軸」という考え以外は何も持っていないとのべます。

修 写真 中島 白井
(中島岳志氏=右=と白井聡氏、「週プレNEWS」から)

 中島氏は、「ポスト日米同盟」のその先の描き方は、2人で大きく異なると指摘。戦後70年、独立国家「ごっこ」をしてきた日本は、アメリカ抜きになると国民までもが一種のパニックに陥ると分析します。

 その上で、「歴史認識」で、唯一の歯止めになってきたアメリカがなくなれば、「安倍首相の周辺は堂々と靖国神社に参拝し、南京虐殺を否定し、あるいは慰安婦問題について好き放題なことを言い始めるでしょう」と危機感をあらわにします。

 白井氏は、「敗戦・占領を通じて、『国体』の中身が天皇からアメリカに入れ替わったと自著『国体論』では論じましたが、戦後も日本人はアメリカに支配されている事実を否認したままできた」と強調。反米主義が噴きあがることは、いったん通過しなければならない段階と語ります。

 中島氏は、「私は『本来の保守とは何か?』という考え方を説くことによって、人々を日本会議や安倍首相のようなイデオロギーから切り離すということをやろうとしているわけです」と、氏の「保守」の概念を見直す作業に言及します。

 中島氏の主張する「本来の保守」は、必ずしもわかり易いものではありませんが、「日本会議や安倍首相のようなイデオロギー」、つまり侵略戦争を肯定する戦前回帰の考え方でしょう。

 ヨーロッパでは、政党をわかり易く分類しています。たとえば、「中道左派」とか、「極右」など、など。さしずめ安倍首相や日本会議は、「極右」であり、憲法9条を守ることを主張してきた河野洋平氏や故・加藤紘一氏らは「保守」なのでしょう。

 2人の激論は続きます。以下のアドレスで読むことができます。
https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2018/08/15/106839/

戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/08/26 13:25

◎人生100年時代 おちゃめな寂聴さんの思い

 医学の進歩などで「人生100年時代」が現実のものになろうとしています。中国の習近平主席とシンガポールのマハティール首相が8月20日、首脳会談を開いたという記事が日経新聞(21日付)に掲載されていました。

 「『一帯一路』でも協力」などの見出しが躍っています。マハティール首相は、シンガポールの5月の総選挙で首相に返り咲きましたが、何と93歳。世界最高齢の首相です。

 政治的立場はまったく違いますが、93歳で首相の激務を務めていることは、習近平主席との首脳会談で明らかになりました。すでに22年間も首相を務めているといいます。100歳まで首相を務めるのでしょうか?

 こちらは日本の作家、瀬戸内寂聴さん。1922年5月15日生まれで96歳です。昨年11月に秘書の瀬尾まなほさん(30)が『おちゃめに100歳! 寂聴さん』(光文社)を出版しました。

 23歳で秘書になった瀬尾さんが、66歳も離れた寂聴さんの日常生活を、実に生き生きと描いています。寂聴さんは「読んだ人は笑い出して、お腹をすかせ、食べて肥って幸福になりますよ!」と推薦しています。

寂聴1
(『おちゃめに100歳! 寂聴さん』)

 瀬尾さんが、文化勲章を受章した最高齢の現役作家の様子を描いています。机に向かっている寂聴さんを後ろからそっとのぞくと、「瀬戸内寂聴」としか書いていない。週刊誌から目を離さないセンセイ。締め切りが迫っている…。

 「心を鬼にして『後にしましょうね』と取り上げる。『全部必要なのよ』と惜しそうに言うけれど、占いのページも必要なの!?(笑い)」

 しかし、書くと決めた時は目の色が変わり、書斎に入った途端、筆が止まらず、原稿用紙に向かったまま。コーヒーも一口も飲まれずに冷たくなっている。気迫はすさまじい、と。

 安倍首相が2015年に強行した戦争法(安保法制)に反対する集会に、瀬尾さんは車いすに乗った寂聴さんとともに国会議事堂前に現われます。その時の描写。

……
 車いすを押し、人垣をかき分けて二人で中央に進んだ。四方から取材カメラのマイクが93歳の先生の小さい体に向けられた。マイクを渡された先生は、車いすから立ち上がって真っすぐ前を見つめて言った。

 「昨年1年病気をして、寝たきりでした。まだ完治していないけれど、最近のこの状況見ると寝てなんていられない。このままでは日本はダメだと思いここに来ました。

 私は大正11年の生まれ、戦争のまっただ中に青春を過ごしました。前の戦争の時に、戦争がいかにひどく大変なのかを身にしみて感じています。引き上げで焼け野原になった故郷・徳島を見たときに、この戦争は天皇陛下のため、日本の将来のため、東洋平和のためと教えられ、信じてきたけれど、戦争にいい戦争も悪い戦争もありません。

寂聴2
(『おちゃめに100歳! 寂聴さん』から)

 殺し殺されるのが戦争。決して戦争を繰り返すまいという思い。ここに集まった方も同じ気持ちだと思う。その気持ちを他の人、特に若い人に伝え、若い人の将来が幸せになるように進んでほしい」

と5分間訴えた。思いを託すように、2度先生が頭を下げると、聴衆が大きな拍手で先生の気持ちに応えた。

(省略)

 「(先生は)でもね、私変わるなんて思っていないの。こんなことをしても安倍政権の暴走を止められるなんて思っていないのよ。安倍さんは民衆の声を聞こうともしないでしょう? だけど何もしないのはダメよ。戦争法案の成立に反対をしていた人がいたということは、歴史に刻まれるでしょう」

 先生の潔さに、胸が熱くなった。私はこれまで座り込みを見たら、「怖い」とか、デモ見たら「関わりたくない」と思っていたけれど、「おかしいことはおかしいと声をあげる」

 その大切さ、実る実らないの問題ではなく、まず、声をあげ、意思表示をする重要さ、それを先生から教えてもらった。黙っているしかない、むしろ自分は関係ないというわたしの考えが一瞬でひっくり返った。
……

 96歳寂聴さん! 「おちゃめに100歳!」まで、日本のためにがんばって!

