◎豊田駅前で安倍9条改憲反対訴え 32人が署名

 国会も会期末(6月20日)になった19日夕方、豊田駅前で安倍政権退陣を求めるスタンデング行動が行われた。安倍政権が安保法制(戦争法)を参院で強行採決した2015年9月19日を絶対に忘れず廃止を求める、毎月の「19日行動」だ。

 梅雨に入って曇り空だったが、幸い雨は降らなかった。この日は、豊田市民アクションと豊田市民の会の共催だったので、35人もの人たちが参加した。32人の市民から安倍9条改憲反対の署名が寄せられた。

★201806の1 DSCN3522


 参加者が交代でリレートーク。森友・加計学園問題で改ざん、隠ぺい、虚偽答弁で国権の最高機関の国会をないがしろにした上に、ギャンブル依存症を増やすカジノ法案や過労死を促進する「働き方改革」一括法案などを強行するために国会延長を図る安倍政権と自民党、公明党を厳しく批判した。

 また、南北首脳会談や初の米朝会談で朝鮮半島に平和への激動が起きていることを指摘。対話によって北東アジアの平和をつくりあげよう、そのためには安倍改憲を許さず9条を守ろう――などと、それぞれの思いを訴えた。

★201806の2 DSCN3543

★201806の3 DSCN3558

★201806の4 DSCN3560


 通勤時間帯のために、電車が到着するたびに、100人ほどの通勤客が愛環鉄道から名鉄へと集団で移動する。署名では、これからの日本を背負う若者や幼いころに戦争を体験したり、伝え聞いてきた高齢者の反応が良かった。

 沖縄県名護市辺野古で、米軍の新基地建設に反対する県民の人たちが掲げているスローガンを思い出す。「勝つ方法はあきらめないこと」「戦わないために、今闘う!」。あきらめないぞ!

★201806の5 DSCN3561

★201806の6 DSCN3598

★201806の7 DSCN3601 (4)
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/06/20 19:11

◎AI兵器が人間を殺す?

 グーグルの約4000人の社員が、AI(人工知能)を搭載したドローンの軍事利用反対の署名運動をし、ピチャイCEOがこれを受け入れて、グーグルの「指針」にしたことは平和への大きな貢献になるでしょう。

 このニュースは、このブログ「トヨタで生きる」でアップ(6月11日)しました。「単なるパフォーマンスだと思う」とのコメントもありましたが、AIを軍事利用したらどうなるのか? NHKの「けさのクローズアップ」(5月26日放送)を思い出しました。

 「AI兵器が戦場を変える!?」とのタイトルで放送されたものです。アメリカで、AIを搭載したドローンなどの無人機や地上歩行型の戦闘用ロボットなどの開発がすすんでいるといいます。

 専門家によると、戦争になると、まずサイバー攻撃が行われ、次に無人機同士の戦闘がくり広げられます。偵察用ロボット、物資運搬用の馬型ロボットなどAI兵器が人間の肩代わりをするといいます。

 防衛省は、こうした技術の利点を防衛装備に転用できないか、と研究を始めているといいます。恐ろしいことです。番組では、AI兵器の開発に反対する団体が作った映像を紹介していました。

 大量のドローンが標的の居場所を察知すると、壁を破壊して、建物の内部に侵入、逃げ惑う人間を追いかけ、攻撃をくり返す……AI兵器が大量殺りくする映像にはぞっとします。

60 NHK AI兵器
(ドローンが人間を追いかけ、攻撃をくり返す映像=NHKの「けさのクローズアップ」から)

 AI兵器が進化すると、人間の判断、命令が一切ない自律型の兵器=“キラーロボット”までが登場するといいます。これを規制しようと国連が昨年、初めての公式会合を開きました。

 番組では、こう締めくくりました。

 「AIというと、生活を一変させる便利な技術というイメージがありますけれども、兵器としての開発競争が今後、行き過ぎれば、人間がAIに殺されるという時代が来ないとも限りません。そういう危険性があることを忘れずに、AIと向き合っていくことが必要だと思います」

 グーグルの約4000人の社員が立ち上がったことは、世界の平和にとって大きな意味を持つことだというのがわかります。

戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/06/14 09:58

◎平和へのプロセスへの始まり 史上初の米朝会談

 シンガポールで開かれた史上初の米朝会談(6月12日)。米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が署名した「共同声明」の全文(英文、日本語訳)を読みました。

 「朝鮮半島の完全な非核化への強固で揺るぎない決意」(金委員長)を表明し、「北朝鮮に対する安全の保証の提供」(トランプ大統領)を約束する――素晴らしいことではありませんか。

 朝鮮戦争(1950年)から68年。北朝鮮がミサイル発射をくり返し、6回目の核実験を強行、安倍首相が「国難突破解散」と声高に主張したのが昨2017年。こんな日が来るとは、だれが予想したでしょうか。

 対話による平和への道筋が開けました。メディアは、「共同声明」に「具体策はなし」などと書きますが、この日は平和へのプロセスの始まりです。具体化は、これからです。日本をはじめ世界の世論と運動がプロセスを完成させるのではないでしょうか。

米朝首脳会談で発表された共同声明(日経新聞)
(米朝首脳会談の後に発表された「共同声明」の全文=日本経済新聞、6月13日付)

 日本共産党の志位和夫委員長は12日、「歴史的な米朝首脳会談を心から歓迎する」との談話を発表しました。その全文を紹介します。

……
 米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が、本日、シンガポールで米朝首脳会談を行った。

 両首脳が署名した共同声明によると、金委員長は「朝鮮半島の完全な非核化への強固で揺るぎない決意」を表明し、トランプ大統領は「北朝鮮に対する安全の保証の提供」を約束し、米朝両国が「平和と繁栄を望む両国民の願いに従って新しい米朝関係を樹立」し、「朝鮮半島に永続的で安定した平和体制を構築」することを宣言した。

 日本共産党は、長年にわたって厳しく敵対してきた米国と北朝鮮が、初の首脳会談を行い、朝鮮半島の非核化と平和体制構築をすすめ、両国関係を敵対から友好へと転換させるために努力することで合意したことに対して、心からの歓迎を表明する。

 今回の米朝首脳会談は、非核化と平和体制構築に向けたプロセスの開始である。この目標の達成には、両首脳が確認したように、今後も首脳会談を含め交渉を継続し、共同声明の合意を速やかに具体化し、誠実に履行するための真剣で持続的な努力が必要である。そのことを米朝両国に強く期待する。

 非核化と平和体制構築を実現するためには、米朝両国の努力とともに、関係各国、国際社会の協調したとりくみが必要である。平和を求め、核兵器のない世界を求める諸国民の世論と運動が不可欠である。

 とりわけ、日本政府が、日朝平壌宣言にもとづき、核・ミサイル、拉致、過去の清算など両国間の諸懸案を包括的に解決し、国交正常化のための努力をはかり、開始された平和のプロセスを促進する役割を果たすことを強く求める。拉致問題の解決も、そうした努力のなかに位置づけてこそ道が開けることを強調したい。

 日本共産党は、北朝鮮問題の「対話による平和的解決」を一貫して主張し、4月上旬には、「朝鮮半島の非核化と北東アジア地域の平和体制構築を一体的・段階的に進める」ことを関係国に要請した。この間の情勢の進展は、わが党の提唱が、関係各国の努力方向とも合致し、情勢を前向きに打開する唯一の道であることを示している。

 南北首脳会談と米朝首脳会談によって開始された平和のプロセスが成功をおさめるならば、世界史の一大転換点となり、地域の情勢を一変させるものとなるだろう。日本共産党はそのために引き続きあらゆる努力を続けるものである。
……
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/06/13 21:55

◎グーグルが指針に 軍事用AIノー

 グーグルが6月7日、AI(人工知能)の軍事利用にノーを突き付けました。4000人を超えるグーグル社員が反対の署名運動をしたり、社員が辞職する動きになったことから、ピチャイCEOが自身のブログを通じて公表したものです。アドレスは次の通りです。

https://blog.google/topics/ai/ai-principles/

 公表したAI利用の「指針」は7つからなっています。

① 社会的に有益であること
② 不公平性や偏見を助長しないこと
③ AIを安全に設計し、慎重に検証テストすること
④ AIシステムにつき説明責任を果たすこと
⑤ プライバシー保護の設計原理を組み込むこと
⑥ AI知識を人々にオープンな形で共有すること
⑦ 以上の原則に合致するよう、有害な利用を制限すること

70 ピチャイCEOのブログ
(ピチャイCEOのブログから)

 その上で、「AI利用を追求しない分野」として、軍事利用など次の技術をあげています。

・全体的な害を引き起こす、ないし引き起こす可能性の高い技術
・人々を傷つける、または傷つけることを直接助ける武器やその他の技術
(Weapons or other technologies whose principal purpose or implementation is to cause or directly facilitate injury to people.――ピチャイCEOのブログ原文)
・国際的な規範に違反して監視情報を収集または利用する技術
・国際法および人権に関して広く共有された原則に反する目的を持つ技術

