FC2ブログ

◎愛知知事選 榑松氏「困っている人を全力で応援」

 愛知県知事選が1月17日告示(2月3日投票)された。愛知県労働組合総連合(愛労連)議長の榑松(くれまつ)佐一氏(62)が、「困っている人を全力で応援する愛知県政をつくる」と出発式で第1声を上げた。

 相手候補は、3期目をめざす大村秀章氏(58)。榑松氏は日本共産党が推薦するが、大村氏は何と自民、公明、立憲民主、国民民主が推薦する。国政では対立する政党が相乗りしている。

 中日新聞は、「2027年のリニア中央新幹線開業に向けた社会基盤整備や、自動運転など次世代産業育成による経済成長の継続を唱える大村氏に、大型事業を見直して医療や福祉、教育など暮らしを優先する県政への転換を訴える榑松氏が挑む構図だ」(18日付)と伝える。

 要するに、JR東海やトヨタ自動車など大企業応援の大村県政を続けるのか、暮らし優先の県政に転換するのか、争点は明確だ。大村氏は4年前の知事選のリーフの表紙に「リニア、ジェット、FCV」を刷り込んでいた。JR東海のリニア、三菱重工のジェット機、トヨタの燃料電池車のことだ。

70 榑松候補

 第1声の応援に駆け付けた日本共産党の井上さとし参院議員は、フェイスブックに「出発式で候補者カーの上で並んだ時に大きな茶封筒を持っておられるなぁと思っていました。なんとあの後、次の街頭演説の途中に届けられたのですね。片時も困った人のことを忘れない。この人こそ知事にふさわしい!」とアップしていた。

 榑松氏もフェイスブックで、「昨日、逃げてきた(外国人)実習生からの相談と委任状がきたので夜のうちに申告書を作成。職種違反の証拠をDVDにコピー。出発式と最初の街頭演説の場所に行く間に、急きよ技能実習機構名古屋事務所に寄って申告手続きを行いました」とアップしていた。

 これを読んだ人々からは、「選挙中でも、頑張っておられるんですね! 誰かさんとは違って、いつも弱い者の味方ですね! 応援します」とか、「フットワークもパワーも、本当に半端ないです」などの応援書き込みがあった。

 私もこの日、豊田市内の公営掲示板に榑松氏の候補者ポスターを貼り続けた。頑張れ! 弱い者の味方、榑松候補!
スポンサーサイト
その他 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/01/18 15:25

◎9条改憲 NHK「急いで進める必要はない」が50%

 NHKは1月の世論調査を15日明らかにしました。そのうちの1つが、戦争を放棄した9条改憲問題です。NHKは、次のように伝えました。

……
 安倍総理大臣は、2020年を新しい憲法が施行される年にしたいとして、憲法改正に意欲を示しています。国会での憲法改正に向けた議論について

▽「早く進めるべき」が23%
▽「急いで進める必要はない」が50%
▽「憲法改正の議論をする必要はない」が14%でした。
……

 安倍首相の提案に同意しているのは、わずか23%にすぎません。反対に、「急いで進める必要はない」が国民の半数の50%にものぼりました。そもそも「議論をする必要はない」が14%もあります。

 日本国民の310万人、アジア・太平洋では2000万人以上が、軍国主義による侵略戦争の犠牲になりました。その反省から、戦争の放棄と戦力の不保持を9条に刻み込んだのです。

 作家の故・井上ひさしさんは、「9条の会」の9人の呼びかけ人の1人でした。常に、「畳の上で死ねる幸せ」を語っていました。中国や太平洋の島々などでの戦闘で殺されたり、餓死した兵士に比べれば、戦後は9条のおかげで畳の上で死ぬことができる幸せをつかんだのです。

3000万
(安倍9条改憲に反対する署名に応じる人=2018年12月3日、豊田駅前で)

 安倍政権は、昨年末に新「防衛計画の大綱」、「中期防衛力整備計画」を決定しました。5年間で27兆4700億円の軍事費を投入する空前の大軍拡計画です。

 2015年に、憲法違反の集団的自衛権の行使を盛り込んだ安保法制(戦争法)を強行したもとで、大軍拡計画を着々と推し進めています。「いずも」型護衛艦をステルス戦闘機・F35Bを搭載できるように改造する、事実上の空母化、敵基地攻撃能力の保有をめざして、相手の射程圏外から攻撃できる長距離巡航ミサイルの導入――など、などです。

 これらは、自民党が長年、「専守防衛」を建前としてきた自衛隊を、「海外で戦争する軍隊」へと作り変えようとするものです。

 安倍首相は、年来の改憲発議の野望を、昨年秋の臨時国会で断念に追い込まれました。しかし、「任期中改憲」「2020年新憲法施行」をあくまでも強行しようとしています。2月の自民党大会に向けた2019年運動方針原案は、改憲に「道筋を付ける覚悟」と強調しています。

 NHKの世論調査は、こうした安倍首相の暴走を、国民の大部分が認めていないことを示すものです。1月下旬に招集される通常国会では、改憲発議を絶対にさせないようにしましょう。
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/01/18 14:17

◎“逃げ”に徹している JOC竹田会長

 オリンピックとは何か? 1月15日、JOC竹田恒和会長の記者会見のニュースを聞いて思いました。竹田会見は、潔白を主張するだけで質問受けず、7~8分で打ち切ったというのです。

 NHKも、「“逃げ”に徹している」と伝えたほどです。いわれなき疑惑なら、丁寧に説明すべきでしょう。疑惑は、いっそう深まりました。東京オリンピック開催に、ブラックなイメージを塗り付けたものになりました。NHKは、次のように伝えました。

……
 フランスの裁判所は、東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐる贈賄に関与した疑いで検察当局が竹田会長を捜査した結果を受けて、先月から裁判を開くかどうかを審査する「予審手続き」を進めています。

 竹田会長は、贈賄の疑いがもたれているシンガポールの会社に支払ったコンサルタント料およそ2億2000万円について「報告書では、コンサルタント業務に対する適切な対価だったと結論づけている。私が、シンガポールの会社と、国際陸連の前会長とその息子がいかなる関係だったか知らなかったことも確認している。この会社との契約の締結が日本の法律において違法性はない、と結論づけた」と述べ、改めて潔白を主張しました。
……

 NHKは以前、シンガポールのコンサルタント会社を調査し、報道しています。

……
 シンガポールの「ブラック・タイディングス」は、住宅街の一角にある公営住宅の一室にオフィスを構えていたとみられています。現在は公営住宅の建物全体が再開発のため空きビルになっていて、住んでいる人はいません。

 シンガポールの登記簿によりますと、「ブラック・タイディングス」はコンサルティングや広告業を目的に2006年4月に設立され、東京オリンピックの開催が決まった10か月後の2014年7月に事業を終了したとして閉鎖されています。
……

JOC 竹田疑惑の構図
(疑惑の構図=テレビ朝日系から、1月16日)

 何かあやしげです。名称からして「ブラック・タイディングス」なんて。名前の通り、竹田会長の説明はブラックな疑惑に包まれています。日本のオリンピック招致は、真っ黒なものと思われて当然でしょう。

 東京オリンピックでトヨタ自動車は、スポンサーのなかで最上位の「ワールドワイドオリンピックパートナー」(コカ・コーラなど13大企業)のうちの1つに入っています。オリンピックで自動車メーカーが入るのは初めてです。

 スポンサー料は「2000憶円程度」(日経、15年3月14日付)というばく大なものです。竹田会長の疑惑、スポンサーとしても見逃がせない問題になりました。
その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/01/16 21:26

◎日本の原発 袋小路に

 2019年最初の「原発ゼロ、再稼働反対抗議行動」が1月11日(金)午後6時半から首相官邸前、国会正門前各交差点で行われました。福島原発事故を機に、粘り強く毎週、毎週続けてきた金曜日行動です。

 スピーチの1人として立った日本共産党の吉良よし子参議院議員は訴えました(要旨)。

 日本経団連の中西宏明会長は年頭の記者会見で、今後の原発政策について、「全員が反対するものをエネルギー業者やベンダー(提供企業)が無理やりつくるということは、この民主国家ではない」とのべました。この声がようやく経団連会長に届いたのです。

 その上で、右手を高く上げ、コールしました。

 「再稼働反対!」「時代遅れの原発いらない!」「コストのかかる原発いらない!」「ふるさと返せ!」「今すぐ廃炉!」「廃炉!」「廃炉!」

吉良コール
(国会議事堂前で、原発ゼロをコールする日本共産党の吉良よし子参院議員=1月11日、ネットから)

 翌日、11日付の日経新聞は、「日本の原発 袋小路に 日立、英の事業を中断 国内の新増設は困難/海外は頓挫しゼロに」の見出しで、次のように書きました。

……
 日立製作所が英国で計画する原子力発電所の建設事業を中断する方針を固めた。日本企業による海外での原発計画は事実上ゼロになる。国内では多くの原発が老朽化しているにもかかわらず、政府は新増設の方針すら示せていない。海外への輸出で国内の原発技術を維持する狙いは崩れる。原発をどう位置づけ、細る技術や人材をどう維持していくのか。エネルギー政策の再構築が急務になる。
……

 経団連の中西会長は、日立の会長のことです。原発メーカーと経団連のトップが原発に白旗を掲げた形になりました。中西会長は、安倍首相とタッグを組んで原発輸出を進めてきました。安倍政権と財界の原発推進は、完全に袋小路に追い込まれたのです。

 福島第1原発事故からもうすぐ8年。原発は、いったん事故を起こせば、現在の人類の手には負えない未完の技術であること。事故処理や廃炉の費用を入れれば水力や火力より電力コストが高いこと――などが明らかになりました。

 原発を即時廃炉にし、再生エネルギーに転換する以外にないことを示しました。さぁ、原発ゼロの日本へ進みましょう!