戦争と平和 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/08/23 17:34

◎軍事費が伸びていく 5兆3000億円超へ

 防衛省は、2019年度の概算要求で、過去最大となる5兆3000億円超を計上する方向です。「しんぶん赤旗」(8月21日付)が伝えています。安倍政権は、9条改憲と軌を一にして軍事費を年々、増大させています。

 なかでも、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入費などを盛り込もうとしています。「イージス・アショア」については、このブログ「トヨタで生きる」でアップ(7月31日)したように、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)、むつみ演習場(山口県萩市)に配備しようとしています。

 安倍政権は、北朝鮮の危機を煽り、2基で約2680億円にもなる巨額な軍事費を費やそうとしています。朝鮮半島での平和への激動が起きているなかで、“無用の長物”になる可能性があります。

 18年度当初予算の軍事費は、過去最大の5兆1911億円。第2次安倍政権が発足して以来、13年度から6年連続で増加しています。15年度からは、4年連続で過去最高を更新しています。安倍政権の軍事費の突出は異常です。

軍事費の伸び
(「しんぶん赤旗」、8月21日付から)

 安倍政権は、2019年度から5年間の次期中期防衛力整備計画(中期防)で、軍事費(米軍再編関連経費を除く)の伸び率を、現行の年0.8%から1%超に拡大する方向です。

 9条改憲と合わせ、一路、軍事費の過去最大を更新し続ける安倍政権。モリカケ疑惑では、国政を私物化しています。こんな政権を1日も早く退陣させようではありませんか。
戦争と平和 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2018/08/22 18:48

◎戦争法強行からもうすぐ3年

 安倍政権が、戦争法(安保法制)を参院で強行したのが2015年9月19日です。あと1カ月で3年を迎えます。その19日を決して忘れない、戦争法を廃止しようと、全国で毎月“19日行動”が続いています。

 豊田市でも8月19日(日)、“19日行動”が豊田駅前で行われました。日本共産党の根本みはる市議をはじめ市民が「安倍9条改憲NO!」と訴えました。そして、有権者(6000万人)の過半数をめざす「3000万人署名」を呼びかけました。

 根本市議は、同行動の写真をネットにアップしましたが、それをこのブログ「トヨタで生きる」でもシェアします。

50 根本豊田市議ら 20180819行動
(安倍9条改憲反対を訴える根本みはる豊田市議=左=ら。豊田駅前で8月19日)

 安倍首相は、昨年5月3日の憲法記念日に、「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という改憲を2020年に施行すると表明しました。「自衛隊を書き込んでも何も変わらない」と言い訳しますが、とんでもありません。

 戦力の不保持と交戦権を否定した9条2項を空文化=死文化させるもので、無制限での海外での武力行使に道を開くものです。戦争法は、集団的自衛権の行使などを盛り込んだものです。集団的自衛権は、歴代の自民党首相さえ、憲法違反だとしてきたものです。

 9条に自衛隊の存在を書き込めば、集団的自衛権行使は憲法で合憲とされてしまいます。戦争法を憲法で追認することになります。

 憲法の上で、アメリカが行う戦争に自衛隊を派兵して日本が堂々と海外で戦争できる国につくり変えることを意味しています。歴代自民党政権が、少なくとも“専守防衛”としてきたさえかなぐり捨てるものです。

 戦争法反対の運動のなか、京都大学で結成されたのが「自由と平和のための京大有志の会」です。「トヨタで生きる」でも紹介しましたが、同会は、詩のような声明文を発表しました。

 わかりやすい声明文は、大きな反響を呼びました。戦争法強行からもうすぐ3年になるのを前に、声明文をポスターのように作成した人がいます。それがネットでシェアされています。それを紹介します。

80 京大有志の会
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/08/20 11:11

◎半藤一利さんが語る戦争

 元「文芸春秋」編集長などをへて戦争の著作がたくさんある作家の半藤一利さん(88)は、憲法9条を守ることを訴え続けています。今年3月には80冊以上の著作から「半藤日本史」ともいうべき『歴史と戦争』(幻冬舎新書)を刊行しました。

 半藤日本史は、常に庶民の立場、弱者の視線、反権力で貫かれ、語り口の著作は平易で、実にわかりやすい。73年目の終戦の日の毎日新聞には、インタビューが掲載されました。

 インタビューでは、「『戦没者230万人』という数字を、私たちはどのように読み解けばいいのだろうか」という問題意識で半藤氏から聞き出しています。

……
 陸軍参謀本部や海軍軍令部のエリート将校にとって、兵卒はしょせん、1銭5厘(当時のはがき代)で集められる存在。作戦時には3日間分のコメ6合など25キロの荷物を背負わせ、前線へとおっぽり出した。食糧がなくなれば、現地調達しろと。降伏はありえないのだから、負け戦になれば玉砕しかありえません。敗残兵の消息など気にもとめなかった。
……

 半藤さんはこう語り、「私は戦没者のうちの7割が、広義での餓死だと思っています。このような軍隊は古今東西にありません。人間をまるで、将棋の駒のように扱っている」と指摘します。