 こうした「指針」が作成された背景に社員の運動があったことを池内了総合研究大学院大名誉教授が東京新聞夕刊(6月1日付)に書いています。

 それによると、社員約4000人がピチャイCEOに対し、「ドローン軍事技術をやめる」ことを要求した請願書に署名し、10人ほどが辞職したといいます。

 請願書の末尾には、「グーグルの倫理的な責任、そしてグーグルの名声が脅威に晒されていることを認識し、われわれは次のことを要請します」として、「1、このプロジェクトを直ちに廃止すること。2、グーグルとその契約相手が戦争目的の技術を一切開発しないことを述べたポリシーを起草し、公に発表し、実行に移すこと」の2点を掲げているといいます。

 日経新聞によると、グーグルは、米国防総省と結んでいた軍事用ドローン向けのAI開発契約を2019年で打ち切ることを決めたといいます。

 軍事利用には手を染めない、とは素晴らしいではないですか。グーグルの研究者、技術者らが団結し、署名運動を続け、ついにCEOを動かしたのです。拍手です。

 しかしグーグルは、サイバーセキュリティーや訓練、捜索、救助など「多くの他の分野で政府や軍との協力を継続する」ともいいます。池内さんは、『科学者と軍事研究』(岩波新書)などで、科学者の軍事研究に警鐘を鳴らしているように、日本でも科学者の軍事研究は大きな問題になっています。

 グーグルの研究者、技術者、平和のためにがんばれ!
戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/06/11 14:37

◎アベ改憲ノーの署名 1350万人分を提出

 安倍首相がねらう憲法9条の改憲。戦争放棄、戦力不保持、交戦権否定をした9条は、世界の誇りです。日本を戦争ができる国に変えようとする安倍首相の企てにノーを突き付ける署名が4月末で、全国で1350万人に達しました。

 6月7日、署名運動をすすめてきた「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が衆院第一議員会館で提出集会を開きました。「市民アクション」は、「九条の会」など様々な団体が結集しています。

 ▽法第9条を変えないでください。▽憲法の平和・人権・民主主義が生かされる政治を実現してください――この2項目の請願署名を、有権者の半数にあたる3000万人を目標に取り組み、この日、第1次署名提出集会を開いたものです。

豊田駅前 9条署名1
(豊田駅前での3000万人署名運動)

 豊田市では、毎月、「3日行動」(作家の沢地久枝さんが呼びかけた「アベ政治を許さない」行動)や「19日行動」(安保法制=戦争法を安倍政権が参院で強行した15年9月19日を忘れないとして行っている行動)などで、豊田市民に署名を呼びかけています。

 また、職場や学園での署名の訴え、地域で1軒、1軒訪ね、“ピンポーン”して署名をお願いする…文字通り、草の根の活動で集めたものです。その粘り強い活動は、日本の民主主義を発展させるものといっていいでしょう。

 安倍首相は、今年秋にも9条をふくむ改憲を国会で発議し、東京オリンピックの年の2020年に施行する野望を抱いています。

 しかし、5月3日の憲法記念日を前にした世論調査では、9条について、「非常に評価」28%、「ある程度評価」42%で、「評価」を合わせると70%にのぼりました(NHK)。

 朝日新聞の世論調査でも、安倍首相の「9条改正案」に「賛成」39%、「反対」53%で、安倍政権下での9条をふくむ憲法改正には、「反対」58%、「賛成」30%でした。

 国内で310万人以上、アジア・太平洋で2000万人以上が犠牲になった日本の侵略戦争。トヨタ本社工場が核模擬爆弾の標的になりました。その侵略戦争のへの痛切な反省から生れた憲法9条は、国民の間にしっかりと定着しています。豊田駅前で、若い人たちが相次いで署名している姿からもよくわかります。

豊田駅前 9条署名2
(豊田駅前での3000万人署名運動)

 この日の提出集会には、日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、無所属の会の岡田克也代表、自由党の小沢一郎代表、社民党の照屋寛徳国対委員長、沖縄の風の糸数慶子代表があいさつしました。

 志位委員長は、憲法解釈を変えて恥じない安倍政権に、9条を変える資格はないと強調。朝鮮半島をめぐる平和の激動で9条改憲の土台が崩れつつあるとして、3000万人署名を広げ、市民と野党の共闘で9条改憲を葬り去ろうと呼びかけました。

 「九条の会」の小森陽一事務局長(東大教授)は、地域や職場などの4人に1人を目標に取り組み、達成している会もあるとして、目標達成に全力をつくすと語りました。

 豊田駅前での署名運動を見かけたら、ぜひ署名してください。3000万人の署名を集め、安倍首相に、“アベ改憲ノー”を突き付けましょう!
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/06/09 16:40

◎豊田市で2018年平和大行進 手を振って激励も

 核兵器のない世界、非核の日本を――と2018年の国民平和大行進が6月2日、豊田市に入った。5月6日に、第五福竜丸(ビキニ環礁での米の水爆実験で被災)が展示してある東京・夢の島を出発。8月4日には、全国各地を出発した大行進が広島に終結し、原水爆禁止世界大会を迎える。

 1958年から始まった平和大行進は、今年で60年を迎える。昨年7月には、国連で核兵器禁止条約が採択された。被爆者とともに、うまずたゆまず平和大行進を続けるなどしてきた草の根の運動がついに実ったのだ。

平和行進1 2018

 午後6時、名鉄豊田市駅横のマック広場で集会を開いた。この後、全国通し行進者の南友佳子さん(京都平和委員会)やフィリッピンのビン・ハシム・サリフォディンさん、被爆2世である大村義則豊田市議(日本共産党)らが大行進の先頭に立った。

 この季節は午後7時でも、まだ明るい。爽やかな風が吹き、快適な大行進日和になった。通常、大行進は昼間に行われるが、豊田市での夜の大行進は、全国でも珍しいという。

平和行進3 2018
(集会であいさつする全国通し行進者の南友佳子さん)

平和行進2 2018

 平和大行進では、沿道の各自治体を訪ね、署名とカンパなどを依頼している。ところが豊田市長は断ってきたという。隣のみよし市の市長は、署名、カンパに応じ、メッセージも寄せてくれたというのに…。

 土曜日夕方の豊田市の繁華街は、多くの人でにぎわっていた。ドラム隊が加わったにぎやかな大行進は、人々の目をひいていた。ガラス張りの2階の飲食店からは、手を振って激励する人がいた。

平和行進4 2018
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/06/04 11:41

◎「平和リレー講座」で豊田市高岡地域へ(下)

 昼食をとった後、トヨタ自動車堤工場の裏側にある上丘町の歌碑へ向かった。堤工場の裏側に屋根がドーム状の配水場がある。堤工場に勤務している人なら一度は目にしているのではないだろうか。

 この場所は海抜41mにある堤小学校区では1番高いところだそうだ。配水場の入り口近くに歌碑があった。

リレー 下1 配水場
(トヨタ堤工場の裏の配水場のそばにある歌碑)

リレー 下2 歌碑
(歌碑)

 「銃持ちて 丘に来れる 女学生の 一群ありて 射撃始めぬ」

 終戦に近い1943年(昭和18年)の頃になると、男は召集令状で戦場に次々と送り込まれた。軍需工場では人手不足になり、女学生らが女子挺身隊として動員された。

 現在のトヨタ元町工場の場所に、東海航空というパラシュートの軍需品を作っている工場があった。その工場で働いていた女子挺身隊が、御新宮山(現在のトヨタ堤工場の南のあたり)で銃剣を持ち演習を行った。

 先の歌碑は、その様子を見ていた上丘町の杉本栄一さんが作った歌だ。トヨタ労働者が働くこんな身近なところに、かつて戦争があったのだ。

リレー 下3 歌碑2
(歌碑の解説板)

リレー 下6 トヨタ堤工場
(トヨタ堤工場周辺の航空写真。矢印が配水場)

 次に、今回の講座の最後に名鉄竹村駅から北へ向かった。名鉄電車が空襲の被害を受けた場所だ。竹村駅から土橋駅方面に約100m行ったところに信号があるが、その所だ。

 このあたりで、米軍の戦闘機・マスタング2機による空襲を受け、乗客7人が死亡、70人が負傷した。空襲は、終戦前日の8月14日に起きた。同じ日、トヨタ本社工場に模擬原子爆弾が落とされた作戦と同じものだった。

 地元の竹村に住んでいる新日本婦人の会豊田支部の冨田八千代さんは、当時の目撃者を訪ね歩き、証言者の話を多数集めてきた。その証言を紹介してくれた。この事件では、地元の人の死傷者は1人もいなかったため、今ではこの事件を知る人は少ないという。

リレー 下4 名鉄1
(名鉄電車が空襲を受けた場所。名鉄竹村駅から北へ約100m)

リレー 下5 名鉄2


 戦争展のために、現地調査をする「リレー講座」も、今回で豊田市を一巡したことになる。豊田市全域に戦争の被害や傷跡があったことに驚いた。戦争は戦場にいる兵士だけのものではなく、国民の日常生活をはじめ生き方にも大きな影を落としていたことに気づかされた。

 2度とこのようなことが繰り返されないために、多くの国民・豊田市民が、身近なところにある戦争跡のことを知って欲しい。8月25日(土)、26日(日)には、豊田市産業文化センターで開かれる「豊田市平和を願う戦争展」にぜひとも出かけて欲しい。今回の講座で調査したことも展示される。