原発ゼロへ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/01/15 14:52

◎沖縄・辺野古 土砂投入から1カ月

 安倍政権が、沖縄県名護市に米軍の新基地建設ために、辺野古の海に土砂を投入してから1月14日で、1カ月になった。憲法も法律も、民意も、民主主義も、地方自治も、すべてを踏みにじって――。

 メディアが撮影した現場の写真は、サンゴとジュゴンが棲息する青い、青い辺野古の海のそこだけが赤土色に染まり、痛々しい。なぜ、強権を使ってここまで、無残なことをするのか。安倍首相の言う「沖縄県民に寄り添う」とは、このことか?

 年末の沖縄旅行で、遠くからだが辺野古の海に、クレーンのついた大型船が行きかう様子を見た。ピラミッドのように大量の土砂を積んだ船。ダンプカーに土砂を積み替えて工事用ゲートへ向かって走っていた。

10 辺野古 土砂運搬船
(土砂運搬船)

 米軍キャンプシュワブゲート前では、これに抗議する沖縄県民と本土からの支援の人たち。理不尽な安倍政権に、「STOP」「土砂投入阻止」などのボードを掲げて立ち向かう姿に感動した。

 最初に土砂が投入された「②1工区」の面積は6・3㌶で、全埋め立て面積(160㌶)の約4%だという。まだ、全埋立土量の0・7%にすぎず、原状回復は難しくないともいう。

 新基地建設に反対して昨年9月に当選した沖縄県の玉城デニー知事は、安倍政権との話し合いを求めている。土砂に赤土が含まれていることから1月11日、「土砂の性状に重大な疑義が生じている」と沖縄防衛局に土砂投入の中止と立ち入り調査を求めている。

14 辺野古 大浦湾
(辺野古の青い海)

 「新基地建設の埋め立て工事を2月24日の沖縄県民投票まで停止するように」と呼びかけたトランプ大統領に求める電子署名が、20万筆を超え、さらに増え続けている。

 辺野古でのたたかいは、沖縄県民の孤立したものではなく、世界へと広がっている。安倍政権が凶暴になればなるほど、県民は団結する。県民投票は、「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例」にもとづくもので、投票まで1カ月余。県民は安倍政権にきっぱりと審判を下すだろう。
沖縄 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2019/01/14 10:25

◎自動車総連 19春闘統一要求掲げず

 18春闘で、トヨタ自動車が賃上げ額(ベア)を公表しなかったことが19春闘を揺さぶっています。トヨタ労組が加わる自動車総連は1月10日、横浜市で中央委員会を開き、19春闘では統一要求を掲げない方針を決めました。

 自動車総連は、2002年春闘でトヨタ労組がベアゼロに抑えられて以降13年まで、ベアはゼロか、1000円程度の低額で推移してきました。14年以降は、15年に「月6000円以上」、16~18年は「月3000円以上」のベア要求を掲げてきました。

18春闘 jcmボード
(金属労協の18春闘回答ボードには、トヨタは「昨年を上回る」との日本語回答で、ベアは非公表でした)

 総連として、こうしたベアの統一要求をやめて10種類の「絶対水準」を示すという方式に切り替えるものです。大手と中小の賃金格差が縮まらないというのが理由です。

 これまでのように「上げ幅だけではなく、賃金カーブや配分に係る課題に目を向けるなど『絶対額を重視した取り組み』をこれまで以上に進める」(総連の高倉明会長)としています。一方で、比較的賃金が高いトヨタ労組などは、事実上、賃上げ抑制になる可能性もはらんでいます。

 10種類の絶対水準は、「賃金センサスプレミア」「自動車産業プレミア」「自動車産業目標」「自動車産業スタンダード」「自動車産業ミニマム」の5段階を、「技能若手労働者」と「技能中堅労働者」に分けるもの。

 「技能中堅労働者」の「賃金センサスプレミア」は37万円で、「自動車産業ミニマム」は24万円です。13万円もの開きがあり、この方式での格差是正は長期にわたる可能性があります。

 トヨタ労組執行部が組合員に要求案を示すのは、1月下旬の評議会です。総連の方針を受けて、どのような要求案を出すのかが注目されます。
19春闘 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2019/01/13 20:26

◎榑松愛知知事選予定候補と学習決起集会

 愛知県知事選挙(1月17日告示、2月3日投票)を前にした1月6日、同知事選に立候補を表明している榑松佐一氏(愛知県労働組合総連合=愛労連=議長)を招いた学習決起集会(住みよい豊田を創る会主催)が豊田市内で開かれた。

 正月明けにもかかわらず60人以上が参加した。県会議員に挑戦する日本共産党の大村よしのり豊田市議が、大村秀章県政の問題点を解明した。

あいちちじせん 集会1


 榑松氏は、トヨタシンポやトヨタ総行動などの愛労連の活動を通じて正規労働者の問題や外国人労働者、とりわけ技能実習生の相談活動からその実態についてリアルに語った。非常にわかりやすく面白い話だった。

 榑松氏は、全国第2位の財政力を県民のくらし重点に活かす――として、▽子ども、高齢者、障害者、住民の暮らしを優先にする、▽「ものづくりあいち」を生かし、地域経済の活性化をはかる、▽非核・平和を世界に発信する、▽大企業への投資や大型開発を見直す、などの重点政策をかかげている。

あいしちじせん 集会2
(あいさつする榑松佐一氏)

 緑の党の共同代表の小林修氏があいさつ。社民党豊田支部から参加。榑松氏の支持を表明した。

 住みよい豊田を創る会の本多弘司共同代表は、「大企業応援・大型開発優先」の大村県政の実態を「創る会」のホームページで明らかにしている。アドレスは次の通り。
http://sumiyoi2016.blog.fc2.com/blog-entry-51.html?fbclid=IwAR0lzFTZMFb7SJAo7MWsVKuAbrFyByP1JpCp5KvCUC_TesvA53C23GIzkEU
トヨタの街から | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/01/12 18:54

◎注目すべきニュースは「東京モーターショー」 豊田社長

 日本経団連など財界(経済3団体)は1月7日、新年祝賀会を東京のホテルで開きました。東京テレビの番組「WBS」(ワールドビジネスサテライト)が、毎年恒例の社長インタビューをしました。

 今年は、同テレビが選んだ「米中貿易摩擦」や「為替株価の動向」「新天皇即位 改元」などから、2019年の「注目のニュースは?」と問うものでした。トヨタ自動車の豊田章男社長が選んだのは?

 豊田社長 「東京モーターショーです」
 大江麻理子ャスター 「ハ、ハ、ハ、ここにないですね」

 豊田 「ここに上がってこないことが我々の努力不足ですがね」
 大江 「今年のモーターショーはどういうところに1番注目されますか?」

WBS 豊田社長 201901


 豊田 「デトロイトモーターショーではなく、CES(家電・技術見本市)の方へ、未来のモビリティは移ってきています。モーターショーのあり方が、世界的に問われています。既存の自動車メーカーが未来のモビリティに選ばれる存在になっていくことが必要でしょう」

 キャスターは、豊田社長の選択に戸惑っている感じでした。世界のトヨタの社長なら、もっと大きな問題を選んでくれると思ったからでしょう。ところが、身内のモーターショーの話だったからです。

 そのモーターショー、東京では2年に1度開かれており、このブログでもその様子を伝えています。しかし、2017年の東京モーターショーの入場者数は、前回の2年前の81万2500人に対し、94・9%の77万1200人で、縮小傾向は脱することができませんでした。

 若者の自動車離れとともに入場者数は減り続け、モーターショーの魅力を発信できないでいます。17年のモーターショーも、電動化(EV化)、自動運転化、ネットでつながるコネクテッド化、ライドシェア(相乗り)という「100年に1度の大変革の時期」(豊田章男社長)という割には…。

 豊田社長の語るように、未来のモビリティはCESの方へ移っています。日本自動車工業会会長も務める豊田社長、モーターショーのカイゼンをどのように図るのでしょうか?
トヨタ車 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/01/11 18:28

◎「沖縄 18年末」⑦ 世界に広がる新基地建設反対の声

 18年年末の沖縄旅行は、最終日の12月28日。この日は金曜日なので、毎週金曜日に行われている那覇市の沖縄県庁周りを1周する昼休みデモに行くことにした。

 小雨の中、県庁と市役所の間の道路で待っていると、午後零時10分ごろに宣伝カーが近づいてきた。デモは、今回で1817回目というから驚く。1984年2月17日に、トマホーク配備反対をかかげて始まった。毎週、毎週、続けてきて約34年にもなる計算だ。

 このデモに、私が参加するのは3回目だ。いつも参加している日本共産党の元衆院議員の古堅実吉さん(89)は、体調不良で欠席だった。この日の参加は10人だった。

 辺野古への新基地建設反対などをコールし、ブラスターを掲げたわずか20分足らずの行動だが、国際通りの信号の所では、通行人の大きな注目を浴びた。声援を送って、励ましてくれる人もいた。また来年も参加したいと思う。

沖縄 昼デモ
(沖縄県庁周りを1周する昼休みデモ)