 事実、故・藤原彰一橋大教授は、著作『餓死した英霊たち』で、アジア太平洋戦争による戦死者230万人のうち、実に140万人(約6割)の死因は、餓死と栄養失調による戦病死、いわば広義の餓死であったことを明らかにしています。

半藤 歴史と戦争


 若者を特攻に駆り立てた参謀たちにも手厳しい。

……
 特攻作戦も同様です。特攻隊員たちの純粋な気持ちを利用した。「日本的美学」などと言われるが、とんでもない。立派な作戦であるような顔をして、机の上で「今日は何機出撃」などと記していた参謀らを許すべからずです。
……

 最後に、安倍首相が2015年の戦争法(安保法制)で、憲法違反の集団的自衛権の行使を認めたことについて、こう批判します。

……
 集団的自衛権の行使について、容認する声があります。何を言ってんだ、と思いますよ。戦後の日本は平和だった。その権利を行使しなかったため、何か問題があったのでしょうか。
……

 その集団的自衛権の行使を憲法で追認しようとしているのが、安倍改憲です。9条に自衛隊の存在を明記するという安倍首相。「何を言ってんだ」と半藤さんの怒りの声が聞こえそうです。
戦争と平和 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2018/08/19 10:36

◎戦争遺跡が多数残る豊田で平和を考える

 73回目の終戦記念日の8月15日を迎えました。豊田市では、終戦前日の14日に、現在のトヨタ自働車本社工場などに、長崎に落とされた原爆と同型の核模擬爆弾・パンプキンが米軍によって投下されました。

 その際、民家の床の間に刺さり、家主が保存していたパンプキンの破片が、2年前の「豊田市平和を願う戦争展」に展示され、参加者の注目を集めました。破片は戦争の“生き証人”でした。

パンプキン破片
(核模擬爆弾・パンプキンの破片)

 投下された当時のトヨタは、日本軍から軍需工場に指定されていたうえに自動車の製造を禁止され、航空機部門のエンジンの製造に切り替えさせられた直後でした。トヨタへの投下は、米軍が日本に全面降伏を迫る総仕上げの作戦の一つでした。

 それから73年。トヨタは世界1を争う自動車会社にまで大きくなりました。パンプキンの破片は、「乗用車は、平和であってこそ生産・販売できる」ということを私たちに教えてくれます。

 戦争展実行委員会は、今年4月29日に「第18回豊田市平和リレー講座」を開き、豊田市南部の高岡地域で現地調査を行いました。昭和天皇の視察のもとで行われた1927年(昭和2年)の陸軍特別軍事演習などにかかわる戦争遺跡の調査でした。

 トヨタ高岡工場の近くには、大正天皇が軍の演習を視察するために訪れた大官橋を御乗替橋に変えた由来の碑が建っていました。トヨタのOB社員は、「御乗替橋の近くをしょっちゅう車で走っていたが、なぜ御乗替橋というのか初めて知った」と驚いていました。

御乗替橋
(御乗替橋で戦争遺跡の調査をする人々=2018年4月29日)

 リレー講座の参加者は、高岡工場や堤工場の周辺にたくさんの戦争遺跡があることにびっくりしていました。身近なところに、戦後73年もたっても戦争の傷跡が残っていたのです。

 今年のリレー講座の調査の成果は、8月25(土)~26日(日)に豊田産業文化センターで開かれる第31回平和のための戦争展で展示されます。トヨタとトヨタグループで働くみなさん、是非とも家族で訪れてみませんか。
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/15 08:53

◎「いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない」 安倍首相

 安倍首相は8月13日、地元の山口県下関市での講演会で、憲法9条の改憲について、「いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない」と強調し、「党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう取りまとめを加速すべきだ」とのべました。

 「いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない」とは、何という傲慢な言い方でしょうか。先の通常国会で改憲の発議ができず、年内に国民投票もできないことへの焦りを示すものです。昨年5月3日の憲法記念日に表明した2020年に改憲憲法を施行するというスケジュールが大きく狂い始めているからです。

 実際、朝日新聞社が今年5月3日の憲法記念日を前に行った全国世論調査では、安倍政権のもとで憲法改正を実現することに「反対」は58%(昨年調査では50%)、「賛成」は30%(同38%)で、昨年調査よりも「反対」が増え、「賛成」が減っています。

 安倍発言は、国民世論に真っ向から挑戦し、国会での憲法調査会での議論もないがしろにするものです。安倍首相は、9条に自衛隊を明記しようとしています。これが意味するのは、自衛隊を海外に派兵し、米国の戦争を支援するなどして日本が海外で全面的に武力行使=戦争ができる国にするものです。

 しかも9条に自衛隊を明記すると、15年の戦争法(安保法制)で、憲法違反の集団的行使を認めたことを憲法で追認することになります。国民の半数以上が改憲に反対しているのは、安倍首相のこの危険なねらいを実感しているからにほかならないでしょう。

 こうした安倍発言は、8月15日の終戦記念日を前に、戦前の侵略戦争に何の反省もないことを告白するものです。9条をふくめた憲法は、国内320万人、アジア・太平洋で2000万人以上を犠牲にした侵略戦争を2度と起こさないという決意のもとにつくられたものです。

豊田駅署名 20180703
(豊田駅前での3000万人署名運動=7月3日)

 この願いは、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が呼びかけた3000万人(有権者の半分)を目標にした国会請願署名運動に込められています。4月末までに1350万人の署名が国会に提出されています。

 “いつまで議論を続けるのだ”と問答無用で9条改憲をねらう安倍首相に、3000万人署名で待ったをかけようではありませんか。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/08/14 10:03

◎安倍首相、あなたは何のためにナガサキへ来たのですか?