 プレ企画として、7月14日(土)には、豊田市福祉センターホールで映画「望郷の鐘-満蒙開拓団の落日―」が上映される。上映時間は、午後2時15分から4時まで。鑑賞券は、一般が1000円で、これも見て欲しい。
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/05/07 11:29

◎「平和リレー講座」で豊田市高岡地域へ(中) 高岡工場前の「御乗替橋」に込められた意味

 「平和リレー講座」で、次に向かったのがトヨタ自動車堤工場から高岡工場へ向かう知立・宮上線の西岡町にある「御乗替橋」だ。そのそばに表忠碑がある。逢妻女川に面して3つの碑が並んで建っており、その1つである。

 碑文には、「明治44年(1911)年秋 大正天皇が皇太子の時、第15師団の演習をご覧になられるため、高岡村の大官橋に乗物で来られ、馬に乗り換えて閲兵された。それを記念して大官橋を御乗替橋と名称を変更し、後世に長く伝えようと考えた」とある。

リレー(中)2
(御乗替橋を歩く参加者たち)

90 高岡工場周辺
(地図には、トヨタ自動車の高岡工場と御乗替橋西の地名がある)

 この碑が建立されたのは大正3年(1914)だそうだ。以前から、この場所はよく通るところで橋のたもとに何か碑があることを知っていたが、そういうことだったんだと驚いた。

 昔からこの橋は大官橋と言われていた。今でもこの橋を大官橋と言う人はたくさんいる。いつのころから御乗替橋という表示がされたのか不思議に思っていた。もっとも私は、「代官橋」と勝手に思い込んでいたのだが。

リレー(中)1
(表忠碑などが建っている)

リレー(中)3
(若林西町にある「今上駐蹕之所」の碑)

 次に、若林西町にある「今上駐蹕之所」(きんじょうちゅうひつのところ)へ行く。駒場町にもあった碑だ。西三河車検場の横にある狭い農道をマイクロバスで入っていくとぽつんと1つだけ碑が立っている。

 ここにも天皇が訪れたという。まわりには田んぼだけなので、知らない人が多いのではないだろうか。今年は「明治維新150年」ということで、安倍政権は政府をあげて明治維新を讃える行事などをしている。

 しかし、高岡地域に残る「今上駐蹕之所」をはじめとする碑の数々は、2度と侵略戦争をしてはならないことを示すものではないだろうか。憲法9条を守ることとそれは直結しているように思えた。

 昼食のために、一度、高岡コミュニティセンターへ戻った。昼食の前に高岡コミュニティセンターの裏の六鹿会館にある慰霊碑を見た。高岡町の戦没者440人を追悼するために1965年に建てられた。高岡町だけで、こんなに多くの犠牲者を出したのか。

リレー(中)4
(六鹿会館にある慰霊碑)

リレー(中)5
(交流する参加者たち)

 コミュニティセンターの大ホールで昼食をとりながら交流した。実行委員会から補足の説明や午後の予定が報告され、参加者からは、「知らなかったことばかりで大変勉強になった」などの感想が出された。

               ◇

 この記事は、5月6日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/05/05 17:26

◎9条改憲の阻止を 渡辺治一橋大学名誉教授が講演

 憲法記念日の5月3日、毎年恒例の愛知憲法会議主催の憲法集会が開かれた。名古屋国際会議場センチュリーホールにほぼ満席の2700人が集まった。

 第1部は、コント集団「ザ・ニュースペーパー」による「71年目の憲法を笑う!」と称した軽妙なコントだった。安倍晋三首相や菅義偉官房長官、石破茂元防衛相や小泉純一郎元首相に扮したメンバーが痛烈に風刺をきかせて会場を沸かせた。

 第2部は、一橋大学名誉教授の渡辺治氏が講演。「改憲問題の新局面と私たちの課題」と題して熱く語った。このなかで渡辺氏は、「安倍首相は、なぜ9条改憲に執念を燃やすのか?」と指摘し、首相の2つのねらいを解明した。

 改憲は、自民党の結党以来の宿願であるが、安倍首相には歴代の首相にはない執念があること。1つ目は、アメリカの軍事分担の要請・圧力に応えたい、という執念であると強調した。1990年代以降、アメリカは「ともに血を流せ」という圧力を強めており、特に圧力を強めているのがトランプ政権であること。

渡辺治
(講演する一橋大学名誉教授の渡辺治氏)

 2つ目は、安倍首相には、日本を軍事大国として復活させたいという特異な野望があること。それは、自国の「国益」のためには、自由に軍事力を使用したいという要求であること――と強調した。

 安倍首相による改憲のねらいがよく理解できた。野党と国民の共闘で、改憲を許さない3000万人署名を集め国民の力で改憲を阻止する他にないことがわかった。4月末現在、全国で1350万人の署名が集まっている。

 豊田市駅前では、作家の沢地久枝さんが呼びかけた「アベ政治を許さない」という毎月「3日行動」や安保法制(戦争法)が強行された日を忘れないとした「19日行動」などで、市民に署名を呼びかけている。

 3000万人の目標まで、まだまだがんばらなくてはと思う。最近の国政選挙での全国での総投票者数は約6000万人といわれており、その半数の署名を集めることで9条改憲を阻止しよう。

               ◇

 この記事は、5月5日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/05/04 19:16

◎「平和リレー講座」で豊田市高岡地域へ(上) 天皇視察のもとで軍事演習

 今年も38回目になる「豊田市平和を願う戦争展」が8月25日(土)、26日(日)に豊田市産業文化センターで開かれる。それに先立って「第18回豊田市平和リレー講座」が4月29日(土、祝日)に開かれ、豊田市南部の高岡地域で現地調査が行われた。

 今回の調査の目玉は、昭和天皇の視察のもとで行われた1927年(昭和2年)の陸軍特別軍事演習にかかわる戦争遺跡を訪ね、調査することだった。

 第1次山東出兵(昭和2年)、張作霖爆殺(同3年)、山本宣治刺殺・市川正一ら検挙(同4年)…日本が中国侵略を着々とすすめ、日本共産党の壊滅をねらっていた時期である。

14 リレー2 2018
(陸軍特別軍事演習が行われた場所で参加者たち。かつては遠く名古屋まで見通せたといいます)

 参加者はマイクロバス2台に分乗して現地を回った。最初に駒場町の天皇訪問の碑へ行く。「今上駐蹕之所」(きんじょうちゅうひつのところ)と書かれた碑があり、少し離れたところに「御更衣之所」と書かれた石柱があった。

 「駐蹕」という難しい言葉は、天皇が一時、乗り物を停めるところ、その土地に駐留することを意味するという。戦前は、こんな仰々しい言葉を使ったのだ。東京、名古屋、大阪から約2万8000人もの兵隊が参加したという。

10 リレー1 2018
(昭和天皇の視察の写真のコピーを見ながら、参加者は軍事演習場跡を見て回りました)

12 リレー4 2018
(「今上駐蹕之所」(きんじょうちゅうひつのところ)の碑)

12 リレー3 2018
(「御更衣之所」の石柱)

 地元の人の説明では、当時(今から91年前)、このあたりは何もない平原で、遠く名古屋まで見通せる場所だったという。今では想像もつかない。中国東北部(満州)の地形によく似ていたということで、演習地に選ばれたそうだ。中国侵略戦争の準備がここで行われていたことになる。非常に驚いた。

14 リレー62018
(今回のリレー講座で回る高岡地域周辺の地図)

 この場所は、以前に駒場町の自治会の地区役員をやっていた頃、防虫剤の噴霧作業をしたところだった。その時は、「昔、天皇陛下が来たところだ」としか聞いていなかった。

 ちょっとした広場としてしか見えないこの場所。その先にトヨタ自動車の高岡工場がある。そんな戦争の歴史があったと思う人はいないのではないかと思う。私も、戦争に関する碑がある、と軽い気持ちでしか考えていなかった。

 次に回ったのは、駒場町の集落の中心にある徳念寺だった。この寺は、1944年(昭和19年)から名古屋からの学童疎開を受け入れていた。終戦の年の45年(昭和20年)1月13日未明の3時38分ころ、マグニチュード7・1の大地震が襲った。

10 リレー5 2018
(徳念寺)

 一早く外に飛び出した児童2人が山門の下敷きになって死んだという。この三河大地震で徳念寺が危険になったために、120人の児童は知立市の浄教寺に移った。このような学童疎開は、この地域でも数多くあったそうだ。
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/05/04 17:15

◎憲法9条 評価70%(NHK) 改憲反対53%(朝日)

 5月3日は、憲法記念日。NHKなどメディアの世論調査で、戦争を放棄し、戦力を持たないとした憲法9条は国民の間に定着していることが明らかになりました。

 安倍首相は、9条をふくめた改憲に執念を持ち、今年秋にも改憲発議をし、2020年に施行することをめざしています。NHKと朝日新聞の世論調査を見てみると――。

 NHKでは、安倍首相の言うような自衛隊の存在を9条に明記することについては、「賛成」31%、「反対」23%、「どちらともいえない」40%でした。一方で、9条についての「評価」を聞くと、「非常に評価」28%、「ある程度評価」42%で、「評価」を合わせると70%にのぼりました。

60 nhk 9条評価 7割


 9条を評価する国民は圧倒的多数で、9条が国民に定着していることを示しています。しかし、9条を評価しながら、自衛隊の存在を明記することとは、矛盾するように見えます。

 これは安倍首相が、自衛隊の存在を明記しても「何も変わらない」とのべていることが影響しているようです。

 9条2項は、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」としており、これに自衛隊の存在を明記すれば2項は空文化してしまいます。

 安倍首相は、9条を多数の国民が評価していることを知っているために、「何も変わらない」として巧妙に2項の空文化をねらっているのです。9条が空文化すれば、どうなるのでしょうか?