 こんな小さなデモだが、毎週欠かさず続けてきた粘り強い運動が、2019年の年頭になって大きく広がっていく手ごたえを感じている。

 安倍政権は、昨年12月14日、辺野古の海を埋め立てる土砂投入開始を強行した。憲法も法律も、民意も、民主主義も、地方自治も、すべてを踏みにじった暴挙だ。

 それは沖縄県民の怒りにとどまらず、日本全国に、世界に広がっている。世論調査では、土砂投入に「反対」が、「朝日」、「毎日」、「共同」、「読売」とそろって約5割~6割に達し、多数となっている。

 ハワイ在住のロブ・カジワラさんが、「新基地建設の埋め立て工事を2月24日の沖縄県民投票まで停止するように」と呼びかけたトランプ大統領に求める電子署名が、1月8日、20万筆を突破した。

 署名は、12月8日から始めたもので、30日以内に10万筆集まれば、ホワイトハウスが請願の内容を検討し、回答するという制度だ。もちろん、私も投票した。

 タレントのローラさんや伝説的な英ロックバンド「クイーン」のギタリストで天文学者のブライアン・メイ氏(71)ら著名人も署名した。辺野古への新基地建設反対の声が、世界へと広がったのだ。

14 辺野古の青い海
(辺野古の青い海。向こうは米軍キャンプシュワブ基地)

 沖縄と連帯するたたかいは、ここまで広がった。辺野古のテント村に掲げてあったスローガン「勝つ方法はあきらめないこと」を思い起こす。安倍強権政権が、どんな卑劣な手段に出ようとも、「あきらめないぞ!」。
 (このシリーズは終わり)
沖縄 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/01/10 07:46

◎「沖縄 18年末」⑥ 不屈館、対馬丸記念館

 18年年末の沖縄旅行は、最終日の12月28日、那覇市の不屈館と対馬丸記念館へ行った。県庁前のホテルからはどちらも車で10分ぐらいのところにある。

 不屈館とは、那覇市長や沖縄人民党委員長、日本共産党副委員長・衆院議員(7期)を歴任した故・瀬長亀次郎さん(1907~2001年)と民衆のたたかいの資料を集めた記念館だ。

 沖縄の祖国復帰と米軍基地のない平和な社会をめざし、“カメさん”の愛称で親しまれた。沖縄県民の絶大な人気があった。館長は、瀬長さんの二女の内村千尋さんが務めている。

不屈館
(右端の写真が瀬長亀次郎さん=不屈館で)

 不屈館の「会」の会費とカンパを支払うと、「毎年、この時期に来てくれますね」と私のことを覚えていてくれた。午前中なので、館内には誰もいなかった。内村さんに聞くと、28日から休館予定だったが、今日、明日は団体の予約があるので会館しているとの事だった。

 瀬長亀次郎は、17年夏から映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」が全国各地で上映された。監督は、TBSの元アナウンサーの佐古忠彦氏が務めたこともあって反響を呼んだ。

 安倍政権が、名護市辺野古へ米軍の新基地を、県民の反対を押し切って造ろうとしている時だけに、米軍と不屈にたたかった“カメジロー”が、映画で再評価された。

 “カメジロー”の大きな写真やビデオ、数々の展示を見ていると京都の団体のグループが着いて、館内はにぎやかになった。「カメさん、絶対に新基地は造らせない」との思いを抱いて館を後にした。

 すぐ近くの対馬丸記念館に向かう。沖縄戦が激しかった1944年(昭和19年)8月21日、集団疎開する学童1500人近くが対馬丸に乗船し、長崎に向かう途中、米潜水艦に撃沈されて犠牲になった。

対馬丸記念館1
(対馬丸記念館)

 当時、厳しい箝口令がしかれていたために、現在でも正確な数字は不明な部分が多いという。館内には犠牲者の遺影や遺品が展示されていた。2014年6月に、平成天皇と皇后が来館した。

 戦後70年となる15年新年に天皇は、長崎の被曝の歌を、皇后は対馬丸について歌った。皇后の歌は、「我もまた近き齢(よはひ)にありしかば沁(し)みて悲しく対馬丸思ふ」という。

対馬丸記念館2
(犠牲になった子どもたちの写真=対馬丸記念館)

 天皇、皇后は昨年・18年3月、沖縄へ訪れた。日本の最西端で国境の島・与那国島まで訪れている。在位中に、沖縄へ11回訪れたというが、偶然だが、私の沖縄旅行も11回目である。

 壁一面に展示されている子どもたちの写真を見ていると、戦争さえなければ幸せな人生をおくれただろうと思うと胸が苦しくなってくる。戦争は2度としない、させない――それが戦後、憲法9条に刻まれたのだ。
沖縄 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/01/09 14:56

◎トヨタの「生きるか、死ぬか」をどう考える?

 トヨタ自動車の社内では、豊田章男社長が世界の自動車産業に起きている電動化、自動運転化などについて、「100年に1度の大変革期」であると語り、幹部はトヨタは「生きるか、死ぬか」の瀬戸際にいるとくり返し危機感を煽っている。

 このことを、週刊経済誌「東洋経済」のオンラインが、「『100年に1度の自動車革命』という煽りの正体 CASEやMaaSのブームに惑わされるな」を掲載(1月3日)している。ジャーナリストの桃田健史氏が書いたものだ。
https://toyokeizai.net/articles/-/257694

 桃田氏は、複数人のトヨタ社員に、「社内で本当に、100年に1度の自動車革命に直面しているという意識を持っているか?」とたずねたところ、「はい、(部内や課内で)しっかり共有している」という返答だったという。

 桃田氏は、最近メディが「CASE」(Connected、Autonomous、Shared、Electric)が頻繁に使われるようになったが、これはドイツのダイムラーが使い始めたもので、日本メーカーも、「ドイツ信仰」や「ドイツ警戒」の流れのなかにあると指摘する。

 MaaS (モビリティ・アズ・ア・サービス)やCaaS (カー・アズ・ア・サービス)など最近、メディアに登場するようになった言葉にも触れながら、「単なるマーケティング用語である」と批判。メディアが自動車産業再編への危機感を煽っていると指摘する。

 その上で、「危機感を持つことは悪いことではないのだが、勝つか負けるか、死ぬか生きるか、または出足が良かったか出遅れたか、といった自己中心的な目先のことばかり考えていると、自社が目指す方向がぶれてしまうのではないだろうか」と批判する。

トヨタ本社
(トヨタ本社)

 「自社が目指す方向がぶれてしまう」というのは当たっているのではないか。桃田氏の記事を読んだあるトヨタ社員は次のように語る。

 「『100年に1度』は、会社存続の話であり、顧客には関係ない話だ。トヨタがだめになっても、他で車を買うだけ。顧客にしたら、“そんなこと知ったことでない”と言うだろう。トヨタ、関連会社、サプライヤーを含めた“トヨタ国”の挙国一致体制づくりではないか。危機感共有のためにメディアを用いなければならないのなら、トヨタのこの先は本当に危うい気がする」と語る。


 さて、あなたはどう思うか?
メディアから | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/01/08 18:36

◎「沖縄 18末」⑤ 人頭税の宮古島(下)

 宮古島で、ホテルへ帰る途中、道路沿いに人頭税石(じんとうぜいせき)を見つけた。宮古島市役所の近くの平良字荷川取にある。見過ごしてしまうような場所だった。高さ143cmほどの石だった。この石よりも身長が高いと、課税されるという。

 戦国時代も終わった江戸時代はじめの1609年、薩摩藩は琉球王国を支配し、重税を強いた。困窮した琉球王国は、宮古島など先島諸島へ人頭税を課したという。

 大正時代に宮古島を訪れた民俗学者の柳田国男が著書で紹介し、人頭税の存在が広く知られるようになったといわれる。人頭税の研究は、まだ諸説がある段階だという。

人頭税石
(人頭税石)

人頭税石の説明

 宮古島を含む沖縄は、明治に入ると約400年の薩摩藩の支配から、日本への支配へと変わる――いわゆる「琉球処分」だ。戦後も、1972年までの27年間、アメリカ占領軍によって支配された。

 現在も、日本のアメリカ軍基地の74%が沖縄に集中している。その上に、名護市辺野古に、安倍政権は米軍の新基地を造ることを強行している。2本の滑走路と強襲揚陸艦が停泊できる岸壁などを備え、耐用年数200年の近代的基地だ。

 平成天皇が12月の誕生に語った言葉を再度、引用したい。

「沖縄は、先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。皇太子時代を含め、私は皇后と共に11回訪問を重ね、その歴史や文化を理解するよう努めてきました。沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」

 沖縄の「長い苦難の歴史」に、「心を寄せていく」ことは、日本人としては当然ではないだろうか。沖縄の人々は、「ヤマトンチュー」(日本本土の人々)、「ウチナンチュー」(沖縄の人々)と区別して語る時がある。

 沖縄の「長い苦難の歴史」を、「ヤマトンチュー」にはわからないだろう、という意味が込められている。沖縄知事選で、新基地ノーを2度にわたって突き付けて沖縄の人々。それに連帯することが、「長い苦難の歴史」に心を寄せ、それを終わらせることにつながるのではないだろうか…。

宮古島への橋
(宮古島と周辺の島を結ぶ橋)

 人頭税の石を見ながら、こんなことを考えた。しかも現在は、身長にかかわりなく、金持ちも貧しい人も、すべての人が買い物をすれば税金が取られる消費税がある。しかも、安倍政権は今年10月からは8%から10%に増税しようとしている。