 73年目の8月9日を迎えた被爆地・長崎。安倍晋三首相は、被爆者をはじめ、市民から総スカンをくらいました。安倍首相が平和式典のあいさつで、国連で昨年採択された核兵器禁止条約にいっさいふれなかったからです。

 長崎原爆被災者協議会の田中重光会長は、首相と被爆者5団体との懇談で、「真意をうかがいたい」と質問。安倍首相は、核兵器保有国と非保有国との「橋渡し役」を果たしたいと、昨年から、しかも広島と同じセリフをくり返すだけでした。

 「どこかよその国の政府のようだ」と怒る田中氏。長崎県被爆者手帳友愛会の中島正徳会長は、「要望を聞いたというだけでは時間の無駄だ」と怒りをあらわにしました。

 平和宣言で田上富久市長は、「世界には1万4450発の核弾頭が存在しています」と指摘しながら、こう訴えました。

 「日本政府は、核兵器禁止条約に署名しない立場をとっています。それに対して今、300を超える地方議会が条約の署名と批准を求める声を上げています。日本政府には、唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に賛同し、世界を非核化に導く道義的責任を果たすことを求めます」

 この後のあいさつで、安倍首相は核兵器禁止条約に何もふれなかったのです。「橋渡し役」といいながら安倍政権は、トランプ米政権が核兵器を使う姿勢を強く打ち出した新たな核軍拡計画・「核態勢見直し」(2月2日発表)を、「高く評価」(河野太郎外相)さえしているのです。

グテーレス事務総長
(平和式典であいさつする国連のグテーレス事務総長=テレビ朝日系から)

 国連の事務総長として初めて長崎の式典に出席したグテーレス氏は、「ここ長崎で、すべての国に対し核軍縮に全力で取り組み、緊急の問題として目に見える進歩を遂げるよう呼びかけます」などとのべ、核兵器禁止条約の発効を求めました。

 唯一の戦争被爆国の首相ながら、核兵器禁止のリーダーシップを取るどころか、核兵器禁止条約に背を向け続ける首相。平均年齢が82歳を超えた被爆者たちに残された時間はわずかです。核兵器禁止条約にサインする政府はまったなしです。
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/08/10 10:10

◎ふたたび「あなたはどこの国の総理ですか?」

 広島に原爆が投下されて73年目の8月6日。広島市の平和公園で開かれた平和記念式典で、松井一実市長が「平和宣言」を読み上げました。

……
 核抑止や核の傘という考え方は、核兵器の破壊力を誇示し、相手国に恐怖を与えることによって世界の秩序を維持しようとするものであり、長期にわたる世界の安全を保障するには、極めて不安定で危険極まりないものです。

 為政者は、このことを心に刻んだ上で、NPT(核不拡散条約)に義務づけられた核軍縮を誠実に履行し、さらに、核兵器禁止条約を核兵器のない世界への一里塚とするための取り組みを進めていただきたい。
……

続いてあいさつした安倍首相は、国連で昨年7月に採択された核兵器禁止条約に一言も触れませんでした。

 昨年に続いて触れなかったのです。122カ国の賛成で採択された条約の批准が始まっており、これまでに14カ国が批准しています。発効には50カ国が必要ですが、唯一の戦争被爆国の日本が批准しないという信じられない事態です。

 安倍首相はあいさつで、「核兵器国と非核兵器国双方の協力を得ることが必要」とのべ、「双方の橋渡しに努め」る、とのべました。日米安保条約の“核の傘”の下にいる日本は、核兵器禁止条約に賛成できないという姿勢です。

 式典の後に被爆者と懇談した安倍首相に対し、「日本はなぜ条約にサインしないのか」と問い詰められましたが、この場でも核兵器禁止条約にまったく触れませんでした。

原爆ドーム
(広島市の原爆ドーム=グーグルアースから)

 昨年、長崎の平和記念式典の後に被爆者と懇談した安倍首相は、「あなたはどこの国の総理ですか?」と詰問されました。1年たっても具体的な「橋渡し」をした形跡は、まったくありません。こうした日本の姿勢は核兵器禁止条約の発効を遅らせる以外の何物でもないでしょう。

 条約の採択にあたって大きな役割を果たしたのがオーストリアです。同国の欧州統合外務省軍縮軍備管理不拡散局長のトーマス・ハイノッチ氏は、同じ6日に開かれた原水爆禁止世界大会ヒロシマデー集会で、「批准する国の数は増え続け、近い将来に順調に発効する運びになるでしょう」と力強くあいさつしました。

 2つの国でこれほどの違いがあるのです。日本が条約の批准にサインすれば、世界の国は一気に批准に動き出すでしょう。「ヒバクシャ国際署名」は、6日までに873万人が集まっています。このうち、知事・自治体首長の署名は1132人です。世論と運動が批准への大きな力になるでしょう。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/08/08 17:35

◎豊田市戦争展 8月25、26日に豊田産業文化センターで

 恒例の豊田市平和を願う戦争展(実行委員会主催)が8月25(土)~26日(日)、豊田産業文化センターで開かれます。今年で31回目となり、すっかり市民に定着しました。

 豊田市は戦争中、トヨタ自動車が軍需工場に指定されてために、終戦1日前の1945年8月14日に、米軍が長崎に落した原爆と同型の模擬原子爆弾パンプキンをトヨタ本社工場などに落しました。

 実行委員会は、「平和リレー講座」を開くなどして、そうした豊田市の戦争遺跡を掘り起こして展示してきました。今年は4月29日に、昭和天皇の視察のもとで行われた1927年(昭和2年)の陸軍特別軍事演習の戦争遺跡を高岡地区に訪ね、調査してきました。