 安倍首相は、憲法違反の集団的自衛権の行使を盛り込んだ安保法制(戦争法)を強行しました(2015年)。地球の裏側にまで米軍とともに自衛隊を海外に派兵することを可能にしたのです。9条2項を空文化すれば、自衛隊は憲法も認めているとして大手をふって海外に派兵できるようになります。

直 図 安倍改憲 反対58%
(朝日新聞 世論調査)

 朝日新聞の世論調査では、安倍首相の「9条改正案」に「賛成」39%で、「反対」53%でした。反対が過半数です。また安倍政権下での9条をふくむ憲法改正には、「反対」58%、「賛成」30%でした。

 しかも、「反対」は、昨年の50%より、8ポイント増えています。安倍首相が9条を改憲しようとしていること、その日程までが明らかになってきたことで、改憲に警戒する人が増えたことを示しています。

戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/05/03 20:11

◎「怖い政治になってくるのよ」 寂聴さんの『死に支度』

 文化勲章を受章した作家の瀬戸内寂聴さんは、5月15日で96歳になる。今も小説を書き続けている。生命力のすごさに驚く。4年前に出版した『死に支度』という小説を読んだ。

 主人公は、若い秘書のモナとこんな会話をする。

……
「今は徴兵制度なんかないですよ!」

「バカね、戦争したがってる政府は憲法9条を変えて、日本をまた戦争出来る国にして、徴兵制度なんて、その日に復活よ。自衛隊はそのまま軍隊になる。今度戦争する時は、あなたたち、女だって徴兵されることになる。ほんとに怖い政治になってくるのよ、モナなんか五人子供を産みたいなんて言ってるけど、その子たちはみんな戦場に連れていかれる」

「わつ、そんなのヒドイ!」
「ひどいったって、今の首相の政治が続けばそうなるんです」
……

死に支度


 その後は、「安倍政権の最近の政策が危くて怖しくて仕方がない。憲法九条を変えようとしている。安全保障問題、近隣諸国とのつき合い方、TPP、何より怖い特定秘密保護法……国民の反対意見など一切無視する強引さ、何より原発を再稼働させようとの企らみ。しかも怖しい原発…」と続く。

 自伝的小説で、モナは実際の秘書の瀬尾まなほさんをモデルにしているという。戦争体験者として、若い女性に、死ぬ前にこれだけは言っておきたいという思いだろう。

 寂聴さんが徳島市で生まれたのは1922年。日本共産党が誕生したのは、同じ年の7月15日である。寂聴さんと日本共産党は、同じ歳ということになる。

 寂聴さんは、「しんぶん赤旗」日曜版(2016年2月28日号)に、次のような談話を寄せた。

 「野党が『戦争法廃止』で一致して、選挙協力することになって、本当に良かったと思います。とてもうれしい。私の方から『赤旗』さんに投書しようかなと考えていたくらい」

 寂聴さんは、京セラ創業者の稲盛和夫氏や細川護煕・元首相ら幅広い交友関係を持っているが、日本共産党への支持も隠すことは決してしない。安倍9条改憲に強く反対している。9条を盛り込んだ憲法記念日の5月3日が近づいている。
戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/04/30 18:33

◎完全な非核化で核のない朝鮮半島を 南北首脳会談

 地面に敷かれたコンクリートブロックの軍事境界線。北側から近寄る金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長。南側で待つ韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領。軍事境界線を越えた金委員長と文大統領ががっちり握手。

 2018年4月27日午前9時半。息を殺してテレビの生中継に見入る。突然、2人は軍事境界線を越えて北側へ。文大統領が「金委員長が南側にいらしたのに、私はいつごろ(軍事境界線を)を越えることができるでしょうか?」

 その問いに金委員長は、「じゃぁ、いま越えてみましょうか」と返答。2人は手をつないで軍事境界線を越えて北側へ。そして、また南側へ――金委員長のサプライズでした。軍事境界線の板門店での2人の姿に、「必ず、朝鮮半島に平和を」と願わざるを得ませんでした。

 午前中の会談の後、2人は散歩に出かけ、側近も遠ざけて2人だけで約30分も話し合いました。初めて会ったとは思われないほどの打ち解けた表情で、笑顔がこぼれます。

 11年半ぶりに開かれた第3回南北首脳会談。しかも、北朝鮮の首脳が初めて軍事境界線を越えて開かれたという文字通り歴史的会談となりました。「完全な非核化を通じて核なき朝鮮半島の実現することを確認した」という「板門店宣言」に署名したのです。

 ミサイル発射、核実験…この1年ほどの北朝鮮の相次ぐ軍事挑発から一転して平和への大きなうねり。非核化への具体的な道筋がないという指摘がありますが、会談は緒についたばかりです。

 南北会談に続いて6月初旬までには、金委員長とトランプ米大統領との初めての米朝会談が開かれます。世界平和へ大きな一歩となって欲しいというのは圧倒的な人々の願いでしょう。

南北首脳会談 赤旗
(南北首脳会談を報じる「しんぶん赤旗」の4月28日付=手前=。金委員長と文大統領が手をつないで軍事境界線を越えます)

 「板門店宣言」の骨子は次の通りです。

 ・完全な非核化を通じて核なき朝鮮半島を実現
 ・年内に朝鮮戦争の終戦宣言を行い、休戦協定を平和協定に転換するため南北米または南北米中の協議を進める

 ・偶発的な軍事衝突を防ぐための平和水域を設ける
 ・北朝鮮の開城(ケソン)に南北共同連絡事務所を設置
 ・文在寅大統領が秋に平壌を訪問
 ・両首脳は定期的な会談と電話協議で懸案を随時協議する
 ・離散家族の再会を進める

 日本共産党の志位和夫委員長は次のような談話(要旨)を発表しました。

……
「板門店宣言」は、朝鮮半島の非核化と、北東アジアの平和体制の構築に向けた大きな前進である。日本共産党はそれを心から歓迎する。今回の合意が履行され、73年間に及ぶ南北分断と対立が解消に向かい、南北の人々が平和と繁栄のなかで暮らせるようになり、統一に向かうことを心より願う。

 文大統領自身が、今回の首脳会談を米朝首脳会談への「道案内」と位置づけているように、南北、米朝の二つの首脳会談は密接につながっている。南北首脳会談の成果を踏まえ、米朝首脳会談が大きな成功をおさめることを、強く期待する。
……
戦争と平和 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/04/28 09:40

◎サマワで「戦闘拡大」  防衛省のイラク日報・435日分公表

 知人はよく語っていました。
 「同時多発テロ事件(2001年9月11日)の2週間前、家族でアメリカへ旅行に行っており、ハイジャック機が突っ込んだニューヨークのワールドトレードセンター・ツインタワー前にもいた。危ないところだった」

 このテロ事件を契機にブッシュ米大統領は、2003年3月、イラクのフセイン大統領が大量破壊兵器を持っているとして英国などとつくる有志連合でイラク戦争に突入します。日本の小泉純一郎政権は、イラクの復興支援などとしてイラク特措法を強行成立させ、自衛隊を「非戦闘地域」に派兵します。

 防衛省は、派兵した自衛隊が作成していた「イラク日報」について、昨年2月20日、国会で「残っていないことを確認した」(稲田朋美防衛相=当時)と明言していました。

 ところが、陸自研究本部(現・教育訓練研究本部)の教訓センター長らが同年3月27日に保管を確認。今年に入るまで防衛相らに報告がなく、小野寺五典防衛相がイラク日報の存在を公表したのは今月2日でした。

 防衛省は4月16日、陸上自衛隊イラク派兵部隊が作成した「日報」のうち、これまでに見つかった435日分を公表しました。「しんぶん赤旗」は次のように伝えています。

民放 イラク日報
(テレビ朝日系から)

……
 派兵の根拠になったイラク特措法では「非戦闘地域」で活動するとしていましたが、日報には、陸自の宿営地があったイラク南部サマワの治安情勢について、「戦闘が拡大」との文言が明記されていました。

 公表されたのは、陸自がイラク南部サマワで活動していた2004~06年に作成された1万4929ページ。

 このうち06年1月22日付日報では、前日21日にサマワで治安維持活動を行っていた英軍車両に対して、反政府勢力の一つであるサドル派が射撃を開始し、「戦闘が拡大、イラク警察及びイラク陸軍が治安回復のために介入」「継続の可能性あり」と記されています。
 また、05年8月21日、24日付にもサドル派などとの「戦闘」が記されています。

 ただ、陸自の宿営地への迫撃砲弾・ロケット砲による攻撃が相次いだ04年分については、任務を開始した3月以降の分は3日分しかありません。黒塗りも多く、「戦場」の現実は断片的にしか浮かび上がっていません。

 防衛省が09年7月に国会に提出した報告書によれば、迫撃砲やロケット砲の着弾や爆発音が少なくとも14回確認されています。陸自第1次派兵部隊の番匠幸一郎司令官はイラクでの活動について、「純然たる軍事作戦だった」(イラク復興支援活動行動史)と明言しています。
……