 宮古島を回りながら、新基地の建設を許さず、逆進性が強い消費税の増税を、安倍政権にきっぱりやめさせなければならない、と強く思った。

沖縄 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/01/07 14:36

◎「沖縄 18末」④ 人頭税の宮古島(上)

 18年年末の沖縄旅行は、宮古島から始まった。中部国際空港から宮古島への直行便で行った。宮古島には3日間滞在したが、残念なことに3日間とも雨だった。

 島には、人頭税の石があることを知っていたが、その他の事は何も知らなかった。昨年11月、名古屋で見た映画「宮古島SOS」で、自衛隊が宮古島の中央部にある千代田カントリークラブというゴルフ場を買収し、ミサイル基地を作ろうとしていることを知った。

宮古島11

宮古島1


 宮古島は、直角三角形のような形をしており、沖縄島と台湾のほぼ中間にある。人口約5万2000人。山がないし、川もない平らな島である。周辺の伊良部島、下地島、来間島、池間島とは、大きな橋でつながっており、いずれも車で行くことができる。

 沖縄旅行2日目の12月25日朝、島の中央部に近いゴルフ場、千代田カントリークラブ跡へ行く。車でゴルフ場を1周したが、ほとんどの土地が整地され、いろいろな施設の建設が始まっていた。

宮古島2
(自衛隊のレーダーサイト)

 正面玄関ゲートの前では、雨の中で5人の女性がスタンディング行動をしていた。すぐそばに、航空自衛隊のレーダーサイトがあり、レーダーをドームで覆った塔が2つ見えた。

宮古島4

宮古島3

 レーダーサイトから出ている電磁波は、基準の2000倍もあるそうだ。将来、健康に悪影響があるのではないかと心配していた。その上、ミサイル基地を作るなんて許せないと話してくれた。基地建設は、17年11月から始まっている。

 この後、北部にある宮古南静園ハンセン病歴史資料館へ行った。戦前の沖縄戦は、死者約20万人、県民の約4分の1が犠牲になった。その時の悲惨な状況や爆撃で弾痕が残る塀などを見せてもらった。

宮古島5

宮古島6
(沖縄戦での弾痕跡)

 雨の中、車で島内を回り、島の西側にある伊良部島への長い橋を渡った。伊良部島に西側にくっつくような下地島へ行った。その後、島内を走り回った。思っていたよりも狭い島で、どこ行くのでも車で20分圏内だと分かった。

 今回は、雨ばかりだったが、宮古島の概略がわかったので、来年は詳しく回ってみたいと思った。
沖縄 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/01/06 16:14

◎「沖縄 18年末」③ 新基地建設は阻止できる

 18年の年末の沖縄旅行で、12月27日は、大浦湾の瀬嵩を後にして辺野古漁港のテント村に向かった。テント村には全国から支援の人たちが次々と訪れていた。冬休みに入ったせいか教職員のグループが多いという。

 漁港側から見ると、一部の護岸が出来て、時々ダンプカーがその護岸道路を走っているのが見える。それだけを見ていると静かな感じだ。ネットに分かりやすい地図があったのでお借りした。土砂投入といっても、まだ新基地建設全体のごく一部分ということがわかる。

40 辺野古地図
(ネットから)

 テント村に詰めている人に話を聞くと、新基地建設は多くの問題点を持っており、安倍政権が権力を使ってどんなにゴリ押ししても、「新基地建設は阻止できます」と力強く話してくれた。

 護岸で仕切られた辺野古の青い海へ、18年の12月14日から土砂投入が始まったが、埋め立てた上に、さらに8mの高さまでかさ上げが必要だという。4階建てのビルに相当する高さになるという。


漁港1
(土砂投入現場)

漁港2
(土砂投入現場)

 この膨大な土砂をどこから持ってくるのか? 大村湾の海底のマヨネーズ状の軟弱な層の問題。埋め立て予定地に流れている美謝川の付け替えなど、解決のめどが立っていないのが多いという。

 新基地には、2本の滑走路が建設される予定で、米軍キャンプシュワブ基地内に滑走路がひっかかる。基地内にある施設を移設する工事のために、クレーンが多数立っている。


辺野古4

辺野古5
(テント村で)

辺野古6

 基地を仕切る浜辺の金網フェンスへ行くと、去年までは新基地建設に抗議する横断幕やバナーなどがたくさん吊るしてあったが、今は1つもなかった。これまでは、定期的に沖縄防衛局や米軍によって外されていた。

 現在は、監視カメラを設置して、人々が付けると、すぐに外しにくるそうだ。「付ける」、「外す」のいたちごっこだった。当局がいかに神経質になっているのかがわかる。現在はテント村に付けている。

 安倍政権や米軍の焦りが、そうさせているのだろう。新基地建設計画が思い通りに進んでいない証拠だ。玉城デニー知事を先頭にした「オール沖縄」に結集した人々の不屈のたたかいと全国からの支援が、いかに大きな力になっているかを体で感じた。

辺野古3
(辺野古の青い、青い海)
沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/01/05 14:56

◎「沖縄 18年末」② マヨネーズ状の軟弱地盤

 18年の年末、12月27日の昼近く、名護市の辺野古に着いた。安倍政権は、米軍のための新基地建設を強権的にすすめているが、これに反対する沖縄県民のテント村がある辺野古漁港とは反対側の大浦湾の瀬嵩へ行った。

大浦湾 追加2
(大浦湾側の青い海)

 反対運動をしている人々が作成したパンフレットの航空地図を見て欲しい。左下の柿色に塗ったところが新基地の建設予定場所だ。その左下側に辺野古の漁港がある。

 新基地の建設予定地の上の当たりの海が大浦湾である。ジュゴンが生息し、サンゴが群生している青い、青い海だ。新基地には、殴り込み部隊の米海兵隊の強襲揚陸艦が接岸できる271・8mもの長い護岸が造られる予定だ。

辺野古パンフ1

 広い大浦湾側は、漁港側とは違い、大型船が多数、海上にいた。慌ただしく動いている。クレーンのついた大型船。ピラミッドのように土砂を積んだ船があった。大浦湾側の一番端っこのK9護岸と呼ばれる仮設道路で、ダンプカーに土砂を積み替えて工事用ゲートへ向かって走っている。

大浦湾2

大浦湾3

大浦湾 追加1

 護岸工事が終わり、護岸道路をダンプカーが走っているだけの漁港側とは違い、かなりの動きがある。漁港側は、写真で見ても浅瀬だということがわかる。だから工事を早く進めたが、大浦湾側にはいくつもの問題点がある。

 2つの活断層が走り、さらに海底にはマヨネーズ状といわれる軟弱な層が40mもあるという。この地盤を改良しなければ新基地の建設工事はすすまない。この設計変更を、昨年9月の知事選で圧勝した玉城デニー知事は認めないだろうといわれている。

 安倍政権は、漁港側の浅瀬を一刻も早く埋め立てて、沖縄県民、国民をあきらめさせようとしている。しかし、実態は、新基地の建設のメドはまったく立っていないのだ。

 すべての工事が順調に進んだと仮定しても、新基地建設は最短でも13年はかかるといわれる。その間、住宅の密集地にある世界1危険な普天間基地は、そのままに置かれる。

 安倍首相は、口を開けば沖縄県民に寄り添うというが、普天間基地を即時閉鎖・撤去し、新基地の建設をあきらめることこそが県民に寄り添うことだ。そのためには、トランプ大統領と外交交渉すべきなのだ。
沖縄 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/01/04 17:25

◎豊田市・挙母神社前で新年の訴え 「赤旗」7部受け取り

 新しい年、2019年を迎えた。日本共産党豊田市委員会と同後援会は1月2日午前10時から、恒例の挙母神社前での新年のあいさつを行った。晴れ渡った良い天気だったが、風が強くいつもより寒く感じた。

 豊田市は、今でこそトヨタ自動車の企業城下町になっているが、元は拳母市と呼ばれた。挙母神社は、拳母の名前が残る数少ない所だ。朝早くから参拝の人が多数、訪れていた。

 あいさつでは、豊田市在住のもとむら伸子衆院議員、県会議員に挑戦する大村よしのり豊田市議や根本みはる同市議、大村市議の後を継ぐ本多のぶひろ市議予定候補が訴えた。

拳母神社 追加1
(前列左から、根本、もとむら、本多、大村の各氏)

大村よしのり市議 20190102
(大村よしのり豊田市議)

根本みはる市議 20190102
(根本みはる豊田市議)

本多たたのぶ豊田市議予定候補 20190102
(本多のぶひろ豊田市議予定候補)

 今年は選挙の年で、1月に愛知県知事選挙、4月に県議会・市議会選挙、夏には参院選挙と続く。参院愛知選挙区には、すやま(須山)初美氏が立候補を予定している。知事選には、革新県政の会が榑松佐一・愛知県労働組合総連合議長を擁立している。

 いずれの候補の当選を勝ち取り、憲法と法をないがしろにし、9条改憲をねらうアベ政治を大きく変えるチャンスだ。

拳母神社で訴え 20190102
(拳母神社前で訴えた議員や後援会員)

 訴えには、21人の後援会員が集まり、ビラの受け取りも良かった。「しんぶん赤旗」日曜版の見本紙を配布したが、7部受け取ってもらった。正月早々、すごいことだ。

 その日曜版の新年号の1面では、日本共産党の志位和夫委員長に、政治コラムニストで元朝日新聞の編集委員の早野透氏が新春インタビューしている。

 早野氏の問いに、志位委員長は、昨年を振り返り、絶対に負けられないたたかいが2つあった、と語った。1つは、沖縄知事選で、辺野古への米軍の新基地建設を許さないと主張した玉城デニー候補が勝利したこと。