50 豊田戦争展 ポスター
(戦争展のポスター)

 戦争展では、その成果を「高岡地区と戦争」として展示します。また、豊田とトヨタの戦争、原爆、沖縄の基地、憲法9条、市民パワーなど多彩な展示が行われます。

 今年は、「笑って学ぼうみんなの憲法」をと、八法亭みややっこさん(弁護士の飯田美弥子さん)が「歴史に学び、未来を志向する日本国憲法」と題して1席を語ります。

 戦争展は無料です。25日(土)は、午前9時30分~午後7時まで。26日(日)は、午前9時30分~午後5時までです。

平和リレー講座2018
(高岡地区を調査した今年の「平和リレー講座」、4月29日)

 高岡地区を調査した今年の「平和リレー講座」は、このブログ「トヨタで生きる」でアップしてきました(5月4日から3回)。次のアドレスです。
http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-2875.html
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/03 10:28

◎田上長崎市長の呼びかけに首相は応えるべきです

 NHKは7月30日、田上富久長崎市長が8月9日の長崎原爆の日の式典で読み上げる平和宣言の骨子を発表したことを伝えました。「去年国連で採択された核兵器禁止条約の発効に向けて各国に協力を呼びかけ、日本政府にも条約に賛同するよう求めたいとする考えを示した」という内容です。

 素晴らしいですね。昨年8月10日の、このブログ「トヨタで生きる」では、田上市長の「平和宣言」について、テレビの生中継を見ながら感動し、涙が出たことを紹介しました。

 ……
 核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにもかかわらず、核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。

 唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めてください。日本の参加を国際社会は待っています。

 また、二度と戦争をしてはならないと固く決意した日本国憲法の平和の理念と非核三原則の厳守を世界に発信し、核兵器のない世界に向けて前進する具体的方策の一つとして、今こそ「北東アジア非核兵器地帯」構想の検討を求めます。
……

 式典には安倍首相も参加していたのです。その安倍首相に向かっての呼びかけでしたが、安倍首相は1年たっても、アメリカの「核の傘に依存する政策」を続けているのです。

田上長崎市長 NHK20180730
(田上富久長崎市長=NHKテレビ、7月30日から)

 田上市長は、被爆者の願いを届けるために、今年も「日本政府には、唯一の被爆国として核廃絶に向けた責任を果たすために、条約への参加も含めて賛同の意思を示すよう呼びかけることにしています」(NHKニュース)といいます。

 被爆者の声に耳を傾けないような首相は、日本の首相にふさわしくありません。昨年、式典の後の被爆者との懇談で、「あなたはどこの国の総理ですか。私たちをあなたは見捨てるのですか」と問われたことを、よもやお忘れではないでしようね。
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/08/02 11:28

◎イージス・アショア 導入費用は当初の倍以上に

 「北朝鮮は、我が国を射程に収める弾道ミサイルを数百発保有しています」「北朝鮮の核・ミサイルの現状を踏まえれば、イージス・アショアは速やかに配備する必要があります」

 防衛省は、陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備をねらう地元に提出した説明資料には、「北朝鮮の脅威」を繰り返し強調して配備の正当性を主張しています。配備先は、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)、むつみ演習場(山口県萩市)です。

 小野寺五典防衛相は7月30日、「イージス・アショア」について、本体の導入経費が1基あたり約1340億円になると発表しました。昨年11月時点では800億円、同12月時点では1000億円弱としていたのが1340億円と短期間にうなぎのぼりに拡大しています。

 ミサイル関連設備や建屋と造成費などがふくまれておらず、さらに総額が拡大するのは必至で、2基合わせて6000億円になるとの見方もあります。軍事費となれば、税金をいくら投入してもかまわないという姿勢です。

 また防衛省は同日、米ロッキード・マーティン社製の最新鋭レーダー「LMSSR」を採用すると発表しました。「富士通の半導体素子の技術が使われる可能性もある」(日経、31日付)としています。

80 むつみ演習場
(ブロック紙の中国新聞アルファが伝えた山口県萩市の山間部にある陸上自衛隊むつみ演習場)

 「LMSSR」の探知距離は、イージス艦のレーダーの倍を超える1000km以上にもなるといいます。住民や関係自治体からは、レーダーの運用の際に発生する強力な電磁波の影響や施設が攻撃目標になる危険などから強い反対の声が上がっています。

 南北首脳会談(4月27日)、米朝首脳会談(6月12日)と朝鮮半島で平和への激動が始まっている時です。軍事的緊張をあおることではなく、外交努力こそ求められる時であり、安倍政権は配備を中止すべきです。
戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/07/31 15:52

◎加藤剛さんの残した言葉 「9条は『夢の形見』」

 俳優の加藤剛さんが亡くなっていたことが7月8日、明らかになった。まだ80歳だった。胆のうがんだった。晩年の加藤さんは、やせて痛々しいほどだった。

 加藤さんは俳優座出身で、映画テレビで広く活躍した。忘れられないのが名画「砂の器」(原作、松本清張。1974年公開)での作曲家・ピアニスト役、犯人役であった。

 ハンセン病の父と放浪し、その過去を隠すために犯行に及ぶ。放浪する親と子、オーケストラの演奏、刑事たちの犯人追跡、この3つのシーンを交互に織り成す映画の中で、迫真の演技を見せたのが加藤さんだ。タクトを振る知的な横顔が彷彿と浮かぶ。

