◎一掃すべきは安倍政権

 安倍政権の山本幸三・地方創生相が4月16日、「一番がんなのは学芸員。普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと」と暴言を吐きましたが翌17日、これを撤回・謝罪しました。

 学芸員は、「博物館法」に基づき、博物館に置かれる専門職員で、だれもがなれるわけではありません。国宝をはじめとする文化財などの博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究などを行っています。

 博物館などが刊行している研究書を読むと、文化財は人類の長年の英知の結集だということがわかります。山本地方創生相が言う観光は、国や自治体の別の部署・職員が行うべきであり、まったく無知というしかありません。

 表は、民放テレビがつくったものですが、共謀罪への金田法相の支離滅裂な答弁、森友学園問題での稲田防衛相の「記憶違い」答弁、今村復興相の自己責任発言、長靴を用意せず被災地でおんぶされた務台前政務官の「長靴業界はもうかった」発言…あきれ果て、これが大臣かと疑いたくなるような暴言、発言の連続です。しかも、ほとんどが辞任せず、居座っています。

閣僚の暴言


 山本地方創生相の言葉を借りれば、「一掃すべき」は安倍政権そのものです。憲法学者のほとんどが違憲とする集団的自衛権の行使を認める安保法制(戦争法)の成立を強行したのが安倍首相です。最高法規の憲法を無視するのですから、閣僚にとっては、何を言ってもかまわないと考えているのでしょう。

 その安倍首相は17日、東京の商業施設の開業記念式典であいさつ。日経新聞は次のように伝えました。

……
 あいさつ原稿に沿って施設で扱う大阪や京都などの各地の物産を紹介していたが、山口県(注、首相の選挙区)の物産が触れられていないことに気づいた首相。「原稿には残念ながら山口県の物産が書いていない。よく忖度してほしい」と語り、会場の笑いを誘った。

 首相は国会で、学校法人「森友学園」への土地払い下げを巡り、官僚が首相や昭恵夫人の意向を忖度したのではないかと追及されていた。「忖度」をキーワードに野党から追及されていたのを念頭においた冗談とはいえ、森友問題で首相側の対応が不十分だとしてきた野党が再び批判を強める可能性もありそうだ。
……

 「忖度」を使用した安倍首相、これはギャグですか? それともジギャグ(自虐)ですか?

スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/04/18 09:36
コメント
No title
共産党は赤旗の押し紙(共産党用語では浮き紙)を棚上げして国会で大手新聞社の押し紙問題を糾弾したそうですね。

自己責任発言も、憲法上居住の自由が保証されているのに共産党は政府に憲法違反をしろというのかな?

鍋が釜を黒いと笑う。
No title
忖度に関する、安倍チャン発言。ユーモアがあって良いと思います。冷静、沈着。岸信介が、彼の守護霊なのでしょう。
憲法学者の殆どが集団自衛権が違憲というブログ主様の見解ですが、国民主権のもとにおいては、国民の多数の意見が、まず尊重されるべき、思います。学者の圧倒的多数が反対していた、判例により確立された共謀共同正犯の理論も、ついには、学者も容認するに至ったではないですか。
No title
安倍さんのはギャクです・・
まともに受け取らない方がいい(笑い)
学芸員・・??
大臣の発言は軽すぎる。
岸田外務大臣みたいに
慎重に丁寧に発言すればいいのに・・
No title
「国民主権のもとにおいては、国民の多数の意見が、まず尊重されるべき、思います」? 果たしてそれだけでいいでしょうか? 安保法制(戦争法)を公約の最後に、しかも小さな字で隠して総選挙を行い、多数をとったからといって国民は全権委任を安倍首相に与えたわけではありません。
 戦前の軍国主義の下で、侵略戦争に突き進んでいったのも、「国民の多数」が反対しなかったということになるのではないですか? 民主主義=多数ということだけでは、ヒトラーも民主的といわれたワイマール憲法のもとでファシストになりました。自由と民主主義は私たちが不断に努力し、多数の政権党を批判する勇気を持たなければ、実にもろいものではないでしょうか。
No title
圧倒的多数派の与党をはね除け、軍部から兵隊を送られ脅されても堂々と突っぱねて内閣総辞職に追い込みひいては戦争を終結させるために講話に持ち込んだ。

安倍首相の祖父の岸信介さんは凄いですね。

もう一人の祖父である安倍寛も国会の場で堂々と東條内閣退陣
戦争反対と戦争終結を訴えていましたし。

管理者のみに表示