 もう1つは、安部9条改憲の提案を許さなかったことをあげている。9条改憲を許さなかったのは、改憲反対の3000万人(を目標にした)署名運動の世論の高まりと国会での野党共闘をあげている。

 3000万人署名では、豊田駅前で、毎月3日と19日に署名を呼びかけ、多くの市民が応じている。草の根の運動が9条改憲を許さない世論となっていることだ。

 2つのたたかいでの勝利を確信にして、日本共産党と「市民と野党の共闘」で、選挙の年の2019年を飛躍の年にしようと思う。拳母神社での訴えは、そのスタートダッシュだ。
トヨタの街から | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/01/03 22:53

◎「沖縄 18年末」① 座り込み1635日目

 2018年12月。年末の沖縄旅行へ行った。24日~28日までの5日間。毎年、年末に行く沖縄旅行は、2008年から始めて11回目になる。

 4月末で退位する天皇は、11回沖縄に通った。天皇は、85歳の誕生日(12月23日)を前にした記者会見で語った。

 「沖縄は、先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。皇太子時代を含め、私は皇后と共に11回訪問を重ね、その歴史や文化を理解するよう努めてきました。沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」

 私が沖縄に通うのも、天皇と共通した思いがあるからだ。天皇が訪ねた沖縄戦の戦場跡にも何度も通った。沖縄の人々の「苦難の歴史」を知らずして、沖縄の人々に心を寄せることは不可能だからだ。

辺野古1 201812


 今、沖縄の人々の最大の苦難の問題は、名護市辺野古に米軍の新基地を安倍政権が造ろうとしていることだ。27日午後、米軍キャンプシュワブゲート前行く。

 安倍政権が辺野古の青い海に土砂を投入し始めたのが12月14日。それから約2週間。毎日、9時、12時、15時の1日3回、土砂を投入しているという。

辺野古2 201812


 私がゲート前に着いた時には、座り込んでいた沖縄の人たちは、若い機動隊員によって1人ずつごぼう抜きにされ、歩道に作られた“檻”に閉じ込められていた。

 ゲートの反対側の歩道からは、20人ぐらいの人々がプラカードやハンドマイクで抗議の声をあげている。民間警備会社大手のアルソックの警備員がゲート前に並んでいる。ダンプが米軍基地内に入って行く。

 毎日、毎日、体を張って30分でも1時間でも辺野古に米軍基地をつくらせない闘いをやっているという。県民のスローガンは、「勝つ方法はあきらめないこと」だ。そのスローガン通りのことを実践しているとはすごい!

辺野古3 201812


 救護班に、機動隊員から腕をひねられたという女性が、シップ薬を貼ってもらっていた。機動隊はごぼう抜きする時に、腕を巧妙に逆関節にひねることがあるという。それでケガをする人もいるというのだ。

 若い機動隊は、みんな黒いサングラスをかけているのに気がついた。抗議する県民の目を、まともに見るのが辛いのだろうと思う。彼らも可哀そうだと思った。

辺野古5 201812


 新基地建設に反対する県民の民意は、すでに明らかだ。新基地反対が最大の争点になった2014年秋の知事選で、県民は翁長雄志沖縄県知事を誕生させた。翁長知事の急逝による18年9月30日投票の知事選では、玉城デニー知事が圧勝した。

 この民意を踏みにじり、安倍政権は土砂を投入し、しゃにむに新基地建設へ突っ走る。沖縄県民に心を寄せるどころか、強権を発動し、憲法を法律もブルドーザーのように蹴散らして行く。

 翌日の琉球新報を見ると、この日、3回で計238台のダンプが入り、土砂を投入したと報道していた。「新基地断念まで 座り込み抗議 不屈 1635日」――基地の前のテントに掲げてあった。県民の不屈のたたかいは続く。

辺野古4 201812
沖縄 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/01/02 12:58

◎19年元旦 ジョン・レノンとオノ・ヨーコの「イマジン」を聞く

 昨年暮れ、11月に発行されたばかりの大型本の『イマジン ジョン・レノン&オノ・ヨーコ』(5800円+税、320ページ)を買った。ずっしりと重い。ジョンとヨーコの写真がふんだんに入っている。

 ジョンが1971年にリリースした名曲「イマジン」のすべてがわかるというセールス・ポイントに引かれて買ったが、その通りであった。「イマジン」が世に出て半世紀近くになるが、ますます歌は輝く。

 アメリカの音楽出版社協会は、2017年6月に、ジョンの妻のオノ・ヨーコさんが「イマジン」の「共作者」であることを認めた。ジョンは、生前、「レノン/オノ作」のクレジットを入れるべきだと話していたという。

イマジン本1


 「イマジン」をどれほど聞いたことか。いや、ユーチューブでどれほど見て、聞いたことか。白い家へ2人が入って行き、ヨーコがカーテンを開けているもとで、ジョンがピアノを弾きながら歌う。その印象的な映像と歌は9684万回も視聴されている。どれほど世界の人々を魅了していることか。

Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

 2019年の元旦にあたって、「イマジン」にもう一度触れたくなったのは、平和憲法の最も核心部分の9条が、安倍政権によって葬り去られる危険があるからだ。

 昨年秋の臨時国会では、「自民党の改憲4項目の国会提示」を断念させた。東京オリンピックの2020年に施行という安倍改憲スケジュールの第1歩を狂わせることはできた。

 しかし、安倍首相は9条を変えて、日本が海外で戦争できる国に変えることを、政権の最大の使命としている。その時、「イマジン」は、どれほど日本人に励ましになることか。

イマジン本2


 『イマジン ジョン・レノン&オノ・ヨーコ』の序文で、オノ・ヨーコさんが書いていることは、まさに今の日本人へのメッセージだと思った。

……
 この世界はふたつの分派に分断されている。ひとつは戦争派。もうひとつは平和派。戦争派の人たちは完璧に思想が統一されている。彼らは戦争をして、殺して、お金を儲けたい。異論はどこにもない。目的に向かってまっしぐらに進むだけ。そういう意味では、彼らは圧倒的に強力な勢力だ。

 ところが、平和派の人たちは私に似ている。理想主義で完璧主義。だからなかなか意見が一致しない。いつも「完璧な理想」を求めて議論ばかりしている。「平和を実現するための最良の方法は何か?」と自問し、お互いに尋ね合っている。

「もちろん、最良なのは私のやり方だ。君のやり方の問題点はだね… 」

 そんなことをする代わりに、お互いを受け入れ、違いを許し、相手に感謝することさえできれば…なぜなら、私たちはみんな、同じ平和派の1人なのだから。
……

 実に素晴らしいメッセージではないか。平和派が「お互いを受け入れ、違いを許し、相手に感謝することさえできれば」という文脈が実にいい。同じ平和派がお互いにリスペクトし合い、安倍政権に立ち向かおう―。

 2019年元旦。スマホでユーチューブを立ち上げ、「イマジン」を聞いてみよう。♪Imagine there's no Heaven…
戦争と平和 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2019/01/01 12:24

◎「創意くふう活動」が業務扱いになる!

 今日は大みそかですが、1日早いお年玉です。

 トヨタ自動車の「創意くふう活動」の提案が1月から業務扱いとなる!

 内野労災裁判(注)以降、「カードリーダー(タイムカード)」や「QCサークル活動」の業務扱いが増えるなど改善されていった。

 ところが、「創意くふう活動」の提案は、「自宅に帰って簡潔に書きましょう」と相変わらず「自主活動」となっていた(高額賞金の優秀提案は別)。しかし、「QC」も「創意くふう」も中身は仕事です。

 毎月、提出締め切り前になると、「〇〇さん、まだ出てないヨ」と組長やチームリーダーからせかされていた。あわてて仕事前や昼休みに書く人もいた。

 「自主活動であり、強制じゃないけど、全員参加だ」と変な理屈です。

 「QCには参加しない」「創意くふうも出さん」という人も中にはいるけど、ごくごくまれです。「まぁ、出せばセコネタでも500円もらえるんだから…」

 「期間工は創意くふうとかの自主活動でアピールしなくちゃ」とルーキー賞(36件/年)をねらう人もいる。改善能力や意欲を見せる。

 こんなこともあったよ。
 まだ息子が小学生の頃、自宅で「創意くふう」提案を書いていると、「エー、お父さん、会社に行っても宿題があるの?」てね。

 高校生のときには―
 「仕事は会社でするものだよ。サービス残業や持ち帰り残業と同じじゃん」…言葉が出なかったね。

 「自主活動」って名の「仕事」。もうブラックはなしにしよう。時間はかかったけど、一歩前進だね。

創意くふう提案用紙


 (注)このブログ「トヨタで生きる」では、2012年5月8日に次のような記事をアップしています。

……
 トヨタ生産方式(かんばん方式)の核心部分は、カイゼン(改善)活動です。小集団で取り組むQC活動と個人が提出する創意くふう活動があります。QC活動が始まったのは1962年。今年で50年になります。国内・海外工場で約10万人が参加しています。

 創意くふう活動は、QC活動より早く、1951年から行っています。この2つについて、会社は、業務と認めているものと「自主活動」だとして業務と認めていないものがあります。

 2008年6月、これが大きく見直されました。堤工場で働いていた故・内野健一さんの妻、博子さんが夫は過労死(2002年2月死亡、当時30歳)だと訴えていた裁判で、名古屋地裁は訴えを認めました(07年12月)。厚労省は、控訴できなかったために判決が確定しました。この判決がきっかけでした。