 もう一つがNHKの大河ドラマの「獅子の時代」(1980年放送)である。山田太一の創作ドラマで、激動の幕末を薩摩藩士・苅谷嘉顕の役を演じたのは加藤さんだった。会津藩士、平沼銑次役の菅原文太さんと2人主人公で、“官軍と賊軍”の主人公を描いた。ここでも加藤さんの知的な役柄は、熱情的な菅原さんの役柄と対照的で光った。

 ドラマの最終回のラストシーンで、菅原さんが「自由自治元年」の旗を掲げて民衆の中に入っていくシーンは、最近多い大河ドラマの幕末物とは比較にならぬほど秀逸だった。

50 加藤剛 夢の形見


 加藤さんは、平和、民主主義に特別に強い思いがあった。特に憲法9条を守ることへの熱い思いを語っていた。「しんぶん赤旗」日曜版(2017年8月13日号)に登場し、その思いを語った。

……
 憲法は、戦争で亡くなった人たちの「夢の形見」です。だから絶対に守り抜かねばなりません。戦争放棄や戦力の不保持を定めた9条は、絶対に変えてはいけません
……

 「夢の形見」-名セリフですね。
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/11 18:45

◎アベ政治を許さない「3日行動」 23人が9条を守ろうの署名

 「アベ政治を許さない」――と作家の沢地久枝さんが呼びかけた、毎月3日の行動が7月3日、豊田駅前で行われた。梅雨の晴れ間となったこの日は、30度を超える暑い日となり、湿度も高く、立っているだけで汗が流れた。

 平日の昼間にもかかわらず17人が参加し、安倍9条改憲に反対する3000万人を目標にした署名を呼びかけ、1時間で23人の市民が署名を寄せた。 参加者は、交代でリレートークした。

アベ1 20180703


 豊田市はトヨタ自動車の企業城下町であり、トヨタや関連の労働者が多数働き、住んでいる。安倍政権の「働き方改革」一括法案は、自民党、公明党、維新の会などが参院で採決を強行した(6月29日)。

 トヨタ労組の上部団体の連合は、一括法案の中の「残業代ゼロ制度=高度プロフェッショナル制度=高プロ」に反対してきた。トヨタ労組出身の相原康伸事務局長は「極めて遺憾」との談話を発表した。

アベ2 20180703

アベ3 20180703

アベ4 20180703

アベ5 20180703


 高プロ反対では、日本共産党や立憲民主、国民民主など野党も労働組合も一致して反対している。トヨタに、高プロの導入をしないよう運動していくことが重要だ。

アベ6 20180703

アベ7 20180703

アベ8 20180703

アベ9 20180703


 安倍政権は、森友・架計疑惑での公文書改ざん、隠ぺい、虚偽答弁など国政を私物化したり、国権の最高機関の国会を平気で踏みにじるなど戦後最悪の政権だ。こんな政権に憲法9条を変えさせてはならない。安倍政権を終わらせよう、“アベ政治を許さない”と呼びかけた。

アベ10 20180703

アベ11 20180703

アベ12 20180703

アベ13 20180703
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/04 18:26

◎豊田駅前で安倍9条改憲反対訴え 32人が署名

 国会も会期末(6月20日)になった19日夕方、豊田駅前で安倍政権退陣を求めるスタンデング行動が行われた。安倍政権が安保法制(戦争法)を参院で強行採決した2015年9月19日を絶対に忘れず廃止を求める、毎月の「19日行動」だ。

 梅雨に入って曇り空だったが、幸い雨は降らなかった。この日は、豊田市民アクションと豊田市民の会の共催だったので、35人もの人たちが参加した。32人の市民から安倍9条改憲反対の署名が寄せられた。

★201806の1 DSCN3522


 参加者が交代でリレートーク。森友・加計学園問題で改ざん、隠ぺい、虚偽答弁で国権の最高機関の国会をないがしろにした上に、ギャンブル依存症を増やすカジノ法案や過労死を促進する「働き方改革」一括法案などを強行するために国会延長を図る安倍政権と自民党、公明党を厳しく批判した。

 また、南北首脳会談や初の米朝会談で朝鮮半島に平和への激動が起きていることを指摘。対話によって北東アジアの平和をつくりあげよう、そのためには安倍改憲を許さず9条を守ろう――などと、それぞれの思いを訴えた。

★201806の2 DSCN3543

★201806の3 DSCN3558

★201806の4 DSCN3560


 通勤時間帯のために、電車が到着するたびに、100人ほどの通勤客が愛環鉄道から名鉄へと集団で移動する。署名では、これからの日本を背負う若者や幼いころに戦争を体験したり、伝え聞いてきた高齢者の反応が良かった。

 沖縄県名護市辺野古で、米軍の新基地建設に反対する県民の人たちが掲げているスローガンを思い出す。「勝つ方法はあきらめないこと」「戦わないために、今闘う!」。あきらめないぞ!

★201806の5 DSCN3561

★201806の6 DSCN3598

★201806の7 DSCN3601 (4)
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/06/20 19:11

◎AI兵器が人間を殺す?