 イラクにはその後、大量破壊兵器がなかったことが明らかになり、英国の独立調査委員会は16年、「軍事行動は最後の手段ではなかった」と英国のイラク侵攻を厳しく批判しました。

 しかし、日本政府はまったく検証せず、安倍政権は、安保法制(戦争法)を強行。南スーダンにPKO(国連平和維持活動)部隊に「駆け付け警護」の新任務を付与しました。

 南スーダンでの「日報」には、「(ジュバ)市内での突発的な戦闘への巻き込まれに注意が必要」と明記するなど、憲法が禁止する海外での武力行使の危険があったのです。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/04/17 19:21

◎米英仏がシリア攻撃 志位委員長「内戦解決は外交で」

 日本では、メディアがあまり報道しませんでしたが、NHKのBS1の「ワールドニュース」では連日、トランプ米大統領がシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして同国を攻撃するのではないか、と米英仏の動きを伝えていました。

 ヨーロッパでは、難民問題、テロ事件の頻発で緊張感を持って受け止められていました。

 日本からは遠く見える中東。シリア内戦で、攻撃から子どもたちが逃げる姿や泣き叫ぶ様子がテレビで映し出されました。70数年前の日本で、米軍の空襲によって子どもたちが殺される姿と重なります。

 トランプ大統領がツイッターで予告した通り、米英仏3カ国は、シリア時間の14日未明、首都ダマスカス近郊などの化学兵器関連施設へ巡航ミサイル「トマホーク」を105発発射しました。

40 ダマスカス
(シリアの首都・ダマスカス=グーグルアースから)

 トランプ大統領は声明で、「われわれの行動の目的は化学兵器の生産、拡散、使用に対する強力な抑止の確立だ。シリアが化学物質の使用を中止するまでこの対応を維持する」などと攻撃を正当化。ロシア、イランを「犯罪的なアサド政権を支持している」と批判しました。

 日本共産党の志位和夫委員長は直ちに、「米英仏によるシリアへの軍事攻撃に厳しく抗議する」との談話を発表しました。

……
 化学兵器の使用は誰によるものであれ、人道と国際法に反する残虐行為であり絶対に許されない。シリア現地では14日にも、化学兵器禁止条約の実施機関である化学兵器禁止機関(OPCW)が調査を開始する予定だった。

 国際社会による事実の確認もなく、国連の授権もないまま、米英仏が一方的に軍事攻撃を開始したことは、国連憲章と国際法をふみにじる行為であり、厳しく抗議する。

 米国は、昨年4月にも、化学兵器使用を理由にシリアを攻撃しているが、軍事攻撃では問題解決にならないばかりか、シリアと中東の情勢をいっそう悪化させることにしかならないことは、事実が証明している。

 国際社会が協力して、化学兵器使用の真相をつきとめ、化学兵器を全廃させ、シリアに関する国連安保理決議が提起しているように政治対話による内戦解決にむけた外交努力を強めることを求める。
……

 トヨタ自動車では、約2500人が40カ国を超える国で働いています。これまで安全とされた国でもテロ事件が起きるなど、グローバル経済のもとでは、どの国で戦争が起きても、安全や暮らしに直ちに影響がでます。軍事ではなく、外交で解決を図ることが第一です。

 乗用車は、平和であってこそ生産・販売できる!
戦争と平和 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/04/16 10:18

◎9条を守ろうの署名 1時間で65筆 豊田駅前

 公文書を改ざんした安倍政権に、憲法9条を変える資格なし――4月3日、豊田駅前で安倍9条改憲に反対する署名を呼びかけたところ、1時間で65筆が集まった。

 作家の沢地久枝さんが呼びかけた、毎月3日の「アベ政治を許さない」行動での署名活動である。この日は、春というより、初夏を思わせるほど気温が上がった。

署名1804 その1

署名1804 その2


 行動参加者たちは、国有地売買で8億円も値引きした森友学園問題で、公文書の改ざんにかかわった佐川宣寿・前財務省理財局長は、証人喚問(3月27日)で安倍政権を守ることばかりで、真実を何も語らなかった、と厳しく批判した。

 市民は、全国で3000万人を目標にした署名やシール投票の呼びかけに、次々、応じていた。

署名1804 その3

署名1804 その4

署名1804 その5

 シール投票では、「9条改憲にどう思う?」では、ほとんどの人が「反対」だった。「『森友学園』公文書改ざん 安倍首相に責任は?」でもほとんどが「ある」だった。若い人たちの反応が良かった。

署名1804 署名6

署名1004 その7

署名1804 その8
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/04/04 18:36

◎安倍9条改憲NO! 豊田ジャンプアップ集会

 「安倍9条改憲NO!」の全国3000万人署名を一気に広げようと3月25日(日)、豊田市でジャンプアップ集会が開かれた。豊田市内に在住したり、在勤する人々が集まり、個人、団体、政党など幅広い人が呼びかけ人になって、「豊田市民アクション」を結成して開かれたものだ。

 日曜日にもかかわらず80人が集まった。「安倍9条改憲NO!」のボードを掲げて、その思い、決意を示した。

ジャンプアップ2


 第1部では愛知大学教授の長峯信彦氏が、「自民党改憲、ついにナチスの手口の21世紀的再現か」と題して講演。このなかで、憲法を変えることになんとなく賛成だとか、北朝鮮問題があるから改憲が必要ではないかという人にどう説明し、わかってもらうかという視点が必要だと強調した。

 また長峯氏は、そもそも憲法とは何かと問いかけ、それは、▽空気や水のような、私たちにとって必要不可欠の存在、▽国や社会の基本的な「あるべき姿」を定める法規範、▽人権を保障するための、国家権力を拘束する法規範――とわかりやすく話してくれた。

ジャンプアップ1


 第2部では、それぞれの団体、政党、個人の経験交流をした。

 豊田市では、「アベ政治を許さない3日行動」や安保法制(戦争法)が強行された日の「19日行動」などが豊田駅前で3000万人署名を行っているが、運動をもっともっと広げることが必要だと痛感した。

 同じ日、JR名古屋駅前でも、約200人が参加し、「安倍9条改憲許すな」「公文書を改ざんするな」などと訴える街頭集会が開かれた。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/03/27 17:36

◎初の米朝首脳会談開催へ 安倍首相は蚊帳の外

 歴史上初めて、米朝首脳会談が開かれることになりました。米国の北朝鮮への軍事介入の恐れがあったところへ、一転して対話へとすすむことになりました。首脳会談が成功し、朝鮮半島の非核化の実現を願うばかりです。

 トランプ米大統領は3月8日、韓国特使として訪朝した鄭義溶国家安保室長と会談し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談結果について説明を受けました。

 鄭氏は会談後、ホワイトハウスで記者会見し、トランプ大統領が5月までに米朝首脳会談を行う意向を示したと発表しました。トランプ大統領は即決したといいます。国際社会は、劇的な展開を歓迎しています。

 米朝首脳会談の提唱を呼びかけてきた日本共産党の志位和夫委員長は9日、「米朝首脳会談の動きを歓迎する」と次のような談話を発表しました。

……
 韓国大統領の特使は、米国のトランプ大統領と面会し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)委員長が非核化に取り組むとのべているとともに、米朝首脳会談の開催を提案していることを伝えた。韓国特使によると、トランプ大統領は、恒久的な非核化を達成するために、金委員長と5月までに会談するとの意向を表明したとのことである。

 米朝首脳会談への動きを歓迎する。首脳会談が実現し、危機打開、緊張緩和、非核化、平和体制の構築につながることを強く願う。日本政府は、従来の対話否定論をあらため、米朝対話への動きを促進し、成功させる立場にたつべきである。
……

スイセン


 時事通信は、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が10日付で、トランプ氏の即断は側近だけでなく同盟国の不意を突き、「安倍氏は蚊帳の外に置かれた」と指摘したことを伝えています。

 圧力一辺倒で「対話のための対話は意味がない」と語ってきた安倍首相が、トランプ大統領からも無視されていたことを示すものです。

 ♪ ふりそそげ春の陽 育ち行け青草
 美しい故郷に 二度と戦を許すな
 花には太陽を 子どもらには平和を

 木下そんきさんが作詞・作曲した「花には太陽を子供らには平和を」の歌です。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/03/12 08:46

◎南北首脳会談の開催合意 志位委員長が歓迎の談話

 韓国と北朝鮮の南北首脳会談が4月末に板門店で開かれることになりました。開催されれば11年ぶりで3回目。平昌オリンピックを契機に、一気に対話がすすみ首脳会談開催の合意にこぎつけたものです。

 文在寅韓国大統領の特使と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の3月5日の会談の結果、合意にいたったものです。韓国側の発表では、北朝鮮側は、「朝鮮半島非核化の意思を明確」にし、「北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、北朝鮮の体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がない」とのべたといいます。

 この合意についてトランプ米大統領は、「非常に前向きだ。それは世界にとって良いことだ」と肯定的に評価しました。グテレス国連事務総長も報道官声明で、「勇気づけられた」と歓迎。「朝鮮半島の持続的平和や非核化に向けた真摯な対話を再開する土台をつくるうえで、さらなる前進だ」と指摘しました。