 健一さんが過労死したのは、QC活動、創意くふう活動をサービス残業でしていたことが大きな原因でした。名古屋地裁が業務だと認めたトヨタの「自主活動」は、QC活動と創意くふう活動、交通安全活動、EX(班長会)でした。

 さらに日本共産党の小池晃参院議員の追及(2008年3月27日の参院厚生労働委員会)で、桝添厚生労働大臣は次のように答弁しました。

 「上司の管理下にあって業務命令と考えられるものは、労働時間と算定するよう名古屋地裁判決の趣旨にそって労働行政を行っていきたい」

 名古屋地裁判決、桝添答弁で、トヨタは業務とする部分を拡大しました。それまでQC活動は、月2時間までしか「業務」と認めませんでした。それが、月2時間を超えても、「上司の許可」を得て、「業務扱い」にすると変更したのです。

 しかし、トヨタはQC活動のすべてを「業務扱い」にしているわけではありません。
……
職場は今 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/12/31 12:53

◎「兄といた赤とんぼうや夢の中」

 女優の冨士眞奈美さんと吉行和子さんが、「しんぶん赤旗」日曜版の新年号(12月30日、1月6日合併号)で俳句対談をしています。2人は40年来の友人で俳句仲間です。

 冨士さんが、吉行さんの俳句で評価したのが「兄といた赤とんぼうや夢の中」です。句会で1位に選ばれたものといいます。

 吉行さんは、戦前、11歳年上の兄で作家の吉行淳之介さんが、故郷の岡山で徴兵された時のことを思って作った俳句といいます。

14 冨士 吉行 俳句対談


……
 吉行 母と妹と私とで会いに行ったんです。柵の向こうに兵隊になった兄がザーッと並ばされていて、そのときに赤とんぼが飛んできたんです。

 冨士 へーっ、覚えているの?

 吉行 「兵隊さんになっちゃうんだ」と思ったら、とても悲しくなって。そしたら3日で帰されてきたの。体が弱くて、とても兵隊にやれないって。

 冨士 良かった。赤とんぼが連れ帰ってくれたんだよ。
……

 吉行淳之介が徴兵検査を受けたのは、終戦が近い1944年。戦後の1954年に、『驟雨』で芥川賞を受賞し、遠藤周作らとともに「第3の新人」と呼ばれました。

 『戦艦武蔵』などの作品で知られる吉村昭は、吉行の影響を強く受けました。吉行の「悪い夏」に接して、「吉行氏の作品にすっかり魅了されてしまった」と書いています。

60 吉行原稿


 その上で、作品の冒頭を引用し、「この十行足らずの文章で的確に表現されていることに感嘆した」といいます。吉村は、歴史を掘り起こし、飾らないルポのような短い文章で歴史の真実に迫る作品を多数、書きました。

 作家の命は、文体といわれています。もし、吉行淳之介が戦争で亡くなっていたならば、吉村昭の作品も違ったものになっていたかも知れません。冨士さんのいう「赤とんぼが連れ帰ってくれたんだよ」という言葉の重みを感じました。
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/12/30 15:59

◎トヨタ 株価時価総額、2・6兆円減る

 株価の予想ほど難しいものはないでしょう。トヨタ自動車の豊田章男社長は、今年1月5日に開かれた日本経団連など財界(経済3団体)の新年祝賀会で、東京テレビから18年の日経平均株価の予想を問われ、2万7000円と答えました。

 「AIとか自動運転とか電動化とか新しい成長エンジン」があるからというのが理由でした。確かに18年10月までは株価は上昇し、10月2日には日経平均株価は2万4270円まで上がりました。

 しかし、一転して下がり続け、12月28日の大納会での日経平均株価は、2万14円。辛うじて2万円台は維持しましたが、日経平均株価は7年ぶりに下落。トヨタの時価総額は、20・9兆円で前年比で2兆6332億円も減りました。

 日経新聞は、「『アベノミクス相場』は名実とともに終わり」と書きました。同紙は、株価の下落として、米中貿易戦争や欧米での政治混乱、世界景気への不透明感などをあげています。

 「アベノミクス」は、安倍政権と日銀がタッグを組んで、日銀券をジャブジャブ出して国債を買い続ける「異次元の金融緩和」などを演出し、株高と円安へ誘導しました。

 トヨタが2018年3月期決算で、2兆3998億円の営業利益を稼ぐなど、大企業は空前の利益をあげ、内部留保を増やし続けてきました。

トヨタ本社 201811
(トヨタ本社=愛知県豊田市)

 しかし、GDPの6割を占める個人消費は冷え込んだままです。安倍政権の6年間で、家計消費は2人以上世帯の実質消費支出で21万円減りました。実質賃金は18万円も減っています。

 実際、世論調査では、国民の8割以上が「アベノミクスで景気回復の実感はない」と答えています。非正規労働者が4割に迫るなど、貧困と格差拡大は広がるばかりです。

 安倍政権は、来年10月に消費税を8%から10%へと増税しようとしています。このまま消費税を増税すれば、いっそう景気を悪化させ、貧困と格差拡大を広げるでしょう。

 日本共産党は、「暮らし第一で経済を立て直す5つの改革」を提唱しています。それは、①賃上げと労働時間の短縮で、働く人の生活を良くする、②子育てと教育の重い負担を軽減する、③社会保障の削減をやめ、充実へと転換する、④日米FTA交渉を中止し、経済主権・食料主権を尊重するルールを、⑤巨額のもうけがころがりこんでいる富裕層と大企業に応分の負担を――の5つです。

 消費税の増税をやめるとともに、「アベノミクス」を中止し、「暮らし第一」の経済政策に切り替える以外にないでしょう。
安倍政権 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/12/29 10:01

◎ホワイトハウスへのネット署名を 辺野古の海の埋め立てで

 沖縄県名護市辺野古への米軍新基地の建設をめぐって、「県民投票が沖縄で実施されるまで辺野古/大浦湾の埋め立てを止めて下さい」との米大統領(ホワイトハウスへ)へのネット署名が10万を突破し、増え続けています。

 県民投票は、沖縄県の条例によって来年2月24日(日)に行われます。

 このネット署名は、パソコンやスマホでホワイトハウスに送るもので、オバマ前大統領の時代に国民の請願を受け付けようと設けられたもの。投稿開始から30日以内に10万筆集まれば、ホワイトハウスが請願の内容を検討し、回答するとしています。

 沖縄県系の4世のロバート梶原さん(32)=ハワイ在住=がホワイトハウスの請願サイト「We the People」で12月8日から始めたもので、18日には10万を突破し、その後も増え続けています。

辺野古の青い海
(辺野古の青い海)

 このネット署名に、モデルでタレントのローラさんが12月18日、「みんなで沖縄を守ろう! たくさんの人のサインが必要なんだ」「ホワイトハウスにこの声を届けよう」とインスタグラムへ投稿し、一気に広がりました。

 署名は、次のアドレスでできます。自分の名前とメールアドレスを記入します。折り返し、ホワイトハウスから確認のメールが届きますので、それにサインすれば完了です。是非、トヨタの労働者の署名を!

https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa
沖縄 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2018/12/28 09:41

◎トヨタの「研究開発」業務がねらわれている 「残業代ゼロ」制度の省令・指針

 トヨタ自動車には、電動化、自動運転化などのなかで、「研究開発」業務に携わる労働者が多数います。その労働者が「残業代ゼロ制度」(高度プロフェショナル制度=高プロ)の対象になる可能性が12月26日、正式に決まりました。

 厚生労働相の諮問機関である労働政策審議会が同日、厚労省の省令案と指針案を了承したためです。「残業代ゼロ制度」は、安倍政権が今年6月29日に参院で強行可決。長時間労働を助長し過労死を増やす「働き方改革」一括法のなかの1つです。労働時間の規制を一切はずすもので、いくら働いても残業代はゼロです。2019年4月から施行されます。

 厚労省は、高プロなどと称して、あたかも一部の労働者が対象であるかのようにいいますが、「100年に1度の大変革の時代」といわれる自動車産業では、「研究・開発」業務に従事する労働者は、急速に増えているだけに、警戒が必要です。

 この日決まった対象労働者の年収要件は、1075万円以上。トヨタの平均年間給与は832万円(2018年3月期決算時点)ですが、「研究開発」業務に携わる労働者は、これを大きく上回ります。

 導入にあたっては、労使委員会で決議しなければならず、本人同意が必要です。トヨタ労組が加わる労働組合の全国組織、連合は12月20日に開いた中央執行委員会で、「経営者側から申し入れなされたとしても、反対の姿勢で臨む」との方針をかかげました。

 連合は、法案に反対してきたからです。組合がこうした姿勢を堅持すれば、トヨタでは簡単に導入できないでしょう。トヨタでは、新車の開発にあたって「研究開発」業務の労働者などを取りまとめるチーフエンジニア制度があります。

カムリ 17年7月
(2017年7月にモデルチェンジされたカムリ)

 トヨタがアメリカでもっとも販売しているのが“カムリ”です。そのチーフエンジニアだったAさんは、06年1月2日、自宅で就寝中、虚血性心疾患で亡くなりました。45歳でした。

 死亡1カ月前の残業時間は月79時間、2カ月前は106時間、6カ月前は114時間でした。Aさんは08年7月、過労死の労災認定を受けました。労働時間規制がなくなれば、Aさんのような悲劇が起きる可能性があります。