 グーグルの約4000人の社員が、AI(人工知能)を搭載したドローンの軍事利用反対の署名運動をし、ピチャイCEOがこれを受け入れて、グーグルの「指針」にしたことは平和への大きな貢献になるでしょう。

 このニュースは、このブログ「トヨタで生きる」でアップ(6月11日)しました。「単なるパフォーマンスだと思う」とのコメントもありましたが、AIを軍事利用したらどうなるのか? NHKの「けさのクローズアップ」(5月26日放送)を思い出しました。

 「AI兵器が戦場を変える!?」とのタイトルで放送されたものです。アメリカで、AIを搭載したドローンなどの無人機や地上歩行型の戦闘用ロボットなどの開発がすすんでいるといいます。

 専門家によると、戦争になると、まずサイバー攻撃が行われ、次に無人機同士の戦闘がくり広げられます。偵察用ロボット、物資運搬用の馬型ロボットなどAI兵器が人間の肩代わりをするといいます。

 防衛省は、こうした技術の利点を防衛装備に転用できないか、と研究を始めているといいます。恐ろしいことです。番組では、AI兵器の開発に反対する団体が作った映像を紹介していました。

 大量のドローンが標的の居場所を察知すると、壁を破壊して、建物の内部に侵入、逃げ惑う人間を追いかけ、攻撃をくり返す……AI兵器が大量殺りくする映像にはぞっとします。

60 NHK AI兵器
(ドローンが人間を追いかけ、攻撃をくり返す映像=NHKの「けさのクローズアップ」から)

 AI兵器が進化すると、人間の判断、命令が一切ない自律型の兵器=“キラーロボット”までが登場するといいます。これを規制しようと国連が昨年、初めての公式会合を開きました。

 番組では、こう締めくくりました。

 「AIというと、生活を一変させる便利な技術というイメージがありますけれども、兵器としての開発競争が今後、行き過ぎれば、人間がAIに殺されるという時代が来ないとも限りません。そういう危険性があることを忘れずに、AIと向き合っていくことが必要だと思います」

 グーグルの約4000人の社員が立ち上がったことは、世界の平和にとって大きな意味を持つことだというのがわかります。

戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/06/14 09:58

◎平和へのプロセスへの始まり 史上初の米朝会談

 シンガポールで開かれた史上初の米朝会談(6月12日)。米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が署名した「共同声明」の全文(英文、日本語訳)を読みました。

 「朝鮮半島の完全な非核化への強固で揺るぎない決意」(金委員長)を表明し、「北朝鮮に対する安全の保証の提供」(トランプ大統領)を約束する――素晴らしいことではありませんか。

 朝鮮戦争(1950年)から68年。北朝鮮がミサイル発射をくり返し、6回目の核実験を強行、安倍首相が「国難突破解散」と声高に主張したのが昨2017年。こんな日が来るとは、だれが予想したでしょうか。

 対話による平和への道筋が開けました。メディアは、「共同声明」に「具体策はなし」などと書きますが、この日は平和へのプロセスの始まりです。具体化は、これからです。日本をはじめ世界の世論と運動がプロセスを完成させるのではないでしょうか。

米朝首脳会談で発表された共同声明(日経新聞)
(米朝首脳会談の後に発表された「共同声明」の全文=日本経済新聞、6月13日付)

 日本共産党の志位和夫委員長は12日、「歴史的な米朝首脳会談を心から歓迎する」との談話を発表しました。その全文を紹介します。

……
 米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が、本日、シンガポールで米朝首脳会談を行った。

 両首脳が署名した共同声明によると、金委員長は「朝鮮半島の完全な非核化への強固で揺るぎない決意」を表明し、トランプ大統領は「北朝鮮に対する安全の保証の提供」を約束し、米朝両国が「平和と繁栄を望む両国民の願いに従って新しい米朝関係を樹立」し、「朝鮮半島に永続的で安定した平和体制を構築」することを宣言した。

 日本共産党は、長年にわたって厳しく敵対してきた米国と北朝鮮が、初の首脳会談を行い、朝鮮半島の非核化と平和体制構築をすすめ、両国関係を敵対から友好へと転換させるために努力することで合意したことに対して、心からの歓迎を表明する。

 今回の米朝首脳会談は、非核化と平和体制構築に向けたプロセスの開始である。この目標の達成には、両首脳が確認したように、今後も首脳会談を含め交渉を継続し、共同声明の合意を速やかに具体化し、誠実に履行するための真剣で持続的な努力が必要である。そのことを米朝両国に強く期待する。

 非核化と平和体制構築を実現するためには、米朝両国の努力とともに、関係各国、国際社会の協調したとりくみが必要である。平和を求め、核兵器のない世界を求める諸国民の世論と運動が不可欠である。

 とりわけ、日本政府が、日朝平壌宣言にもとづき、核・ミサイル、拉致、過去の清算など両国間の諸懸案を包括的に解決し、国交正常化のための努力をはかり、開始された平和のプロセスを促進する役割を果たすことを強く求める。拉致問題の解決も、そうした努力のなかに位置づけてこそ道が開けることを強調したい。

 日本共産党は、北朝鮮問題の「対話による平和的解決」を一貫して主張し、4月上旬には、「朝鮮半島の非核化と北東アジア地域の平和体制構築を一体的・段階的に進める」ことを関係国に要請した。この間の情勢の進展は、わが党の提唱が、関係各国の努力方向とも合致し、情勢を前向きに打開する唯一の道であることを示している。

 南北首脳会談と米朝首脳会談によって開始された平和のプロセスが成功をおさめるならば、世界史の一大転換点となり、地域の情勢を一変させるものとなるだろう。日本共産党はそのために引き続きあらゆる努力を続けるものである。
……
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/06/13 21:55

◎グーグルが指針に 軍事用AIノー

 グーグルが6月7日、AI(人工知能)の軍事利用にノーを突き付けました。4000人を超えるグーグル社員が反対の署名運動をしたり、社員が辞職する動きになったことから、ピチャイCEOが自身のブログを通じて公表したものです。アドレスは次の通りです。

https://blog.google/topics/ai/ai-principles/

 公表したAI利用の「指針」は7つからなっています。

① 社会的に有益であること
② 不公平性や偏見を助長しないこと
③ AIを安全に設計し、慎重に検証テストすること
④ AIシステムにつき説明責任を果たすこと
⑤ プライバシー保護の設計原理を組み込むこと
⑥ AI知識を人々にオープンな形で共有すること
⑦ 以上の原則に合致するよう、有害な利用を制限すること