金委員長と特使 ローター
(ロイターが配信した文韓国大統領の特使=左=と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談の写真。3月5日)

 日本共産党の志位和夫委員長は7日、「南北首脳会談開催合意を歓迎し、米朝対話の開始を求める」との談話を発表しました。「朝鮮半島の緊張緩和に向けた重要な動きとして歓迎する」とのべています。

 志位委員長はこのなかで、「日本共産党は、北朝鮮をめぐる危機を打開し、核・ミサイル問題の解決をはかるために、米朝が直接対話に踏み出すことを繰り返し求めてきた。今回の南北の合意を契機に、米国が北朝鮮との直接対話に踏み出すことを強く求めたい」とのべています。

 その上で、「日本政府は、これまでの対話否定・軍事一辺倒のかたくなな態度をあらため、いま生まれている北朝鮮問題の『対話による平和的解決』をめざす動きを促進し、それを実らせる立場にたち、あらゆる外交努力をはかるべきである」と強く求めています。

 安倍首相が相変わらず「対話のための対話では意味がない」とのべているからです。安倍政権は、南北の対話の動きから、完全に「蚊帳の外」に置かれています。これまで安倍首相は、“北朝鮮脅威論”をあおり、9条改憲や軍拡の口実にしてきました。
戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/03/08 12:48

◎安倍政権 「いずも」を攻撃方空母へ 小池晃参院議員の追及に

 このブログ「トヨタで生きる」では、安倍政権が2015年に、憲法違反の集団的自衛権の行使を認めるなどした戦争法(安保法制)を強行して以来、これまで自民党政権が少なくともかかげてきた「専守防衛」を投げ捨て、地球の裏側にまで米軍と一体で自衛隊を派兵することができるようになったこと――をくり返し明らかにしてきました。

 その具体的例としてヘリ空母「いずも」を、米軍のF35Bステレス戦闘機を搭載する攻撃型に改修しようとしていること(2月20日の「安倍9条改憲を発議させない 『19日行動』で署名訴え」などをアップしてきました。

 日本共産党の小池晃書記局長は3月2日の参院予算委員会基本的質疑で、「いずも」を攻撃型空母へ改修していることを取り上げました。朝日新聞は、翌日の3日付で、「いずも 戦闘機の搭載視野」の見出しで、小池質問を大きく取り上げています。

 小池書記局長のこの質問を、「しんぶん赤旗」(3日付)から紹介します。

……
 小野寺五典防衛相は参院予算委員会で2日、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦などに搭載する「新種航空機」に関して実施している調査・研究で、敵基地攻撃能力をもつF35Bステルス戦闘機を対象としていることを初めて認めました。

 日本共産党の小池晃書記局長への答弁。

 小池氏は「『専守防衛』を投げ捨て、『攻撃型空母は憲法上保有できない』としてきた政府見解を根本的に変えるものであり、きわめて重大だ」と批判しました。

 小野寺氏は、現在、「いずも」などで運用していない固定翼機および無人機について調査を行っていると述べ、「艦艇に離発着できる短距離離陸・垂直着陸機の代表例」としてF35Bをあげました。

 これに加えて、米軍の無人小型偵察機RQ21とヘリコプター型無人偵察機MQ8も調査対象にしていると説明しました。

いずも ネット
(ヘリ空母「いずも」=ネットから)

 安倍晋三首相は「F35B導入を前提としているわけではない」と述べつつも、現在保有している装備の「拡張性についてさまざまな検討を行うことは当然」と答弁しました。

 また小池氏は、政府が憲法上保有できないとする「攻撃的兵器」に関し、敵地への殴りこみを行う強襲揚陸艦は保有できるのかと質問。小野寺氏は「その時々の国際情勢をふまえる」などと述べ、否定しませんでした。

 小池氏は、長距離巡航ミサイル導入をはじめ、空母の保有まで検討しているとして、「首相は9条に自衛隊を明記しても(任務や権限は)全く変わらないというが、大きな変化が起きている。安保法制=戦争法を強行して、歯止めなき大軍拡を進め、米軍と一体の軍事行動を展開しようとしている」と批判しました。
……
戦争と平和 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/03/04 19:50

◎原水爆使用 即死者は原爆で6万6000人、水爆で37万人

 北朝鮮の核・ミサイル開発・実験は、国際社会に挑戦する許されない暴挙です。同時に、朝鮮半島や日本をはじめ北東アジアに大惨事を起こす米朝の軍事衝突、核戦争は、絶対に許してはならないでしょう。

 安倍首相は、軍事攻撃の選択肢を否定しないトランプ大統領と「100%ともにある」とくり返し、対話を否定しています。一部からは、「やられたら、やり返せ」とばかりの過激な発言があります。

 もし核兵器を使ったらどうなるでしょうか? 4年前の2014年3月、外務省が委託した「核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究」が発表されました。

 朝長万左男・日本赤十字社長崎原爆病院長を主査する5人の学識経験者がまとめたものです。その内容は衝撃的です。核戦争を起こしたら、「いかなる自然災害をも上回る被害を生じることは間違いない。その死傷率は社会が耐えられないレベル」と報告書が書くほどです。

原水爆死者数
(100万都市における原水爆の死傷者数=報告書から)

 報告書では、「仮想人口100万人(郊外人口40万人)現代都市における核爆発の死傷者数(即時及び遅発)」の表を掲載しています。広島型の16キロトン原爆と1メガトンの水爆の両方を推定しています。

 それによると、即死者数は原爆で6万6000人、水爆で37万人です。水爆では、100万人のうちの3分の1が即死するという恐るべき推定です。この数字を見たら、核戦争を起こすことなんてありえないでしょう。

 即時傷害者も、原爆で20万5000人、水爆で46万人にもなります。水爆では、100万人のうち66万5000人、なんと3分の2が投下と同時に死傷するというのです。

 報告書には、広島、長崎の被爆者と被災地の生々しい写真も掲載されています。北朝鮮の核・ミサイル開発、実験を許さないためにも、米朝間の無条件対話を緊急に行うなど、対話、話し合い、交渉を行うよう国際世論を高めることが必要です。

 同時に、核兵器禁止条約が結ばれることが重要です。唯一の戦争被爆国である日本の安倍政権が条約を批准しない態度を示しています。安倍政権に批准を迫る署名にぜひ、サインしましょう。

 この調査研究の報告書は、外務省のホームページで見ることができます。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/dns/ac_d/page23_000872.html

戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/02/26 13:17

◎安倍9条改憲を発議させない 「19日行動」で署名訴え

 毎月19日に全国でいっせいに行われる「19日行動」。安倍政権が憲法違反の集団的自衛権の行使などを盛り込んだ安保法制(戦争法)を強行採決した日、2015年9月19日にちなんだ行動である。

 同法制の廃止を求めて豊田市では2月19日、豊田駅前で行われた。今年の寒さはこたえるが、この日は風がなかったので比較的楽だった。午後6時から行動を始めた。

◆0219の1


 5年余になる安倍政権は、秘密保護法、安保法制、共謀罪などに続いて、その総仕上げともいうべき憲法9条を変えようとしている。この日は9条改憲に反対する署名を呼びかけた。

 電車が到着するたびに大量の通勤客が、愛環新豊田駅から名鉄豊田市駅へ移動していく。若い人や女性に比べ中年の男性が署名に応じるのは少ない。

◆0219の2

◆0219の3


 ある若者は、「9条って何?」と質問してきた。戦前の侵略戦争で、310万人の日本人、2000万人以上のアジア・太平洋の人々の犠牲の上につくられた9条について、現在の学校教育は教えていないのだろうか?

 「戦争放棄」「戦力不保持」を高らかにうたった人類の進むべき道、9条。その崇高な内容をもっともっと宣伝していく必要性を感じた。

◆0219の5

◆0219の6


 別の若者は、「自分の大事な人が襲われたら助けるだろう。アメリカと協力して対応するためにはある程度の軍備が必要ではないか」と言ってきて議論になった。

 日本の軍事費はすでに5兆円を超え、世界で8番目の軍事大国になっていること。安倍政権になって毎年、軍事費は増えていること。ヘリ空母「いずも」を米軍のF35Bステレス戦闘機を搭載する攻撃型に改修しようとしていること――などを話した。

 そして、安倍政権は9条に自衛隊の存在を書き込んで、無制限な海外での武力行使に道を開こうとしているが、これは日本を守るのではなく、他国を攻撃するものであり、日本を戦争できる国に作り変えようとしていると訴えた。

◆0219の4

◆0219の7


 夜の署名行動であり、通勤時間帯のためか、この日寄せられた署名は28筆だった。安倍政権は今年秋の臨時国会で9条改憲の発議をしようとしている。これを阻止するために全国で取り組んでいる、3000万人を目標にした署名を何としても集め切りたいと思った。

戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/02/20 17:29

◎平和リレー講座 今年は豊田市高岡地域へ

 毎年開かれている「豊田市平和リレー講座」(豊田市平和委員会や新婦人豊田支部などでつくる実行委員会主催)は、今年で18回目を数えますが4月29日(土、祝日)に、豊田市高岡地域で行います。

