◎豊田市美術館で唐招提寺の障壁画展

 奈良市の唐招提寺の障壁画を知っていますか? 障壁画は、文化勲章受章者で、日本を代表する画家、東山魁夷(1908~99)の最大の作品といわれています。豊田市美術館で4月22日(土)~6月11日(日)まで障壁画展が開かれます。

 68面からなる障壁画は、唐招提寺の御影堂の襖(ふすま)絵として、10年もの歳月をかけて描いたものです。公開されるのは、鑑真を偲ぶ開山忌舎利会(毎年6月5日~6月7日)の3日間だけです。国宝「鑑真和上坐像」とともに公開されます。

 このため障壁画は、時折、他の場所で公開されます。知人が東京の百貨店で観賞しようとしたところ、8階の会場までの階段に行列が続き、あまりの人の多さにあきらめたといいます。

新潮文庫 障壁画1
(新潮文庫の『唐招提寺全障壁画―東山魁夷小画集』)

 唐の高僧鑑真は、戒律を日本へ伝えるよう懇請され、暴風などで渡航に相次いで失敗し、6度目の天平勝宝5年(奈良時代の754年)にやっと成功しました。

 そのため両眼を失明しました。国宝「鑑真和上坐像」は、失明した鑑真を彫り込んだものです。東山魁夷は、鑑真の苦難の渡航を描くために、日本海の海岸をスケッチして歩き回りました。

 激しい波が岩礁に押しよせて砕ける様などを描いています。薄いグリーンを基調とした透明な質感の襖絵は、鑑真の心のなかに迫るもので、見るものに静かに立ち上がってくる感動を与えます。

新潮文庫 障壁画2
(新潮文庫の『唐招提寺全障壁画―東山魁夷小画集』から)

 奈良時代は、「青丹によし奈良の都は咲く花の匂うがごとく今盛りなり」と平城京の栄えた様子が『万葉集』に歌われていますが、実際は政変が続いた権力闘争の時代でした。聖武天皇は、出家までして仏教に深く帰依しました。

 仏教は、神道とは違って、いかに生きるべきかという哲学があり、権力闘争からの救いを聖武天皇は求めていたといわれています。鑑真は、退位して上皇になっていた聖武上皇に大歓迎されました。

 障壁画展を鑑賞する際は、『唐招提寺全障壁画―東山魁夷小画集』(新潮文庫、税抜き810円)を事前に読んでおくと参考になるでしょう。

スポンサーサイト
トヨタの街から | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/04/17 09:58
コメント
No title
>仏教は、神道とは違って、いかに生きるべきかという哲学があり

まーた、取材や裏付けも無しにフェイクニュース垂れ流してる。
No title
ブログ主様のご見解は、神仏分離が前提ですね。つまり、明治政府がおかした最大の過ちである、神仏判然令および修験道廃止令の制定を肯定されるのですね。

管理者のみに表示