 「残業代ゼロ制度」のトヨタの職場への導入を許さないようにしなければならないでしょう。連合方針に沿って、トヨタ労組の奮闘と職場からの支えを期待したいと考えます。

 この日決まった省令と指針では、たとえば「本人同意」について次のように定めています。

……
 本人同意を得るに当たって、使用者は、労働者本人にあらかじめ次に掲げる 事項を書面で明示することが適当である。

⑴高度プロフェッショナル制度の概要
⑵当該事業場における決議の内容
⑶本人同意をした場合に適用される評価制度及びこれに対応する賃金制度
⑷本人同意をしなかった場合の配置及び処遇並びに本人同意をしなかったことに対する不利益取扱いは行ってはならないものであること。
⑸本人同意の撤回ができること及び本人同意の撤回に対する不利益取扱いは行ってはならないものであること。

 省令と指針の詳細は、厚生労働省の次のアドレスで読むことができます。
https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/000464770.pdf

職場は今 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/12/27 20:45

◎「戦争のない時代として終わることに安堵しています」 天皇の会見

 来年4月末で退位する(平成)天皇は12月23日の85歳の誕生日を前に、在任中最後の記者会見に臨みました。在任中に戦争がなかったこと、沖縄へ強く心を寄せたことなどを語りました。時おり、声を震わせながら語るその思いは、多くの国民に感動を与えました。

 会見で天皇は、「即位以来、日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を求めながらその務めを行い、今日までを過ごしてきました」と憲法で定められた“象徴天皇”について語りました。

 その上で、「(在任中の)平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」とのべました。かつて、ものごころが付いた3歳から終戦の11歳までは「戦争のない時を知らないで育ちました」と語ったことがあるだけに、感慨深そうでした。

 それだけに地上戦で多数の犠牲を出した沖縄について、特別の思いで語りました。

 「沖縄は、先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。皇太子時代を含め、私は皇后と共に11回訪問を重ね、その歴史や文化を理解するよう努めてきました。沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」

「平和の礎」で天皇、皇后
(沖縄戦で犠牲になった人々の名前を刻んだ「平和の礎」で説明を受ける天皇、皇后=宮内庁ホームページから)

 父親の昭和天皇の時代のアジア・太平洋戦争で、国内で310万人、海外で2000万人以上が犠牲になりました。サイパンやパラオのペリリュー島、フィリピンへの戦没者慰霊に通うとともに、戦争の悲惨さを後世に伝えることの重要性に触れました。

 「先の大戦で多くの人命が失われ、また、我が国の戦後の平和と繁栄が、このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました」

 また、災害の被災地に何度も足を運んだこと、共に歩んできた皇后について、「心からねぎらいたい」などの思いを語りました。落語家の立川談四楼師匠はツイッターで次のようにつぶやきました。

……
 陛下が声を詰まらせる。感動し、堪えていたのだが「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」を聞くに及んで、落涙した。民間初の皇后とともに、長く慰霊の旅を続けてこられた。被災地の人々をも慰めた。それがどんなに力になったことか。心から誕生日を祝したい。

 陛下の誕生日の言葉を安倍さんはどう聞いたのだろう。人の話を聞かないし、聞いても理解できないことは国会を見て知っているが、あのね安倍さん。陛下は品があり、強い言葉を使わず、婉曲に表現したけれど、要するに「平和はいいね。戦争しないでね」と言ったんだ。誰に?って安倍さん、あんたにだよ。
……

 このつぶやきは、だれもが共通の思いでしょう。

その他 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/12/26 21:26

◎羽生、イチロー世代の復活を

 日産のゴーン容疑者(前会長)が自身の投資の失敗(18億5000万円)を日産に付け替えていた疑いで再逮捕されるというびっくりするニュースがあった12月21日。もう1つの大きなニュースがありました。

 将棋の羽生善治竜王(48)が、竜王戦7番勝負で、3-4で負け、無冠になったというニュースです。1996年には7冠を独占し、不世出の名を欲しいままにした天才棋士が27年ぶりの無冠とは!

 勝てばタイトル獲得数が史上初の通算100期に達し、負ければ無冠という大1番でまさかの敗退。羽生棋士に何があったのでしょうか? 将棋に詳しい知人は、「現在の実力からみると仕方がない。昨年の王座戦でも、優勢になっても勝てなかった。あまりの痛々しさに羽生時代の終わりを感じた」と手厳しい。

 一方で中学生棋士として華々しくデビューした藤井聡太7段(16)。その快進撃は、羽生棋士が1989年に19歳で竜王になった当時を彷彿とさせます。羽生棋士も50歳近くになりました。勝負の世界は、年齢による気力、体力などの衰えがやむを得ないのでしょうか?

羽生本
(羽生善治棋士が国民栄誉賞を受賞=2018年=して出版された本)

 羽生棋士より3歳年下に、大リーガー・マリナーズのイチロー選手(45)がいます。イチロー選手がシーズン安打210本の日本記録でパリーグの首位打者になったのが1994年。以後、7年連続で首位打者を獲得しました。大リーガーに移った2001年に、いきなり首位打者になりました。

 そのイチロー選手、今年のシーズンが始まると、突然、5月3日に会長付特別補佐になり、シーズンは選手として出場しないことになりました。「50歳まで現役」とのべていたにもかかわらず、現役選手でなくなったのです。

 羽生棋士、イチロー選手の2人はほぼ同世代です。若い2人の活躍は、バブル経済がはじけて暗い時代に入った1990年代の日本で、熱狂的に迎えられました。そこに希望を見出した人もあったでしょう。

 2人とも40代後半になりました。企業でいえば中堅どころで、企業をぐいぐい引っ張っていく年代です。2人にもう輝きは戻ってこないのか? 将棋界では、大山康治十五世名人が59歳で王将のタイトルを獲得しています。

 日本将棋連盟は12月25日、羽生棋士の肩書を「9段」になったと発表した。羽生9段は、名人戦への出場をかけるA級順位戦で、5勝1敗で10人中2位の好成績に付けています。今や、「人生100年時代」ともいわれます。羽生9段、イチロー選手の復活を願わずにはおれません。
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/12/25 19:06

◎トヨタ高岡工場で訴え 格差社会を変えよう

 来年2019年は、春に統一地方選、夏に参院選がある。12年に1度の選挙の年にあたる。参院愛知選挙区予定候補のすやま(須山)初美氏が、県内キャラバン宣伝のために、このほど豊田市とみよし市で訴えた。

 午前中はみよし市、午後からは豊田市内各地で、午後3時半からはトヨタ自動車高岡工場で訴えた。大村義則市議に代わって市議選に挑戦する本多のぶひろ予定候補が参加した。

すやま1 20181214


 トヨタ自動車委員会の代表も参加した。高岡工場は、RAV4、ハリアー、オーリス、プリウスαを生産し、39万7000台(いずれも2017年12月現在)生産するトヨタ本体では最も多く組み立てる工場だ。

 トヨタでは、豊田章男社長が電動化や自動運転化など世界の自動車産業は「100年に1度の大変革の時代」と主張し、職場では「トヨタは死ぬか、生きるか」という掛け声のもとでトヨタも自動車産業も大きな曲がり角にきている。

すやま2 20181214


 トヨタ自動車委員会の代表は、逮捕された日産自動車のゴーン前会長が約91億円もの報酬を隠していた(2010~17年度の8年間)といわれること。その巨額な富は誰が生み出したのか、と問いかけた。

 それは、生産現場で、研究・開発・事務の現場などで懸命に働く労働者全体で生み出したものであること。それをゴーン容疑者など1部の人が独占する一方で、派遣労働者や期間従業員のように非正規労働者は低賃金で、いつでも使い捨てられていると訴えた。

 こんな格差社会を変えるためには、統一地方選、参院選で日本共産党と共闘勢力が大きく躍進して、安倍自公政権に代わって国民・労働者のための政治、国民・労働者の願いを実現する政治を実現しようと訴えた。

すやま3 20181214
日本共産党 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/12/24 11:23

◎特捜部 東京の場合、大阪の場合

 日産のゴーン容疑者(前会長)が背任罪で東京地検特捜部から再逮捕(12月21日)されたことについて、「青天の霹靂(へきれき)」と報じた海外のメディアがありました。

 「保釈の見通し」との観測から、東京拘置所前には国内、海外メディアのテレビカメラが並びました。一転しての再逮捕。東京地検特捜部の強気の姿勢にメディアも驚いた様子でした。

 有価証券報告書に虚偽掲載したのは形式犯で、特捜部は背任罪の方が本命――ゴーン容疑者の犯罪の根幹部分――ではなかったかともいわれています。日本1のトヨタ自動車に続くような大企業のトップ、しかも外人経営者が、逮捕されるという異例の事態です。

 特捜部は、ゴーン容疑者が会社のジェット機で羽田空港に到着したのを待ち構えて逮捕しました。日産の幹部との司法取引があって、内部資料を入手していたとはいえ、特捜部の“張り切り”ぶりを見ていていると、3権分立の一角を担う司法の本来のあり方を考えさせられます。

(「週刊ダイヤモンド」、17年2月25日号から)
(「週刊ダイヤモンド」、17年2月25日号から)

 それというのも、大阪地検特捜部が今年5月31日、森友学園疑惑で、国有地を大幅に値引きして売却した背任や公文書の改ざん=虚偽有印公文書作成などすべての告発容疑について、財務省幹部ら38人全員を不起訴処分とする驚くべき対応をしたからです。

