◎豊田市図書館ロビーで「原爆と人間展」

 8月は、広島(6日)、長崎(9日)に、原爆が投下された月だ。今年は、被爆者の長年の願いだった「核兵器禁止条約」が7月に国連で採択されただけに、核廃絶の世論が急速に高まっている。

 豊田市駅前にある豊田市図書館のロビーでは、「原爆と人間展」というパネル展示コーナーが設けられている(8月13日まで)。見に行った日は、平日のせいか人は少なかったが、原爆投下直後の写真やポスターなど42点が展示されていた。

 被爆によって全身やけどした人、一瞬にして焼け野が原になった広島、長崎…1枚1枚の写真に、改めて釘付けになった。核兵器は、毒ガスなど大量破壊兵器のうちでももっとも残酷な兵器だ。それが今なお、地球上に1万数千発もあるのだ。

「原爆と人間」展


 「核兵器禁止条約」について、原水爆禁止世界大会・長崎(7日)で発言した国連軍縮問題担当上級代表の中満泉氏は、「条約の核心は核兵器を否定し、それを国際法として成文化したことにある」とのべたように、核兵器に悪の烙印を押したことだ。

 唯一の戦争被爆国の日本の安倍政権が、条約に署名しないという驚くべき姿勢を示している。この豊田市でも、長年にわたって「平和都市宣言」や核兵器廃絶署名などには後ろ向きの姿勢を続けている。

 今日9日は、長崎に原爆が落とされた日だ。長崎に落とされた原爆と同型の原爆模擬爆弾が豊田市のトヨタ本社工場などに落とされた(1945年8月14日)。「核兵器禁止条約」に署名する政府をつくらねばならないと痛切に思う。
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/08/09 09:19
コメント
「日本列島丸ごと沈められる」と威嚇
8/9(水) 18:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00016394-houdouk-soci
ホウドウキョク
「日本列島丸ごと沈められる」と威嚇
(写真:ホウドウキョク)
北朝鮮が、挑発をエスカレートさせている。北朝鮮メディアは、日本列島を核攻撃して太平洋に沈めることができると威嚇した。
朝鮮中央通信は9日、「日本列島ごとき、その気になれば、あっという間に焦土化できる」としたうえで、「核の強い強打で日本列島丸ごと太平洋に沈められる」との記事を掲載した。
さらに、安倍首相や、敵基地攻撃能力の検討に言及した小野寺防衛相を名指しで非難している。
北朝鮮は、国連の安全保障理事会が、過去最大規模の制裁決議を採択して以降、アメリカをはじめ、日本、韓国を挑発する声明などを相次いで発表して、対決姿勢を鮮明にしている。

管理者のみに表示