70 ピチャイCEOのブログ
(ピチャイCEOのブログから)

 その上で、「AI利用を追求しない分野」として、軍事利用など次の技術をあげています。

・全体的な害を引き起こす、ないし引き起こす可能性の高い技術
・人々を傷つける、または傷つけることを直接助ける武器やその他の技術
(Weapons or other technologies whose principal purpose or implementation is to cause or directly facilitate injury to people.――ピチャイCEOのブログ原文)
・国際的な規範に違反して監視情報を収集または利用する技術
・国際法および人権に関して広く共有された原則に反する目的を持つ技術

 こうした「指針」が作成された背景に社員の運動があったことを池内了総合研究大学院大名誉教授が東京新聞夕刊(6月1日付)に書いています。

 それによると、社員約4000人がピチャイCEOに対し、「ドローン軍事技術をやめる」ことを要求した請願書に署名し、10人ほどが辞職したといいます。

 請願書の末尾には、「グーグルの倫理的な責任、そしてグーグルの名声が脅威に晒されていることを認識し、われわれは次のことを要請します」として、「1、このプロジェクトを直ちに廃止すること。2、グーグルとその契約相手が戦争目的の技術を一切開発しないことを述べたポリシーを起草し、公に発表し、実行に移すこと」の2点を掲げているといいます。

 日経新聞によると、グーグルは、米国防総省と結んでいた軍事用ドローン向けのAI開発契約を2019年で打ち切ることを決めたといいます。

 軍事利用には手を染めない、とは素晴らしいではないですか。グーグルの研究者、技術者らが団結し、署名運動を続け、ついにCEOを動かしたのです。拍手です。

 しかしグーグルは、サイバーセキュリティーや訓練、捜索、救助など「多くの他の分野で政府や軍との協力を継続する」ともいいます。池内さんは、『科学者と軍事研究』(岩波新書)などで、科学者の軍事研究に警鐘を鳴らしているように、日本でも科学者の軍事研究は大きな問題になっています。

 グーグルの研究者、技術者、平和のためにがんばれ!
戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/06/11 14:37

◎アベ改憲ノーの署名 1350万人分を提出

 安倍首相がねらう憲法9条の改憲。戦争放棄、戦力不保持、交戦権否定をした9条は、世界の誇りです。日本を戦争ができる国に変えようとする安倍首相の企てにノーを突き付ける署名が4月末で、全国で1350万人に達しました。

 6月7日、署名運動をすすめてきた「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が衆院第一議員会館で提出集会を開きました。「市民アクション」は、「九条の会」など様々な団体が結集しています。

 ▽法第9条を変えないでください。▽憲法の平和・人権・民主主義が生かされる政治を実現してください――この2項目の請願署名を、有権者の半数にあたる3000万人を目標に取り組み、この日、第1次署名提出集会を開いたものです。

豊田駅前 9条署名1
(豊田駅前での3000万人署名運動)

 豊田市では、毎月、「3日行動」(作家の沢地久枝さんが呼びかけた「アベ政治を許さない」行動)や「19日行動」(安保法制=戦争法を安倍政権が参院で強行した15年9月19日を忘れないとして行っている行動)などで、豊田市民に署名を呼びかけています。

 また、職場や学園での署名の訴え、地域で1軒、1軒訪ね、“ピンポーン”して署名をお願いする…文字通り、草の根の活動で集めたものです。その粘り強い活動は、日本の民主主義を発展させるものといっていいでしょう。

 安倍首相は、今年秋にも9条をふくむ改憲を国会で発議し、東京オリンピックの年の2020年に施行する野望を抱いています。

 しかし、5月3日の憲法記念日を前にした世論調査では、9条について、「非常に評価」28%、「ある程度評価」42%で、「評価」を合わせると70%にのぼりました(NHK)。

 朝日新聞の世論調査でも、安倍首相の「9条改正案」に「賛成」39%、「反対」53%で、安倍政権下での9条をふくむ憲法改正には、「反対」58%、「賛成」30%でした。

 国内で310万人以上、アジア・太平洋で2000万人以上が犠牲になった日本の侵略戦争。トヨタ本社工場が核模擬爆弾の標的になりました。その侵略戦争のへの痛切な反省から生れた憲法9条は、国民の間にしっかりと定着しています。豊田駅前で、若い人たちが相次いで署名している姿からもよくわかります。

豊田駅前 9条署名2
(豊田駅前での3000万人署名運動)

 この日の提出集会には、日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、無所属の会の岡田克也代表、自由党の小沢一郎代表、社民党の照屋寛徳国対委員長、沖縄の風の糸数慶子代表があいさつしました。

 志位委員長は、憲法解釈を変えて恥じない安倍政権に、9条を変える資格はないと強調。朝鮮半島をめぐる平和の激動で9条改憲の土台が崩れつつあるとして、3000万人署名を広げ、市民と野党の共闘で9条改憲を葬り去ろうと呼びかけました。

 「九条の会」の小森陽一事務局長(東大教授)は、地域や職場などの4人に1人を目標に取り組み、達成している会もあるとして、目標達成に全力をつくすと語りました。

 豊田駅前での署名運動を見かけたら、ぜひ署名してください。3000万人の署名を集め、安倍首相に、“アベ改憲ノー”を突き付けましょう!
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/06/09 16:40
 | HOME | Next »