 財務省の理財局長だった佐川宣寿氏(60)は、嫌疑不十分というからびっくりです。山本真千子・特捜部長は、「文書の効用を失ったとは言えず、うその文書を作ったとは認められない」などと契約金額や日付など根幹部分は改ざんされていなかったといいます。

 とんでもない。公文書から安倍首相の妻である昭恵氏やかかわった政治家の名前、「本件の特殊性」などという表現などの根幹部分を佐川氏らは削除したのです。山本部長ら特捜部は何も見ていたのか、いや根幹部分に目をつぶっていたのです。

 同じ特捜部でも、東京と大阪ではこんなに大きな違いがあるのか? そう思わざるを得ません。「巨悪は眠らせない」――政治家などの巨悪は見逃さないとした元検事総長の言葉は、特捜検事の矜持として知られています。

 大企業のトップだったゴーン容疑者の逮捕と安倍首相に忖度することで理財局長から国税庁長官まで登りつめた佐川氏の不起訴――この2つの事件を見ると、日本社会に正義を取り戻すには、司法へいっそう厳しい目を注がなくてはならないでしょう。

その他 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/12/24 09:34

◎仰天 ゴーン日産前会長、再逮捕

 巨額報酬の過少記載で逮捕(11月19日)された日産のゴーン容疑者(前会長)は、12月21日に保釈されるとメディアは大々的に報道していましたが、同日、仰天の事態になりました。一転して、再逮捕となったのです。NHKは、再逮捕した東京地検特捜部の容疑内容を伝えました。

……
 容疑者は日産自動車の代表取締役兼最高経営責任者として、日産の業務全般を統括し、日産およびその子会社に損害を与えないように忠実に職務を行うべき任務を負っていたものであるが、

1、 自己の資産管理会社がA銀行との間で締結していたスワップ契約において多額の評価損が生じたため、自己の利益を図る目的で、平成20年(2008年)10月、同スワップ契約の当事者の地位を前記資産管理会社から日産に移転させる旨の契約を締結して日産を同スワップ契約の当事者とさせ、評価損約18億5000万円を含む同スワップ契約上の損失を負担すべき義務を負わせ、

10 ゴーンの付け替え
(NHKから)

2、 前記スワップ契約上の地位を日産から前記資産管理会社に再移転した際、Bの尽力によりC銀行発行に係るスタンドバイ信用状をA銀行に差し入れるなどしていたところ、自己およびBの利益を図る目的で、平成21年(2009年)6月から平成24年(2012年)3月までの間、4回にわたり、日産の子会社名義の預金口座からBが経営するD社名義口座に対し、合計1470万米ドルを振り込み入金させ、その任務に背く行為をし、日産に財産上の損害を加えた。
……

 リーマン・ショック時に、私的な投資で生じた評価損約18億5000万円を日産に付け替えて損害を与えたという特別背任で再逮捕されたのです。ゴーン容疑者は、その一方で2009年に2万人の削減と8000人もの非正規切りを強行しました。

日産 非正規切り
(日産から非正規切りをされた阿部恭さんらの闘いを報じる「しんぶん赤旗」、12月13日付)

 日産を再生させたと天まで持ち上げられたゴーン容疑者は、私腹を肥やしていたのです。「しんぶん赤旗」(12月13日付)は、非正規切りされた阿部恭さん(55)や釜倉猛さん(41)のたたかいを紹介しています。

 阿部さんは、派遣会社のテンプスタッフから日産テクニカルセンター(神奈川県厚木市)へ03年から派遣され、デザインや新車開発プロジェクト会議など基幹的な仕事に従事してきました。

 「正社員と同等か、それ以上に働いてきました」と「技術の日産」を支えてきたことが誇りでした。しかし、5年6カ月もの間に3カ月契約を22回も更新した末、09年3月に雇い止めされました。

 阿部さんが雇い止めされた同じころ、ゴーン容疑者は私的な投資で生じた評価損約18億5000万円を日産に付け替えていたのです。何という経営者でしょうか。

 阿部さんや釜倉さんは、日本金属製造情報通信労働組合(JMITU)に加盟し、裁判や労働委員会で非正規切りの撤回を求めてたたかっています。阿部さんは「しんぶん赤旗」の記事で語っています。

 「社内には、一緒に働いていた仲間やまじめな労働者が多くいます。彼らのためにも日産はまともな企業になってほしい」
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/12/22 19:56

◎「残業代ゼロ制度」の職場導入に反対 連合

 トヨタ自動車労組が加盟する労働組合の全国組織、連合は12月20日に開いた中央執行委員会で、「残業代ゼロ制度」(厚労省は「高度プロフェッショナル制度=高プロ」と呼称)について、会社側から提案されても職場への導入に反対する方針を確認しました。

 高プロは、労働時間の規制を一切はずすもので、いくら働いても残業代はゼロ。安倍政権が今年の通常国会に提出した「働き方改革」一括法に盛り込んできました。

 連合やもう1つの労働組合の全国組織・全労連をはじめ、日本共産党や立憲民主党、国民民主党など野党は、長時間労働と過労死を促進するものとして、強く反対しました。安倍政権と自民党、公明党などは強行可決(6月29日の参院本会議)しました。

10 連合2
(連合本部=東京都千代田区)

 連合は、この日の中央執行委員会に提出した「豊かな生活時間の確保とあるべき労働時間の実現に向けた方針」で、来年4月施行を前に、高プロに対し次のような姿勢で臨むとしています。

……
 高度プロフェッショナル制度の導入に対する姿勢

 〇連合は、労働時間規制が一切適用されない「高度プロフェッショナル制」は長時間労働を助長しかねない制度であること、すでに柔軟な働き方を可能とする他の制度が存在し、現行制度のもとでも成果と報酬を連動させる事は十分可能であることから、一貫して創設に反対してきた。こうした中、今回の労働基準法改正により制度が創設されたことは誠に遺憾である。

 〇今後、高度プロフェッショナル制の適用について経営者側から申し入れなされたとしても、上記の経過、並びに次の理由などから反対の姿勢で臨むこととする。

 ・十分な健康福祉確保措置が講じられたとしても、労働時間規制が適用されなければ、長時間労働が助長されかねないこと。

 ・労働時間規制が適用されなければ、生活時間と労働時間のバランスをとるのは困難であること。
……

 連合が、「経営者側から申し入れなされたとしても反対の姿勢で臨む」とした方針を掲げたことは、「残業代ゼロ制度」(高プロ)の職場導入に反対する運動の大きな力になります。
労働組合 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/12/21 15:19

◎9条改憲への“執念” 岸元首相から孫の安倍首相へ

 外務省は12月19日、外交文書22冊を一般公開しました。30年経過した文書は原則的に公開されます。日経新聞は、「改憲への執念 見えた原点」として岸信介元首相から安倍晋三首相へと、9条改憲が祖父から孫へと執念を持って受け継がれた、として次のように指摘します。

……
 岸信介首相は1957年6月の訪米で、不平等性が指摘されていた当時の日米安全保障条約の改定を目指した。公開された外交文書で明らかになったのは、憲法改正への決意を示しながら改定に理解を求めた岸氏が、安保面の課題を振りかざす米の論理に後退を強いられた交渉プロセスだ。後に安保改定は結実した一方、改憲はかなわず、岸氏が掲げた「独立の完成」は道半ばに終わった。
……

 「自分は保守勢力による政局の安定を図り、憲法改正、その他国内体制の整備に努力する覚悟を有する」。外交文書では、訪米に先立ち、57年4月からマッカーサー駐日米大使と予備会談を重ねてきた岸氏が、第7回会談でこう強調したとありました。

 しかし、米側は「首相訪米時に安保条約問題で何らかの合意に達するのは困難だ」というように態度は硬く、日本側は独自の安保改定案の提案を見送りました。このため、訪米直前の共同声明の日本案に「安保条約改定のための交渉を開始することに意見の一致をみた」と記し、目標のハードルを下げたといいます。

 実際の訪米時には、交渉入りは達成できなかったものの、条約の「再検討」への理解を得られて、交渉開始へとつながりました。岸氏は60年に安保条約の承認を国会で強行します。

 国民の強い反対を押し切ったために岸氏は退陣に追い込まれ、9条改憲は実現できませんでした。日経は、岸氏にインタビューし、証言録をまとめた原彬久・東京国際大名誉教授が、「岸氏の頭には、改憲が常にある。改憲しない限り、自分が描く対等な日米関係にはならないと分かっていた」とのべていることを紹介しています。

9条改憲反対 20181203
(9条改憲反対の署名に応じる市民=12月3日、豊田駅前で)

 その上で日経は、「60年安保で失意の中で退陣した後も、成し遂げられなかった改憲にこだわり続けた岸氏。その思いは孫の安倍晋三首相に受け継がれることになる」と指摘しています。

 祖父が成し遂げられなかった9条改憲を、孫の安倍首相に受け継がれていること。安倍首相の9条改憲の“執念”の原点は、公開された外交文書から読み解けるという意味でしょう。

 しかし、12月10日に閉会した臨時国会で、安倍首相は第1ステップとして「自民党の改憲4項目の国会提示」を描いていましたが、とん挫しました。3000万人を目標にした9条改憲反対署名運動の広がりや安倍改憲反対の野党共闘で、改憲スケジュールが狂ったのです。

 どのメディアの国民の世論調査でも、9条改憲は少数です。侵略戦争を推し進めた東条内閣の1員だった祖父から孫に引き継がれた9条改憲の“執念”を、国民は絶対に許さないでしょう。
戦争と平和 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/12/20 15:52
 | HOME | Next »