 実行委員会は、「1927年(昭和2年)、豊田市南部の高岡地域で、全国から大軍を集めての大軍事演習が行われました。アジア太平洋戦争に向かう中、天皇も参加しての歴史的な大演習でした。侵略戦争の始まりに位置づくそれらの遺跡を訪ねましょう」と呼びかけています。

 見学地は次のようです。

1、陸軍大演習の碑が多数残る高岡地域 (西岡町、駒場町他)
2、戦没者「慰霊碑」のシンボルに鳩  (高岡町)
3、召集された「神馬」(シンメ)  (上丘町)
4、学童疎開5つの寺で受け入れ  (若林西町、前林町他)
5、名鉄電車に機銃掃射で悲劇  (竹町)

 集合時刻・場所は、午前9時45分に高岡コミュニティセンター駐車場です(電車利用の人のために午前9時30分に若林駅からマイクロバスが出ます)。

 参加費は2000円(資料代、バス代、保険料)。昼食は各自持参(途中コンビニに寄ります)。定員は50人で、定員になり次第に締め切るとしています。

 申し込みは、FAXに名前、住所、年齢、生年月日(保険のため)、自宅電話番号、携帯電話番号、集合場所を書いて事務局の柏木義孝さんまで送って下さい。(0565)80-7104

2917平和リレー講座
(昨年は、豊田市南部の上郷地域から岡崎市、安城市に広がっていた岡崎海軍航空隊(第1、第2、第3航空隊があった)の基地跡を訪ねました。写真は、野田味噌商店で学ぶ参加者)
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/02/18 17:46

◎トランプ米大統領 狂気の核兵器強化戦略

 民主主義国家で、トランプ氏のような大統領がなぜ、誕生したのか? 独裁国家でもなく、軍事クーデターでもなく、そんな大統領を誕生させることができるのか? 民主主義は、こんなに脆弱なものなのか?

 そんな思いに駆られたのが、トランプ米政権が2月2日に公表した、核政策の今後の指針、「核戦略(態勢)の見直し」(NPR=Nuclear Posture Review)です。

 少なくとも核軍縮を進める、としたオバマ前政権の方針を大きく転換、低爆発力の核弾頭や新型核巡航ミサイルの開発によって、核戦力の強化・近代化を進める方針を示したのです。

 米国が保有している核兵器(米は、ロシアの約7000発に次ぐ約6800発)の威力が大きすぎて使えないとして、“低爆発力”で使用できる核兵器を新たに開発する――核兵器の大小で使えるもの、使えないものがあるのか?

 昨年7月に、国連で核兵器禁止条約が採択され、各国で批准に向けて準備が進んでいます。核兵器に“悪の烙印”を押した国際社会の大きな流れに逆行する以外のなにものでもありません。

 信じられないのは、唯一の戦争被爆国の日本の河野太郎外相が、「今回のNRPを高く評価します」との談話を発表したことです。

 NRPのポイントは、「しんぶん赤旗」(2月4日付)によると――。

……
 ・NPR策定は、オバマ政権下の2010年に次ぐもの。安全保障上の脅威が進化・多様化したことを理由に、オバマ政権の「核なき世界」の構想はなくなる。

 ・ロシア、中国、北朝鮮、イランの各国に応じた「核抑止力」が必要と強調。

 ・前戦略に引き続き、米国や同盟国の「死活的利益を防衛する極限状況でのみ核使用を検討する」との表現は残す。その上で、「極限状況」に、米国や同盟国の市民、インフラ、核戦力、その指揮・統制・警戒システムなどに対する「非核兵器による重大な戦略攻撃」も含まれると明記。通常兵器による攻撃やサイバー攻撃を受けた場合の核報復を排除せず、使用条件を事実上、拡大。

50 核実験
(核実験)

 新たな能力・任務を持つ核弾頭を開発しないとしてきた方針も転換。潜水艦発射弾道ミサイルに搭載する核弾頭を低爆発力のものに更新する方針を明記。また、前戦略で退役させるとしていた海洋発射巡航ミサイルの能力を回復すべく、新型の核巡航ミサイルの開発を追求すると表明。
……

 ある日の夢に、突然、目の前でキノコ雲が立ち上がる瞬間を見ました。恐ろしさに、足がすくみ、この地球がなくなるのか、とぼうぜんとしました。トランプ大統領は、「ひよっとしたら、核廃絶の魔法のような瞬間が訪れるかもしれない」と語ったといいます。

 キノコ雲が立ち上がる瞬間などでなく、核廃絶の瞬間は、トランプ氏が政治決断すればできることです。それは、決して魔法ではなく、人間の英知のはずです。
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/02/05 13:10

◎若い人が次々署名 安倍9条改憲はいやだ

 毎月3日午後1時から全国一斉に行われる「アベ政治を許さない」の「3日行動」。作家の沢地久枝さんが呼びかけたもので、2月3日、豊田市駅前で行われた。

 ここ数日は、比較的暖かい日が続いている。駅前のペデストリアンデッキに約20人が参加。のぼりや横断幕を掲げてにぎやかに訴えた。

しょめい2


 安倍晋三首相の9条改憲に反対する3000万人を目標にした署名を呼びかけた。安倍首相は、今年中にも国会発議をし、2020年に施行しようとしている。

 呼びかけに、若い人たちの反応が良かった。戦後73年、戦争で誰1人殺さず、誰1人殺されなかった日本。2000年の歴史の上でも稀有の時代。若い人たちに、「戦争は絶対いやだ」という思いが受け継がれているのだろう。

 1時間の署名行動で54筆が集まった。もっともっと広げ、国会発議をさせない数を集めたい。

しょめい5

しょめい4

しょめい6

しょめい3

しょめい1
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/02/04 18:31

◎安倍9条改憲反対46%、賛成34% 朝日世論調査

 安倍政権のもとで憲法9条を改正し、自衛隊の存在を憲法に明記する改憲には、「賛成」34%が「反対」46%を下回った――朝日新聞が1月21、22の両日に行った世論調査で、安倍9条改憲に半数近くが反対していることがわかりました。

 同紙が23日付で伝えています。賛成は3分の1程度です。日本世論調査会の調査でも、9条改憲に53%が反対、今年初めの共同通信の調査でも、安倍政権のもとでの憲法改定に54%が反対――と同様の傾向を示しています。

 安倍9条改憲反対は国民の多数派です。戦前の侵略戦争の強い反省から生れた戦力不保持と交戦権を否定した憲法9条を守ることを、国民は強く願っています。

3000万人しょめい
(安倍9条改憲に反対の3000万人署名に応じる人々=1月3日、豊田駅前)

 しかし、安倍首相は9条改憲について、「実現する時を迎えている」(22日)とのべ、自民党は3月25日の同党大会で改憲案を示し、今年中に国会で改憲発議をし、安倍首相が描く2020年施行に執念を燃やしています。

 また、朝日の世論調査では、「憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思うか」と聞くと、「そうは思わない」が54%に対し、「優先的に取り組むべき課題」は32%でした。

 安倍首相が年頭の記者会見で「今年こそ憲法のあるべき姿を国民に提示する」と改憲への強い意欲を示したことについて、「評価する」は41%、「評価しない」は42%と評価がほぼ二分した――としています。

 設問の仕方で数字は変わっていますが、9条を明らかにして聞くと、9条改憲に反対が半数近くになります。それだけ、9条を守れの思いが国民に強いことを示しているでしょう。

3000万人しょめい2
(安倍9条改憲に反対の3000万人署名に応じる人々=1月3日、豊田駅前)


 このブログ「トヨタで生きる」では、豊田駅前で行われた1月3日の「3日行動」で、国民の3000万人をめざす9条改憲反対署名に、次々と市民が応じていることを多数の写真を掲載してアップしました。

 地域でも署名運動はすすんでいます。トヨタの労働者のみなさん、ぜひとも署名にサインし、安倍9条改憲の発議を許さない世論をつくりましょう。
戦争と平和 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/01/24 07:42

◎The Myth of Nuclear Deterrence

 国連で核兵器禁止条約の採択に大きな役割を果たし、ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長らを迎え、与野党10党・会派との討論集会「核兵器禁止条約と日本の役割」(主催=核兵器廃絶日本NGO連絡会)が1月16日、国会内で開かれました。

 フィン氏は、核の使用や開発を禁じた条約の意義を説明。日本政府が条約に参加しない理由としている、日米安保条約に基づく米国の「核の傘」による核抑止について、「神話だ。北朝鮮の核開発を阻止できなかった。時代遅れの政策を継続していることこそ脅威だ」と見直しを求めました。

 核兵器による抑止論は、神話だと明確に言い切ったフィン氏。訳すると―。
 The Myth of Nuclear Deterrence

 実に明快です。人類にとって悪魔の最終兵器=核兵器を使うことはできるのでしょうか? 会議に参加した日本共産党の志位和夫委員長は、次のように批判しました。

フィン氏と志位氏
((ICANのフィン事務局長=手前右=と志位和夫氏=向こう側左端=1月16日、国会内で=ネットから)

……
 「核抑止力論」とはいったい何かということを突き詰めて考えますと、いざというときには核兵器を使用する、その使用をためらわない、そういう「脅し」によって安全保障をはかろうという考え方にほかなりません。すなわち、いざというときには広島・長崎のような非人道的惨禍を引き起こしても、それは許されるんだという考え方が、この「核抑止力論」だと思います。
……

 東京新聞は、各党の発言要旨を掲載していますが、「(フィン氏が)核兵器禁止条約への署名を求めたのに対し、明確に賛同したのは共産、自由、社民三党と参院会派『沖縄の風』だけ」と指摘しています。

 日本政府を代表して佐藤正久外務副大臣が、「北朝鮮の脅威」を挙げ「日米同盟のもと、核兵器を有する米国の抑止力を維持しなければならない」と主張。条約には「署名できない。参加すれば核抑止力の正当性を損なうことにつながる」とフィン氏を批判しました。

 フィン氏は、安倍晋三首相に2度にわたって面会を求めましたが、安倍首相は応じようとしませんでした。唯一の戦争被爆国の日本が、核兵器禁止条約への署名もせず、首相も会おうともしない。こんな政府は取り換える以外にありません。
戦争と平和 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/01/19 10:07

◎人道支援、平和のために 世界をかけめぐる・中満泉さん

 国連軍縮担当事務次長の中満泉さんの著書『危機の現場に立つ』(講談社)を読みました。日本から飛び立ち、戦火のなかの東ヨーロッパや中東、夫の故郷・スェーデンでの子育て、日本の大学教授、再び国連で核兵器禁止条約の採択…日本の女性の世界での活躍を一気に読み通しました。

 高校時代か国連にあこがれていたという中満さん。早稲田大学でアメリカに留学し、ジョージタウン大学大学院で学んだ後、念願かなって国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の職員になりました。

 初任地のトルコでは、1991年の湾岸戦争でクルド難民の対応に追われます。もっとも激しかったのはボスニア内戦での人道支援活動です。大量虐殺、複雑に入り組んだ民族のなかでの浄化策…そのなかでボスニア軍将校と対決し、難民を救い出すところは、まるで推理小説を読んでいるかのようなハラハラドキドキの物語です。

 その後、ジュネーブやニューヨークの国連本部へ移動する中で、ジェノサイドが起きたアフリカ・ルワンダへの出張などの仕事にかかわります。こうしたなかで知り合ったのがスェーデンの外交官。夫の帰国に応じて、国連を離れ、結婚、子育てをスェーデンで送ります。

中満1
(中満泉さんの著書『危機の現場に立つ』)

 5年間でのスェーデンでの生活の後、夫の日本のスェーデン大使館への赴任にともない日本へ。日本とスェーデンとの比較が大変、面白いところです。

……
 私が(日本で)1番問題だと感じたのは、社会全体が寛容さと、みなでお互いに支え合おうという、たぶん昔の日本ではごく自然だったであろう習慣が失われてしまったように見えることでした。そして、寛容さを失ってしまった背景には、多くの人が長時間労働や遠距離通勤で疲労し余裕を失ってしまったことと、過剰なまでの「自己責任論」があるように思いました。

 車椅子やベビーカーのままで移動が可能なように、すべての公共施設にエレベーターの設置が義務付けられているスエーデンと異なり、日本の駅はベビーカーをかついで階段の登り降りをしなくてはならないことが多いです。これは、赤ちゃんとたくさんの荷物を抱えたお母さんにはたいへんなことです。

 スエーデンではどこでも、みなで寄ってたかって、手伝いましょう、と声をかけてくれましたが、日本では言ってくれた人はありませんでした。
……

 日本に住んでいると当たり前のように思いますが、長時間労働や過剰なまでの「自己責任論」などはグサリと聞こえます。中満さんは、この著書を書き上げた後、国連軍縮担当事務次長に就任。昨年7月7日に国連で採択された核兵器禁止条約で、大きな役割を果たします。

中満2
(『危機の現場に立つ』から)

 当時、日本の政党で唯一、党首として参加した日本共産党の志位和夫委員長と会談(同年7月6日)しました。このなかで次のように語り合っています(「しんぶん赤旗」7月8日付)。

……
 【ニューヨーク=遠藤誠二】志位和夫委員長は6日、中満(なかみつ)泉・国連軍縮問題担当上級代表(事務次長)と会談し、核兵器禁止条約の今後の見通しなどについて意見を交わしました。

 志位氏は「条約案は、考えうる最良のものとなっていると考えます。採択されることになり喜んでいます」と表明。中満上級代表は、「これまで約130カ国が参加して審議してきた条約案が採択される見通しです。条約の今後の運用が大きな課題になります」と語りました。

 中満氏は条約案について、「核兵器の非人道性が盛り込まれたことは非常に重要です」と述べ、「被爆者のメッセージ、市民社会のなかから声をだしていただいたことは強力な支援でした。感謝しています」と語りました。

 志位氏は、今回の国連会議第2会期の2日目に、会議場内で、中満氏が、ホワイト議長とともに、被爆者代表から「ヒバクシャ国際署名」の目録を受け取ったことに触れ、「被爆者と日本の運動への激励になっています」と感謝を伝えました。

 中満氏は、「核兵器禁止条約の採択に対して、核保有国がどういう反応をするかを注目しています。禁止条約の採択を契機に、核保有国と非核保有国の対話がすすむのではと期待しています。核軍縮の全体の状況が変わる中、具体的な政策をどう進めるか、議論を進めていきたい」「8月に広島と長崎を訪問します。今後どういう対応をとるのか考える良い機会になります」と抱負を語りました。

 志位氏は、核兵器禁止から廃絶へとすすむ力として、(1)史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約のもつ力(2)この流れを推進している多数の国々の政府と市民社会の力(3)核保有国とその同盟国での政治の変革―という3点を指摘。「被爆国の政党として、力をつくしていきたい」と決意を伝えました。

 志位氏と中満氏は、今後とも意見交換していこうと握手を交わしました。
……

戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/01/17 17:47

◎元ナチス親衛隊の96歳の被告が収監へ

 年末に、「しんぶん赤旗」(12月31日付)などが、ポーランド南部のアウシュビッツ強制収容所の簿記係だった元ナチス親衛隊の96歳の被告を、ドイツ連邦憲法裁判所が収監すると報道しました。

 同裁判所が、健康を理由に執行猶予を求めていた被告の訴えを29日、退けたものです。ドイツでは、ナチスの戦争犯罪に時効はありません。2013年以降は、アウシュビッツ収容所の看守などを無罪としていた判断を見直し、約40人を訴追しています。

 第2次大戦から72年。日本では、考えられないようなことです。安倍晋三首相の祖父の故・岸信介氏は東条内閣の閣僚で、戦後は戦犯容疑になりましたが首相を務めるまでに復権しました。

修 アウシュビッツ
(ポーランドのアウシュビッツ強制収容所。現在は博物館になっています。右上の柿色の屋根の所と左下の所=グーグルアースから)

 収監されるのは、15年に地方裁判所で、約30万人の虐殺にかかわったとして、殺人幇助罪で禁錮4年の判決を受けたオスカー・グレーニング氏。高齢と健康を理由に執行猶予を求めていました。

 憲法裁判所は、刑務所でも適切な医療を受けられること、容態急変の場合は刑の執行を一時的に中断できるとして、被告の訴えを退けたものです。

 グレーニング氏は、ウイキペディアによると、「『手を血で染めたことはない』と直接の関与を否定したが、収容者を強制労働とガス室送りとに仕分ける作業に関与していたことを認め、『道義的な共同責任があることは疑いない。許しを請いたい』と述べた」といいます。
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/01/07 15:25

◎1分ごとに1人が署名 9条改憲許さない

 18年初めての「3日行動」が1月3日、豊田市の豊田駅前で午後1時から行われた。作家の沢地久枝さんが呼びかけた「アベ政治を許さない」の全国行動の一環で、スタンディングアピールを行った。

 前日と同じように晴れていたが、風が強く、寒かったのでいつもの場所から移動して名鉄豊田市駅のデッキで行った。安倍政権がねらう9条改憲を許さない、30,000,000人を目標にした署名に、58筆が集まった。

 1時間の行動だったから、1分に1人が署名に応じてくれたことになる。すごい割合だ。憲法9条を守れ、という声が市民、国民にいかに強いかを示した。若い人が多く署名してくれたのもうれしかった。

3日 4

3日 1

3日 2

3日 3

3日 5

3日 6

3日 7

3日 8


 国会の議席(議長、副議長を除く)は、衆院(465議席)は昨年10月の選挙で自民の283、公明の29を合わせて312議席になり、改憲発議の3分の2(310議席)より2議席上回っている。これに日本維新の会(11議席)が加わる。

 参院(242議席)では、自民・こころの125、公明の25を合わせて150議席で、改憲発議に必要な3分の2(161議席)に届かない。これに日本維新の会(11議席)が加わるとちょうど3分の2になる。

 希望の党が改憲に前向きともいわれ、予断を許さない。

 安倍政権は、1月22日から始まる通常国会(6月末までの予定)で改憲発議を行い、それをへて国民投票(60~180日後に行われる)で過半数をとって成立をねらっているといわれている。東京オリンピックが行われる2020年に憲法を施行させるというスケジュールを描いている。

 全国で3000万人の署名を集め、国会発議を許さない世論をつくることが重要だ。安倍政権がねらう戦争ができる国への道を断ち切るためにも頑張らなくてはと思った。来月2月3日の「3日行動」でも多数の署名を集めたい。

12 3日行動 20180103 (2)

戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/01/04 09:31
 | HOME | Next »